200系ハイエース

2020年11月18日

 着々と艤装が進んでいる200系ハイエース“プシュパカ・ラタ号”。今回は運転をしやすくしたり、耐久性を持たせたり、そうした事に必要だったり役立ったりする装備や艤装について紹介します。自分でやった所もありますが、人任せにしたり、店任せにした所も多く、そうした所は作業中の写真はありませんので、文章力で補おうと思います。


EmxudGNVcAE2YjO
運転席と助手席に
ネックピローとレインウェアを入れる
トートバックをぶら下げw




■ニコマク  ドライブレコーダー  AS-2 Plus

 昨今の煽り運転問題で、ドライブレコーダーを搭載する車が増えたそうで、自分も前のトランポに取り付けたばかりですが、今回はミラーカムタイプのドラレコを付ける事にしました。取り付けは自分じゃ無理なので、車屋さんに頼みました。
 これもマックさんからオススメされたのですが、これの凄いのは、ルームミラーがモニターになっている事。つまり、ルームミラーに後方カメラの映像が映っているのです。スイッチをオフにすれば、普通のミラーになります。まぁ、まずオフにする事はないのですが、映像がキレイなので、リアハッチのスモークガラス越しにミラーに映る後方の像より、見やすいです。個人的には、昼間など明るい時は、薄っすらと後ろの荷室の像が見えたりするので、これはこれで便利かなと思ってます。
 また、バックカメラとしても使える事。これまでバックカメラなんか使った事がないので、まだ不慣れなのですが、車庫入れの時の位置の参考にはなるなと感じてます。
 ミラーの画角はミラーを指でなぞって上下させる事が出来るのですが、実はその事を最初知らずに、バックカメラ自体を動かしてました。現時点ではまだ取扱説明書を読んでませんで(そんな暇がない)、これから使い方を勉強していこうと思います。

2020-08-23 10.31.00
リアゲートにもフィルムを貼ってあるので
ただのルームミラーでは何にも見えないのです



■シートカバー&立体フロア

 前の100系ハイエースは、買ってきたまま11年乗り続けたのですが、流石に最近は乗り降りが激しい運転席側のシートが擦り切れてきてて、どうにかせないかんなと思ってた矢先に乗り換える事になりました。200系ハイエースのS-GLもノーマルの状態では布のシートですので、何もしなければ、いずれは同じ様に擦り切れて来るでしょう。
 そこで今回はシートカバーをつけて養生する事にしました。200系ハイエースのシートカバーは色んなとこから色んな物が出ているのですが、どれが良いか良く分からなかったので、マックさんが勧めてくれたクラッツィオのシートカバーを選びました。このシートカバーは座席を外さずに取り付けが可能なのですが、自分でやるのは大変そうだったので、床板の作業をやってる間にエンデューロ部の隊員にやって貰いました。暑い中大変そうでしたが、良い感じに被せる事が出来ました。
 シートカバーだけでなく、床にも立体フロアを敷きました。というのは、パドックが泥だらけでどうし様もない時もよくあり、そういう時は泥足で乗り込む他ないのですが、フロアがあれば、それだけ外して掃除すれば良く、車本体の汚れは極力防ぐ事が出来るからです。これもクラッツィオの物にしましたが、これは敷くだけなので簡単です。

2020-06-27 14.36.05
納車前の運転席の様子
このままでは、シートカバーがいずれは擦り切れます

2020-08-14 16.41.27
カバーがしてあれば、汗だくで乗っても
シートに汗は行きませんw

2020-08-14 16.41.25
運転席と助手席の立体フロア
起毛になってますが、まぁ水洗いは出来るでしょう

2020-08-14 16.41.17
セカンドシートにもカバー、もちろん床にもフロアです



■パナソニック:ストラーダ CN-RE06WD

 今回買ったハイエースには、予めカーナビが付いていて、それがお買い得感を出していたのですが、問題は地図の年式が分からないこと。そして最新の地図には更新できない、という事でした。それでもとりあえず使ってみて様子を見る事にしたのですが、明らかに古い地図です。所々、新設の幹線道路が出て来なかったり、とうの昔になくなった牧場が出てきたり(ウチの近所には大きな牧場があったらしい)と、これでは役に立たない。おそらく、このハイエースが新車で買われた時に積んだ地図を、そのまま使っていたみたいです。前のトランポに付けてたパナソニックのゴリラでさえ、2年ほど前に地図を更新したほどですから、ここは思い切って最新のカーナビに変えた方が良いと決心しました。
 カーナビも色んなのがあるのですが、見た目、操作性、あと値段の関係もあって、今回もパナソニックで。ストラーダのCN-RE06というのにしました。このシリーズ、RX-06とRA-06というのがあるのですがRXはブルーレイが観れるもので結構高い。RAは機械としてはREと同じみたいですが、3年後の地図更新が無料、その代わりREより高い。という事で、別にブルーレイ見ないし地図更新は3年後でなくても良いので、機能だけはしっかりしてるREにしました。
 取り付けについては、Youtubeなどで結構紹介されていますが、電装系は全く自信がないので、車屋さんに頼む事にしました。(レポートはこちら

