TOYZ

2019年08月11日

 福島県白河市にある白河エンジョイスポーツランドは、自分がこの趣味を始めてまだ駆け出しの2008年9月、人生2回目となるヒーローズエンデューロに出て以来の訪ないです。いつかは行かないかんなー、と思いつつ、それなりに遠いのと、白河ESLでレースやってるという話しを聞かないため、ついつい足が遠のいていました。
 11年前のレースでは、ほとんどロクに走れず(前日に雨降ってコースズルズルだった)、辛うじて怪我せずに帰ってきたという体たらくで、実質的には今回初めて走る様なもんです。今回はクラッチレバーの見直し、新品ブーツの下ろしと、色々試す事もありましたので、事故をつけない様、注意して走るつもりでした。


2019-08-11 09.03.21
猛暑を予想してたのですが、幸いにも曇り空でした
でも走ると猛烈に暑かったです




■モトクロスコースで慣熟練習

 丁度お盆時期という事で、東北道も渋滞するだろうと朝0330時に家を出たのですが、これが正解。案の定、途中で渋滞があり、現地に着いたのは0730時頃。激烈な猛暑を予想していたのですが、折から接近中の台風のお陰で曇っており、あまり暑い思いをせずに済みました。TOYZ Racingの面々が集まり、テント立てたり、バイク下ろしたり、あーたらこーたらアホな話ししてても、まだ0900時。走り出したのは1000時頃からでした。
 まずはモトクロスコースで、クラッチスプリングの定数6本に戻したクラッチレバーの調子を見る事に。バイクにまたがってアクセル開けてクラッチ繋いだ途端、これまでとは比べ物にならないほど、前に出る感が凄い。これまでのマイルドさがなく、うっかりすると体が置いていかれる感じのする加速Gを感じました。
 さて、モトクロスコースにインしたのですが、この辺りの土質というか地面の感じは、ベストテクコース市貝と同じ様に、砂の粒が大きい山砂で、石ころが結構混じっていて、ドライな時はカチパンな感じの様です。11年前に走った時は、もっと土が多かった様な気がしますが、あの時は雨降った翌日でしたし、この11年で土がだいぶ流れたのかも知れません。とはいえ、ミシュランのエンデューロ・ミディアムの部リップ感は最高で、滑ったり弾かれる感じは全然ありませんでした。
 とりあえず2速でゆっくり走ってみたのですが、まず感じたのは、車体というかGというか、何かしらの重々しさ。開けて走れる所を低いギアで走ると、無駄に重い加速Gを感じるものですが、それが大きいのです。リアのスプロケを51丁から52丁に変えた影響もあるかも知れません。それにしても、前はここまで大きなGを感じてませんでしたから、これもクラッチスプリングを定数の6本に変えて、クラッチを押さえる力が大きくなった影響かも知れません。
 次に感じたのは、コーナーでクラッチ引き摺る癖が如実に分かった事。分かったも何も、ずっとクラッチレバーを半分絞った状態になっている。これでは確かにクラッチに負担が余計に掛かるのも道理です。そもそも、今回クラッチスプリングを3本から6本に戻したのは、レバーが硬くなる事で、自分のクラッチワークがどうなっているのか明確にする目的もあったのですが、それは早々に自覚できました。


戻ろうと思ったら撮影されてるのに気がついて
慌ててコースに戻りました
お陰で、ヘロヘロなシーンが撮れましたw



■クラッチを引きずらない練習

 2周目からは、意識してクラッチレバーを引きずらない様に心掛けました。白河ESLのモトクロスコースはジャンプが多く、また大きいのですが、それを飛ばずに、ベストテクの「コブの通過」を行う事で、明確なクラッチワークを心がける様にしました。もっともジャンプ跳べと言われても、ロクに跳べなくなっているので、丁度良いというものです。
 ジャンプの基礎は「コブの通過」にあり、ジャンプとコーナーの挙動は共通するとベストテクではされています。この辺りを思い浮かべながら練習したのですが、如何せんクラッチレバーが重いもんで、2周目には左手が痛くなってきて、3周目には握る力が落ちてきて、コーナーの出口やコブの向こう斜面でエンストする事も。なので、小さいコブは飛ぶ様にして手を休ませる様にしました。
 コースに慣れてきたところで、2速ではどうにも重いので3速に上げてみたところ、これが実に気持ちい。裏のストレートなんか、ストレスなく走れるし、うねりに合わせてアクセル開けて楽しんで走りました。このモトクロスコースには、砂利を撒いた様な少し長めの下り坂があるのですが、ここも1速上げて走った方が直進性が出て走り易い。前回の爺ヶ岳で「ニュートラルでガレ坂を下る」というのをやってから、下りに関する考えた方がちょっと変わりました。

2019-08-11 12.10.34
このクソ暑いのに飯が食いたいという事で
日本飯盒協会から飯盒メシを提供

2019-08-11 12.07.48
自分は流水麺の素麺を用意したのですが
保冷剤が効きすぎて凍ってしまい
パサパサの素麺でイマイチでした(^^;;



■エンデューロコースの印象

 モトクロスコースで慣らしをしてから、今度はエンデューロコースを案内して貰いました。ここも11年前に走ったのですが、入り口の坂登った先で、ちゅるちゅるした坂を登り切らず、もともと上がってたバッテリーを完全に上げてしまい走れなくなった事くらいしか覚えていません。コースは錯綜していて、色々なルートがある様ですが、今回は初めてという事で、一番簡単なコースにしました。
 コースの状況は、ガレ場あり、アップダウンあり、ブラインドコーナーあり、岩盤っぽいトコありと、結構バラエティーに富んでいて、路面の状況も一定ではなく、慣れたら面白そうなコースです。しかし、コーナーとアップダウンが組み合わさった所は、傾斜も急な所もあるので、初心者さんにはちょっと難しいかも知れません。かくいう自分も、最初は初めてデコボコランドのウッズコースに入った時の様な感触を持ちました。
 このエンデューロコースでも、やっぱりコーナーは半クラで引き摺るケースが多々見られました。特に多いのが、コーナーから急な登り、かつ路面が滑りそうとかワダチってるとか、そういう見た目にややこしいそうな箇所で、本来ならアクセル開けて登って行かねばならぬ所が、半クラで保険かけてるもんだから余計に車速が乗らず、結局エンスト、転倒といったパターンでした。


登り坂でコケると、重たいバイクだけにリカバーが大変

 
さっきと同じところでヤブに突っ込んでしまう学習能力の低さw


■半クラは長いか?

 そこで考えたのは、まずは「このコースで、この車速(というかエンジンの回転数)で、2速では上がり切らん所がある」という事。今のスプロケの設定は、前が13の後ろが52ですが、これが前が12とかならいざ知らず、今の車速ではトルク不足で2速では上がらない。だったら1速に落として登るしかない訳で、実際にその様にしたら登れる様になってきました。
 次に考えたのは、半クラの使い方を決定的に間違えているのではないか、という事。これはコーナー登りで気がついたのですが、自分はずっとクラッチレバーを半分握った状態でアクセルワークでどうにかしようとしてる。しかし、これは決定的な間違いで、クリッピングポイントから立ち上がる際は、アクセルは一定でクラッチを断続的に繋いで立ち上がる様に習っていたはずです。クラッチレバーを半分握った状態でアクセル開ければ、当然半クラで引きずってる訳ですから、クラッチは激烈に消耗します。自分ではそうしてるつもりはなかった(他の人から半クラが長いと言われても、その自覚がなかった)のですが、そのセクションで硬いクラッチレバーにしてようやく気がついた訳です。
 その他、まだ気がついてない事があるかも知れませんが、レバーを硬くする事で、これまで柔らかくしてた時には気がつかない、あるいは習った事を忘れてた、そうした事に気がついたのは、大きな収穫だったと思います。

クラッチレバーの遊びを多くしたせいで
切れる位置が近くなりエンストする事が多くなりましたが
よく考えたら、レバーの位置を遠くするべきでした


■まとめ

 今回、11年ぶりとなる白河ESL。実はロクに走れなかったらどうしよ?と内心心配してたのですが、意外にも楽しいコースで走れて良かったです。かつて、XR250でヨタヨタしていた自分が、CRF450RXで曲がりなりにも走ったというのは、やはり隔世の感があります。
 しかし、今回は楽しんで走ったというより、色々考えながら走ったというのが率直な感想でした。これまで「250並みに乗れる450」を目指してきたのですが、それではまだまだCRF450RXの450の本来の力を活かしきれてないのも自覚できました。この練習の翌日、珍しくも肩や腕、腰などが強烈な筋肉痛になり(こんな事なら、クエン酸を飲んでおくのだった)、特に右腕は肘の関節辺りが今だに痛く、強烈な加速Gに筋肉で耐えながら走った事が如実にわかりました。(加速に遅れてる状態)

2019-08-11 17.13.08
なかなか汗が引かず、パンイチでウロウロしてたら
足をアブに食われまくりました

2019-08-11 19.03.07
五峰の湯というところで夕食
次行った時は、モツ煮定食を頼もう
(人が食ってるのを見たら食いたくなるw)

2019-08-11 21.18.24
お土産に栃木名産のレモン牛乳シリーズ
ちなみに、白河は福島県南部ですw








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2019年07月27日

 今年は3月末の勝沼戦から、連続してWEXイーストに参戦しているのですが、その度に前夜祭を催し、飯盒炊飯も実施してきました。今回の爺ヶ岳戦は、今年の前半戦の締めくくりになるレースで、しかも前日の27日は土用の丑の日という事もあって、いつも以上に贅沢ゴージャスな内容を展開しました。

IMG_2375
テントもバイクも準備が終わって
ダラダラタイムを楽しむエンデューロ部隊員






 WEXでは前日にセクションスクールという試走があるのですが、これに出るのかどうなのかが、毎回エンデューロ部隊員のダラけた課題になります。ダラだけに本心では面倒くさくて出る気があまり無いのですが、人から言われて仕方なく出る事もあります。が、今回は誰も行く気が無かったので、即座にダラタイムに突入。と行っても、前日受付は1600時からでまだまだ時間がある。そこで先に買い出しに行くベー、という事で、近所の西友に繰り込みました。
 さて、ここ最近、自分が口酸っぱくして主張するのは、「この歳になったらエエもん食わないかん」という事。同じ肉でも、アンガス牛とかじゃなく、倍の値段をしても霜降り和牛を食った方が、満足感が倍以上なのです。もしかしたら、明日はレースで大怪我するかもしれないし、美味いもの食って鋭気を養うのは大事な事なのです。すると、隊員たちも心得てきたのか、3000円もするたっかい牛肉を買っているでは無いですか。結構な事です。
 そんな事より、我々の目を惹き付けて離さなかったのが、うなぎの蒲焼。もちろん安くて皮の硬い中国産ではなく、宮崎産の1匹1700円もするやつ。今日は土用なんだから、やっぱりウナギ食わないかんやろ、という事で、全員1匹ずつ購入。タレも買って、飯盒で温めて食う事にしました。

IMG_2385
4人だと3合くらいがお残し無しで丁度良いです

IMG_2386
今回もプリムスIP-2243で炊飯
これはトランポに常備してるガスストーブです

IMG_2388
パーフェクトな理想値で炊き上がり


 ここんとこ好評の飯盒メシは、今回は3合の無洗米を用意。メシ以外にも色々食うので、4人くらいだと3合で丁度良い分量なのです。温泉に行く時にコメを水に浸しておいたので、小一時間は水に浸けてありました。
 爺ヶ岳は地表より標高の高いところにありますが、暖かい季節でもあり、ガスの気化も良く、理想値の強火4分ほどで沸騰、そのまま強火を1分続け、弱火に切り替え3分半で炊飯完了。焦げ付きもなく、実に見事に炊けました。
 メシを蒸らしている間に、うなぎの蒲焼の準備。買ってきた時は冷凍されてたのか硬かったのですが、まずこれをハサミで半分に切り、飯盒の中に入れてタレを入れ、弱火で5分ほど温めました。

IMG_2389
うなぎの蒲焼は半分にして飯盒へ
3匹入れたら、飯盒半分くらいになりました

IMG_2392
メシを炊いてる間、他の隊員は和牛ファイヤー!


 結果は大好評! これまでの前夜祭では、肉焼いて食うというのがメインでしたが、今回初めてご飯が活きる副食に当たりました。というか、こんな贅沢なもん、普段は食べてないので、もう、盆と正月が一緒に来た様な感じで大満足。やっぱりエエもんは食わんといかんなぁ、と思いました。

IMG_2393
メシもうなぎもいい感じに出来ました

IMG_2394
やっぱり、飯盒直食いは飯盒使いのロマンだと思うのです







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2019年06月22日

 レースの前夜祭では、飯盒でメシを炊くのが定番となってきました。今回のWEX神立戦でも飯盒メシを投入。今回は5人参加という事で、3合炊く事にしました。
 今回は、隊員の一人が中華製のガスストーブを持ってきました。2000円くらいで売ってるやつで、五徳が大きくしっかりしてるのが特徴です。ただし、バーナーが小さめなので、飯盒炊飯という観点では、熱の回りにやや難があるのですが、せっかく持って来たのだし、今回はこれで炊飯しました。(自分のプリムスIP-2243を出したり片付けたりするのが面倒だったのもあるw)

IMG_0936
コンパクトなのかそうで無いのか、イマイチ分からんストーブ
おそらく、デカい鍋やヤカンを乗せる用






 飯の炊き方は、いつも通り。3合の米を研いで水に漬け、温泉行ってる間に吸水させ(一時間以上は吸ってたはず)、帰ってきてから中華ガスストにて炊飯開始。6月下旬という事もあって気温はそこそこあり、カセットガスのただのブタンガスでも結構な火力が得れて、5分で沸騰、1分強火を続け、弱火3分半ではまだ水分が多く残ってそうだったので、4分半まで弱火にかけました。
 仕上がりは、ふっくら炊けて、底も焦げ付かず、いい感じの出来栄えで、みんな喜んでくれました。今回は自分を含めて5人居たのですが、BBQもやってた事もあって、3合で十分足りました。

IMG_0937
火力全開で炊飯中

IMG_0939
いい感じに炊けて、みんな大喜び

IMG_0938
ラップタイムを取り損ねてラップ1が長いですが
沸騰までの時間と強火の延長時間を含んでいます


 最近のTOYZ Racing エンデューロ部では、日本飯盒協会の影響が徐々に浸透してきており、飯盒メシに合う野外向けの副食は何か、というトライアルがよく行われます。また、それまでオイルサーディンやコンビーフを苦手としていた隊員が、改めてチャレンジして、意外にもそれらが「食える」ものである事を再認識したりする事もまま行われています。

IMG_0940
キングオスカーのオイルサーディンと野崎のコンビーフ
どちらも飯盒メシに合う副食です

IMG_0943
アルペンザルツなどかけて食べるとサイコー!






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2019年05月04日

 前回の勝沼戦では、諸々時間がなくて野外炊事はしなかったのですが、それではやっぱりちょっとつまらんと言う事で、今回のGAIA戦では飯盒メシを炊く事にしました。しかも、今回はただ炊くだけでなく、保温バッグも用意して、時間が経っても暖かいメシを食える様にしました。



IMG_9659
新たに調達したTOMOUNTの保冷保温バッグ
飯盒が2つ、良い感じに入ります




■オカズは筑前煮

 当初、オカズはコンビーフ使ったカレーにしようと思ってたんですが、久々に作ってみたら(大昔作った事がある)結構塩辛くて、「こりゃ人に出せるもんじゃないなー」と思い直し、急遽、筑前煮に変更しました。その筑前煮も、事前に自宅で作った時は、鶏肉300gで作ったのですが、これじゃちょっと物足りないので、500gに増量する事にしました。根菜類は、メガドンキで売ってるパックのを3つ買ってきて使う事にしました。つまり、野外炊事と言えども、超絶簡単料理です。
 まず、筑前煮の具を飯盒に入れて、掛子で押さえて水捨てて、さらに水入れて濯いで捨て、鶏肉もぶち込んで、水を上の水量線まで入れて強火にかけて沸騰させます。ここで問題だったのは、今回はプリムスのIP-2243を使ったのですが、5月だし普通のガス缶で良いかと思ったら、ガスが半分しか残ってなかったせいもあったのでしょうが、気温が低いのと若干標高が高かったせいか、結構火力が低くて沸騰するまでに時間が掛かりました。まぁメシを炊く訳でないので、ゆっくり時間かけて煮ました。
 沸騰して灰汁を取ったら、おたま1杯分の砂糖と、おたま1.5杯の醤油、おたま1杯の味醂(醤油と味醂はペットボトルに混ぜて持参)を入れて、一煮立ちさせて、味を染み込ませる為に冷ましました。

IMG_9668
具材から用意するのでなければ、筑前煮は簡単です

IMG_9669
5月の長野はまだまだ涼しくて
レビュラーガスだと、火力が弱かったです

IMG_9671
調味料は小さいペットボトル入れて持参

IMG_9672
良い感じに仕上がりました


■飯盒炊飯

 ご飯は焚き火で炊いた方が美味いのですが、ファイヤーボックスだの薪だの持ってくるのが面倒だし、そもそも明日レース走らねばならないので、手間を省く為にプリムスIP-2243で炊飯です。もっとも、レギュラーガスだと火力が低かったので、Tガスを使いました。そもそもレギュラーのGガスはランタンのIP-2245用なのです。
 米は去年買った千葉県産のコシヒカリの玄米を、自宅で無洗米に精米したもの。無洗米なので研がなくても良いのが楽です。それに水を浸けて30分経ったら炊き始めるはずが、うたた寝してしまって、レースの受け付けが始まる1600時に目が覚めて、受け付け済ませてから炊き始めましたので、小一時間ほど水に浸けてました。まぁ、涼しいからそのくらい浸けてて丁度でしょう。
 Tガスは流石に火力が強いのですが、それでも吹きさらしの屋外という事もあって、沸騰までに4分40秒掛かりました。でもまぁ標準的なタイムでしょうか。沸騰してから2分強火にかけ、3.5分弱火で炊いて出来上がり。
 先ほど作った筑前煮を温め直し、メシの飯盒と一緒に保温バッグで保温しました。

IMG_9674
無洗米なので研がずとも使えます

IMG_9675
寒冷地用ガスの威力を遺憾なく発揮
4合炊きなので吹き零れますが、整備用のキッチンペーパーで対策

IMG_9678
冷えた筑前煮を温め直し

IMG_9679
メシと一緒に保温バッグで保温します


■保温バッグの効果

 TOYZ Racingの主力はなかなか到着せず、結局、腹減ったんで先にBBQ始めたのですが、保温バッグの中身は、保温開始から3時間経った2000時頃でも十分暖かく、保温効果が高い事が確かめられました。これからの季節、暖かくなる訳ですが、それでも温かいご飯とオカズは食べたいですし、この保温バッグは重宝しそうです。
 ただ問題は、人数が飯時にしっかり揃っていれば良いのですが、今回は結局主力が飯時に揃わず、大量に残ったメシとオカズは、翌日、レースが終わった後に食って貰ったのですが、流石にその頃には完全に冷めてしまってて、保温バッグの効果を活かせませんでした。まぁ、レースの前夜というのは状況が流動的で、思った様に動かない事もあるので仕方ありません。

IMG_9685
夜は結構冷えたのですが、温かいメシは有難かったです

IMG_9684
嫁さん的には、飯盒メシよりBBQの方が楽しいらしい








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 02:00コメント(0)

2019年01月27日

 いつでもどこでも美味しいご飯を提供するのが使命の日本飯盒協会にとって、厳しい条件下でのチャレンジがやってきました。オフロードパーク白井で開催されるCROSS MISSIONアドベンチャーにて、朝食で飯盒メシを出す事になりました。
 CROSS MISSIONアドベンチャーというレースそのものが、自分にとっては結構なハードミッションで、勝手も分からず、飯盒メシなんか悠長に炊けるかどうか分からんところもあったのですが、やっぱり期待には応えたいので頑張りました。

2019-01-26-22.17.00
こんなに寒い時は、前の晩から浸水しておいて丁度です



■準備
 この時期の茨城県の山の中というと、どれだけ寒いか想像するに難くなかったのですが、こういうレースがある時に限って大寒波がやってくるもので、前日の夕方には風はきついは雪は降るわで、こりゃ、えらい事になったなー、という感じでした。温泉行って晩飯食って帰ってきた頃には風は大分収まってましたが、外はチンチンに冷えています。こんだけ寒いと、米の浸水時間は一晩置いといても良いくらいで、それよりも夜中に凍結しないかの方が心配でした。
 とりあえず、米を研ぐのですが、自宅の精米機で精米した米なので、しっかり研ぐ必要があります。ただ、手を突っ込んで洗うのは手が冷たいので、飯盒に米と水を入れて掛子をかけて、飯盒を上下にシャッフルする方法で対応しました。これなら冷たいのは若干はマシです。2回ほど研いで、2回ほど水を替えて、4合分の水を入れました。
 この後、飯盒を日本軍の雑嚢に入れ、飯盒でタオルを巻きました。凍結防止になるか分かりませんが、日本軍や自衛隊の飯盒覆の代わりになれば、という発想です。

2019-01-26-22.19
こんな事があるのなら、飯盒覆を買っておくべきでした


■ガソリンストーブでも無理
 さて、車中泊ながら十分な防寒体制(シュラフカバーハクキンカイロ2個投入)でぐっすり寝れたのですが、iPhoneのアラームに気がつかなくて、0630時に起きるはずが0730時に起床。確かライダーズミーティングは0800時からで出走は0900時のはずなので、慌てて起き出し、飯盒炊飯に取り掛かりました。タオルでくるんでおいたのが良かったのか、飯盒の中身は凍結してませんでした。
 本来はトランポの中でポータブルストーブを使うのは良くないのですが、あまりにクソ寒いので、暖房かねがねトランポの中で飯盒炊飯する事に。今回は寒冷下でも確実な火力を提供してくれるガソリンストーブを使う事に。2レバー化したコールマン・フェザーストーブを持参しました。
 早速ポンピングをして点火。ところが、いつもなら簡単に着くはずが、全然火が出ません。改めてポンピングして再点火。やはり着かない。そういうのを4回ほど繰り返して、やっとこ火が着いたのですが、火勢が全然安定せず、不完全燃焼の状態です。ポンピングが足りんのかと追加してやっとこ安定する有様。
 ただちに飯盒を乗せて炊飯を始めたのですが、放っておくとまた火力が不安定になり、飯盒乗せたままポンピングを追加せねばならず、それも1回2回でなく、しょっちゅうでした。どうにか6分ほど過ぎて、ようやくグツグツ言いだしたので弱火にすると、やっぱり火力が不安定になって、グツとも言わなくなる。やばいと思ってさらにポンピングをして、どうにか火力を維持しようと努力しました。
 そこでふとトランポの床を見てみると、ストーブの下が何か濡れてきている。吹きこぼれでも始まったのか?と思って触って見たら、なんとガソリンが漏れていました。一体どうしてそうなったのか分かりませんが、うっかりガソリンに引火したら大惨事ですので、ただちにストーブを消火しました。
 飯盒の中身は、沸騰には程遠く、重湯の底にふやけた米が沈んでいる様な状態で、どうにもこうにも出来ない様な状態です。この状態でやり直す事も出来ませんし、他にガソリンストーブを持ってる人も居なさそうですし、準備の時間は押してるし、破れかぶれでテントの中の石油ストーブの上に置いておきました。
 そのままドタバタと準備を始め、受付を済ませて帰って来ると、飯盒の中身は見た目はふっくら炊き上がった様な感じになっていました。しかし、石油ストーブでふやけた飯が決して美味いはずがなく、「申し訳ないがこのメシは美味くないよ」と断りをいれて食べてもらいました。

2019-01-27-07.31
普段なら出だしから不完全燃焼にはなりません

2019-01-27-07.32
ポンピングを相当追加して、やっと安定するも……

2019-01-27-07.34
放っておくと不完全に

2019-01-27-07.521
半煮えの状態で石油トーブにバトンタッチ

2019-01-27-07.52
見た目は「食える」メシになりました




■結果と反省
 レースから帰って来ると、飯盒の中身は半分ほどなくなってたので、みんな食べたのでしょう。その代わり、美味いは言われなかったので、残念な出来栄えだったのは想像出来ます。厳冬期の飯盒炊飯は難しいのは分かっていましたが、もうちょっと上手に出来なかったものかと反省することしきりです。
 今回は、レースの状況が読めなかった事、パドックで焚き火できる雰囲気なのか分からなかった事などにより、ファイヤーボックスでなくガソリンストーブを使ったのですが、こういう厳冬期でも高い火力を発揮できると信頼をしていたのが、それを裏切られる結果となりました。事前にテストしてなかったので、もしかしたら整備不良だった可能性もあるのですが、-4度ともなるとガソリンストーブといえども、動作が不安定になる可能性がある事を実感しました。
 その様な訳で、次回からはやはりちゃんと事前に試運転しておく事、気温が相当に低い時は飯盒炊飯は無理と考えておく事など、いくつか反省点を見出しました。

2019-01-27-13.38
残ったメシを食べて見ましたが
味はともかく、ほんの少し芯があってふやけたメシでした







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 08:00コメント(0)
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon
  • ライブドアブログ