CRF250R(X)

2018年12月02日

   今年も早いもんで、もう12月です。今年はそれはもう、色んな事があったのですが、ナンダカンダで師走を迎える事が出来ました。足膿んで入院したり、バイク壊れて今だに帰ってこなかったりと、何ともアレな感じですが、五体満足なら結果オーライです。
   という訳で、今日はTOYZ Racingのちょっと早い走り納めで、新谷田部エンジョイスポーツランドで遊んできました。

47248421_1617897548356922_7803405000679358464_n
今年はちょっと早めに走り納め
今回も大勢集まりました


■久々のXR230“パンツァーファウスト号”
   三宅島エンデューロのおまけの最終周でDNFとなったCRF450RX“ゲイレルル号”のいきなりのエンスト&再始動不可は、今だ原因がはっきりせず、従って修理も出来ていません。なので今回は久々にXR230“パンツァーファウスト号”で走る事にしました。
   さて、そのパンツァーファウスト号ですが、去年の勝沼で腹滑りして、GAIAでツーリングした後、あれほどゲシゲシやりまくった改装の一部をノーマルに戻して、二線級の練習機/連絡機に格下げしていました。具体的には、シートはノーマル、トップブリッジもノーマルに戻して、ハンドルもノーマル、車高アップキットを外して車高もノーマル。現役時代のままなのは、軽量化したフライホイール、PDキャブ、強化加工のクラッチ、CRF150Rのマフラー、CRF250Rのブレーキ&クラッチレバー、以上です。つまり、足べったりどころか、がに股になってしまうほどの車高になっております。
   久々に乗る割には、セルも元気で一発で掛かり、まるで「待ってました!」と言わんばかり。バイク乗るより雑談してる方が楽しそうな感じでしたが、いそいそとコースインしました。
   そういえば、今年は練習の半分が新谷田部なんですが、来る度にちょっとずつコースが変わっている様で、今回はMXコースの一番奥のダブルがプチトリプルになってました。リップがそそり立って危ないので、当然飛ぶつもりはなかったのですが、ありゃ、飛ぶつもりでいくか飛ばないか、先に決めておかないと、うっかり飛んだら危ないジャンプです。ウッズコースは夏の頃とあまり変わらない掘れ具合。まぁ、ウッズの初歩的な練習には向いています。全体的にいい感じの湿り具合で、走り易い感じでした。

IMG_1075
滅多に乗る事はなくなりましたが
いつでも乗れる様に整備はしてあります

47358957_1617897231690287_738160966713212928_n
はしゃぐの大好きな皆さん



■ダラダラ走る
   さて、久方ぶりに乗ったXR230“パンツァーファウスト号”ですが、とにかくピックアップが悪いのと慣性力が強すぎるのが印象的でした。これでもキャブをVEからPDに替えたり、フライホイールを削ったりと色々やったのですが、それでもクイックな感じがない。XR230だから当たり前といえばそれまでですが、この一年ほどで随分印象が変わった様に感じました。
   車高に関しては、がに股になるほどの足付き性なのですが、それは良いとしても、地上高が低いせいで、凸凹を走破する時に足が根っこに引っかかったり、サスが弱くて地面からのショックがモロにケツに来たりと、こちらも不満足な印象です。特に印象的だったのは、自分の体重と速度域にサスの強度が合ってないせいか、コーナーでサスが沈み込みすぎて、コーナーの立ち上がりで反発してくる感じが乏しく、結果、気持ちよくスムーズに曲がれてない感じがした事でした。
   結局のところ、このバイクでクイックに早く走るというのは無理で、ゆっくりゆっくり加速して、だらだらと減速して、ゆったりとコーナーを曲がって行く、という乗り方がベターな様です。そもそも非力なバイクですが、新谷田部程度の高低差なら問題はなく、むしろ相変わらず良く粘るエンジンだと感じました。

47263279_1617897418356935_518800511411945472_n
いつもの様に偉そうに講釈たれるワタクシ

47322933_1617897625023581_666312284179529728_n
おでんにうどんが入ると美味いというのを
今回初めて知りましたw


■CRF250R(X)にも乗ってみる
   旧モルゲンシュテルン号こと、CRF250R(X)は今はエンデューロ部のW田ちゃんの乗機になっています。そして乗り手の体格と好みに合わせて、更なる改装が施されています。具体的には、前後サスペンションのスプリングをさらに柔らかくし、足付き性を良くする為にシートを極限にまで薄くし、HED対策としてフロントスプロケを12丁にしてあるとの事。
   跨がってみた感じは、当然のごとく、足は膝が曲がるほどべったり。今の乗り手より30kg重たい奴が乗ってるのですから、そうなります。走ってみると、「サス柔らかいなー」という感じ。どっちかというと、XR230に近い乗り味です。かつ、フロントが12丁なので、いつもなら2速で引っ張るところでも、上が伸びない感じ。逆に、どんな坂でも登って行きそうです。
   このマシンは、去年9月のCROSS MISSION アドベンチャーに出るのに備えて最適化したそうで、その意味では、自分がクロスカントリー向きに改装したのに対して、ハードエンデューロ向きに改装されたマシンというところでしょう。本人は至って気に入っているみたいで、いい人に貰われて行ったものです。

47320523_1428420790623339_8424118287092154368_n
旧モルゲンシュテルン号を試乗するワタクシ

IMG_1076
いい感じで走り納め終了〜〜


   とまぁ、こんな具合で、バイク乗ったり、アホな話ししたり、マックさんがこさえたおでん食べたりして、おもしろ可笑しく一日過ごしました。

47203973_1617898035023540_2673482219657363456_n
冬至前なので、17時には辺りは真っ黒けでした







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2018年11月23日

   CRF250R“モルゲンシュテルン号”が日の目を見るのは、RX化改装を施されてエンデュランサーになってからです。その頃にはモトクロスから完全に足を洗い、エンデューロ一本に絞った事もあり、思い切った改装を施したのですが、既にCRF450RXへの乗り換えが迫っており、CRF250R(X)での活動は短期間に終わりました。

20151204_202348
RX化した2012年式CRF250R
その翌年、本当にRXの名を冠したバイクが出るとは思ってませんでした



△オーバーホール&RX化改装(2015年12月4日)
   腰上のOHは定期的にやっていたのですが、今後も乗るという事で腰下もOH。そしてXR230で実績高かったフルDLC/WPC/モリショット加工、フライホイールウエイト、ソフトスプリング、18インチホイールなどなど、エンデュランサーとして改装した結果、同じCRFとは思えないほど、乗り易くなりました。

20151126_204603
フライホイールウエイトを付ける作業が一番難儀したとか


△Pro Moto Billet:Kickstands(2016年4月16日)
   エンデューロではバイク降りて路肩に停める、という状況もあるので、サイドスタンドを装備しました。結構良いお値段するのですが、値段なりの上等な造りのスタンドです。


20160416_145513
ただし、車高を下げているので車体が立ち気味です


△おっさんセイバー(2016年6月8日)
   この当時、ちょっと評判になってたアンクルセイバーをオリジナルで自作。しかし、個人的にはあまり効果を感じられず終いでした。

20160608_114815
市販のはステップのピンの形状がイマイチで
それで純正のを流用しました


△クラッチケーブル2014年化(2016年6月8日)
   2010/2012年式のCRF250Rのクラッチレバーに比べて、2014年式はケーブルの取り回しが変更になったとかで、大分軽くなっていました。そこで2014年式のを移植しました。

20160607_235917
2012年式では、エンジンの向こう側からケーブルが来てます



■CRF250R(X)での戦歴

WEXイーストR3 シーサイドバレー糸魚川/新潟大会(2016年5月8日)


JNCC R4 ジョニエル-G/爺ケ岳 信越 South大会(2016年05月22日)




クロスカップ R2(2017年6月4日)









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 01:10コメント(0)

2017年06月04日

   今年、当初考えていたレース計画では、WEXを中心に、季節の良い爺ヶ岳だけJNCCに出る、というものだったのですが、TOYZ Racing エンデューロ部の部長も兼務している関係で、そちらの意向も汲まねばなりません。6月は11日に開催されるJNCC爺ヶ岳戦に参戦の予定でしたが、「先日の雪のWEX勝沼のリベンジをしたい」とか、「長野よりも勝沼の方が近い」といった理由で、クロスカップ第二戦に参戦する事になりました。

20170603_180548
TOYZ Racing & TEAMつぼ焼きご一行(列外一)
デカール揃えてイキってる割には
総合順位下から4番目以下でしたwww



■下見でびっくり
   ところで、自分の中でのクロスカップのイメージは、「始まる前から投げたレース(2009年)」「楽しむどころか、無事に帰って来れたのが不思議なくらい(2012年)」「とてもじゃないが、無事に帰れないと判断して(2015年)」という具合に、ロクなものがありません。しんどいだけならともかく、とにかく怖いイメージで、無事に帰って来れるか分らん、というのが正味の感想です。「TOYZの面々は、そういうの知らんのやろなぁ」と思いつつ、それでもここ数年、徹底して乗り易いバイクを作る事に腐心し、それに基づく自信も少しは芽生えつつある今日この頃、どこまで頑張れるかチャレンジするつもりで、CRF250R(X)“モルゲンシュテルン号”でエントリーしました。
   いつもの様に、パドック取りの為に、午前中に現地入りして場所取りをしたのですが、前回のWEXの時とは打って変わり、昼を過ぎてもパドックはガラガラ。そもそもWEXよりは参加人数が少ない訳ですが、それにしたって随分とノンビリしたもんです。自分も別に前の日にバイク乗るつもりはなかったので、こんな事もあろうかと、トランポの荷室の窓にスモークフィルム貼る作業してました(あまりキレイにいかなかったので、この種の作業は出先でやるもんじゃないと思いました)
   そうこうしているウチに、TOYZのルーキーな隊員が揃ったので、受付済ませたあと、少しだけコースを見に行く事にしました。ところが、見に行ってびっくり。WEXとは全然難易度が違うとはいえ、自分がこれまで出て来たクロスカップともコースの難易度が違う。これはイカンという事で、最初から歩く事にしたのですが、前回自分が腹で滑った大坂は下りになっており、その横のウッズを使った傾斜の急な長い上り坂、それを越えたあとの急な下り坂、コース後半のウッズセクションの前にももう一つウッズセクションがあり、MXコースに戻るまでも長々とコースが続いている。これまでにないハードかつ延長なコース設定になっていました。
   困難を極めるコースは、前半部分に集中しており、上り坂を登り切るのも大変なら(いくつもラインがあるが、ギャップがあったり根っこがあったりで、止まったら再発進が大変)、前転しそうな急な下り坂も怖い。こりゃぁ、明日、無事に帰って来れるかなぁ、と思っていたら、TOYZのルーキーの面々も顔面蒼白で、明らかに「エライとこ来たー」という顔をしている。まぁ、明日はかつてのたにしさんを追体験してもらうより他ありません。

20170603_070106
今回はCRF250R(X)“モルゲンシュテルン号”で参加
XR230は下ろして、部隊装備を積み込んでいます

20170603_180521
クロスカップでは夜中から当日朝にくる人が多く
前日入りだと好きな様にパドックが取れました


■取りあえず1周
   夜は前回のWEX勝沼の時と同じ温泉行って、ばーちゃん家みたいな飲み屋で前夜祭して、パドック帰って来てからもワイワイやってる面々を尻目に、0200時頃には就寝。寝不足ではレースはともかく、帰りの道中の安全運転に自信が持てないからです。
   受付は前日に済ませていたし、出走は0900時からという事で、朝はゆっくり寝てこましてやろうと思ってたのですが、いつも通りに0600時に起床。いつものクロスパーク勝沼なら、いくら晴れて様が夜中に雨が降ってコースは地獄の様相に早変わり、という事になるのですが、今回は珍しく一滴も何も降らず、ドライコンディションでのレースが走れそうです。といっても、昨日、ビビったコースを走らねばならん訳で、ちっとも安心は出来ません。気になるタイヤの空気圧は、前後とも0.6にしました。早い人なら、0.9〜0.8くらいにするんでしょうが、どっちみちノロノロとしか走れないので、多少低めの方がタイヤの接地面が増えて案配よいと判断しました。
   何だかんだで時間が過ぎて、いよいよ120分クラスのスタートです。今回は80台が出走するとか。クロスカップも近年台数が増えて来てる気がします。出走はAクラスから順にスタート。一番人数の多いCクラスも団子になってスタートです。しかし、WEXみたいにスタートと同時にドジ踏む人は一人も居らず、ずずーっと最初のウッズに向かいました。
   今回のレースで、一番しんどかったのは、一等最初のウッズの長い上り坂であったのは、我々の一致する見解でした。2速ないし1速でアクセル開けて登って行くより他ないのですが、地下茎だの根っこだので突っかかったりハマったりすると再発進がしんどいですし、エンストなどしようものならキックも大変です。止まらない、止まっても直ぐに発進する、とにかく上まで登り切る、その事に全力をあげました。
   自分は全般的に下りが苦手で、ましてや頭が足より下になりそうな下り坂は恐怖以外しかないのですが、今回は地面がドライだったお陰で、どんな格好して様が、取りあえずは下って来れたのが幸いでした。その様な訳で、死にほど嫌なウッズも、ゆっくり安全第一で下って行けば、どうにかクリア出来ましたし、嫌らしく長い上り坂も、CRF250RXならアクセルさえ開いていれば登って行くという感じで、相当バイクに助けられました。
   今回、セクション的にもっとも困ったのは、チェックポイント手前に設けられたタイヤセクションで、普段こうした練習は全然やっていなかったので、通過するのに難儀しました。他の人は、簡単に通過してる人もいるので、やっぱり練習量の違いかなぁ、と感じました。

20170603_195754
WEXの時は飛び入りだったのですが
今回はちゃんと事前に予約入れましたw

20170604_011429
パドックに帰ってから、さらに続きをやったみたいですが
良い子の自分は早々に寝ましたw



■2周目へGo!!
   途中、何度も休み休みしながら、それでもようやく1周回って来たのですが、ここでピットインして今後どうするかをしばし黙考。路面のコンディションは、これまで参加したクロスカップでは極上で、いきなり滑って転けるという心配もなさそう。でも、やっぱりコースがキツくてしんどいにはしんどい。ただし、当初予想してたほど怖いという事はなく、疲れさえしてなければ、言い換えれば疲れる様な走りをしなければ、周回するのは無理ではないな、というのが判断でした。
   そこで、十分に休憩を摂ってから、2周目に突入しました。疲れる原因の一つは、「ゆっくり走りすぎる」というのもあるので、1周目よりもアクセル開けて行く事にしました。この頃になると、ライダーも大分ばらけているので、自分なりの走りが出来る様になっており、安全確実なラインを走る事が出来るようになっていました。一等最初の長い上り坂も、2速で出来るだけアケアケで行き、一気に登り切る事が出来ました(ただし、疲労困憊しましたが)。
   その後は、疲れたら休み、元気が出たらまた走り、というのを繰り返し。苦手なエンデューロコースの下り坂も、激下りのお陰で大して怖くなくなっていて、正しいフォームでスムーズに降下。その他も早くないものの安定して通過し、唯一困るのはチェックポイントの前のタイヤセクションだけ、という感じで、1周目よりも早く帰って来ました。
   どんなレースでもそうですが、取りあえず1周走れたらその次も走れるものですし、2周目以降は1周目よりも楽に走れる事が多いです。つまり、今回のクロスカップは、これまでのクロスカップとは異なり、かなり気持ちに余裕が持てるレースという事です。

20170604_080540
朝のミーティング
前回の腹滑りのお陰で有名になったのか
ライダー紹介されましたw

20170604_123636
クロスカップで定番の参加賞のお弁当w
レースでゲロはきそうになっても、腹は減りますw


■3周目でエライ目
   とはいえ、2周終わった時点で残り時間は40分。10分休んだとしても残り30分ですので、もう1周くらいは余裕で帰って来れるでしょう。この頃には、TOYZのルーキーな隊員もピットエリアに帰って来てましたが、文字通り「無事に帰って来れたのが不思議なくらい」みたいな顔をしていて、とてもじゃないが、もう1周行ける感じではない。しかし、自分は行かん訳にはいかんので、3周目に突入しました。
   が、何でも無いコーナーでボテ転け。レース中に転けると、起こすので相当体力食われるので、速度よりも転けない事を優先して走っているのですが、何でも無い所で転けるというのは、自分が意識してないところで結構疲れが溜まっている証拠でもあります。まぁ、気にするとドツボにハマるので、気にせずウッズの大坂を突破。でもやっぱりヘニョヘニョになる。どっちみち、この周回で終わりだろうから、頑張って行こうと気合いを入れる。
   ところが、2周目はあっさり通過出来た段差のある左コーナーのインのラインで、掘り出された地下茎に引っかかってしまい、押しても引いても抜け出せず、一体何が起こったのかも分らず、最後の最後のここにきて、こんなしょーもない事になった事に大激怒。世の中ちゅうのは、上手い事いかんもんです。ようやく原因を突き止めたものの、押したり引いたりではどうにもならず、結局、バイクを竿立ちにさせて横にぶっ倒してワダチから脱出させました。出来るだけ他のライダーの邪魔にならん様に気をつけたのですが、若干名、邪魔をする格好になって、申し訳ない事でした。
   ここを過ぎたあとは、シンドイだけでそれほど難所らしい難所はなく、最後のチェックポイントのタイヤセクションも、若干ズルする格好にはなりましたが、とりあえず通過して、チェッカー。無事、走り終える事が出来ました。


今回、一番エラい目に遭ったシーン
ごっつい怒鳴ってますが
レース全体としては、ビビったりボヤいてる方が多かったですw


■まとめ
   今回、120分クラスでリザルトに名前が残ったのは77名、内、周回数8周以下は18名しかいないという結果に驚きました。ローカルレースは、そのコースの常連が参加者の中心になっていて、回を重ねるごとに飽きてしまってコースの難易度が上がるか、スピードレンジが上がる傾向にあるのですが、クロスカップもまさにそうした傾向をもつレースだという事です。「出る度に難易度が上がって、前回の経験が活きない」というのは、自分のクロスカップ評なのですが、まぁ、それももっともな事だとい訳です。
   その一方で、下見の段階では相当ビビった訳ですが、今回は怖いと感じたのは最初の1周だけで、それも走り切ってしまえば意外と走れました。周回数が極度に少なかった理由は、難易度の高いコースだけに、直ぐに疲れてしまって都度つど小休止を入れたり、1周するたびにピットインして大休止を入れていたからで、もう少しコンスタントに走る事が出来たら、2〜3周は多く回れたのではないか、という感想を持ちました。
   前回と今回での決定的な違いは、バイクがRX化されている事で、これが大きな威力を発揮しました。足付き良く柔らかい足回り、粘り強いエンジン、無駄な飛び出しがなく操作し易いスロットル、こうしたエンデューロ向きの改装のお陰で、長い上り坂もアクセルを開けている限り登り続け、ギャップや段差で車勢が不安定になっても足をついてリカバー出来たり、急な下り坂でも比較的怖い思いをせずに降りてくる事が出来ました。乗り易さが安心感に繋がり、また体力の消耗も押さえ、頑張りが利く要素になったと思います。
   そして、なによりも、苦手意識しかなかったクロスカップを、終わったあとに楽しく感じれたのは、初めての成果であったと思います。そして、フルサイズのモトクロッサー(をベースにしたエンデュランサー)で走れたのは、これまで自分が試して来た改装が正解であった事も示したと思っています。次は、周回数を増やす頑張りをしたいものです。

20170604_155924
帰りは、やっぱりほうとう
次回くる時はブドウかなwww


Bite it like a Bulldog






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2017年05月15日

   前々回からサスのセッティングを始めたCRF250R(X)“モルゲンシュテルン号”ですが、ずっと好天でのセッティングでした。まぁ、標準値を出すという意味で、好天時である必要もあったのですが、今回は土曜日に目一杯雨が降ってくれたお陰で、ニュルニュルの成田モトクロスパーク(のエンデューロコース)での練習となりました。

20170514_100047
昨日から覚悟してましたが、滑り易いですw



■取りあえず走ってみる
   今日は道路挟んだ初級コースの方は、何かのイベントで大勢が集まってましたが、奥のパドックにはあまり人が居らず、転けようがひっくり返ろうが、あまり迷惑にならない感じでした(その代わり、誰も助けに来ないw)。今回はTOYZ Racing エンデューロ部は自分含め3人でしたので、まぁ、何かあったら何かしてくれるはずです。
   とはいえ、見るからに滑りそうな路面ですし、午後から晴れるという予報でもあったので、なんとなく全員ダラダラしてしまってなかなか走り出さない。自分も前回の榛名で真っ黒になったエアフィルターを交換して、チェーンに油やって、タイヤの空気圧を前後0.3に落としたあと、アホ話しばっかりしてる。自分らより上手い人らがガシガシ走って、地面耕してくれるのを待ってる感じですw しかし、全然天気は良くならないし、それどころかずっと小雨降ってるし、このままでは埒があかないので、取りあえず試走に行きました。
   コースの中は、案の定というか、坂になっている所は滑り易く、入って直ぐの下り坂も、コーナーリングの姿勢取ってるのにあらぬ方向に車体が向いたりします。右の大坂は明らかに滑ってエライ目に遭いそうなので、左の坂に進入。こちらは途中で180度右ターンの登りになるのですが、イン側のワダチにリアを落とすラインが一番走り易かったです。その後は、まぁ、滑り易そうなのですが、滑らない様に気をつけて走りました。今回一番難しかったのは、外周に向かう最後の坂の、丸太を並べた筏セクションで、うっかりすると滑って転けてエライ目に遭う(リカバリーが大変)のですが、ここは良い感じにワダチに入って、エイヤと乗り越える様にしました。
   ともあれ、リアが0.3でもややグリップ感が足りない感じがするので、0.25まで下げました。これ以上下げると、ビードが落ちてしまう可能性があるのですが、こういう時はやっぱり気兼ねなく空気圧を下げれるチューブリスの必要性を感じますねぇ。

20170514_100100
全員に配布したマック式スタックベルト
一針一針、丹誠込めて縫いましたw


■滑る時の走り方
   滑る路面が怖いのは、思いもかけず滑って転けてしまうからですが、これには一定の理由があります。そのもっともたる理由が、地面に対して車体が斜めになる事です。無論、実走行ではそれだけでなく、やれトラクションがどうのとか、姿勢がどうのとかあるのですが、基本として地面に対して垂直、セクションに対して正対、を心がけて走る様にしています。
   例えば、丸太を敷き詰めた筏の様になっているセクションでは、斜めに横切るともれなく滑ります。また、セクションの途中でアクセル開けると滑ります。出来るだけ正対して進入する様にして、かつセクションに入るまでにエンジンの回転上げておいて、通過中はアクセルはパーシャルでトトトーっと通過する。ビビってアクセル閉じると、転けないまでも突っかかって止まってしまい、リカバーが大変です。
   バンクとかワダチがある時は、積極的に活用してみます。コーナーは基本的には車体を傾けて曲がって行くのですが、そうすると平らな地面では滑る訳です。しかし、バンク(というか、コースの端っこの角)は地面が斜めになっているから、車体を傾けてもあまり滑らない訳です。また、ワダチはそこに入ってしまえば、他に滑っていかないので、意外と安全という面もあります。
   今回、実は一番難しいと感じてたのは、コース入って直ぐの右カーブの急な下り坂で、コーナーリングの姿勢を取っても、リアが下に滑ってアウト側に倒れ込みそうになる事がしばしばありました。途中で気が付いたのですが、バンクに対してバイクが斜めに立っている様な感じになっていて、それで滑っていた訳です。なので向きが変わったら、直ぐに真っすぐ前向いて降りる様に心がけました。

20170514_105016
今日も甘えんぼうの金子さん
相変わらず抱っこ大好きですw



■セッティングしたバイクの乗り心地
   さて、前々回と前回で、フロントフォークとリアショックの圧側のセッティングをしたのですが、今回はその状態のまま乗ってみました。もし、イマイチであれば、セッティングをいじってみるつもりでした。ドライコンディションとマディでは条件が違う訳ですから、むしろ乗り味も違うと思います。
   しかし、今回はあまり開けて乗らなかったせいか(開けられない…汗)、前回のセッティングで丁度いい感じに乗れました。路面への追従性が高く、ワダチの中のギャップで引っかかる事もなく、氷の上を滑る様な不安感もなく、安心して乗る事が出来ました。
   今回、一緒に練習した人で、2016年モデルのCRF250Rに乗ってる人がいたのですが、FIの設定をエンジンモードがアグレッシブのままになっていて、難儀してました。後で気が付いてスムーズに変更したら乗り易くなったと言ってました。実際にアクセルを開けた時の排気音を聞いていると、アグレッシブモードだと結構パワフルで、スムーズモードだと大人しく、違いが顕著でした。うっかりアクセル開いたら滑ってしまう様な時には、スムーズモードの方が良い訳です。
   自分の2012年モデルは、FIのマッピングキットを使って変更しなければならず、随分まえからマディ設定にしてあるのですが、手元スイッチで基本的なモードが切り替え出来るのは便利だな、と思いました。

20170514_122649
一日霧雨が降って寒かったので、カップ麺が美味しかったですw


■感想
   本日の走行時間(というか、エンジン稼働時間)は44分。ぶっちゃけ、喋ってる方が長かった様な感じですが、一度も転ける事なく、ケガもなしで練習できました。2月の練習の時も大概ニュルニュルで難儀したのですが、その時よりも今回の方が乗り易く感じたのは、はやりサスのセッティングとかをコマメにやる様になったからだと思います。
   実のところ、これまでは買って来たままの、あてがわれたバイクをどう乗りこなせる様になるか、単に練習量とか気合いとかライテクで解決できると考えて来た節があるのですが、ここにきてセッティングってのは大事だな、というのを体感する様になってきました。機械というのは正直で、自分に合った調整が出来ていれば、結構乗り易くなるもんです。
   もっとも、以前は何が乗り易くて、何が乗りにくいのか、その違いが分らなかったのですから、その頃にセッティングがどうのという話しをしても、仕方なかったのかもしれません(前にもセッティングシートを記録しようとして、訳分らなくて止めてた)。XR230に大枚突っ込んで過度な改装をしてきたのも、こうした「違いの分る」様になるには必要な事だったのでしょう。
   その意味で、ようやくモータースポーツとして面白い所に差し掛かったのかもしれません。

20170514_165121
きっちりキレイに洗車して、次回に備えました






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:36コメント(0)

2017年05月05日

   一年ぶりのご無沙汰ですが、今年もモトフィールド榛名でのTOYZ Racing GW合宿に行って来ました。ガチ合宿ですので、今年は朝一番に乗り込んで、初日からガンガン乗ってやろうと、朝0600時にウチを出たのですが、関越道はガチガチに混んでいて、なんだかんだで現地に着いたのは昼前。着くなり、ジャングルジムの建築工事の手伝いをして、焼そばガバ食いしたらバイク乗る気がなくなってしまって、翌日から頑張る去年と同じパターンになりましたw

20170505_10
最後の集合写真
六角形のジャングルジムは珍しいですが
立方体より棒の数が少なく作れるそうですw

20170505_01
今回も大所帯
お子様や御婦人もいて、賑やかでした

20170505_02
今回は飯盒で焼いたライ麦パンを投入
好評でしたw



■サスセッティング
   前の晩、朝0300時ころまでアホ話ししてたのですが、目が覚めたのは0600時すぎ。明らかに寝不足なのですが、勝手にオシッコしたくて目が覚めたので、目覚めは良かったです。朝は美味しいフレンチトーストでしたが、ガバ食いするとモトパンが締まらなくなるので、控えめに。で、早々に走る事にしました。
   前回は、フロントの圧側の調整をしたのですが、今回はリアの圧側の調整をしてみる事にしました。モトフィールド榛名はモトクロスコースで、ジャンプもありますので、リアの調整をやる必要があった訳です。
   まず、2クリックほど弱めて乗ってみたところ、リアがフワフワして乗りにくい感じです。そこで今度は2クリック強めて乗ってみたところ、いきなり良い感じが出ました。でもこれでは本当に良いか分らないので、さらに2クリック強めてみると、今度は固過ぎ。そのあと、1クリックずつ弱めたり強めたりしながら、最終的にH+10としました。
   ところで、前回、フロント側をいじってた時に、ハンドル位置が高いと感じたので、ハンドルクランプを45mmから35mmに変更しました。当然位置が違うので、セッティングも違うと思いいじってみると、H+11→H+12がベストの様でした。今日はこれで乗ってみる事にしました。

20170511_125415
今回のセット表
良い感じの時は、乗り味がグッと良くなります

20170505_03
お昼は、現地の竹使った流し素麺
素麺好きなので、食べ過ぎましたw

20170505_131818
パンだけでなく、飯盒ケーキも投入
チョコチップの方が人気があったかな?


■あまり曲がらない^^;;
   お昼食べたあと、いよいよ真面目に練習開始。とはいえ、モトクロスコース自体を走るのが1年ぶりなので、いろいろ手慣れてない感がアリアリでした。頭では分っていても、実際ジャンプの手前斜面が迫って来たら、アクセル開けてポーンと飛ぶ、という様な訳にいかず、ついついアクセル絞ってしまう。うっかりポーンと飛んでしまっても、サスのセッティングがしっかり出てるのか、弾かれたり底付きしたり、前転しそうになったりする訳でもなく、しっかり着地出来ているのに、まだ信用というか信頼して飛べない。まぁ、モトクロスの走り方は、それはそれで練習して感覚戻さないとダメ、という事なんでしょう。
   ジャンプ以上に困ったのが、コースの一番てっぺんから急な坂下って、コース外周に向かう左コーナーが、曲がりにくい事。イン側はちょっと逆バンクになっていて、外側はザクザクのサンド。下りは直線ですがブレーキ当てても滑って行く感じで、曲がり切れずサンドを突っ切ってコースの右側で停まる感じ。あとで動画を見てみると、バイクも寝てなければ、左コーナーリングの姿勢も取れてない。苦手な下りで気を取られてるのか、こういうところがリズム良く繋がって行かないのは、気持ちの悪い事です。
   その後、30分耐久走をして、どれだけ疲れるか試してみましたが、こちらは意外と疲れないのに少し驚きました。やっぱり足回りを改装して、セッティングも出すと、大分乗り易くなって疲れにくい様です。


左コーナーなのに、なんでそっち行くんだ的な感じ
まぁ、元々、左は苦手なんですがー

20170505_04
長時間乗ってても疲れない仕様になりましたw



■2009年式CRF450Rにも乗ってみた
   去年の年末、MXP成田で開催されたJECの試乗会で、2017年モデルのCRF450RXに乗ったのですが、その比較として、マックさんの2009年式CRF450Rに少し乗せてもらいました。この型の450は他でも乗った事があるのですが、印象としては「おろし金の上で固い物擦り下ろす重々しさ」というものでした。
   さて、マックさんのCRF450Rですが、さすがに色々あちこちいじってあるだけあって、ノーマルの状態に比べたら乗り易くなっていました。しかしそれでも決定的に違うと感じたのは、エンジンの動きの軽さ。450RXはとにかく軽いイメージで、スーッと回転が上がって行く感じ。09の450Rはやはり重いののです。重たい荷物をサッと持ち上げるのと、渾身の力を込めて持ち上げるのの違い、みたいな。体感的には、17の450RXの方が全然乗り易く感じました。
   2速でも、アクセル開けたら250で3速60%開きくらいの加速は簡単にしてくれるのは楽です。低速が粘れば、それこそ“2速オートマ走法”が出来る訳で、楽チンである。自分みたいな目方のある奴が乗っても、そんなもん意に介さないパワーは有り難いと感じました。
   あとで聞いたところ、このバイクにはスリッパ—クラッチが入っているとの事。自分は初めて聞いたのですが、コーナーの進入などで車速が落ちた時に、エンジンがガタガタ言ったり、いきなりエンストしたりするのを防止する機能があるのだとか。世の中には便利な装置があるもんです。

20170505_05
450といえども、ホンダ車は曲がり易いんですよね

20170505_06
慣れないバイクでジャンプはよう飛べませんwww

20170505_07
450の割には足付き性がよいのは
あれこれいじってあるからです
乗り易いのは良い事ですw

20170505_08
今回、XR230は貸し出しオンリーw


■まとめ
   こんな具合で、二日間、まったり楽しんできました。普段はエンデューロコースばっか走ってますけど、たまにはモトクロスコースも良いな、と感じました。去年も同じ事書いてた様な気がしますが、モトフィールド榛名は、そこまでガチガチなコースでなく、もちっと頑張れそう、と思えるコースです。帰りは下道で、5時間ほどかかりましたが(途中ご飯食べてた)、また機会を見つけて遊びに行きたいです。
   あと、MXコースの周りにエンデューロコースもあれば、もっと面白いですし、客足も伸びるんじゃないかなぁ、とかも今回は感じました。

20170505_085825
2日間、お天気に恵まれて
爽やかに過ごす事が出来ました

20170505_09
WEX開幕戦でクラス優勝を果たした隊員に
バイク関連では初のタニー“漢(おとこ)”章を授与しましたw


また遊びに行きたいです♪






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon
  • ライブドアブログ