たにし大記録

TEAMつぼ焼き、日本飯盒協会、たにし野営部、その他、たにしさんの活動記録集

たにし大記録 イメージ画像

XR250整備

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
   ベストテクスクールでは様々な事を習う訳ですが、4回目をしてグレート・ストライカー号に使いづらさを感じるのは、「一気に全開に出来ない」という事です。コーナーリングをして1の加速のあと、2の加速で一気に全開にする訳ですが、XR250はかなりロースロットル気味
『XR250 ハイスロットル化&ハンドルクランプ交換』の画像

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
   エンデューロレースを始めたから、ハンドルバーについては色々と悩んできた訳ですが、1月下旬に純正の鉄ハンドルに戻して顕著に判ったのは、鉄のハンドルは重いだけでなく、地面からくる振動をダイレクトに身体に伝えてしまうのだ、という事でした。前に付けていたレン
『XR250 ベストテクバー装着』の画像

 ダートエンデューロ(耐久)レースは、主に制限時間内でどれだけコースを多く周回するかを競うレースである。バイクの排気量やライダーの性別などでクラス分けがされていて、それぞれがコースを混走する。たいがいはライセンスも不要で、マシンも街乗り用をそのまま使用で
『トレール車でエンデューロ』の画像

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
   グレート・ストライカー号軽量化計画、というか、これは邪魔なフェンダーをなくしたい、という前々からの希望であたった訳です。しかし、他にお金が掛かりまくり、ようやく改装工作も最終盤になって実現した、という次第です。■どこのを使うか?    フェンダーレスキ
『XR250 フェンダーレスキット組み込み』の画像

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
   7月のベースキャンプEDで予見され、9月のヒーローズEDで絶対必要を感じたのが、車体の軽量化。今までは乗り手の体重を如何に軽くするか、が重要だった訳ですが、転けたバイクを起こすに当たっては、体重より車重の方が影響大だった訳です。ちなみに、XR250 MD30は車重
『XR250:White Brothers e-series』の画像

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
 いよいよグレート・ストライカー号を、よりエンデューロレース向けとする為、リアスプロケットを48丁に変更しました。いわゆるコンペマシンは、フロント13丁、リア48丁のスプロケを装備している事が多いのですが、グレート・ストライカー号はフロント12丁、リア48丁と、さ
『XR250 リアスプロケ→ステンズ48丁』の画像

ブログネタ
メンテナンス に参加中!
 サスペンションをオーバーホールするなどというのは、ブロス時代にはまったく考えた事もなくて、実際やって貰わない内に廃車してしまいました。そんな感じだったので、XR250に乗るようになってからも、自分がサスペンションをオーバーホールするまで、このバイクに乗ってる
『XR250 フロントフォークOH』の画像

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
   まず、この換装を行うに当たっては、ネットで様々に情報を集めたのですが、結論から言うと、痒いところに手が届かない事が多く、結果、若干の回り道をする事になりました。多寡がウインカーごときでアレコレ悩む方がおかしいのかもしれませんが、やっぱこういうところに
『XR250 フロントウインカー換装』の画像

   バイクで無線を運用するにあたり、どうしてもやりたかったのがシガーソケットの増設。バイクにシガーソケットを付ける人は意外に多い様ですが、その用途はGPSの電源確保や、携帯電話やデジカメのバッテリーの充電など、要するにロングツーリングに行く人がもっぱらやる
『XR250 シガーソケット増設』の画像

■車載アンテナ アキバの富士無線でダイアモンドのSLIM GAINER AZ504FXというアンテナとKB2というアンテナ基台、そしてCOMETの2D2BCという2mの同軸ケーブルを買ってきた。アパートでは満足なアンテナも立てられそうにないので、取り敢えずバイクの方で運用できる様にする
『XR250 アンテナを立てる』の画像

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
■どう運用するか バイクでアマチュア無線をやってる人は結構多くて、検索を掛ければ色んな情報を仕入れる事が出来ます。特に、アンテナを立てる位置に関しては、オーソドックスなのはナンバープレートにステーを固定して、そこに立てるというものですが、なかにはキャリアか
『XR250 アーシング』の画像

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
   バイク用即応装備が一応の完成を見たのですが、なるべく装備を切り詰めるよう努力したにも関わらず、完全装備で跨ってみると、相当にリアサスが沈み込む。しかも何となく車体が重い。コーナーを曲がる時も、なんとなしニュルンとしたサスの効き方で、ユルユルと曲がって
『XR250 リアサス調整』の画像

↑このページのトップヘ