100系ハイエース

2020年04月19日

 新型コロナウイルス騒動で、仕事と買い物以外は絶賛自粛中です。別にバイクの練習するのが感染拡大に何か影響するとも思えないのですが、そういう時に限って怪我して、諸々困った事にもなる事が多いので、そっちの方もしばらく様子見です。
 そんな訳で、暇を持て余してますので、こういう時でなきゃやらない事をやる事にしました。


2020-04-19-12.17
家に駐車場があるお陰で往来の邪魔になりません




■台車の必要性

 モトクロス時代に買った丸山製作所のエンジン洗車機・KSW10-Mですが、購入以来8年、時たまやるオイル交換以外の世話は全然してないのに、スターターの紐が千切れて交換した以外は、今でも元気に働いてくれてます。ただ、問題なのはその重さ。何せ16kgもあります。これを持って水場まで行くのは、結構骨が折れます。重いが故に使わない、なんて事もしばしば。他に使いたい人がいたら、貸してやるから運べ、と使役するくらいです。
 ところが、昨年秋の台風のあと、桶川スポーツランドの泥さらいの手伝いに行った時の事。なんと皆さん、洗車機とポリペールを台車に乗せて運んでいるではないですか。なるほど、こうすれば洗車機を手で運んで移動させる手間がないですし、水もポリペールで一緒に運べて、機動力が一気に向上する訳です。モトクロスの場合、水場はパドックの直ぐ近くに設けられる事が多く、台車で運ぶほどでもなかったのですが、モタードではこうするのが当たり前の様でした(まぁ、あっちは広いサーキットの掃除で使うのですが)
 となれば、自分も台車を使いたくなる。特にパドックから水場が遠いコースなんかでは、絶対にあった方が良い。自分で16kgを運ぶ労苦を考えたら、台車を出し入れする手間など、物の数ではありません。

2020-04-15-13.03
エンジン洗車機「丸山くん」
ほとんど壊れず、今日も元気ですが、重たいです

2019-10-20-09.47
桶スポ復興支援の一コマ
台車に洗車機を載せる発想は、これまでありませんでした


■台車の運用法

 一口に台車といっても様々な物がある訳ですが、この洗車機を載せる関係で、二輪タイプのカート式は除外。四輪タイプの物から選ぶ事にしました。オフロードのコースで使う事を考えると、車輪の大きなタイプが理想的なのですが、そういうのは値段が高かったのと、トランポに積むにもデカ過ぎたので落選。結局、台に持ち手が収納できるスマートな物にしました。これでも耐荷重は80kgですので、洗車機やクーラーボックスなど、その他荷物を積むには十分でしょう。当初は角形のポリペールも積めるサイズを考えていたのですが、後述する様にトランポの棚に収納する事を考えて、洗車機が載れば充分なサイズの物にしました。
 とりあえず積んでみた感じは、「手で運ぶよりは、遥かに楽」というもの。このまま町内一周しようかと思うほどの楽さでした。普通に道端を運ぶ分には、洗車機の自重も結構あるので、落っこちたりする事はないと思います。ただ、オフロードのコースは地べたがガタガタですので、滑り落ちてしまう可能性が高いです。なので、そうした所では、タイダウンで台車と洗車機を縛着するなどの工夫が必要です。そうする手間をしても、手で運ぶよりは遥かに楽ですし、楽という事は出番も増えるという事です。

2020-04-15-15.00
今回の主人公、スリム台車
なんですが、こいつを積む為に、結構な手間になりました

2020-04-15-15.31
良い感じに台車に収まる「丸山くん」
手で運ぶより遥かに楽です


■台車の収納場所

 さて、問題なのは、この台車をどこに収納するかでした。自分のトランポは、他の人に比べれば荷物が少なくて空いてるスペースが多いのですが、用事もないのに毎回出したり入れたりは面倒臭いので、使う時だけ出す、要らん時は邪魔にならんとこに収納する、というのが自分の流儀です。
 一番最初に考えたのは、右側のメインのバイクの側のタイヤハウスの上。左側のサブのバイクのタイヤハウスには、折り畳みのテーブルが配置してあるのですが、これと同様のやり方です。しかし、実は右のタイヤハウスは、着替える時の腰掛けとして使っていて、仮にここに物を置くとしたら、毎回どかさねばなりません。
 次に考えたのが、棚の真ん中に収納している折り畳み椅子を出して、そこに台車を入れる案。というのも、椅子はほぼ毎回使う割には、一番奥にしまってあるので出すのに手間がかかるのと、仕舞うのも一番最初でなくてはならず、ずっと使い勝手が悪いと感じてました。むしろ椅子こそ、右のタイヤハウスに置いた方が、いの一番に取り出せて、仕舞うのもバイクを積んで、最後に積む事が出来ます。
 ところが、この棚を作った時は、そこに台車を入れるなんて事は考えておらず、むしろコンテナが丁度入るサイズで作っていました。なので、台車を入れようとしたら、微妙に幅が足りない。若干10mmほど足りない。上に乗っける格好にすると、運転席のルームミラーで後方を見るのに邪魔になる。さぁ、どうするか。