2020-08-21 17.30.26
テレビも見れるのですが
実際には運転中に見ると気が散るので、まず見ません



■ルームランプLED化

 今度のハイエース、新車登録から11年経ったビンテージ物ですが、前の人は年間500kmくらいしか乗ってなかった走行距離の短い車両なのですが、あまり乗ってなかったせいもあってか、ルームランプはLED化されてませんでした。前のトランポでも、LED化した割りには積極的に使ってなかったのですが、明るさは電球よりLEDの方が明るいので、交換する事にしました。
 前回は自分で交換したのですが、ヒューズが飛ぶなどのアクシデントがありました。今回はカーナビも搭載している事ですし、下手を打ったら困った事になりそうでしたので、カーナビと一緒に車屋さんで交換作業をして貰う事にしました。
 ところで、この手のLEDをネットで買えば、それなりに安い値段で買えるのですが、車屋さんに頼むとなると定価ですし、もちろん工賃も掛かります。自分でやれる事は自分でやりますが、自分でやる自信がない時は、安心を買う意味で高めの料金払う事にしています。お金は節約するに越した事ないですが、使うべきお金はちゃんと使う、と言うのが大事だと思ってます。

2020-11-18 10.29.05
運転席は格段に明るくなりました

2020-11-18 10.28.15
電球に比べたら明るいですが
荷室は照明を増設したいですねぇ

2020-11-18 10.29.37
スライドドアの足元ランプは、普段はオフにしています



■洗車について

 前のトランポでは、洗車は数えるほどしかした事がありませんでした。あちこち凹ませたり、錆びてきたりと、洗車してもキレイにならないのが分かってたからですが、そのため、11年後には輝きは全く無くなっていました。その分、雑に扱えて楽であったのは事実です。
 今度のハイエースは、年式の割にはキレイですし、傷も少ないので、キレイに乗りたいと思っています。エンデューロ部の隊員に、どのくらいの頻度で洗車してるか聞くと、結構な頻度でやってるみたいで、少なくとも汚れたら洗車場で洗ってるみたいです。中には、ガラスコーティングとか撥水ポリマーコーティングなんかもやってる人がいて、これまで全然洗車してない自分には、はぇ〜〜っと驚く事しきり。
 しかしまぁ、キレイに乗り続けるには、それなりの手間と出費も必要でしょう。うちの近所にも撥水ポリマーが出来る洗車場がありましたし、今後は維持費として洗車代も計上する事にします。

2020-11-07 14.28.14
いつみても洗車機に飲み込まれる感じがする

2020-09-02 09.58.09
撥水ポリマーしとくと、水の弾き方が断然いいです

2020-09-02 09.46.02
フロントガラスも、雨を弾く仕様です


■リアゲートミラーホールカバー

 門型洗車機を使う様になって気が付いたのが、リアハッチに付いてるミラーの部分が洗えてないだろう、という事。このミラー、前の100系にも付いていましたが、これを見て後方確認する、なんて事はまずしてませんでした。運転席からは小さくてほぼ見えません。さらにはリアハッチの窓にもフィルムを貼るので、まず見えなくなります。となると、付いてても無駄です。
 同じ考えの人が多いのか、外してる人も多いですし、外したところで法令上問題になる様な事もなさそうです。それどころか、外した後のネジ穴を目隠しするプレートまで売ってます。このプレート、ミラーを外した後に貼り付けるだけなのですが、ただそれだけの作業をYoutubeにアップしてるユーチューバーさんが沢山いて、むしろそっちの方がびっくりしました。

2020-09-08 11.15.23
意外とオートバックスなどでは売ってないので、ネットで注文

2020-09-08 08.11.34
役立たずのミラー
そもそも基部にヒビが入ってて、ミラーがブラブラでした

2020-09-12 16.07.40
このままでは汚いので、パーツクリーナーできれいに拭きます

2020-09-12 16.10.20
3Mの両面テープですので、がっちり付きます







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2020年11月08日

 前のトランポでも、荷室の中が見えない様にスモークフィルムを貼ったのですが、今回もフィルム貼りをやりました。当初は、予めスモークガラスだったので、必要はないかと思ったのですが、案外、外から中が透けて見える事と、フィルムを貼っておく事でもしガラスが割れても、飛散防止になるという事で、貼る事にしました。


2020-08-26 08.29.37
荷室の窓はフィルム済み
スライドドアはまだこれから
有ると無しではだいぶ違います





■カット済みフィルム

 前のハイエースの時は、汎用の反物状のフィルムを買ってきて、窓に貼り付けて、ダマートというクレパスと色鉛筆の間の子みたいなペンで型を取って切り出して貼りましたが、今は予め窓に合わせてカットされているフィルムが売っているという事で、それを調達しました。少々値ははっても切り出す手間が無いのは楽ですし、スライドドア、荷室、リアゲートの窓のセットで、大体5〜6,000円ですから、やーやー言うほど高いものでもありません。
 ただ、同じ200系ハイエースでも、年式によって形式が異なり、自分のは平成21年式の3型なのですが、うっかり間違えて4型以降のフィルムを取り寄せてしまい、しかも間違いに長らく気がつかず(後述)、スライドドアの窓の作業は後日回し、という事になってしまいました。3型と4型では、スライドドアの窓の形状が異なるのです。
 フィルム貼りの作業全般に言える事ですが、とにかく、慌てない、焦らない、ゆっくり丁寧にやる、時間のある時にやる、そうした慎重さが必要です。でないと、仕上げの前に、今回の様な失敗をしてしまいます。

2020-11-07 13.39.07
わざわざカット済みのフィルムを買ったのに
サイズが合っていません


■フィルムの貼り方

 スモークフィルムの貼り方については、動画などでもネットにアップされていますし、自分もそうした情報を予め勉強してから作業をしています。必要な道具は、
  • 霧吹き
  • ゴムベラ
  • タオル
  • セロテープ
 この辺りです。霧吹きには、水と食器用洗剤を入れます。ゴムベラは、窓を掃除したり、フィルムをピシッと貼り付けるのに使います。タオルは、霧吹きで噴いて垂れた液剤を拭いたりするのに使います。セロテープはフィルムを剥がしにくい時に使いますが、カット済みのは縁の部分が剥がしてあるので、使わなくても簡単に剥がせたので要らないかもしれません。
 さて、貼り方の説明ですが、ざっくり書くと以下の通りです。
  1. フィルムを貼る窓に満遍なく霧吹きし、ゴムベラで液をこすって掃除する。これをしないと汚れや埃がフィルムに入る。
  2. その上で、窓に霧吹きする。
  3. フィルムを剥がしながら、糊面に霧吹きする。こうする事で、糊面同士がうっかりひっつくのを防止する。
  4. フィルムを窓に貼り、動かして位置を調整する。
  5. フィルムの上から霧吹きし、フィルムの中心部から外に向かって、ゴムベラでフィルムを擦って、気泡を追い出し、シワを伸ばす。
 フィルムを貼ったばかりの時は、フィルムは動きますので(その為に、窓とフィルムの糊面に霧吹きする)、いい感じに位置合わせをします。その後にゴムベラでフィルムを伸ばしてピシッと貼るのですが、その時、力を入れすぎるとフィルムが動いてしまうので、強すぎず弱すぎずの力で、伸ばします。
 フィルムがピシッと貼れたら、しばらくそのまま放置します。フィルムにはゴムベラの跡が残っていますが、それをキレイに拭くのは翌日くらいにした方が無難です。貼ったばかりのフィルムは、何の気無しに動いたりする事があるからです。

2020-11-08 14.46.21
フィルム貼りの最初の難関
物が大きいと、この霧吹きは結構大変で
かつ糊面が地面について汚れたりしない様にするのが重要です

2020-11-08 14.48.42
フィルムを霧吹きしながら剥がしたら
ささっと窓に貼り付けます
窓に貼りさえすれば、あとは落ち着いて作業できます

2020-11-08 14.49.01
中心部分から外にむかって
ゴムベラで気泡やシワを押し出していきます

2020-11-08 15.12.25
前のハイエースと違い、金網を付ける事が出来ないので
PPダンボールを被せて窓を保護しています



■曲面な窓の対処の仕方

 ハイエースのフィルム貼りで結構大変なのは、リアゲートの窓です。この窓は大きいだけでなく、結構曲面になっていて、シワが寄りやすいのです。前のハイエースでは、窓を横に三分割する格好で貼りましたが、今回取り寄せたカット済みのフィルムも、三分割になっていました。基本的な貼り方は上記と同じなのですが、三分割されたパーツの上から順番に貼っていく格好になります。
 ところで、この記事では、荷室のフィルム貼りを先に紹介しましたが、実際の作業はリアゲートのフィルム貼りの方が先でした。ところが、作業をした8月下旬は、夏の暑さとトランポ入れ替えの作業でかなり疲労困憊していて、あまり精神的にも余裕がない時でした。それでも荷室で着替えるには、せめてリアゲートのフィルムくらいは貼っておかねば、という事で作業をしたのですが、案の定というか、手早く作業を終わらせようとして、結果としてシワの寄る仕上がりになってしましました。まぁ、外から中が見えなければ目的は果たせますし、少々シワが寄っても外からは分かりませんから、寄ってしまってどうしようもなくなったシワは、「しゃーないな」で片付けるしかありませんでした。
 リアゲートの窓は、カット済みのフィルムを使ってもシワが寄る訳ですが、上から一段ずつ、シワが寄った部分がちゃんと伸びるまで丁寧にゴムベラで伸ばす、場合によってはドライヤーを当てて伸ばす。それが出来たら、次の段に進む、といった具合に、丁寧に時間をかけて作業するのが良いと思います。
 リアゲートの窓には熱線が貼りこまれていて、その基部になる部分は、フィルムの切り欠きが甘かったり、シワになったりするのですが、この部分はカッターナイフで切り欠いたりして、上手いこと貼ります。また、ルームミラーモニターのカメラは、スモークフィルムに対応していないので、カメラの部分のフィルムは切り抜く必要があります。

2020-09-27 10.35.05
スボラかまさずリアカメラの部分はくり抜き
丸でなく四角でも良かったかも

2020-09-27 10.35.02
疲れてて、手早くやろうとして
シワ酔ってしまうの図

2020-09-27 11.36.53
中からは外がそれなりに見えますが
外からは中が全く見えませんので
少々シワ寄ったのも外からは見えませんw








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2020年10月02日

 トランポというのは、結構荷物があるもので、それをどこにどう搭載するかが結構大事です。トランポの形状、頻繁に使うものとそうでないもの、現地と自宅とではアクセスの仕方が違う、などなど、様々な要素を考慮して、配置を考えねばなりません。しかも、配備されたら直ちにそれらを決めて、運用を始めねばなりません。今回の記事は、とりあえず急遽知恵を絞って取り決めた現時点での配置で、後日、変更する場合があります。


