ガエルネ

2018年01月12日

   自分は「日本人専用木型」が使われているガエルネのブーツが好きで、既にこれまでにED PROFASTBACKと履き継いできました。ところで、そのFASTBACKも2代目で5年以上履いているという事もあって、そろそろブーツの買い替えをしようと思いました。FASTBACKで別に不満がなかったので、次のもそれで良かったのですが、なんでも廃版とか。後継はGリアクトかSG10という事らしいのですが、Gリアクトは安いだけあって質感があまり良くなく、消去法で高い方のSG10を選ぶ事にしました。

20180105_085102
前から買い替えたかったブーツ
住み替えのあれやこれやの買い物で貯まったTポイントで
思ってた以上に安く買いました



■履いてみた感じ
   これまでブーツは、サイズが29cmという事もあってお店で頼む事が多かったのですが(28cm以上は、イタリア本国に頼む必要があったため)、最近は国内でも30cmまで在庫してて、しかもジャペックス自体がYahoo!にショップを持っていて、直接頼む事が出来る様になっています。5万ちょいする高いブーツですが、ストアポイントだのYahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!だのYahoo! JAPANカードご利用で毎日ポイント3倍だの5のつく日[アプリ利用で最大+4倍]だのだので、10%もポイントが付く(実質1割引)のがうれしいです。
   さて、在庫があったらしくて速攻で届いた訳ですが(自分のあと、29cmだけ品切れになった)、やっぱり新品のブーツというのは、いつ見ても、いつ履いても良い物で、窮屈なところを無理無理足入れて行く感じがとても良いです。もっとも、新品の状態でレースに出る訳にも行かないので、開幕戦までに水に濡れたり泥に突っ込んだりして、多少広げて行かねばなりません。
   それはさておき、軽くインプレです。SG10は昔からあったのですが、若干モデルチェンジしている様で、昔のはFASTBACKのより立派なヒンジ式フローティングレーサーバックが付いていたのですが、それは廃止された様です。まぁ、よく割れたりした様で、あまり評判よくなかったのかもしれません。重さを計ってみたところ、両足で4.4kgという事で、FASTBACKより300g重いのですが、実際履いてみた感じは全然気になりませんでした。FASTBACKではMXジャンプインナーソールという分厚い中敷きが入っていたのですが、SG10ではペラい標準インナーソールでした。まぁ、現状ではまだまだキツキツですし、大してジャンプも飛ばないので、当面はこれで良しとしました。
   最近のブーツ、ニーブレース対応で、バックルの位置を変更できる様になっているのですが、SG10はさすが上等だけあって、3段階に移動出来ます。しかも予め穴が開けてあるので楽です。この辺り、自分で穴開けしなきゃならない安いサイファーJとは懲りようが違います。

20180105_085635
そこそこ良い値段するだけに、出来映えも良い感じ
新品なので、足指の両サイドが結構キツいです

20180114_144005
左からFASTBCK、GS10、サイファーJ
SG10は足のサイドまでプラパーツに覆われていて
プロテクションが高そうです
(その分、足もキツいですが)

20180114_144024
各々のブーツの背面
やはり値段相応にゴツさに差があります

20180114_144508
バックルの調整位置の違い。サイファーJは
他の二つよりも一番上のバックルの調整範囲が短く
エクストラロングストラップに付け替えないと
大人がニーブレース着けて履くには厳しいです

20180114_144355
各々のブーツの内側
メッシュでない方が泥が着いた時に洗い易そうです

20180114_145553
左はFASTBACK、右がSG10
同じ29cmでも300gほど重さが違います

20180114_220543
向こうずねのガエルネのGマークの違い
SG10のマークの方が好きです



■いきなりソール交換
   ところで、昨年3月の雪のWEX勝沼で、最大の笑いと敗因となったのが、ツルンツルンに滑る坂道で、まったく足が立たなかったという事でした。そこでアドバイスされたのが、ソールをトライアルソールに交換する、という物。それだとあんなツルツルんとこでも、踏ん張りが効くというのです。調べてみると、ジャペックスの方でもリペアしてくれる事が分かりました。ところが、聞けば大阪にあるMTXRというお店が良い仕事する、との事。さっそくサイトを見に行ってみると、ビブラム社が新しく開発したT-REXというエンデューロソールが載ってました。ざっと読んでみると、やっぱりエンデューロにはこっちの方が良いかな、という気がして、T-REXに変える事にしました。
   依頼はメールや電話で、という事だったので、まずメールして、そしてサイズ書き忘れたので電話入れて(久々に関西弁しゃべった)、宅急便でブーツ送って待つ事、1週間。赤いソールになって帰ってきました。仕上がりは上々で、知らん人に見せたら、最初っからこのソールだったと思うほどの出来映えです。
   T-REXは黒のソールもあったのですが、あえて赤にしたのは、色付きはミディアムハードコンパウンドで、ハードコンパウンドの黒よりニュルニュルの所でのグリップ感が良いだろうと考えたからです。実際、カーペット敷いたリビングで踵を鳴らして不動の姿勢を取ろうとすると、ノーマルのMXソールならカチンと良い音立てて踵鳴らせるのに、T-REXはしっかりカーペットにグリップして足が動きませんでした。
   こんな具合で、期待大のT-REXソールですが、ミディアムなだけに、削れたり減ったりするのもおそらく早いでしょうから、そこは消耗品と割り切って、へたって来たら交換するという方針で行こうと思います。

20180112_113241
鮮やかな赤のT-REX
新設計のソールだそうで、グリップ感はたっぷりです

20180112_113300
エンデューロソールは薄いイメージがあったのですが
比べてみるとMXソールとあまり違わないです

20180112_113223
実は「黒のブーツに赤のソールってどうなん?」と思ってましたが
現物をみて、「これもありかな?」という気になりましたw


■履いてびっくり、閉じないよ?(2018.1.29追記)
   さて、いよいよ慣らしという事で、練習でSG10を履いてみる事にしました。が、履いてみてびっくり、ブーツが全然閉じません。FASTBACKではバックルしてない状態で10mmほど隙間が空きますが、バックルを留めたら、5mmほど合わさって閉じます。ところが、SG10はまったく閉じる感じがしません。これはロングストラップに変えたらどうなるとかいう問題でなく、まったく閉じないのですから、履き様がないというもんです。
   サイズはどちらも29cmで日本人向けの木型で作られてる訳ですから、サイズを間違えたという訳ではありません。となると、5年前のFASTBACKと今のSG10ではふくらはぎ周りのサイズが違う、という事になるのかも知れません。ED-PROから数えて4足目となるガエルネのブーツで、まさかこんな事になるとは思ってなかったので、完全装備の状態でブーツを試着してませんでした。大ミステイクだった訳ですが、さりとて上のサイズにしたらエエというもんでもないでしょうし、しかも29cmものサイズは店に置いてないので、試着のしようもないというもんです。買い替えたくても足が入らんというのは、非常に困る事です。
   しかし、ぱっと見た目には、FASTBACKもSG10も、ふくらはぎ周りの大きさにそれほどの差がある様にも見えません。そこでウチに帰ってから、改めて完全装備で履いてみて、下から順番にバックルを留めて行きました。ストラップを少々キツめにして、締め上げる様な感じで留めて行くと、辛うじて合わさる様になりました。しかし、それでも上のマジックテープで留める部分は5mmほど隙間が空きましたので、ニーブレースを若干上にずらして、どうにか塞がる様になりました。
   これまでと比べると、どこがどう変わったと言われると分からないのですが、なにかしら設計が変わった様な、そんな気がします。少々キツいのですが、まぁ新品だからキツいのは当たり前ですし。とにかくもちゃんと合わさる様になったので、次回から慣らして行こうと思います。

20180127_100902
こりわビックリ!全然閉じんやん!
エラいもん掴まされたかー!と思いました

20180127_100910
FASTBACKではこんな感じ
バックル閉じたら、ちゃんと合わさります

20180128_220400
どうにかこうにか履けたの図
ホールド感は新品だけに満点です






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 11:00コメント(0)

2009年02月20日



   昨年9月に左膝を痛め、アスタリスクのCELLを購入した時に思ったのは、「膝をここまで強化したからには、足首も強化した方がいいなぁ」という事でした。それまで履いていたED-PROは、到着した当初こそスキーブーツみたいに足首の曲がらないブーツでしたが、油塗ったり泥水に浸かったりしている内に、良い感じに柔らかくなってしまい、足首はクニャクニャに曲がる様になっていました。歩いたり、シフトチェンジしたりする分には楽ですが、咄嗟に足を着いた時に足首を痛めそうですし、この頃習った基本乗車姿勢は、足首は90度に維持するって事になってますんで、足首がクニャクニャってのもなーってのがありました。そこで、CELLを買った時に付いてきた10,000pt近いポイントを援用して、新しいブーツを買う事にしました。
   どのブーツを買うか。猿ヶ島では、アルパインスターのテック8などを履いている人も多いのですが、実際に試着してみると、やはり甲高の自分には横幅が狭い。あと重い。やはり日本人向けに設計してあるガエルネの方がいいな、という事になりました。となれば、最高級のSG10を買いたくなった訳ですが、履いてみるとこれまた重い。かといって、サイファーじゃなぁ、という事で、消去法でFASTBACKにする事にしました。もっとも、消極的意図でFASTBACKを買ったつもりは全然なくて、今の自分の要求にマッチしてるのは、これかなぁ、という感じです。要するに、足首をしっかりガードしてくれて、多少のジャンプの着地のショックにも耐えて、かつ買える値段。もちろん、ニーブレースにも対応。あえて最高級品である必要はない、という訳です。
   なお、サイズは今回も29cmにしました。多少痩せて、足も細くなったのですが、すでに29cmのブーツで慣れてしまっているので、もし大きければ中敷きやソックスで対応する事にしました。また、28cm以上はイタリア本国に取り寄せという事になるので、早めに注文し今年の春から実戦投入を見込みました。


20090212_110225
   かっきり3ヶ月経ってから到着したFASTBACK。ED-PROに比べると、若干重いです。質感は似たり寄ったりですが、プラパーツが多いのでプロテクションはこっちの方が高そうです。

20090212_110441
  取りあえず履いてみました。予想通り、足首はほとんど動きません。前だったら非常に履きにくい印象を持ったに違いないですが、今となってはこれが安心感に感じられます。まぁ、歩く方は何とでもなりますからねぇ。

20090212_111516
   届いた時は、バックルの位置はニーブレースをしてない状態に合わせてあるので、ニーブレース対応に変えます。取りあえず全開にしたのですが、それで丁度でした。ご覧の通り、ED-PROより微調整がきく構造になっています。



20090212_111635
   ニーブレースを付けた状態。実に良い感じです。すでにサイボーグ状態です。足だけで14万円近く掛かってます(爆)でも、ケガして入院などしたら、そんなもんじゃ効かなくなるんで、安心して遊ぶには必要な投資と自分に言い聞かせてます。

20090212_111534
   このブーツを買うに当たって、一番心配したのが靴底。ED-PROはいわゆるビブラムソールで不整地に踏ん張りが効く靴底なんですが、これはご覧の通りのフラットソールです。利点は、ステップの上で足位置をずらすのが楽な事、厚底なのでジャンプの着地のショックをよく吸収してくれる事です。


■使用感

   さて、さっそく練習で使ってみた訳ですが、始めの内は、シフトアップはしにくいし、ブレーキは踏んでも踏み切れないしで、少々怖い思いをしました。しかし、ブーツの感覚に慣れてくると、そこらいの問題は解消されていきました。
   それよりも、転けて足を捻る様な格好でバイクの下敷きにしてしまったのですが、まったく問題ありませんでしたし、ウッズの狭い道を足こぎしながら走っても、ブーツがかっちりしてるので安心して足を出せました。
   心配してたフラットソールも、斜面で何度かバイクを起こす羽目になったのですが、問題なく地面に踏ん張れました。ジャンプしても着地のショックが少なく、ステップの上で足の踏み替えも楽に行えて、なかなか具合が良かったです。

20090215_102254







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2007年05月27日

ed-pro_01.jpg

   オフ車に乗るからにはオフロード用のブーツも欲しい、とは思ったものの、以前ブロスに乗っていた時も一応ブーツは持っていたものの、大して履かなかったので、要らないかなーとも思いつつ、悶々としていた訳ですが、まぁ履く履かないは別にして、取り敢えず持っておこうと決意して、「足首が柔らかい」と定評のガエルネのED-PROを買う事にしました。
   ところが、店に置いてあるのは28cmまでで、自分の足が入る29cmはイタリア本国に取り寄せ、という事で、注文から手元に来るまでに3ヶ月を要しました。地球の裏側、旧同盟国から海を渡って遠路はるばるやってきたこのブーツ、感慨ひとしおです。



ed-pro_02.jpg

   このブーツ、イタリア製ですが、なんでも日本人の足に合わせた型で作られているとか。そのせいかどうか判りませんが、履き心地はぴったりこん。とても良いです。ただし、他のモトクロス用のブーツに比較すれば足首が「よく曲がる」といっても、やっぱりオフ用のブーツですので、普通の靴の様には曲がりません。どっちかというと、スキーブーツに近い感じです。

ed-pro_03.jpg

   ふくらはぎがきつかったので、ストラップを調整して伸ばしました。調整の仕方は簡単で、ストラップを矢印方向に起こせば、左右に動かす事が出来ます。バックルをかければ、テンションが掛かってストラップが動かなくなる仕掛けです。

ed-pro_04.jpg

   バックルにはスリットが二つありますが、軸に近い方に引っかけた方がロックがしっかり掛かります。付け外しはワンタッチなんですが、履く時は中腰とか片膝立ちでなく、階段などの台に足を乗っけた方がやりやすいです。あと、足がキツイ様だったらストラップを緩めた方が良いです。ただし、乗っている間に緩くなった感じなるので、マメに調整した方が良いかも。

ed-pro_05.jpg

   左が今まで履いていたアメリカ海兵隊御用達のコヨーテブーツ。大きさは差は歴然。プロテクションの違いも歴然です。すねまでカバーしてるので、大きいのは当たり前ですが、置き場に困ってしまいました。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
忍者AdMax
  • ライブドアブログ