2020-04-15-15.01
トランポの右側のタイヤハウスに置く案
実際には、上に見える網からストラップで吊る格好になる

2020-04-15-15.32.56
しかし、ここは着替える時に腰掛けるので
あまり物を置きたくないんですよね

2020-04-15-15.32
椅子は棚の真ん中に入れているのだけど
ここだと出すのは最後で入れるのは最初と
実は結構使い勝手が悪い

2020-04-15-15.33
ここに代車が入ればベストなんですが
実に微妙に入らない
このままでは落ちそうだし、ルームミラーにも邪魔

2020-04-15-13.54
まさか台車を入れるなんて想定してなかったので
幅はコンテナが入るジャストサイズです



■台車の収納場所

 そこで考えた案は二つ。まず、棚をバラして、棚の幅が40cmになる様に作り変える案。しかし、これだと改めてコンパネか何かを買ってきて、ホムセンでサイズに切って貰って、ネジ抜いて付けてと、結構大層な作業になります。ちなみに、この棚作った時もそれなりにデカいので大変でした。なので、あまり大変な事はしたくない。
 次に考えたのは、椅子入れてる所の切り欠き部分を、台車が入る程度に拡大して、台車が棚から少々はみ出るのは目つぶって、台車が飛び出て来ない様に切り欠きの左右にフックでも付けて、ゴムバンドで固定する案。これならジグソーで切り欠くだけですし、新規に板を用意する手間も金も掛かりません。その代わり、棚の表面にフックが出っ張って、なんか引っ掛けて怪我しそうです。
 しかしまぁ、新型コロナのお陰で、休みは多くなったし、どうせ暇持て余してるし、こんな時でなきゃ、面倒臭い作業はしてる暇もないので、一つ目の案、つまり棚をバラして幅を広げる事にしました。現状で38cmですが、余裕見て40cmに拡大する事に。この程度増やしても、バイク積む上ではあまり影響も出ないでしょう。

2020-04-19-09.48
まず、木ネジを露出させるために、表面のクッションフロア剥がし
まさか作り直すとは思ってませんでしたが
両面テープでとめてあるので、パーツクリーナーで剥がせます

2020-04-19-11.18
古い両面テープを剥がして、木ネジを外します
電動ドリルは、トランポの板張りをした時に買ったもの
壊れもせず、ずっと使ってます

2020-04-19-11.28
左が古い38cmのコンパネ
右が新しい40cmmのコンパネ
2cm大きいだけで、かなり大きく見えます

2020-04-19-11.46
エンジン部分に当たるところを切り欠き
このジグソーも、板張りの時に買ったものです

2020-04-19-11.55
前の棚板の跡に合わせて、新しい板の棚板をつける位置を決めます
(ネジ穴を再利用するため)

2020-04-19-12.02
仕切り板に棚板をつける作業が一番大変
前回は一人で四苦八苦してましたが、今回は嫁さんのサポートがあって
とても楽に作業ができました

2020-04-19-14.31
あとは、バリバリっと木ネジを打ち込んで完成
と言いたいところですが、結構修正しました
両面テープを貼って、クッションフロアは再利用

2020-04-19-15.03
滑り止めシートも今回は棚の底に貼り付けました


■棚の使い心地

 そんなこんなで棚完成。まぁ、作る手順は前と一緒だし、始めてしまえばとっとと完成してしまいます。使い心地も何も、幅が2cm広がっただけなので、前と基本的には変わらないのですが、やっぱりちょっと余裕を持って物を積める様になりました。バスケットだのコンテナだのの横に、すぐ取り出すもの(サービスマニュアルとか割り箸とか衛生材料とか)を入れてましたので、それらがさらに入れやすくなりました。
 さて、肝心の台車の出し入れですが、当然のことながら、いい感じにフィット。努力した甲斐があろうというものです。出し入れしやすい様に切り欠きを若干広げたので、トランポの横ドアの外からも出し入れし安くなりました。結構下の方までズボッと入るので、下の方に余ったコンパネで箱でも作って、非常用の食料とか水でも入れようかと思いましたが、流石に今日は疲れたので、また今度にしました。