2020-09-26 12.34.48
このバイクの積み方では、バイクが斜めってしまうので
左右を入れ替える事にしました




■セカンドシート

 前回のトランポと違って、今回の200系ハイエースには、セカンドシートがあります。家族が二人しかいないので、別にセカンドシートがなくても困らないのですが、買い物行ったり、猫を病院に連れて行ったりする時には、あれば便利な設備です。となれば、レースの活動以外では、空いている方が何かと使い出があります。
 トランポに搭載する装備には、「常時搭載するもの」と、洗濯や整備で「その都度搭載するもの」の二つに分かれます。セカンドシートは駐車場にトランポを駐めている時でもアクセス出来る事から、後者の「その都度搭載するもの」をチョイスする事にしました。具体的には、これらの品々です。
  • ウェア(毎回洗濯する)
  • ヘルメット(出来れば毎回内装を洗濯する)
  • ゴーグル(出来れば毎回洗濯する)
  • お風呂セット&着替え(遠征時)
  • 飯盒&ガスバーナー(使う都度、コメを入れ、かつ終わったら洗う)
  • サーマレスト&シュラフ(遠征時)
  • クーラーボックス(遠征時)
 これらはその都度出し入れする装備で、セカンドシートの上に乗せていますが、それほど出し入れしない物で荷室の方に置けないものは、セカンドシートの足下に置いています。
  • 燃料缶10L&5L(ガソソタに給油しに行きやすい様に、右側)
  • 工具箱乙(あまり使わないけど無いと困る工具)
  • デカいトルクレンチ
  • 洗車機のガン&ホース
  • 洗車バケツ&洗車ブラシ等
  • レインウェア&傘
2020-09-19 13.53.10
セカンドシートはの上は
ウチの駐車場で出し入れする物を中心にしました

EgOmr-jUcAAw0XI
燃料缶はこの位置に
現在はブーツは荷室に移し、工具箱などを置いています


■セカンドシートステップ

 という呼び方が正解なのか分かりませんが、セカンドシートに座る時に足をかける部分です。ここには前のトランポでは、パドックの地面が斜めの時に、車体を水平にする為のカースロープを入れていました。これが無いと、車体が斜めでは車中泊の際、非常に寝にくいからです。
 今回もここに搭載しました。ただ、荷室の床板の支柱を取り付けているので、前の様にスロープ2本を合わせて片側のステップに載せるという事が出来ず、両方のステップに1本ずつ載せています。支柱がストッパー代わりになって、スライドドアを開けてもスロープが落ちてくる心配がありません。
 この他に、長靴と、路上停車時に使う三角表示も搭載しました。長靴は右側が自分用、左側が嫁さん用で、それぞれ運転席や助手席から降りて、直ぐに履ける様にしてあります。

2020-08-18 10.32.39
スライドドアのステップには
カースロープと長靴を配置しました


■荷室

 今回、バイクは全部右寄せにして、空いた左のスペースに棚を設けて、立体的に空間を使う予定をしていたのですが、寝板を設備する事になり、棚を載せる事は取りやめになりました。また、棚があると、バイクの搭載時に体を入れるスペースが無い事がわかり、結果、装備は「出来る限り整頓して積む」というレベルの搭載方法に頼らざるを得なくなりました。
 荷室の左側に積む主な搭載品は、以下の通り。
  • STボックス#25(予備部品)
  • STボックス#25(クーラント、エアクリーナー、など)
  • STボックス#25(パーツクリーナー、タイラップなど、よく使うもの)
  • STボックス#25(寝板の鋼製束、遠征時のみ)
  • 洗車機&台車
  • 折り畳み椅子2台
  • 扇風機(夏季のみ)
  • 足台のビール瓶ケース
  • バイクリフト
  • ブーツ
 ラダーはバイクの間、寝板を支えるツーバイ材は右のバイクと荷室の右側面の間、工具箱甲は右のタイヤハウスの後ろに置く事にしています。(←後日変更)
 寝板はタイダウンベルトでまとめて、セカンドシートのヘッドレストからタイダウンベルトを回して、セカンドシートの背に添わす様な格好で固定します。寝板関係は泊りがけの遠征の時以外は不必要なのですが、セカンドシートに固定した寝板そのものは、バイクのフロントタイヤを押し付けて固定する役目もあり、また積んだままでも邪魔にならない事から、遠征以外でもそのまま固定しておく事にしました。
 あとで分かった事ですが、STボックスは降ろさずとも、そのままの状態でバイクを上げ下ろしする事が出来ます。結果として、棚がなくてもどうにかなりました。また、普段はSTボックスをそのまま3箱積み上げているのですが、クロスパーク勝沼までの林道を走っても崩れる事はないので、案外安定しています。
 洗車機は結構かさばるのですが、これも結果としては出し入れしやすい位置に収まりました。

2020-09-04 09.47.21
STボックスは3箱までなら、縛着しなくても崩れません

2020-09-04 10.05.35
洗車機は左のスライドドアの所に
台車も一緒に積めました

2020-09-19 13.56.36
立体的な搭載にはなってませんが
必要とする装備は、全部積み込めました



■バイクの積み方の変更

 これまで、クロトレを右端に寄せ、TT-R125をその左隣に置く、という配置でバイクを搭載していたのですが、様々な不具合が出てくる事がわかりました。というのは、
  • TT-Rの方が背が低く、クロトレにハンドルが当たって、車幅を寄せると斜めってしまう事。
  • クロトレの右のタイダウンを締めるのが極めて困難である事。
  • TT-Rを使わない時でもTT-Rから下ろさねばならぬ事。
 といった感じです。そこでバイクを左右逆にしてみました。TT-Rを先に積んで、後からクロトレを搭載する要領です。この要領だと、TT-Rのハンドルはクロトレに当たる事なく、クロトレのハンドルはTT-Rの車体の上に被る格好になるので、バイクはほとんど斜めにならず、かつ前の要領よりも若干車幅を詰める事が出来て、荷室に余裕が出来ました。
 また、クロトレにかけるタイダウンの位置も変更し、TT-Rもクロトレも、左右同じ位置、つまり右は車体のD環に、左はアシストハンドル(に掛けたサブベルト)から、それぞれ引っ張る形にしました。また、ハンドル側でしか固定をしていないので、運転中にバイクのリアが左に流される事がままあったので、一番右のTT-Rのスイングアームを、荷室後方の荷室の床のD環からタイダウンで引っ張る事にしました。
 この様に変更する事で、自分一人で参加した時は、クロトレだけ下ろす事が出来、かつTT-Rは積んだまま車中泊も可能となりました。

2020-09-26 14.45.23
こちらは左側のタイダウン
タイダウンは、やっぱりラチェット式の方が緩まないです

2020-09-26 14.45.09
こちらは右側のタイダウン
D感は元々シートベルト用の穴に着いてますので
強度は問題ありません

2020-09-26 15.00.31
以前の積み方に比べると
かなりスマートな積み方になりました


《おまけ》

 当初、バイクの固定にホイールチョック、つまりタイヤ止めを使うつもりで、わざわざ買ってきたのですが、荷室の床にボルトで固定するか、ホイールチョックの下に板を付けてバイクの自重で動かなくする必要があり、ちょっと面倒だったので固定せず使っていたのですが、結論としてはセカンドシートの背に押し付けるので十分ではないかと考える様になりました。一応、タイヤでセカンドシートが汚れない様に、ビニールシートも垂らしてありますし、むしろホイールチョックがあった方が積み込みに神経使ったので、結局使わなくなりました。
 あと、運転席のシートをリクライニングさせて仮眠する時に、ちょうど首の窪みが、ヘッドレストとシートが連結してる窪みの部分と重なり、首が結構辛い事になっていたので、ダイソーで売ってたネックピローを買ってきました(300円)。これがズバコンに具合が良くて、すぐ寝落ちする感じです。寝たい時にさっと取り出せる様に、運転席の後ろに常備しておく事にしました。

2020-08-31 09.26.27
前のトランポでも使ってなかったホイールチョック
結局、今回も使わない事に

2020-09-24 16.24.34
この手の枕は初めて使うのですが
有ると無いとで熟睡度に大きな違いがありました






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 10:00コメント(0)

2020年09月03日

 100系ハイエース“ジャガンナート号”を買った当初も、バイクの固定方法については色んな人のトランポを見て研究した様ですが、今回はMotoshop TOYZのマックさんの積み方を教えてもらいました。その積み方とは、バイクを荷室の右側面に集中して固定し、左側面は空けて棚などを増設するというやり方です。


2020-08-26 09.35.24
TT-R125が斜めってるのは
長いハンドルつけたせいです
2台目もフルサイズだと、真っ直ぐ立つと思います




■D環増設

 まずバイクを搭載する為には、タイダウンベルトのフックを掛ける器具が必要です。以前はアイプレートを直接ネジ止めしたのですが、今度の200系ハイエース“プシュパカ・ラタ号”はスーパーGLと言う事で、内装があります。それに直接ネジを打ち込むと言うのは、あまりに無粋というものです。今回はマックさんのハイエースを丸ごと真似する訳ですが、その真髄の部分が、この荷掛けのD環増設とい訳です。
 その位置は、リアシートのシートベルトの基部を利用します。シートベルトの基部を外して、そのボルト穴にハイエースの荷室の床のD環を取り付けるというものです。そうした加工は自分では一切できないので、マックさんに全部お任せしました。
 さて問題なのは、自分の年式のハイエースは、後部座席のシートベルトが無いという事。当然、シートベルトの基部もない訳で、流用するボルトもありません。それを別個に取り寄せると、シートベルトの基部ごとの取り寄せになってエライ高いとの事。そこで別のボルトを探したとの事ですが、これが滅多に売ってない代物らしいです。そこらのホームセンターにはまず売ってないとの事。それを取り寄せて貰ったお陰で、だいぶ安く済みました。
 作業の方は、まず内装をバリバリ剥がして、後部座席用のシートベルトの基部のボルト穴を剥き出しします。オプションで付けれるよう、ボルト穴は設けてあります。次にボルト穴にボルトとナットを通せるように、ドリルで穴開けします。内装を組み付け、ボルトにD環やワッシャーなどを通し、車体に取り付けます。文章で書けば簡単そうですが、調整したり、いい感じにD環が動きつつ音が鳴らない様にしたりと、匠の技が多分に使われています。

2020-08-13 17.27.20
まず、内装を外します
力業の中にも、丁寧さを必要とする作業です
(自分がやったら壊しそう)

2020-08-13 17.27.59
オプションでシートベルト付けれる様に
ボルト穴があります

2020-08-13 17.28.12
ユニクロボルトですが、かなり特殊なボルトだそうです

2020-08-13 17.43.37
内装に穴開けします
自分だと、ずれた位置に開けそうです

2020-08-13 17.45.45
一旦内装を組みます

2020-08-13 17.58.59
取り付けるD環
まだ試行錯誤段階です

2020-08-13 18.14.45
いい感じに付きました
パッと見、元からこうだった様にしか見えませんw


■従来の積み方

 D環を付けて貰って帰り、とりあえずバイクを積む事に。バイクはトランポの中以外に格納しておく場所がないので、新旧トランポの入れ替えは、新しいトランポにバイク搭載用の器具を取り付けてからでないと行えないのでした。
 マックさんは2台積みの時は、右寄せで積んでいたのは知っていたのですが、具体的にどうやるかはあまり良く分かってませんでした。ともあれ、勝沼に練習行く事になっていたので、従来のバイクを左右に振り分ける積み方をしました。しかし、この積み方は、新しいハイエースではかなり不安定な事が分かりました。というのは、100系ハイエースの時は、左右の窓の手前に衝突防止用の網を取り付けて、これにハンドガードを押し付ける事でがっちり固定出来ていたのですが、200系ハイエースでは網を取り付ける棒がなく、窓からハンドガードを離して固定する以外に方法がありません。一応、左右からタイダウンで引っ張る格好にはなっていますが、それでも若干は揺れますし、勝沼までのデコボコ道で揺すられて、窓ガラスを破ってしまう可能性もあります。
 それと、バイクの間に装備を積むというのは、実に空間を有効に使えてなくて、やっぱりこの積み方は古いなぁ、と感じました。

2020-08-14 08.59.47
この方法で長らくバイクを運んでましたが
空間の立体的利用が出来ないのが難点でした

2020-08-14 16.59.30
以前はリアシートがなかったので棚を作ってましたが
今回はセカンドシートにバイクのフロントを押し当てて固定します
ただし、リアシートの養生が必要です


■リアシートの汚れ避けシート

 バイクを搭載するに当たっては、バイクのフロントをセカンドシートの背面に押し付けるのですが、となると、タイヤの跡が付いたり、泥で汚れてた場合はシートにも泥が付きます。そこで、そうした汚れ避けにビニールシートを付けました。
 この種のシートは、ホームセンターのテーブルクロスを置いてあるコーナーで切り売りしてます。厚みも色々ありますが、あまり厚いと重苦しそうなので、0.6mmの物にしました。どの程度の大きさが良いかは分からなかったので、横幅はセカンドシートよりやや大きめ、垂らす長さも長めにとって、裾は床板の下にたくし込んで、泥などの汚れがセカンドシートの下に来ない様にしました。取り付けは、ヘッドレストの位置に穴を開け、そのままヘッドレストを差し込んだだけです。




■バイクを右に寄せる要領

 そこでマックさんから、バイクを右に寄せて固定する要領を習いました。D環の取付位置もこの要領に適した位置になっている訳です。
 まず、1台目のバイクはこれまでと同じ様に右に寄せて積みます。フロントをセカンドシートに当ててハンドルは右に切ってフルロックさせます。固定の方法は、まず右の壁のD環にタイダウンベルトのフックを引っ掛け、ベルトを右のハンドガードに通して反対側のフックもD環にかけて、バイクがある程度右に寄る程度にベルトを絞ります。次に左のリアシートの上の手すりにサブベルトを掛け、それにタイダウンベルトのフックを掛け、ハンドルの左のハンドガードにもサブベルトを巻いてタイダウンベルトのフックを掛けて、ベルトを絞ります。バイクが右に寄った位置で、左右のタイダウンベルトをしっかり絞ると、バイクがガッチリ固定されます。

2020-08-26 09.30.07
まず、一台目
右のD環にタイダウンのフックをかけて
ハンドガードにベルトを通して
反対側のフックをD環にかけて、ベルトを絞ります

2020-08-26 09.30.11
ハンドガードと右の窓の隙間は、大体5cmくらい
これ以上は、ベルトが絞れませんでした

2020-08-26 09.31.07
左のアシストバーにサブベルトをかけ、そこにフックをかけて
左のハンドガードにもサブベルトをかけてフックし
サスをやや沈めつつ、タイダウンベルトを絞ります

2020-08-26 09.31.15
意外なほどガッチリ固定できます


 次に2台目のバイクを1台目のバイクに添わせる格好で積み、やはりフロントをリアシートに当ててハンドルを右にフルロックさせます。そして、左の壁のD環とハンドルの右側、右のセカンドシートの手すりと左のハンドガードを、それぞれ連結する格好でタイダウンベルトを付けます。やはりガッチリバイクを固定する事が出来ます。注意事項としては、バイク同士がぶつかりそうな所は、タオルなどで養生しておく事です。

2020-08-26 09.34.50
2台目は
まず右のアシストバーと左のハンドガードを連結します
この場合も、ややサスを縮める感じです

2020-08-26 09.35.15
次に、左のD環と右のハンドガードを連結します
こちらも想像以上にガッチリ固定出来ます





■新しい積み方の利点

 この方法の利点は、バイクを押し上げる時の体の位置は同一である、という事です。これまでの左右に振り分ける方法だと、左に寄せるバイクは、バイクの右側に立って押し上げねばならず、利き腕と反対側になるので細かな操作がやりにくい事から、必ず左側のバイクから固定せねばなりませんでした。しかし、新しいやり方では、どっちもバイクの左に立って押し上げる事が出来るので、上げ下ろしがとても楽です。欠点としては、主力機(右側のバイク)しか使わない時でも、バイクを両方降ろさせば鳴らない事です。もっとも、荷室の左側には装備用の棚が設けられる予定なので、どっちにせよ両方のバイクを降ろさない事にはなりません。
 もう一つの利点は、利用できる立体空間が増えるという事です。従来の左右に振り分ける方法では、せいぜいバイクの間に荷物を押し込むのが精一杯でした。これからは荷室の左側にまとまった固定的な立体空間が開きますので、そこに棚を設けるなどして、収納力を向上させる事が出来ます。前のトランポと違って、今度のはセカンドシートにも物が載せれますから、搭載能力は格段に向上すると思います。
 やってみて分かったのは、意外とサスは沈んでいない事。ほぼ水平方向もしくは上から引っ張る格好になっているからです。もっとも、長期にわたって保管する場合は、タイダウンを若干緩めておいた方が良いでしょう。また、ハンドルを前方向に引っ張って固定している関係で、リアはフリーになっているので、バイクしか積んでいない時はコーナーの横Gでバイクのリアが若干ズレる事がありますが、右から左に移動する様な大幅なズレは起こりません。今後は荷室にも装備を積むので、それがストッパーになってズレを抑えると思います。

2020-08-15 17.33.29
TT-R125のハンドガードがX-Trainerのシュラウドにあたるので
バスタオルを噛ませて養生してます

2020-08-15 17.33.35
タイダウンベルトは
右のラチェット式より左のバックル式の方が
引っ張るだけでベルトを絞れるので楽です

2020-08-15 17.33.57
下に引っ張る形式でないので
意外とサスペンションは沈んでいません






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2020年08月29日

 今回、トランポの買い替えた最大の理由は、前の100系ハイエースの荷室の床で嫁さんと寝ると、窮屈で安眠できん、というものでした。タイヤハウスの間は約110cm、嫁さんが細いウチは良かったのですが、今となってはかなり手狭なのです。タイヤハウスの上はというと、約150cmですから随分余裕があるのです。そこで、どうにか荷室の床をジャストローにして、二人で余裕もって寝れる方法を研究しました。


2020-08-29 16.57.33
先人の知恵を借りて
ガッチリした寝板を作ることが出来ました!




■分かれて寝る

 今回のハイエースは、スーパーGLという事で、内装もシートも良いのが付いているのですが、荷室のサイズそのものは100系の時と同様に、タイヤハウスの間は110cm、荷室の横幅は150cmです。前のトランポとの決定的な違いは、セカンドシートがある事で、これも結構上等なのがついています。
 そこでまず考えたのは、嫁さんはセカンドシートを倒してそこで寝て、自分は荷室でサーマレストなり折り畳みベッドなりで寝る、という方法です。自分の方はこれまでとあまり変わりませんが、嫁さんの方はやってみないと分かりません。
 そこでセカンドシートを全開でリクライニングして寝てもらいました。まず横幅は、嫁さんの身長にはまったく足りず、シートの対角線上に寝てどうにか足が伸ばせる感じ。しかし問題なのは、シートを全部倒しても、座面とシートには段差があり、シートも完全に水平でなくて持ち上がっている。そこに斜めに寝るので、要するに地面に段差があって傾斜もある。しかも体に斜めに当たる格好です。
 それで一晩寝てみない事には分からん、という感想でしたが、明らかに翌日体痛くなりそうです。どうにも方法がなければ、無いよりましといった感じでしょうが、もうちょっと努力してみようか、という感じでした。

2020-08-26 08.43.45
完全に倒したセカンドシート
寝れない事はないですが、寝心地は良くないです

2020-08-26 08.44.01
自分は床に折り畳みベッドでも使おうかと思ってました


■ベッドキットの検討

 ハイエースを車中泊で使う人は沢山いて、ベットキットも数多売られています。しかし、大半のベッドキットは、荷室の荷掛けD環をとめるボルトに足を固定するタイプです。ベッドとしてはとても合理的だと思うのですが、自分の場合、ちょっと採用し難い理由がありました。
 というのは、まずバイクが積んである事。しかも2台です。バイクを積む時は、出来るだけ荷室にスペースを作る為に、タイヤハウスの上にバイクのステップが入り込むくらい、荷室の側面に沿わせます。すると、バイクの位置は、ベッドキットの支柱の位置に来ます。つまり、ベッドキットを組む余裕がない訳です。
 ベッドキットが入る分、バイクを寄せる量をずらせば良いではないか、という意見もあるとは思うのですが、バイク1台ならともかく、2台積むとあっては、荷室の左右にベッドの支柱があると、とても邪魔な感じになりそうです。
 もう一つは、しょっちゅう車中泊しに行くなら、常時ベッドキットを取り付けておく必要もあると思うのですが、今、車中泊する機会というのは、レースの時に前日から現地入りする時くらいで、年間で多くて6回くらいです。その為に、荷室の2割ほどのスペースをベッドキットで占有するのもどんなもんか、という気持ちがあって、ベッドキットはひとまず保留となりました。

2020-08-28 08.21.35
前に床貼りをした時に残ったフロア材を使って
ダンボールに型を取りました

2020-08-28 10.41.27
近所のパワーコメリで部材調達
コメリは品質とカットの技術がいいです


■やってみる

 市販のベッドキットは高い(ごもっとも)、という事で、コンパネ材を使って自作する人も結構おられる様なので、自分も真似してみる事にしました。(こちらこちらを参考にさせて頂きました)
 使うのは、まずコンパネ材です。今回は寝床という事もあって、塗装用の、片面がツルツルしたのを使います。このコンパネのサイズは幅が900mm、縦が1800mmです。荷室の横幅は大体1520mmですので、コンパネを2枚買って、幅760mmにカットしてもらいます。作例では左右の比率を6:4とかでオフセットかけてる場合が多いのですが、自分は収納を考えて5:5にしました。
 買ってきたコンパネを荷室に敷いて、型紙をあててジグソーでカットする部分をペン書きします。ここでポイントは、寝板は床板と違って、タイヤハウスの上に設置するので、タイヤハウスの部分を切り欠く必要がありません。これは非常に楽です。200系ハイエースのスーパーGLの右側面にはタイヤハウスのとこにヒーターがありますので、この部分は切り欠かねばなりませんが、タイヤハウスの事を思えば物の数です。
 ちなみに、コンパネの縦のサイズは1800mmですが、荷室の全長はもっと長く、長さが足りません。そこで無理に荷室のサイズに寝板を合わせず、リアハッチ側はあえて寝板が足りない感じにして、荷室のサイズにコンパネの角を切る手間を省き、出入りする際の足の置き場を確保しました。
 まず簡単そうな左側のカットし、次にちょっと難しい右側をカットしました。そしてSTボックスを用意して、左右の板を合わせてみました。すると、丁度10mmほど重なる感じでした。そこで、右の板の側面側を10mmカットし、ぴったり合わさる様にしました。

2020-08-29 10.29.02
コンパネ1枚は約10kgだそうで
とりあえず、側面の形に合わせて切り出します

2020-08-29 11.03.21
間違えてタイヤハウスの下書きまでしてしまいましたw
左側のカットはこの部分だけです

2020-08-29 11.05.22
いい感じにフィットしてます

2020-08-29 11.58.21
右側はヒーターがあるので、ちょっと複雑です

2020-08-29 12.28.05
これもいい感じにフィット

2020-08-29 13.04.41
右側の側面に当たる部分を10mmほど削って
バッチリ合わさる様にしました


■鋼製束

 自作でベッドを作ってる人の多くが、鋼製束という建材を使っています。これは元々家を建てる時の建材らしいですが、1本500円くらいで案外安いです。いろんなサイズがありますが、それほど高床にするつもりはなかったので、25サイズのSTボックス並みの長さにしました。
 この鋼製束にツーバイ材を載せて、寝板の支えにするのですが、1800mmではちょっと足りないので、寝板に100mmの端材を追加する事にしたので、このツーバイ材も長めのを買って1900mmにカットしてもらいました。
 この時、ついでに寝板を半分にカットして貰いました。参考にしたサイトでも書かれていたのですが、確かに1800mmのままの方が安定感があるのですが、いかんせんデカイし重たい。設置も収納も大変です。真っ二つに切って貰い、さらに自分で持ち手の穴を開けました。

2020-08-28 10.41.56
鋼製束の上に置くツーバイ材
結構かさばりますが、これがないと寝板を置けません

2020-08-29 14.59.41
見本と同様に寝板を4分割にし、持ち手の穴を開けました

2020-08-29 15.03.44
そうこうしている内に届いた鋼製束
下から2番目の小さいサイズです

2020-08-29 15.44.29
高さを合わせます
最終的には、一番縮めた状態で使う事になりました


■設置と調整

 とりあえず、鋼製束の高さを350mmにセットして、ツーバイ材を置いて、寝板を敷いてみました。やってみてなるほどと思ったのは、寝板が荷室の側面にぴったり合っているので、まったく動かない事。動かないので、鋼製束を床板にねじ止めしなくても、鋼製束が倒れたりしないのです。寝板を4分割にしてますので、2分割の時よりはほんのちょっと安定感が損なわれましたが、それでもガッチリしています。試しに嫁さんと並んで寝てみましたが、嫁さんも意外と安定してるとの感想でした。
 鋼製束の高さは、STボックスが余裕で入る高さで調整したのですが、むしろSTボックスの高さに出来るだけ合わせた方が、もし万が一、鋼製束がコケてもSTボックスが支えになるだろう、という事で、鋼製束の高さを低く調整しなおし、再度、寝板を敷いてみました。安定感は同様で、寝板の高さが低くなった事で、乗り降りが若干楽になりました。

2020-08-29 15.46.39
高さを合わせた鋼製束にツーバイ材を置きます。
左右は2本、真ん中は3本
ねじ止めなどはせず、置いてるだけです

2020-08-29 15.49.29
その上に寝板を置きます
これがビックリするくらいガッチリ固定できます
鋼製束もガタガタしません

2020-08-29 15.58.25
もっと低くても大丈夫そうです
あまり高いと、寝板に上がりにくいのです

2020-08-29 16.57.59
寝板や鋼製束がガタガタしないのは
寝板が荷室にぴったり合っているからです

2020-08-29 16.57.31
一番低くしました
床下に夜中使わんもんを入れておけます


■これからの展望

 当初、大変かな?と思った作業でしたが、意外とサクサクっと出来てしまいました。もし涼しい季節で、材料も最初から全部揃っていたなら、2時間もあれば出来たと思います。
 今回は泊りがけ以外の時は、寝板や鋼製束を全部トランポから降ろす事を前提にしましたが、この設備を元に、跳ね上げ式の寝板を組んでいる人もいます。もし、その方が楽そうだと思ったら、自分もチャレンジしてみようかと思います。
 現状では、使わない時は降ろすという事にしているのですが、逆に積む時は、かなりゴチャゴチャした感じになっていて、当初「次のトランポでは、空間を立体的に使う」という目標からは、かなりかけ離れた積み方になっています。
 また、バイクを降ろす時には、先に需品箱のSTボックスやこれら寝板も先に降ろさねばなりませんが、もしその時、雨が降っていたらどうするか。あるいはレース当日の朝、雨が降ってて寝板がおろせなかったら、どうやって着替えなどの準備をするか、などなど、雨天時の設営や撤収についても、これから検討しなければなりません。
 ともあれ、荷室を寝室として広々使える様になった、というのは、大きな進歩だとみて良いでしょう。

2020-09-04 09.05.59
発案者の人に教えてもらった寝板の積み方

2020-09-04 09.06.09
この位置なら、積みっぱなしにしてても邪魔になりません

2020-09-04 09.47.15
寝板を支えるツーバイ材は、バイクの脇に入れました






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon