USMC

2015年11月05日



   MSRドラゴンフライのケロ化に引き続き、コールマン550Bのケロ化も行う事にしました。550Bはジェネレーター交換によって、ガソリンもケロシンも使用可能となる「マルチフェル」なストーブで、ケロ化している人も多くいます。
   ところで、自分は「マルチフェル」だから当然、レギュラーガソリンも使えるもんだと思っていたのですが、コールマンでは、ホワイトガソリンとケロシンが使えたら「マルチ」で、さらにレギュラーガソリンも使えるものは「デュアル」と称するとの事。たった2種類の燃料が使えるだけで、マルチもヘッタクレもないと思うのですが、要するにホワイトガソリン用のジェネレーターでレギュラーガソリンを使っていた訳で、そりゃ詰まってくるわな、というところです。
   ともあれ、ジェネレーターを交換しました。

20151031_010817
ガソリン用のジェネレーターが詰まり気味になったので
ケロシン用のと交換する事にしました


■アメリカ〜ンな造り
   550Bのジェネレーターの交換要領は、
  1. ジェネーター基部のナットを外す
  2. 五徳とバーナーヘッドを留めているビスを外す
  3. 良い感じに持ち上げ、ジェレーターのクリーニングニードルの金具を外す
  4. 組み立てはこの逆順
   と、こんな感じで、文章で書けば簡単ですし、また手順が分っていれば難しい事ではありません。しかし、そこはメリケンの製品だけあって、今回、新品のケロシン用のジェネレーターを取り付けるのに、少し難儀しました。というのは、バーナーヘッドにジェネレーターを差し込んで、タンクにつけ、ジェネレーター基部のナットを締めようとしたら、全然締まらないのです。どうやら、ジェネレーターの形が適当にいい加減で、うまい事ハマらない感じです。こうした現象は、フェザー442でもありました。対策としては、基部のナットを仮止めして、無理無理バーナーヘッドを組み付けてしまう事です。ジェネレーターは比較的柔らかいので、適当に形が歪んで付いてくれます。

20151031_011138
550Bのジェネレーターにはクリーニングニードルが入っていますが
その根っこの鉤状の金具を良い感じに外さねばなりません

20151031_011344
左がガソリン用のジェネレータ、右がケロシン用です
見分けは、基部のナットの印の有無です

20151031_011535
この穴の部分で、ガスと空気が混合されます
少しズレたりすると、混合比率が変わって火力に影響するとか

20151031_012143
組み付けには難儀しました
結局、ジェネレーターを仮付けして
無理矢理バーナーヘッドを組んでしまいました
あとは、基部のナットを締めて完了です



■使い勝手
   ケロ化した550Bは、ガソリンの時の様にポンピングだけで点火する事は出来ません。バーナーボールにアルコールを注ぎ、プレヒートしてから点火します。この際、プレヒートの火が消えるか消えないかくらいまで、しっかりプレヒートしてやる事がポイントで、中途半端に火力をオンにしたら、火柱を上げるのは他のケロストと同様です。
   アルコールをケチるためか、プレヒートの時間を惜しんでか、ガストーチでジェネレーターを炙るというやり方をする人もいます。たしかに、ものの30秒も炙れば、気化したケロシンが出て点火する事が出来ますが、本燃焼の安定はアルコールでプレヒートした方が早いです。まぁ、ガストーチでのプレヒートはトンチ技の一つと考えています。
   本燃焼は、ガソリンの場合と変わりありません。火力調整も不具合なしです。燃焼中は、別に身体に悪そうなガスが出るとか、そういう事はありません。ただ、消火後、ジェネレーターに残っている灯油が、しばらくポッポと燃えるのですが、その時、いわゆる石油ストーブ臭いにおいがします。屋外なら問題ありませんが、室内の場合は換気扇推奨。テントの中では使わない方が良いと思います。

20151031_013030
アルコールにてプレヒート中
要は、ジェネレーターが温まれば良いのですが
バーナーヘッド全体を温めてる感じです

20151031_013345
全力運転中
赤火に見えますが、根っこの部分は青火です

20151031_014642
プレヒートを前提としていないフェザー442は
バーナーボールに穴が開いています

20151103_225041
ガストーチでジェネレーターをピンポイントプレヒート
弱い火力でじっくりやった方が良さそうです


■火力、その他
   ケロ化550Bで、ベランダにて2リットル薬缶を沸かしてみたのですが、グツグツ沸騰するまで12分でした。これはガソリンの場合でも同じで、性能はガソリンでもケロシンでも変わらない事を示しています。この辺り、燃料によって差が出るというより、ストーブ自体の性能で差が出ると思います。(MSRドラゴンフライは9分、オプティマスNo.45は15分)
   550Bはジェネレーターを脱着すると、基部のナットの部分から油漏れを起こすので、耐熱耐油のガスケットを塗って対応していたのですが、今回は油漏れを起こしていません。察するに、今回は現物合わせで無理にジェネレーターを組んだのですが、それがかえって気密性を持つ事になったのかもしれません。むしろ、こうして形になったものを再度組み立てると、隙間が生じて漏れるのかもしれません。まぁ、基本的にジェネレーターを交換する時は、新品に交換というのが前提でしょうし、その度に無理に現物合わせで組むなら、今回の様に油漏れを起こさない、のかもしれません。

20151101_235351
火力はガソリンの場合と同じです
まぁ、どちらも原料は同じなんですけどねw

20151031_013412
ガスケットの跡が汚いですが、今回は塗ってません
まぁ、塗らなきゃならんのが問題なんですが…






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2013年09月01日

   そもそも、8月31日〜9月1日は泊まり掛けで作戦するつもりで休みを取っていたのですが、台風上陸の誤報で31日の日帰りだけになってしまいました。それは良しとして、その日帰り作戦で使うために、わざわざ印西のデコボコランドの近くのスーパーまでアラビヤン焼きそばを買いに行ったのに、腹一杯で食えず終いで終わってしまい、いささか欲求不満というか消化不良気味になってしまったので、急遽翌日、袋麺限定の焼きそばオフを行う事になりました。

20130830_214523
昨日に引き続き、アサルトパックで出撃
右手奥に見えるのが、今回探しまくったアラビヤン焼きそば



■アラビヤン焼きそばについて
   既にコアなファンの方々によって、ネット上でもアラビヤン焼きそばについては種々語られているので、自分が改めて語る事はないのですが、問題となるのは売っている場所。よく言われる様に、このアラビヤン焼きそばは「千葉限定」と思われているのですが、一応は全国展開している商品の様です。時々都内のスーパーやコンビニでも見かける事がありますし、最近ではカップ麺も出ました。
   ところが、イザ買おうと思ったら無い。手始めに近所のスーパーやコンビニを片っ端から探しましたがありません。続いて市川にも行ってみましたがありません。ネット上の情報では、東金や銚子の方でよく売れてるという事ですが、さすがにそんな遠くまで足を伸ばせません。困ったなーと思っていたら、ヤオコー牧ノ原モア店に売ってたという情報を得ました。調べてみると、デコボコランドの直ぐ近くの店です。
   早速出向いてみると、ありましたありました。しかも5袋入りパックで、当たり前に置いてありました。あまりに普通に売っているので、どうせなら都内にも置いてくれたら良いのに、と思ったのですが、何でも全国展開しても売れるのは千葉とか茨城県南部だけで、結局そこにしか置いてない状態になるとか。何にせよ、デコボコランドなら毎月行っているので、欲しければいつでも買える事が判りました。

20130905_194857
都内ではなかなか売ってないアラビヤン焼きそばですが
千葉の深部に行けば普通に売ってるみたいです


■焼きそばの作り方とソロキャンプでの焼きそばについて
   袋麺の焼きそばと言えば、それこそ子供の頃から食べているので馴染み深い訳ですが、ウチの実家では麺を湯がいた湯は捨てて麺を湯切りし、フライパンで肉だの野菜だの炒めたあと、湯がいた麺を投下して焼いてソースで味付けする、という作り方をしていました。
   麺を茹でた湯がそのままスープになるラーメンと違って、焼きそばでは湯を捨てねばならないという、湯を捨てる場所と手間が面倒で、ソロキャンプの時にはどうにも使う気になれず、これまでキャンプで焼きそばを食べた事がありませんでした。ところが、袋に書いてある説明書きを見ると、麺を茹でたあと湯が完全に蒸発する前に付属のスープを入れ、そのまま熱して残りの湯を蒸発させて出来上がり、と書いてありました。物心ついて以来ずっと知らなかったのですが、どうやらこれが袋麺の焼きそばの正しい作り方らしいです。(基本的に取説読まない人ですw)
   そのやり方だと、肉とか野菜はいつ炒めるのか?という疑問が起こったのですが、ソロキャンプの時にそんな凝った事をする筈が無く、せいぜい乾燥野菜を一緒に湯がいてもどす程度でしょうから、今回の焼きそばオフでは、是非ともこの「正しい」やり方でチャレンジしようと思いました。

20130901_103344
今回の袋麺焼きそばオフの会場
暑苦しい二人がくっついたら暑苦しいので
ベンチ2つに別れて実施
奥の三角テントは、Toyofusaさんが新規に購入したツェルト
軽くて持ち運びが楽ちんですw


■何食食えるのか?
   今回の企画は、コケネンとかゲルネン使って何かしよう、というよりも、袋麺の焼きそばがメインのイベントなので、使う火器は何でも良かったのですが、せっかく秋ヶ瀬公園に来ましたから、ゲルネンを使って作る事にしました。使う調理器具は米軍のメスパンです。実はこのメスパン、以前ガスレンジで玉子焼いたら、焦げるわ底がベコベコになるわで、それ以来、火に掛けた事がなかったのですが、袋麺1個を湯がくには丁度いい大きさです。もし2個まとめて湯がくのなら、ユニフレームの山クッカー角形の方が良いと思います。
   今回食べる予定は、日清焼きそば、サッポロ一番ソースやきそば、そして、アラビヤン焼きそばの3種類。実はサッポロ一番ソースやきそばとアラビヤン焼きそばは、同じサンヨー食品です。これまでの自分の認識では、ソースが粉末の日清焼きそばよりも、液体のサッポロ一番ソース焼きそばの方が作りやすい、という風に感じていました。というのも、先述の通り、麺を茹でたあと湯を捨てると、麺は若干くっつき気味になるのですが、粉末ソースは混ぜにくく、液体ソースは混ぜやすいという差があり、自分は長らくサッポロ一番ソース焼きそば派だった訳です。
   それはともかく、今回3袋用意したのは、当然の如く、それだけ食える自信があったからです。そもそもスープのない焼きそばは、1個では物足りず、2個でも物足りなかったので、昔は3つ平気で食べてました。もっとも、独り暮らしで面倒くさがって、具も入れず麺だけ食べてたからなのですが、今回は具といってもフリーズドライのミックスベジタブルくらいしかありませんので、余裕で食えると踏んだ訳です。

20130901_103328
もともと料理は得意な方ですが
外ではあまり面倒くさい事をやりたがらない質です
(ただし、飯炊きは除くw)



■限界試食会w
   まず1個目は、日清焼きそば。粉末ソースを使う袋麺の雄です。いきなり麺をメスパンに入れ、フリーズドライのミックスベジタブルも入れ、水を麺が半分隠れる程度に入れて、ゲルネンを投入したキャンティーンカップスタンドに載せたのですが、よく考えてみれば、麺は湯が沸いてから入れた方が手際よく解せたんじゃないかと思います。
   とは言え、暑い時期でもあり、直ちに湯が沸き始め、イイ感じに麺が解れてきました。どのタイミングでソースを入れるべきなのか判りませんでしたが、適当な時期に投下して混ぜ、あとは湯が飛ぶまで加熱し続けました。このやり方だと、ソースが粉末であってもまったく問題なく麺に絡める事が判りました。しかし、湯が完全に飛ぶまでには結構時間が掛かり、ゲルネンと言えども手元で燃えている訳で、出来上がるまでに大汗かきました。
   仕上がりは湯を捨てるやり方に比べると、ちょっと麺が伸びた感じがしないでもなかったですが、油で炒めた時の様なギトギト感がなくて、ヘルシーな感じでした(まぁ、インスタント麺食ってる時点でヘルシーもヘッタクレもありませんがw)
   次はサッポロ一番ソース焼きそばの番なのですが、意外にも1個食って休憩したら、「もう一個食いたいですか?」って感じになってきました。しかし、これで帰ったんでは何しに来たか判らないので、頑張ってヒート2に突入。作り方はさっきと同様でしたが、今回は液体ソースなので、さっきよりも多めに湯を飛ばしてからソースを投入しました。
   出来映えは、日清焼そばとほぼ同じで、味の方も同じ様に美味かったのですが、問題は完全に腹が膨れてて食うのに苦労した、という事。余裕で3つ食えるはずが、半分食った時点でかなりの苦行プレイ。途中で捨てる訳にも行かないので無理して食いましたが、3つめは断念。せっかく苦労して探したアラビヤン焼きそばは、食わず終いで終わってしまいました。

20130901_103201
今回、初めて野外で火にかけるメスパン
日頃はカレー皿代わりくらいしか使い途がありませんw

20130901_103833
イイ感じに茹だって、麺が解れてきました
麺が柔らかくなるにつれ、湯が少なくなっていく感じ

20130901_104110
ソースを投入。粉末でも湯で溶けるので
よく麺に絡める事が出来ます
ソースが焦げ付かない様に、コマメに混ぜます

20130901_104424
イイ感じに水分が飛んだら、メスパンが焦げる前に火から下ろします
油で炒めた時よりも油っこさが控えめです
ゲルネンはまだ十分残ってました

20130901_104956
まだ2つ残っていたのですが
1個食べたら、結構満腹感が、、、

20130901_111238
それでも気張って2つ目食べました
流石にミックスベジタブルは入れてませんw


■結果報告
   今回、初めて湯を捨てないやり方で焼きそばを作ったのですが、意外に美味く作れました。意外も何も、それがデフォルトの作り方なのですから美味く出来て当然といえば当然ですが、湯を捨てるのが躊躇われるソロキャンプの場合などには、大いに活用できるなと感じました。もっとも、個人的にはやはり湯を捨てて油引いたフライパンで炒めた焼きそばの方が美味しいと感じるのですが、これは好みの問題でしょう。
   3つ食えると思ってた焼きそばが2つしか食えんかったというのは、少々ショックではありましたが、まぁ20代の頃には食えても40代ではそんなに食えんという事が証明される形になりました。それに、あのクソ暑い中で、クソ暑くゲルネン燃やして、クソ暑いインスタント麺を食うという事自体が無理ゲーでもあった訳で、どうせやるなら流し素麺でもやれば良かったかな、というところです。
   そのクソ暑いゲルネンですが、今回は25gのパック2つを同時に投入して使ったのですが、1個半燃やした時点で焼きそばは出来上がりました。風がほとんど無い状態での結果ですので、風が吹いた時にはまた話しが変わると思いますが、上手にやれば残ったゲルネンで1杯分のコーヒーや紅茶が沸かせるんではないか、と思いました。やはりゲルネン侮りが足し、ですw

20130901_120324
オフ終了後、ツェルトを撤収するToyofusaさん
確実に泊まると判ってる時はテントの方が良いですが
「もしかしたら泊まるかもしれない」程度の時は
こうした軽量のツェルトがあると負担にならず安心ですね






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(2)

2013年08月31日

   月をまたいでバイクをオーバーホールに出したので、8月最後の土日はノーバイクデーになりました。そこで泊まり掛けでハイキング&キャンプに行く事になったのですが、非常に大型の台風15号が週末に本土直撃、という予報が出た為に、土曜日のみの日帰りの作戦に切り換えました。まぁ、泊まりの装備を担いでこの時期に山歩きしたら、相当に疲れる事が予想できたので、かえって軽装になれたのはラッキー、とか思いながら装備を調えました。

20130830_214523
日帰りならアサルトパックだけで十分ですが
実は高麗川で水遊び出来るように、水着とかビーサンまで入れたので
結構パンパンでしたw



■Marine Cooling Vest
   この作戦の2週間ほど前に、友達とのネタ話しで盛り上がったのが、アメリカ海兵隊が使っているメッシュ貫頭衣の話し。ボディーアーマーの下に着込むベストなのですが、断層のあるメッシュ生地がボディーアーマーと身体の間の風通しを良くして、熱を溜め込まずクールダウンさせるというものなのですが、見た目がどう見ても縄文人辺りが来てた様な感頭衣なのです。恐らく、様々な素材や装置を考え尽くした挙げ句、かなり原始的な装備に行き着いたと思われるのですが、あまりにもネタ的過ぎて面白可笑しい。まぁ、真剣さも通り越すと笑いになってしまう典型の様なベストです。
   ところが、このメッシュ貫頭衣、あまり日本には入ってきてないのか、国内で買えば結構なお値段になるとの事。忠実にコスプレしたい人にとっては、金に糸目は付けないところでしょうが、さすがに万もついては買う気になれない。ところが今回、eBayで半額セールで売ってるところを発見。送料込みで4000円ほどで買えるのが判ったので、さっそくネタとして購入しました。
   10日ほどしてブツが届いたので、早速着てみたのですが、eBayに載ってた写真では貫頭衣の前後を留めるストラップが腰の所にきて如何にも貫頭衣だったのに、自分が着てみるとストラップが胸の辺りにきて、貫頭衣の裾が腹の辺りに来る。かなり寸足らずな感じで、貫頭衣としては前もケツも丸見えの状態です(実はネタ話しで、このメッシュ貫頭衣を着て竪穴式住居で写真撮影する話しが出てた)。しかし、よくよく考えてみれば、ボディーアーマーは精々腰の辺りまでしかない訳で、大きさ的にはこれで十分なのです。むしろ見本のマネキンがかなり小さかったのでしょう。
   メッシュ貫頭衣のメッシュは、難燃樹脂製で感じとしては玄関に敷いてあるマットみたいです。恐らくコレ用に開発した物ではなくて、もともと何か他の目的で使われていた素材を流用してるんじゃないでしょうか。端っこはザックリ切ったままですが、首を通す穴はちゃんと縁取りされてました。本来はボディーアーマーの大きさに合わせて端っこを切る様ですが、切ったら転売する時に困るのでそのまま使う事にしました。

20130814_224823
これがマリーン・クーリングベスト
ホームレスでももうちょっと良いモン着てそうな見映えです

20130814_224412
全面蜂の巣模様ですww
お世辞にもカッコイイとは言えませんw
もちろん、ウチから着ていく勇気もありませんwww


■ブーツ修繕
   自分が履いているアメリカ海兵隊のコヨーテカラーのコンバットブーツは、まだサバゲーをやっていた8年前に、予備として買ったもので、新品で一度も履かず8年間靴箱の中で保管し、今年になってから履き始めたのですが、まだ4回ほどしか履いてないのに土踏まずの辺りからソールが剥がれ始めました。サバゲーで使っていた中古のブーツは、今でもしっかりソールが付いているので、いささかショックを隠せないのですが、まぁどんな良い物でも8年も履いてなかったら悪くなってしまう、という事でしょう。買い直すとなると1.7万円はしますので、駅前の靴修理屋に持って行く事にしました。
   ところが、この手のブーツはあまり扱った事がないのか、貼り付けるだけだったらOKだけど、圧着させてる場合はここでは修理出来ない、との事。とはいえ、物を調べてみない事には分からないという事だったので、預ける事にしました。ともかく、貼り直しは確定らしく、目の前でべローンとソールを剥がされた時は、ちょっとモヤモヤした物を感じましたが(剥がれて浮いてる部分だけボンドを流し込んでくっつけると思ってたから)、餅は餅屋なので任せる事にしました。
   果たして2日後、ブーツを貰いに行ったのですが、ソールはガッチリくっつけられていて、完璧でした。若干短くなったとかで、踵の所が1ミリほど段が付きましたが、まぁ剥がれ落ちる事を考えたら無問題です。店の人に、実は海兵隊のブーツだと話ししたら、エライ驚いてましたが、駅前の靴修理屋でマリーンのブーツが修繕できる事が判ったのは収穫でした。

20130903_202430
どういう訳か、土踏まず付近から剥がれ出したソール
8年も置いておくと、接着剤が劣化するみたいです

20130903_201439
駅前の普通の靴修理屋に修繕して貰いましたが
ばっちり直してくれました



■飯能〜天覧山〜高麗峠〜巾着田
   今回のミッションは、まぁ、巾着田でアルスト使って何か食おうってのがメインなので、最寄りの高麗駅から歩いても良かったのでしょうが、それじゃ腹も空かんという事で、飯能駅に0900時に集合。6月のホタル作戦の時の道順で歩いて行く事になりました。
   例のクーリングベストは、ウチから着込んでいこうと、アンダーシャツの上に着てみたのですが、なんぼアサルトパックを背負うと言っても、町中や電車の中でアレを着て歩くというのは、羞恥プレイ以外の何者でもないので、無茶は止めて畳んでアサルトパックに縛着し、現地に着いて人目が少なくなってから着る事にしました。
   天気は良く、残暑盛りな中でゆっくり行軍開始。でも開始と同時に汗がダラダラです。途中コンビニでお茶など補給しながら天覧山に突入、休み休み急な坂を上がり休憩場で小休止取ってから、いよいよクーリングベストの投入です。着てみてまず判ったのは、意外に涼しいという事です。まぁ、スッカスカのメッシュですので涼しくて当たり前なのですが、もっと驚いたのはアサルトパックを背負った時、メッシュ貫頭衣を着てない時よりも軽く感じた、という事です。メッシュで背中とパックの間に空気が行き来しますので、汗でベッタリつく不快さもありません。見た目は確かにアレですが、さすがアメリカ海兵隊が採用するだけあって、なかなかの使い心地でした。
   そのまま、時々休憩を挟みながら、ノンビリとハイキングを続けましたが、この間、大汗はかきましたがクーリングベストなしで歩いているよりは遙かに快適に歩けました。

20130831_092507
天覧山の案内板の前で
この時点ではクーリングベストはまだ着てません


20130831_102610
山中にて小休止
見た目はイマイチ、と思ってたのですが
山の中では「コレもアリかな?」とw

20130831_110819
ドレミファ橋に到着
既に家族連れで結構な賑わいになってました


■帰りはバスで
   巾着田には昼前頃に到着したのですが、夏休み最後の土曜日とあってか、前に着た時よりも人出で賑わっていました。汗だくで暑くて火炊いて何か食おう、という気にはなかなかならなかったのですが、ともかく先に川原に降りて日陰を確保。周りは家族連れや大学のサークルっぽい人の中で、軍装3人組がドテーっと伸びて雑談してる光景はなかなか異彩を放っていました。
   いつまでもダベっているのも何なので、アルスト出して焼き物を始めました。今回は自分も豚肉を持って行ったので、ユニフレームの角形フライパンを持参しました。米軍のメスパンも持って行ったのですが、油を引いても焦げやすいのに対して、ユニフレームの角形フライパンはフッ素樹脂でコーディングされてますので、焦げもせず後始末もトイレットペーパーで拭いて終わりです。
   実は「ほぼ千葉県限定」のアラビヤン焼きそばとか、「関西限定」の伊藤ハムのポールウインナーも持って行ったのですが、帰りの行動に支障を来すほど腹パッツンで、お友達2人に進呈いたしました(で、まんまと自分だけ荷物軽減ww)。野菜はともかく、ご飯もなしに肉系ばっかり食うのは、さすがに年齢的に厳しいもんがあるかもしれないのと、ゆっくり食えば良いのに次から次へと焼いて食ってしまい、何に慌ててるんだと思わないでもない一方、休んでるウチに腹が膨れてしまい持って行った物が食えなくなってしまう事態にも陥るという具合で、相変わらず訳判らん事やってましたw
   昼を過ぎてから、さらにBBQ客が増えて来たので、用事のなくなった自分らはケツに根っこが生える前に撤収しました。まぁ、よしんば泊まるつもりでも、あんだけ人大杉の状態ではしばらくテントは立てられなかったでしょうから、日帰りで正解だったかもしれません。
   帰りは、前回は高麗駅まで歩いたのですが、高麗駅まで歩いても駅前に涼める店がある訳でもないし、今回はバスを使って飯能駅まで戻りました。1時間に2本しかありませんので少し待たされましたが、それでも暑い思いして高麗駅まで歩いて、さらに飯能行きの電車を暑いホームで待つよりは、涼しいバスで楽々と飯能駅まで行った方が今回は正解でした。

20130831_120243
毎度お馴染みオージービーフ
今日のは値切り品じゃなかったせいか、かなり美味かったです

20130831_122616
こちらは豚ロースの味噌漬け
ちょっと甘すぎましたが、ご飯が欲しくなりました

20130831_124227
こちらもお馴染み、チーズインソーセージ
2本食って撃沈ww

20130831_141509
撤収する頃には、さらに人出が
川遊びする人で、ガンジス川の様になってましたw

20130831_143704
巾着田から高麗駅まで、歩いて大体15分くらいなのですが
道中珍しいものがある訳でもないので
バス乗った方が楽できますw






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2013年06月16日

   ソロ用のテントは1997年以来、アライテントのエアライズ2を愛用してきてるのですが、今回、軍装キャンプを再興するにあたって、「やっぱテントもマリーンので」という事で、アメリカ海兵隊が個人用に採用しているCatoma社のEBNS(Enhanced Bed Net System)を買いました。国内のアウトドアショップで扱っている商品ではなく、今回はたまたまヤフオクで新品を調達する事が出来ました。海外では、ebayなどのネットオークションでも出てますし、アウトドアストアから取り寄せる事も可能です。

20130608_152037
巾着田ホタル作戦でのEBNS
国内でこれを使ってる人はあまりいないみたいです



■いわゆるベッドネット
   EBNSは本体であるIBNS(Improved BedNet System)というベッドネットと、それに付けるフライシートとポールによって構成されています。これは元々は折り畳みベッドの上に載せてつかう蚊帳で、その蚊帳にフライシートを付ける事で、ソロテントとしても使える様にしたのがEBNSです。
   EBNSの最大の特徴は、蚊帳であるIBNSがいわゆるポップアップテントで、ベッドネットの底の部分に楕円形に入ったグラスファイバー製のフレームを捻って丸めて畳み、かつ広げる時は投げれば勝手に広がってくれる、というものです。一般的にはビーチ用やBBQの時の日除けとして使われるものですが、いちいちポールをテントに通さずに使える利便性が買われたのだと思います。ちなみに、2人用のヨーレイカ!やブラックダイヤモンドのコンバットテントは、通常のXフレームのドーム型です。
   折り畳んだIBNSとフライシート、ポール、ペグ(中空のアルミ製)は、付属の収納袋に収めますが、この収納袋の上下端4箇所にストラップが付けられており、これをアサルトパックのMOLLEウェビングに取り付ける事で、パックに外付けする事が出来ます。むしろ、アサルトパックの容量を確保するため、外付けで運用する事が多いです。

20130605_102830
ベットネットにポールを付けた状態
フライシート無しでも、この方がシャンと立つみたいです

20130524_202234
収納袋にベットネットの畳み方の取説が付いています
ただ、最初はよく判りませんでした

20130524_202256
IBNSを留めるストラップの注意書き
自分も一番最初、こうなって口をヒットしましたw


■グランドシート
   EBNSは全体で約2kgの重さがあり、いわゆるビビィサック程度のテントでありながら、2〜3人用の登山用テントよりも重量があります。これはフライシートやIBNSの底の部分の布地が分厚い事を意味しています。しかしながら、地面の石ころで傷が入ったり、泥などで汚れたりするのを防ぎたいもの。
   しかしながら、このシートは付属の収納袋に入れる事は出来ないので、荷物が増えた事になります。まぁ、エアライズ2にもグランドシートを用意してたので、この発想自体に は違和感はないのですが、エアライズ2よりも重くてコンパクトさに欠けるので、ちょっとなぁ〜と思わないでもありませんが、大事に使いたいので用意する事 にしました。
   このアイデアを思いついたToyofusaさん曰く、「防水性の養生シートが良いか、水を通す除草シートが良いか、結論が出てない」との事でしたが、取り敢えず軽そうな草除けシートを使う事にしました。平井のホームズで横1m縦5mの草除けシートと8mmの鳩目パンチャーを買い、EBNSの長さに合わせてシートを切り、ポールが付けれる様に鳩目を付けました。
   グランドシートを設けたのは、フライシートのみで使用する場合も考慮たからで(その場合は、シュラフとシュラフカバーのみで寝る)、むしろその使い方の方が中を広く使えそうです。もっとも虫の出ない季節限定ですが。

20130604_121404
島忠ホームズで買ってきた草除けシートとハトメパンチ

20130605_105226
ポールが付けれる様にハトメを打ち込みます

20130605_105208
幅1m、長さ約2.4mですので
十分IBNSをカバーする事が出来ます



■背負ってみた感じ
   先に述べた様に、このEBNSはアサルトパックの背面のMOLLEウェビングに取り付ける事が出来ます。当初はリーコン・アサルトパックの主室に納めようとしたのですが、これだとEBNSとグランドシートでパックが一杯になってしまい、他に何も入れる事が出来なかったので、やむなく背面に取り付けました。
   2kgものウエイトが背中よりも離れたところにあるので、確かにバランスは良くないのですが、リーコン・アサルトパックが良く出来ているのか、行軍間にツライと感じる事はありませんでした。取り付けはMOLLEシステムでなく、タダのナイロンストラップにD環なのですが、アサルトパックにしっかり付ける事が出来るので、振り回してもブラつかず、意外にしっかり付ける事が出来ます。
   テントを外付けにするメリットは、パックを開けずにテントを出して建てる事が出来る事で、これは結構メリットが大きいです。グランドシートも直ぐ取り出せる様に、副室に納めました。撤収も、先に荷物をパックに詰めてから、最後のEBNSを収納できるので、結構楽です。
   問題があるとしたら雨が降った時で、EBNSの収納袋には防水性はないと思われるので、びしょ濡れになる可能性大です。軍用のバックパックにはザックカバーが無いので、この対策は今後、要研究です。

20130604_005824
リーコン・アサルトパックに納める事は出来ますが
他は何も入らなくなります

20130606_124616
そこで外付けにしました
バランスの悪さより、容量の確保が重要です

20130607_224412
グランドシートは、副室へ
寝る時にアサルトパックをくるむ90リットルのゴミ袋なども入ってます


■寝てみた感じ
   さて、寝てみた感じですが、慣れないウチはかなり圧迫感を感じました。何せIBNSの中は半身を起こすにも足りない天井の高さで、IBNSのファスナーを閉めるのにも寝転がってやる感じ。今まで2人用のドーム型テントしか使った事がないので、かなり難儀する感じでした。といっても、このベッドネットは寝る時にしか使わない用ですので、テントというより、ビビィサックに近い使い方であると思います。
   天井が低いという事は、中で着替えたりするのに難儀する、という事でもあるのですが、これについては、真正直にベッドネットの中で着替えようとせず、IBNSのファスナーを全開にしてIBNSから半身を起こし、フライシートの中で良い感じに着替えをする、というのがカシコイやり方の様です。
   さて、このテントの最大の特徴は、本体がメッシュで出来ている事です。つまり、風通しが良いはずです。ところが、メッシュの目がかなり細かいらしくて、実はあまり風通しが良くありません。試しにフライシートを閉じて寝てみたのですが、かなり蒸れる感じでした。一説には小雨程度なら通さないそうで、固定してなければ風が吹けば飛びます。さすがにメッシュなので、外気温の影響はモロに受けるのですが、メッシュ=風通しが良い、という感じではありませんでした。
   概して狭いという印象でしたが、狭く感じるのは天井の高さであって、床面積それ自体は一人で寝る分には十分な広さがあります。さすがにエアライズ2みたいに、バックパックも同衾という訳には行きませんが、必要な小物や衣類は一緒に寝る事が出来ますので、夜中に喉が渇いて水飲む、とかいうのも問題なく出来ます。あとは狭いところで寝るのに慣れるだけです。

20130608_220721
ベッドネットは、本当に寝るに必要な高さしかありませんが
フライシートはそれなりに天井が高いです

20130609_050814
夜中、結構蒸し暑くなりましたので
フライシートを全開にしました


■設営と撤収
   EBNSの設営は、先に述べた様に、IBNSをおもむろに放り投げて展開し、IBNSにポールを付け、その上にフライシートを被せてペグを刺して地面に固定します。ポイントは、IBNSおよびフライシートは、一見すると左右両方から出入り出来る様に見えますが、IBNSは頭の方が天井が高く、フライは左側から出入りする様になっているので、向きを間違えない様にする事が大事です。フライの向きを間違えると、手前から奥に向かって出入り口のファスナーを開ける事になり、大変です。
   EBNSのフライシートは、一見すると左右対称に見えるのですが、よく見ると、出入り口側が狭く、反対側は広くなっています。そして反対側にもフライシートを半開きさせるファスナーが付いています。こちらはベッドネット内に持ち込めないアサルトパックなどを置くスペースとして使えます。出入り口の反対側に置いても、IBNSは両開きなのでアサルトパックにアクセスする事が出来ます。
   撤収の仕方は、IBNSはポップアップテントですので、手順を最初に飲み込むのが大変でした。IBNSの畳み方で何が一番大変、というかドキドキするのは、最後の一捻りをして収納サイズにする事ですが、まぁ、フレームが折れる事はないと信じて、渾身の力を込めて畳みます。

20130609_093541
この最後の一捻りが毎回ドキドキするw

20130609_091646
撤収は殊の外早く出来ます
かつ、パックの外に収納袋がありますので
パッキング済んでから撤収出来ます


■感想
   今回、野営装備の軍装化のために調達したEBNSですが、軍装品にこだわらず合理的な頭だけで考えたなら、重さ、コンパクトさ、設営のし易さ、居住性、耐風性、そのいずれをとっても、エアライズ2にEBNSが及ぶところはありません。
   特に重さとコンパクトさに関しては決定的に不利です。エアライズ2は最大2人まで寝れる空間を確保出来て2kg切っているのに対して、EBNSは一人で寝てても多少窮屈でありながら2kg弱あります。コンパクトさに関しても、エアライズ2はアサルトパックの主室に納めて、かつまだ他の物を入れる余裕があるのに対して、EBNSは外付けにしない事にはどうにも出来ません。
   しかし、そんな事を言っていたのでは、軍装キャンプは出来ません。むしろ、多少不便があっても、それを楽しむくらいの気持ちの余裕が欲しいところです。なので、軍装に拘らない、あるいはその趣味のない人には、ちゃんとしたソロテントやツーリングテントを勧める様にしています。
   軍装(アメリカ海兵隊)に拘りのある自分としては、このEBNSは歓迎するところです。自分が現役でサバイバルゲームをやってた頃は、まだコンバットテントしか採用されてなくて、さすがに4kg(ただし2〜3人用)もあるテントを一人で担ぐ気にはなれませんでした。このEBNSなら持って行こうという気になります。

20130605_111312
左はエアライズ2、右がEBNS
確かに、エアライズ2の方が軽量コンパクトですが
軍装キャンプの風情はEBNSの方が楽しめます






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2013年06月09日

   前回の嵐山作戦のあと、急速の再軍備を進めた訳ですが、努力?の甲斐あって野営装備の大部分を軍装化する事が出来ました。今回の再軍備では、別にサバイバルゲームをやる訳ではないので、着る物、担ぐ物、泊まる物の3つにテーマを絞り、それぞれMCCUU(アメリカ海兵隊のマーパット迷彩服)とLightweight Exposure(ゴアのレインウェア)、RECON ASSULT PACKEBNSを調達しました。短期間での調達だったので、結構な出費になりましたが、モトクロスやる事思えば、予算的には10分の1程度です。
   出来ればスリーピングマットも海兵隊の物に替えたかったですが、値段が高いのとサーマレストのプロライトのカバーが違うだけなので、今回は止めにしました。また、寝具も3SSS(3-Season Sleep System)にしたかったのですが、セットで値段が4万近く、さすがに今回は手が出せませんでした。まぁ、あまり一気にやるのも楽しみが減るというものなので、次の機会に回す事にしました。
  
20130606_124616
1〜2泊用装備として準備しましたが
体力的にも、これが限界ですw



■準備
   取り敢えず物が揃った訳ですが、問題はこれまで使っていた民間品とは重さ大きさが違うので、パッキングには少し頭を使いました。
   シュラフはこれまで通りなので、アサルトパックのボトムにアンダーウェアと一緒に入れ、マットも従来通りアサルトパックの主室の下に入れた訳ですが、問題はテントであるEBNS。これまではエアライズ2だったので、そんなに嵩張らず、マットの上に入れて、かつパックに余裕が出来ていたのですが、EBNSとグランドシートを入れるとそれだけでパックがパッツンパッツンです。一応、アルストセットやキャンティーン、タオルや食糧などは、外付けのポーチに入れる事にしていましたが、防寒用のフリースさえ入れれないのは問題です。
   そこで、同行してもらうToyofusaさんを真似て、EBNSを副室のカバーになってる背面のウェビングに付ける事にしました。2kg近い物が背中から遠い所にあるのは、バランス的に今ひとつなのですが、容量確保のためには仕方ないかなー、という所。EBNSのグランドシートは副室に納める事にしました。
   雨具であるLightweight Exposureは、当初はイイ感じの大きさに畳んで、アサルトパックの副室の方に入れようと思っていたのですが(その方がサッと取り出せる)、しかしEBNSのグランドシートを入れる事にしたので、小さく畳んでSEAL LINE MACS Sackに入れてパックの主室に入れました。もともとLightweight Exposureは軽量かつ薄いので、サックを圧縮するとかなり薄くなります。EBNSを外付けにする事で、かなり容量を稼ぐ事が出来たので、食糧を入れたサステインメントポーチやフリースをパックに収納する事が出来ました。
   次に気にしたのは服装で、もちろん軍装な訳ですが、下はトラウザーにブーツは良いとして、上もばっちりブラウス(MCCUUの上衣はブラウスという)もキメたのでは、さすがに電車の中でイタイかなーと思い、6年もののOGのTシャツだけにしました。まぁ、どのみち暑くて上衣まで着てられないだろうと思った訳です(その通りだった)。

20130607_224340
EBNSを外付けにした事で、サーマレスト以外に
食糧、雨具、フリースを内蔵する事が出来る様になりました

20130607_104925
オージービーフの付け合わせはポテトだろ、って事で投入
しかし、肉が多くて食えませんでしたw
パエリアはめっちゃ旨かったです


多峰主山〜天覧山〜高麗峠
   今回の作戦は、実はホタル見に行くのが主目的で、目的地である日高市巾着田は西武池袋線高麗駅から歩いて20分。これでは絶対的に時間を持て余してしまうし、そもそもせっかく買ったアサルトパックを背負って歩いて具合を確かめる事も出来ません。それはなんぼ何でも、という事で、飯能駅から多峰主山、天覧山、高麗峠を結ぶハイキング道を歩いて目的地を目指す事にしました。
   といっても、のんびり歩いても2時間もあれば到着する、という事で、飯能駅は1200時集合。飛び乗った電車が鈍行で、集合時間を10分ほど過ぎてしまいましたが、無事、Toyofusaさんと合流。揃いのデザート・マーパット(Toyofusaさんは上衣も着込んでたw)で、道行く人々から珍妙な動物を見る目で見られながら、行軍を開始しました。
   飯能というと、失礼ながら自分には田舎のイメージしかないのですが、確かにその通りで、歩き出して30分もしないウチに山の遊歩道に突入です。まぁ、自分の実家の長岡京市もそんな感じなのですが、市民向けの遊歩道の整備は飯能の方が上の様です。二人してテクテク歩いていると、何人かのハイキングの人とすれ違いました。町中では珍妙は生き物を見る目で見られるのに、山の中では案外そうでないのは、やっぱりアウトドア向けの格好をしているからでしょう。
   今回のミッションでは、遊歩道を歩くだけで登頂は目指さないのですが(Toyofusaさん曰く、「景色が良いだけだから」w)、約13kgの荷物背負って歩くだけでも、それなりに結構いい運動です。キャンプするという目的が無ければ決してやらない事だと思うので、運動するにも目的というのは大事だと思いました。大半はダラダラと歩ける平面な道なのですが、時々は登り坂があったりして、そんな時でもアゴを出さずに歩けたのは、日頃の水泳のお陰だと思いました。
   こんな感じで出発から2時間後には高麗峠に着きました。当初の予定では、途中で昼飯食って、1600時ころ巾着田に着く予定だったのですが、全然腹が減ってない。それもそのはず、自分は出発前にフライの4色丼を食い(大島のダイエーでフライが安かった)、Toyofusaさんもカップ焼きそば(恐らく大盛り)食ってきたという事で、わざわざ荷物広げて飯食いたい、というほどではない。しかも目的地まであと20分と言われたら、目的地着いてから食った方が良さそうなもんです。
   その様な訳で、予定よりも1時間早い1455時、巾着田に掛かるドレミファ橋に到着しました。

20130608_121156
待ち合わせ場所で集合
この方は、こういう格好でもあまり違和感ないですw

20130608_01
高麗峠で休憩
前回とは装備一新。まぁ自分的にはこっちが普通ですがw

20130608_145536
目的地の巾着田ドレミファ橋に到着
なんでドレミファなのかは判らんそうですww



■ホタルゲット
   到着と同時に、野営地を設営。EBNSは初めて使うテントですが、設営そのものは難しいものではなく、せいぜい地面が固くてアルミのペグが刺さらないので困ったくらいでした。設営が済んだあと、歩いて10分のコンビニに飲み物など買いに行き、まだ腹は減ってないけど今食わんと、夜の大ミッションに備えられないという事で、遅めの昼食を摂りました。
   さて、長かった陽も暮れて、1930時からホタルの鑑賞会が始まりました。ホタルは巾着田の外側の田畑の中を流れる小川に生息してるそうで、小川に入り込まない様にロープがしてありました。最初はあまり見れなかったのですが、2000時頃から光り出すホタルが増えてきて、なかなかの見物でした。もっとも、ホタルの数より鑑賞に来てた人間の方が多かった様ですが。
   十分ホタルを堪能したあと、好例、もとい恒例のオージービーフの夜、スタート。今回は一人380gという事で、決死の覚悟で食い尽くしました。今回は自分が持参したチューブバターで焼いたのですが、前回より全然美味く食べれました。しかし、その後に出て来たチーズ・イン・ソーセージはもっと美味しくて、4本も食べてしまいました。
   ところが、塩辛いものばかり食べたので(オージービーフはステーキソースや醤油禁止で、塩胡椒のみで味付け)、甘い物が食べたくなりました。そこで再びコンビニに甘い物買いだし。その帰りに、鑑賞会が終わったホタルの小川に寄ってみたところ、Toyofusaさんが地べたに落ちていたゲンジボタルを発見。「よく発見しましたねーー!」と驚いた訳ですが、夜間昆虫採集のエキスパートだけに楽勝だったそうですw
   そのホタルをコンビニ袋に入れ(エクレアとプリンはトラウザーのポケットへ。エクレアは爆裂し、プリンはシェークになったw)、一晩枕元に置いてたのですが、ずっと光り続けててなかなか雅なものでした。(翌朝リリースしました)

20130608_155705
EBNS二張り
国内でEBNS使ってる人はあまり居なさそうなので
珍しい光景になるのかも??

20130608_171534
遅い昼飯
自分は乾パンだけにしましたが
Toyofusaさんはフォーと残り汁にご飯入れてましたww


ホタル鑑賞会
一所懸命、ホタル光ってました

20130608_204236
そして、大オージービーフ大会
なんと一人380gです。もちろんお残し禁止ですww

20130608_212435
さらにソーセージもwww
どんなけ食うんだwww

20130608_214733
野菜も食え、という意見が出そうですが、何も食えませんww
せっかくですから、サイリュームで雰囲気出しました

20130608_224428
コンビニの帰りにホタル発見!!
生まれて初めて、ゲンジボタルを生で見ました


コンビニ袋の中で光るホタル
明るくなるまで光ってました(翌朝逃がしました)


■翌日は撤収するだけ
   食う物食ってする事もなくなったので、さぁ寝るかー、という事になったのですが、問題は今回初めてEBNSで寝るという事。これまでのエアライズ2は2人用とは言え結構広く天井も高かったのですが、EBNSは横になる高さしかありません。慣れてないせいもあるでしょうが、結構寝にくく感じました。そのせいか、2時間ほどは寝てた様なのですが、夜中に目が覚めて、そのあと全然寝れなくて、そのまま夜が明けてしまいました。まぁ、前日に大して身体使ってなかったのもありますし、行きの電車でずっと寝てたのも影響してたと思います。
   0700時頃から、ごそごそと朝飯に取り掛かったのですが、Toyofusaさんはリークのヌードル(ただし、リークは長ネギとタマネギで代用w)、自分はアルファ米にパエリアの素を混ぜたやつ、という風に朝からヘヴィな物食ってました。もっとも、前の晩の飯もまだこなれてない状態だったので、食ったあとは1時間くらい動けませんでしたw
   やっとこ撤収となったのですが、EBNSは折って畳んで丸めるだけですので、案外撤収は手早く出来ました。パッキングが済んだあとは、高麗駅まで約20分の行軍。高麗駅は文字通り何にもない駅で、奇妙な2本のトーテムポール以外は、売店も牛丼屋もなく(あっても食えなかったがw)、土産物屋も閉店、辛うじてジュースの自販機だけはありました。その割には遠足風の子供達やハイキング風の老若男女が多かったのが印象的でした。

20130609_073721
朝っぱらからヘヴィは朝食です
でも、どっちも美味くて完食ですw

20130609_090807
撤収作業中
休憩前に予めパッキングは済ませてましたので
さっさと終える事が出来ました

20130609_102553
高麗駅前の様子
高麗郡は8世紀に高句麗の王族が亡命して封じられた場所らしいんですが
このトーテムポールは高句麗とはあまり関係ないとか
(高句麗は騎馬民族、このトーテムポールは農耕民の習俗)


■まとめ
   今回は生まれて初めてホタルを見る、という目的だったのですが、ホタルが光って飛んでるのを見ただけでなく、ホタルの現物もゲット出来、大成功に終わりました。ホタルごときで大喜びする歳でもあるまいしー、という気もしないでもないですが、でもなかなか良かったですよ、ホタル。
   RECON ASSULT PACKに最大限荷物を詰めて担いで歩いたのですが、あんだけペラペラのショルダーストラップの割には担ぎやすく、ここ数年で軍装のバックパックも進歩してるんだなー、と感じました。もっとも、このアサルトパックは衛生兵用のCorpsmanを流用したものですが、コアマンの場合、衛生材料一式を積んだ時の重さが13kgくらいらしくて、それ以上の装備を詰める事を前提としていないから、ペラいショルダーストラップなのかも知れません。何にしても、MOLLEシステムであるので外付けで拡張出来るのがとても良く、少々容量不足に感じるものの、十分外付けで補う事が出来ました。
   テントも軍装で、という事で、アメリカ海兵隊が採用しているEBNSを投入したのですが、使い勝手や居住性については、やはり民間のドーム型テントには及ばぬ様です。まぁ、もとがベットネットですので、コンセプトが違うから仕方ない訳ですが、ある程度は慣れていくしかなさそうです。疲労度が強いミッションを行う場合はエアライズ2を使い、今回の様に軍装使って遊ぶ場合はEBNSで、という風に使い分けると良いなと思ってます。
   そして、今回も激烈wオージービーフの夜があった訳ですが、ステーキソースや醤油禁止であるからには、塩などの粉末系の調味料で挑まねばならぬ訳で、実は塩と黒胡椒を混ぜたのを持って行く予定だったのですが、すっかり忘れてしまいましたw 恐らく次回も出てくると思うので、忘れず持って行きたいものです。ご飯に混ぜる「洋ごはんつくろ」は、予想以上に美味くてナイスでした。アルファ米の臭さも気にならないほど美味いので、今後は常備したいと思います。

20130608_05
もうちょっと腹が凹むとカッコイイんですがー(汗)






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 17:00コメント(2)
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
忍者AdMax
  • ライブドアブログ