2020-04-19-14.46
いい感じに収まる台車
他にも何か入れれそうです

2020-04-19-16.11
後方から見た図
もうちょっと上の位置に台車があっても良いので
下の空きスペースの活用を考えます

2020-04-19-16.11.48
棚自体も結構余裕ができました

2020-04-19-16.26.54
椅子は右のタイヤハウスのところに
うっかり床に落ちることもありそうですが
今のバイクはキャブ車なので
ガソリン漏れない様にしないと






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 21:22コメント(0)

2019年12月29日

 ハイエース・ジャガンナート号へのバイクの固定方法は、10年前にアイプレートを4ヶ所に打ち込んでから、大した不都合もなく使い続けて来たのですが、今回は、Beta X-Trainerに乗り換えたところ、ステップに引っ掛けて車体内側に固定する用のアイプレートの位置が良くなくて、しっかり固定する事が出来ない事が分かりました。まぁ、そこのアイプレートは、大した不具合はなくても、少々不具合はあって、今まではどうにか騙し騙し使って来たのですが、これを機会に直す事にしました。


2019-12-28-14.24
元々は後ろのシートの仕切りパイプの
基部のネジ穴に合わせてアイプレートを付けた
アチェルビスのハンドガードに変えたせいか
プラスチックの部分に干渉して、テンションかけてタイダウンを締められない

2019-12-28-14.23
ついでに言うと、ラチェットを操作すると
セルボタンを押してしまう
これはセルスイッチを見直す必要もあるかな

2019-12-28-13.55
ハンドガードを外しても、マスターシリンダー下部に当たる

2019-12-28-13.54.44
ハンドガードなしでは
タイダウンの締め方次第では、窓にハンドルの端が近づいて
窓を破る可能性もあって危ない



■お気に入りのアイプレートル

 ところで、このアイプレート。ホームセンターの吊り金具のコーナーに置いてあるのですが、大きい物がなかったり、クローズになってるのがなかったりと、ホームセンターによって様々です。どうせなら同じ形のが欲しかったので、近所のホームセンターを3軒ほど回りましたが、同じくらいの大きさのはあっても、「この形」のがありません。まぁ、新小岩に住んでた時に、平井のホームズで買ったものなので、平井に行けば売ってるのでしょうが、この為に平井に行くのも大変です(下道で片道1.5〜2時間)。そこで近所に島忠ホームズがないか探してみたら、印西と幕張にありました。
 で、印西の方に行ってみると、インテリアしかおいてなくて、寝起きのスウェット姿で入って行って、すんごい恥ずかしい思いしました。幕張の方はちゃんとホームセンターもあって、お目当のアイプレートも買う事が出来ました。

2019-12-28-10.07
10年前に平井のホームズで買ったアイプレート
スマートで格好いい

2019-12-28-12.08
2時間ほど探しまくって、結局同じホームズの幕張店にあった


■位置をどうするか

 さて、アイプレートの取り付け位置をどうするか。当初の予定では、今付けてるのを外して新しい位置に付け直す事を考えていたのですが、TT-R125も来る事ですし、小さめのバイクはこれまでの位置でも十分付けれる(というか、そっちの方が良い)と思うので、これまで付けてたのはそのままにして、新たに別の位置に大きめのバイク用のアイプレートを付ける事にしました。
 順当に行けば、概ねステップの直上辺り。上から引っ張りつつ、車体内側にバイクを添わせる格好で固定、という事になるのですが、ここで考えたのはアイプレートを縦に付けるか横に付けるか、という事。下から引っ張られる事になるので、強度的には縦に付けた方が強いのですが(これまでのも縦)、見栄えで言えば横に付けた方が邪魔っぽくない。ところが横に付けるとフックは縦に掛ける格好になるので、タイダウンが途中で捻れる。アイプレートが縦だとフックは横なので捻じれない。さぁ、どうしたもんか。
 ついでに、これまでの位置の上に新規に付ける案も試してみたのですが、こちらはハンドガードに当たる場合もあるので、この案は無しになりました。

2019-12-28-13.58
CRFに比べると、全体的に車高が低いからか
ハンドルの下からタイダウン出すやり方が難しくなった

2019-12-28-14.08.42
縦向きの方が、強度、タイダウンのねじれ無しなど
実用面で有利だけど、見た目が邪魔っぽい

2019-12-28-14.08
横向きだと見た目は邪魔ではないが
何かの拍子にもげたりしないだろうか?

2019-12-28-14.13
この場所にプレートをまとめるのもアリかと思ったが
ハンドルに干渉するので取りやめ




■結果オーライ

 とまぁ、あれこれ考えてても仕方ないので、ズビズバと付けてしまう事にしました。やっぱり見栄え重視という事で、横向きに付ける事に。位置は確実にハンドルやハンドガードに干渉しない所で、かつ後ろ過ぎない事。結局はステップの直上に付ける事になりました。
 作業は10年前にやったのと同じ要領で、穴開ける位置にマーキング入れて、電動ドリルで穴をぶち開けて、ステンレスの5番の木ネジを入れて完了。同じ要領で10年間、強度的には問題なく使えたので、今回もおそらく大丈夫でしょう。
 実際にタイダウンをかけて締めてみましたが、横転とか転落とか、よほどの事がない限り、もげたりはしなささそうです。位置はもうちょっと前でも良かったかなー、と思いましたが、今更やり直しは出来ないので、これで納得する事にしました。
 基本的に、主力機は右、サブ機は左と決めているのですが(右の方が出し入れし易いので)、左側にデカいのを積む事もあるので、左側にも同じ位置にアイプレートを追加しました。

2019-12-29-11.05
毎回、穴開ける瞬間はちょっと緊張する
ドリルは10年前に買ったのが今でも現役

2019-12-29-11.08.02
ボルトでなくタッピングねじの方がガッチリ付く気がする
実際、10年前に付けたのもガッチリしてる

2019-12-29-11.13
反対側にも付ける
斜め下のが、これまで使ってた腹帯用のアイプレート

2019-12-29-11.10
しっかり締めれてガッチリ固定できて
かつ干渉する所がなくなりました





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 12:00コメント(0)

2013年10月05日

   先日、自分もいそいそとiPhoneを4sから5sに乗り換えたのですが、ここで問題になったのが、接続ケーブルの端子が30ピンDockコネクタから8ピンのLightningに変わった事で、自宅や職場の同期ケーブルから電池式の充電器に至るまで、全部ケーブルを交換しなければならず、しかもAppleライセンス品でないとiPhone5s(というかiOS7)では使えない事もあり、実際に使えず差額払ってライセンス品に替えて貰ったものもありました。
   しかし、一番困ったのは、トランポのシガーソケットに差してるFMトランスミッター。まだ数が少ない上に、あまり良い形のありません。充電器だけなら色々あるのですが、使いながら充電するタイプがまだ少ないのです。結局悩んだ結果に選んだのが、LogitecのLAT-FMIB03でした。

20131003_174559
角丸の長方形にiPodやiPhoneなどのアイコンが描かれたロゴが
正規ライセンス品を表してます

20131004_155311
正規ライセンス品でないケーブルを使うと、こういうアラートが出ます
Dockケーブルを使うiPhoneやiPodなどでも
iOS7にアップデートしたら出る可能性が大です

20131003_172834
これがロジテックのLAT-FMIB03
正規ライセンス品のLightningケーブルを使うFMトランスミッターは
まだ数が少ないです



■個人的事情
   これまで使ってきたFMトランスミッターはSEIWAのiP2で、性能はともかく細身である事に着目して購入しました。というのは、現在トランポのシガーソケットは、4連の物を使っていて、ETC、ケータイ充電器、FMトランスミッター、カーナビの電源という具合に、軒を並べて差し込んでいる関係で、出来るだけ細身の方が都合が良かったからです。
   ところが、目下のところ、ライセンス品のLightningケーブルを備えた充電可能なFMトランスミッターは、このLAT-FMIB03の様なラッパ型の物か(隣のプラグに干渉する)、アームの先にフォルダーの付いた物(4連シガーソケットは両面テープでくっつけてるので、もげる可能性がある)が多いです。同じロジテックでもLAT-FMI06みたいなのがありますが、これは電話が掛かってきてiPhoneを取った時に、トランスミッター部分がブラブラしてちょっと嫌かな、と。
   結局、昔、ケータイの充電器差してた所は、今はFMトランスミッターでiPhoneの充電が出来る様になったため使ってない事から(目隠しに汎用のUSB充電器を差してある)、ラッパ型のLAT-FMIB03でも使えるんでは?と思い、それにしました。ちなみに、同じ様な形の物で、バッファローのBSFMIP03ってのもありますが、個人的にロジテックの方がカッコイイ(というか、まだマシw)と感じましたので選びませんでした。

20131004_092152
これが今までのシガーソケットの配置
トランポ本体のシガーソケットには、4連ソケットのプラグが刺さり
4連には、左からカーナビ、FMトランスミッター
USB充電器、ETCの順で刺さってます

20131003_173133
右が今まで使っていたSEIWAのトランスミッター
ロジテックのに比べると細身です

20131004_092250
ロジテックのを使おうとしたら
ご覧の通り、隣の穴は空けないと使えません


■使ってみて大問題
   さて、さっそく4連シガーソケットの一番端っこに差してみたのですが、何もする前からノイズが凄い。LAT-FMIB03のチャンネルは88.2MHz、88.4MHz、88.6MHz、88.8MHz、89.0MHz、89.2MHzなんですが、どれに合わせてもノイズが出る。まぁ、それはさておき、ともかくiPhoneを繋げてみたのですが、ノイズばっかりで全然音が出ない。そこで、4連ソケットのプラグを外して、トランポ本体のシガーソケットにトランスミッターを差してみたところ、音は出るものの、やはりノイズが凄い。
   試しに前のSEIWAのトランスミッターに古いiPodを付けて使ってみると、普通に使えます。こちらのチャンネルは、88.1MHz、88.3MHz、88.5MHz、88.7MHzの4チャンネルで、今までは88.7MHzに合わせてたのですが、今は88.1MHzが一番クリアな様です。
   とは言え、せっかく買った高い新しいトランスミッターを使いたいので、色々試してみたのですが、判ったのは、どうやらトランスミッターとiPhoneを繋ぐケーブルがアンテナになってるぽくて、ケーブルをまとめたりするとノイズが大きくなり、真っ直ぐ伸ばすと比較的マシになりました。とはいえ、前のはそんな気を使わなくてもキレイな音を出してましたし、そうやって工夫してもやはりノイズは入るので、こりゃ使えんなーという事になりました。

20131004_092904
3年ほど前に友達から安く譲って貰ったiPod
iOS3だけど、うっかりアップデート出来ないwww
完全にバッテリーが上がってたけど、充電したらちゃんと使えたw



■対策
   ではどうするか。まず、トランスミッターは今まで使っていたSEIWAの物を使うとして、Dockコネクターが使える古いiPodを使うか。まぁ、予算的にはそれが一番金が掛からないのですが、iPhoneの他にiPodを持って行くのも面倒な話しです。
   30ピンをLightningに変換するアダプターを使うのが一番良いのでしょうが、アダプターだけの物は3,060円、20cmのケーブルが付いているものは4,080円と、ぼったくり価格です。Amazonだと3,000円以下になってましたが、レビューをみると、アップル純正と銘打ってるくせに不良品が多いっぽい。よしんばアップルストアで純正品を買ったとしても、いずれは使わなくなる代物です。暫くはiPodで辛抱するかー、みたいに考えてました。
   しかし、ロクに使えなかったロジテックのトランスミッターをそのままにしておくってのも無駄です。ヤフオクに出す事も考えたのですが、売れたとしても値は下がりますし、手間が面倒です。そこで、ダメ元で買った量販店に持って行ったところ、こころよく返品を受け付けてくれました(もちろん、レシートを取っておいたからですが)。そして代わりにアップル純正のLightning to 30-pin Adapterに取り替えて貰いました。

20131004_164516
アップル純正のアダプター
ケーブル無しのよりは評判が良いです

20131004_222714
仕事帰りに早速試してみましたが、再生も充電もバッチリでした
SEIWAのトランスミッターが壊れるまで
このままでも良いかなー、と思います
(そのウチ、SEIWAから同じ形の正規ライセンス品のが出そうですがw)


■その他
   今回の作業で、今では使わなくなったケータイの充電器とか、使うつもりで積んでてすっかり忘れてたGoProの充電器などが出て来て、もやは使わないものは一掃処分しました。
   4連ソケットの右から2番目に刺さっているUSB充電器は、元々はauのケータイの充電器が刺さっていた所で、iPodからiPhoneに変えた時に不要になったので、目隠しのつもりで代わりにUSB充電器を入れておいたのですが、正規ライセンス品のLightningケーブルでiPhoneが充電出来る事が判りました。恐らく、他の物にも使えると思うので、そのままにしました。
   ダッシュボードの中から見慣れない充電プラグが出て来たので、何だろうと思っていたら、それはGoproの充電器でした。シガーソケット用なのでトランポに積んでいたのでしょうが、長らく存在を忘れてました。Goproの充電を忘れたり、スイッチ切り忘れてバッテリーを上げてしまう事がたまにあるので、非常用として覚えておこうと思います。
   純正のLightning to 30-pin Adapterを買ったので、新しいiPhoneの充電は問題なくなったのですが、せっかくUSB充電器が使える事ですから、予備でLightningケーブルを積んでおく事にしました。また、出先のコンセントからも充電出来る様に、USB接続出来るACプラグも同梱しておきました。

20131004_103158
ライセンスの通ってるLightningケーブルなら
その先の充電装置は何でも使えそうです
ちなみに、電池式の充電器でもOKでした

20131004_103630
Goproをシガーソケットで充電出来るメリットは大きいです

20131004_104413
日頃はあまり使わないものなので
巾着袋に入れてダッシュボードに放り込んでおく事にしましたw






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 13:30コメント(0)

2013年01月18日

   燃料缶が10リットルの時は、トランポを運転してて倒れたり横を向いたりする事はなかったのですが、背の高い20リットルに換えた時にその心配が出て来ました。一応、倒れ無い様に、燃料缶の取っ手の部分にストラップを付けはしたのですが、それでも横Gが掛かると缶が横を向きますし、燃料缶が空の時は床から浮いて、他の場所にぶつかったりします。
   また、エアポンプやジョウロは、一応タイヤハウスの上に置く事にしているのですが、これも運転中にガラゴロと転がってしまいます。
   そこで、燃料缶やその他装備品が転がりにくい様に、荷室の左側のタイヤハウス周りに板で仕切りを作る事にしました。

IMG_4846
製作から早5年、今でも使ってます



■設計
   まず考えたのが、この仕切りは取り外し自在にしておきたい、という事でした。荷室に固定してしまえば確実なのでしょうが、後日配置等を変える時に取り外しが出来ないと困るからです。そこで、荷室に打ち付けない形で、前後左右に動かない仕切りの構造を考えねばなりませんでした。
   そこで、この仕切りに底板を付けて、その上に燃料缶を置く事で重しの代わりにする事にしました。燃料缶は鉄製ですので、空でもそれなりの重さがありますし、燃料が入った状態ならなおさらです。問題は前後にずれるのをどうするかでしたが、タイヤハウスの前後に板の仕切りを付けて、タイヤハウスが仕切りに当たって前後にずれない様にする事にしました。
   仕切りの高さは、荷室の左側にバイクを固定した時、仕切りの壁がステップに当たらない高さにする必要があります。フルサイズのモトクロッサーやトレール車なら40cmくらいの高さでも大丈夫ですが、ミニモトクラスになると30cmくらいにしておく必要があります。
   ある程度、構想を練ったあと、平井の島忠ホームズに行って材料選び。材料は木材にするつもりでしたが、ポイントは寸法。丁度エゾ松材の厚み12mmのが、910mmと1820mmの2種類で、横幅が30mmと24mmのがありました。そこで30mm幅の物を仕切りの壁に、5リットル缶の幅と同じ24mmの物を底板にする事にしました。

20130117_105815
イメージを膨らますために、3〜4枚設計図を描きました
最終的には、ホームセンターに売ってる材料をみて
材料の切り出す寸法まで決めます


■寸法間違い
   まず、仕切りの壁に使う300×1820の板を、1300mmと24mm2枚に切って貰います。また底板になる240×910の板は580mmに切って貰いました。ホームズでは、工作室で1カット30円でキレイに切ってくれるので、いつも活用してます。一応、トランポの床張りした時にジグソー買いましたが、単純なカットなら予め店でやって貰った方が仕上がりがキレイです。
   カットされた材料を仮組してみたのですが、さっそく採寸間違いがあった事に気が付きました。仕切りの壁の長さが、タイヤハウスの先端から荷室の後端まで130mmだと思っていたのですが、実際に組んでみると70mmばかり短かった様です。しかし、決定的な失敗ではないので、そのままで行く事にしました。
   足りないと感じた時に、もっと短めにして、燃料缶を持ち上げず取り出せる様にもしようかと思ったのですが、それだと燃料缶の横腹半分くらいしか壁が来ず、横Gが掛かった時に缶がずれてしまうかもしれないので、止めにしておきました。まぁ、短かった分は“余裕”を持たせた事にしておきました。
   底板の方も採寸間違いをしていて、58mmでは15mmほど長い事が分かりました。まぁ、壁の方は予定より短くなってしまったので、どのみち切るほかありません。底板は荷室の壁の形に合わせて整形するので、処理は後回しとしました。

20130117_113640
取り敢えず仮組
若干の間違いがあったりしますが
そこは現物合わせで良い感じにやってしまいます


■製作
   仮組で現物合わせが出来たら、いよいよ製作です。作り方は、棚を作った時と同じやり方です。電動ドリルで4×30mmのドリルねじを打ち込んでいきます。久しぶりにやったせいか、いきなり高トルクで打ち込んでしまい、板の端っこを割ったり、穴を開ける位置を間違えたりしましたが、やってるウチに勘を取り戻しました。
   難しいのは燃料缶を置く底板で、これは荷室の壁の形に合わせて切っていかねばなりません。まぁ、完全にピッタリという訳にはいきませんが、ガタつかない程度に現物を採寸しながら板を切りました。日頃あまり用事がありませんが、トランポの床張りをする時に買ったジグソーや電動ドリルなどの工作機械が良い感じに活躍しました。大して高くなかったので、買っておいて正解です。
   取り敢えず、設計図通りに作ったのですが、タイヤハウスを挟む仕切り板の前は、横壁にネジ止めしてあるだけなので、ちょっと強度的に弱いかな、と感じました。そこで、後ろの仕切り板と細い板で連結する事にしました。また、燃料缶を置いてみると、タイヤハウスの方が若干浮いてガタガタする事が分かったので、滑り止めシートを下に敷いてガタガタいわない様にしました。

20130117_120235
電動ドリルでネジの打ち込み
ドリルねじを使うと、ねじ穴開ける手間が省けます

20130118_103121
燃料缶を置く部分の底板
車体の形に合わせて切り出しました

20130118_114215
良い感じに組み上げて完成
燃料缶の部分の壁板は尖ってると痛いので丸くカット
タイヤハウス部分の仕切り板の上の棒は、補強用に追加しました



■仕上がり
   製作費は概ね6000円くらい、作業時間は大体3時間くらいでした。電動工具があれば仕事が早いもんです。使ってるのが木だけに、若干隙間が出来たりもしましたが、概ね良い感じに出来ました。
   早速使ってみたのですが、これがなかなかどうして、良く出来ていました。燃料缶置き場よりも、タイヤハウス部分の雑品置き場が良い感じで、これまでガラゴロ転がっていたエアポンプやジョウロが、ピタッと収まっています。その他にも油拭きに使うキッチンペーパーや雑巾など、とかくよく散らばっていた装備が、この仕切り(というより棚)に収まってバラけません。
   これらの細々した装備がきっちりまとまったので、何かしトランポの中も整頓が行き届いた感じになりました。今のところ、バイクを2台積む予定はないのですが、この状態だとサッと積み卸しが出来そうです。

20130118_115440
横壁が出来たので、20リットル缶が横向きになる心配がありません
また、5リットル缶もしっかり収まる上に
床を掃く箒の位置も決まりましたw

20130118_115944
エアポンプ、ジョウロなどは、これまでもタイヤハウスの上でしたが
棚が出来た事で散らばる事がなくなりました

20130118_115556
荷室の左側がスキッとしました
とても良い感じですw


■2台積みのために加工(2013年8月5日)
   昔はバイクを2台積んでましたので、XR230を引き取る際も余裕で積んで帰れると思っていたのですが、なんと左のステップやサイドスタンドが仕切りに干渉して真っ直ぐ積めない事が判りました。そこで当たる部分をジグソーで切り落としました。ほぼタイヤハウスと面イチになってしまい、仕切りとしてはあまり用を為さなくなりましたが、もともと燃料缶が暴れない様にする為のものですし、バイクが常時乗っているなら、荷物もあまり暴れないだろう、という事で良しとしました。

20130805_080557
こんな感じでステップが当たってしまい、バイクが真っ直ぐ積めません
フルサイズのモトクロッサーなら大丈夫なのですが
背の低いトレール車ではダメでした

20130805_091941
そこで、シフトペダルからサイドスタンドまでの間を
ばっさりジグソーで切り落としました

20130805_092401
サイドスタンドの部分は
もう少し仕切りを残して置いても良かったかも

20130805_114524
ともあれ、真っ直ぐバイクを積める様になったので
結果オーライですw


■荷室面積増加のための加工(2018年9月24日)
   前回の加工から5年経ちました。ともあれ使い続けてきてるのですが、問題は車中泊の時。二人で寝ると、結構手狭で、特にこの仕切り板が邪魔。寝る時は外した方が良いのでしょうが、それも面倒くさい話しです。そこで、仕切り板の底の板を切り詰める事にしました。
   というのも、底板は別にこのサイズにする必要があった訳でなく、ホームセンターに売ってた板がたまたまそのサイズだっただけで、手間をかけるならタイヤハウスに仕切り板が沿う様にしても良かったのです。しかし、そうしなかったせいで、タイヤハウスと仕切り板の間に、砂は溜まるわ、物は落ちるわ、しかも落ちた物が仕切り板とタイヤハウスの間を広げて、余計荷室の床が狭くなるわで、あまり良い事がないので、思い切って作業しました。
   仕切り板を一旦バラバラにして、線引いて、ジグソーでバリバリ切って、組み直して終わり。底板を切り詰めるだけなく、XR230のアンダーガードやステップやスイングアームが干渉する部分も削りました。お陰で、バイクを固定する位置が、左に5センチほどずれて、荷物積むスペースが広がりました。寝る時も多少はマシでしょう。

IMG_4845
加工前の状態
仕切り板とタイヤハウスの間が空いてる
また、タイヤハウス部分の仕切り板に
XR230が干渉した跡がある

IMG_4847
加工後
タイヤハウスに仕切り板がぴったりくっついてる
それでいて、5リットルの燃料缶もちゃんと入ってる

IMG_4849
これは想定外だったけど
XR230の停める位置が左にズレて
CRF450RXとの間隔が空いたのは嬉しい






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 00:00コメント(2)

2012年05月09日

   100系ハイエース・ジャガンナート号に乗って、そろそろ3年になろうとしているのですが、取り敢えず真っ直ぐ前向いて走る分には大分こなれてきたものの、後ろ向きに動かすのは、今だに苦手です。特に、コチャコチャした細い路地に迷い込んだ時はヤバイです。なので、そういう所には極力行かない様にしているのですが(大抵どっかぶつけるから)、ゴールデンウィーク直前に、ぶつけてしまいました。右のテールライトのレンズ。
   まぁ、球まで切れた訳でないので、半透明のガムテープで応急処置をしておいたのですが、そのままでは車検が通らないのはもちろん、下手したらお巡りさんに止められてしまう、と言われたので、仕方なく交換する事になりました。

20120508_112031
雨が降っていたので、取り敢えずガムテで応急処置
でも、このままでは法令違反になるっぽいです



   交換する事になりました、とはいえ、どんな風に交換するかも分かりませんし、どのみちパーツは車屋さんで頼んで貰うしかないので、交換も車屋さんでお願いする事に。そして電話して頼んだのですが、ぶつけ具合によっては、基部が凹んで鈑金修正やらねばならないので、見せて欲しいとの事。ぱっと見た目、そこまで壊れてる様には見えなかったのですが、まぁ、ウチから歩いて5分の所なので、見せに行く事に。結果、これならレンズの交換だけで大丈夫、ただし中古は滅多にないので新品の取り寄せになります、との事でした。

20120509_105857
「作業時間は短いですよー」との事で早速作業開始
実際に短くて、お会計の時間入れても20分くらいでしたw


   部品は翌日の午前には到着。早速交換して貰いました。どんな風にやるのか、興味津々で見てたのですが、思っていた以上に簡単、というか、これなら自分でも出来たかもレベル。ネジ二つ外して、ウインカーやテールライトなどの配線のカプラー外して、球を新品のパーツに移植して、カプラー繋いでネジ止めするだけでした。

20120509_110020
テールライトの中身。がらんどうでした
何か人に見られて困るモノを隠しておけそうw

20120509_110154
配線関係はカプラーでワンタッチ
この後、ちゃんと点灯テストもしました


   てっきりレンズの部分だけ交換するのか、と思ったら、電球の受け?の部分ごと交換でした。もっとも、電球その他使えるものは使い回しした方がよい(でないとメッチャ高いらしい)、という事でした。部品代は10,800円、工賃2,000円、他消費税で13,440円でした。

20120509_110531
表面のレンズだけ換えると思ってたのですが
ゴロンと丸ごと交換。これだったら1万円くらいしますねぇ、、

20120509_111530
ピシッとキレイになりました
ぶつけても割れない様に、軍用車輌みたいな鉄格子付けたいですねぇ


   ジャガンナート号、これまでにもアッチぶつけコッチぶつけ、買った時よりもヤレ具合が酷くなってきてはいるのですが、まだまだ走ります(現在走行距離105,000km)。しっかり板張りもしたので、思った以上に使いやすいです。まぁ、200系に乗り換えたいなーと思わないでもないですが、お金もない事ですし、当分は乗り続けます。出来ればこれ以上凹ましたくないですねぇw






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 00:00コメント(0)
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon