副食系

2021年03月08日

 昔からベーコンは好きなのですが、そこそこいい値段するのであまり買えないし、ましてやブロックのなんか余計買えない、という事でたまにしか買って食べないのですが、実は豚肉のブロック肉を買ってきて、簡単に作れるというのが分かり、挑戦してみました。結論からいうと、作り方自体は思った以上に簡単です。


2021-03-05 23.28.46
今回作ったベーコンとパンチェッタ
ベーコンの方は仕上げでオーブンした後
パンチェッタは仕上げ前です




■仕込み方

 まず、ブロック肉を買ってきます。ここで大事なのは、自分の家の冷蔵庫のキャパシティ。今回の企画では、ブロック肉が約2週間もの間、冷蔵庫の中で鎮座する格好になります。なので、一度に作れる量は冷蔵庫の空き次第という事になります。今回はダイナミックに1.3kgのブロックを買ってきました。これを半分に割って、片方はベーコン、片方はパンチェッタにします。
 仕込みの手順は、まずフォークを使ったブロック肉の各面に穴を開けます。開ける間隔は大体10〜20mmくらい、深さは10mmくらい。それなりに力の要る作業です。これは肉の中に塩や香辛料を入り込ませるための作業です。これが済んだら、塩と香辛料の擦り込みに入ります。
 使う塩の量は、肉の重さの3%くらいと言われてますが、ぶっちゃけ、少々多くても大丈夫だと思います。逆に少ないのは肉が傷む原因となるので不可です。3%くらいだと、あとで冷水に浸けて塩抜きしなくても良いくらいの減塩さ加減でした。まぁ、これは冷蔵庫で保存するのを前提とした塩の量なんだろうと思います。
 香辛料は、肉の臭みを消したり香りづけをする為に使います。別に使わなくても良いです。今回は、ベーコンの方にはガーリックとローリエ、パンチェッタの方にはタイム、オレガノ、ローズマリーを使いました。これらを塩を刷り込んでから、後でまぶしていったのですが、なんなら塩と一緒に混ぜて、一緒に擦り込んでも良かったと思います。
 それらが済んだら、キッチンペーパーで包んで、ジップロックに入れて、冷蔵庫に放り込みます。キッチンペーパーに包んだのは、水分を吸わせて乾燥の前段を踏む為でしたが、漬け込みの段階ではキッチンペーパーを使わない人もいます。漬け込みは1週間行いますが、1日起きに上下をひっくり返すと、肉の中の水分が偏らず、塩や香辛料の染み込みが均一になるようです。

2021-02-18 20.23.31
ハナマサで買ってきたブロック肉
こんなデカイの、初めて買いましたが
もっとデカイのも売ってます

2021-02-18 20.24.48
ブサブサとフォークで突き刺します
横の薄いとこも刺します

2021-02-18 20.34.20
続いて塩を塗り込みます
一応、3%という事になってますが、多少多くても大丈夫

2021-02-18 20.36.52
ガーリックパウダーと細かく千切ったローリエを塗り込みます
こっちはベーコンにする方

2021-02-18 20.45.20
同様に塩した肉に
タイムだのローズマリーを擦り込んだパンチェッタ予定肉
香辛料の量も適当です

2021-02-27 00.12.01
どっちがどっちか分からなくならない様に
マジックペンで名前書いて起きます


■水洗・(塩抜き)・乾燥

 かっきり一週間経ちました。どんな風になっているか、ワクワクしながら出してみると、どっちの肉も赤みの部分が黒ずんで、白い脂肪の部分も青ざめた感じ。うまい事いってるのか不安になりましたが、今さら後戻りも出来ませんし、塩して冷蔵庫に入れてたんだから腐ってる訳がない、と考えて、次の工程に移りました。
 まずは肉の表面に残ってる塩と香辛料を洗い流します。塩の方はほぼほぼ溶けて肉に染み込んでますが、香辛料の方は残ってますので、水を流しながら手でしっかり洗い落とします。
 次にちょっと味見。薄く肉を切って、フライパンで焼いて食べてみます。今回は塩の量が必要最低限だったのか、いい感じな塩加減で、塩抜きの必要はないと考えました。塩辛い時は、ボウルに水を張って肉を入れ、少しずつ水を出しながら、いい塩梅になるまで塩抜きします。
 今回は塩抜きなしでしたので、洗ったあと、キッチンペーパーで水気を吸い取り、キッチンパーパーに包んで、冷蔵庫で乾燥の工程に入ります。乾燥は、乾燥シートを使うと早いらしいですが、手に入らなかったので2日おきにキッチンペーパーを取り替えて、1週間冷蔵庫において、じっくり乾燥させませした。

2021-02-27 00.12.58
漬け込みが終わったブロック肉
見た目がアレな感じですが
腐ってはいません

2021-02-27 00.21.19
香辛料を残さず洗い流し
キッチンペーパーで水気を取ります

2021-02-27 00.23.40
キッチンペーパーで包みます

2021-02-27 00.24.25
冷蔵庫で1週間寝かせます
最初のうち、冷蔵庫の中が香辛料くさくなります

2021-03-01 23.43.53
キッチンペーパーは2日おきに交換します
最初はペーパーがひばり付きますが
乾燥が進むとくっつかなくなります
交換のたびに、上下を入れ替えて置きます

2021-03-03 08.16.11
一週間後、乾燥工程が終わりました





■燻煙

 パンチェッタの方は生ベーコンと言われるだけに燻製はしませんが、ベーコンの方は燻製器を使って燻煙します。といっても、本格的な燻煙器じゃなくて段ボール製の燻煙器を使います。まぁ、本格的な奴の方が温度管理も出来て、しっかり脂おとしていい感じに出来るそうですが、段ボール製の燻煙器でもちゃんと燻製にできます。
 やり方は簡単で、段ボール製燻煙器にベーコンを入れて、下からスモークウッドで燻すだけです。ただ、このスモークウッド、ちゃんと火を着けないと知らん間に消えてしまう事もままあります。ガストーチなどでウッド全体を炙るのが確実です。時々消えてないか確認し、消えてたら再点火します。
 燻煙する時間は、一応180分という事になっているのですが、ウッドの燃え方次第で時間も変わってしまいます。ウッドは1個で90分燃えるという事だったので、2個使う格好になるかなと思ってたのですが、今回は1個が燃えきるまでに3時間ほどかかってしまいました。見た目、十分に燻されている様に見えたので、今回はそれで止めておきました。

2021-03-04 17.49.28
ぶら下げても良かったのですが
面倒だったので網に置きました
時々、上下を逆にして、万遍なく燻せる様にしました

2021-03-04 17.53.33
外の気温が低かったので台所で換気扇回してやりました
しばらく台所が臭かったです

2021-03-05 01.02.10
良い感じに燻せました


■仕上げ

 仕上げに、110度に予熱したオーブンで1時間温めました。こうする事で、余分な脂が落ちて、いい感じに仕上がります。この仕上げは、やってもやらなくても良さそうな感じですので、お好みでどうぞ、という感じです
 やってみて驚いたのは、オーブンすると全体的に長さが短くなって、厚みが増す事。どっかしら縮んで膨らむんでしょうか。個人的にはいい感じに仕上がったと思います。
 これが済んだら、キッチンペーパーに包んで(脂が冷蔵庫につかない様にするため)、一晩寝かせて完成です。

2021-03-05 01.07.18
110度(ウチの電子レンジはそれが最低温度だった)で
1時間温めます

2021-03-05 02.11.41
良い感じの色目になりました

2021-03-05 23.29.33
オーブンする前のパンチェッタとの比較


■感想

 やる前は上手く出来るか不安でしたが、案ずるより産むが易しで、思った以上にうまい事出来ました。実はパンチェッタなるものは、ベーコンと別物だと思ったのですが、要は燻煙するかしないかの違いでしかないのだ、という事が分かりました。
 さて、食べてみた感想は、、もう、激ウマ。このブロック肉を買ったハナマサで売ってたベーコンと食べ比べてみて、「これまで食ってたのは、なんやったんや」と思える違いです。なるほど、買って来れば良さそうなものを、わざわざ作る理由が分かりました。
 あと、使う香辛料によっても風味は変わるんだな、という事。自分はあまり複雑なのは好きではないので、次回は普通に塩コショウだけで作ってみようかな。という具合に、また作りたくなる簡単さと出来栄えでした。

2021-03-06 11.14.16
仕上がったパンチェッタの断面
塩漬け肉って感じです

2021-03-06 11.20.27
弱火でじっくり炒めて、脂を出します

2021-03-06 11.37.12
パンチェッタが塩味なので
味付けは塩系で








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 08:00コメント(0)

2021年02月27日

 先日作ったハードタック(ハードビスケット)は、大航海時代の艦船の食料として有名ですが、このザワークラウトも有名です。日本では酢キャベツとか言われてますので、てっきり酢漬けにでもするのかと思ったら、酸っぱいの発酵による乳酸菌の働きによるものとか。という訳で、今回はザワークラウトに挑戦してみました。


2021-02-20 21.12.46
使用する瓶は、必ず煮沸消毒する事

2021-02-20 21.13.43
消毒後は、拭いたりせず、放熱で乾燥させます




■材料

 調べてみて分かったのは、ザワークラウトの材料というのは、実にシンプルだという事でした。ぶっちゃけ、キャベツと塩だけです。ただし、キャベツはカットされたものでなく、玉で買ってくる必要があるとの事。塩もみして、塩分の浸透圧でキャベツから水分が出るのですが、この水分が重要で、カットされた奴は、断面から水分が抜けてる場合が多く、これは良くないとの事です。
《ザワークラウトの材料》
  • キャベツ
  • 塩 キャベツの量の2%
  • キャラウェイシード キャベツの量の0.15%
 キャラウェイシードの代わりに、唐辛子とかでも可。なくても可。
2021-02-20 22.03.11
今回、キャラウェイシードというのを初めて買いました


■作り方

  1. 瓶は煮沸消毒し、乾燥させておく。
  2. キャベツの外側の美味しくなさそうな皮を剥く(後で使う)
  3. キャベツを千切りにする。芯は後で使う。
  4. 塩、香辛料を入れ、10分間くらい手で揉む。
  5. キャベツから知るが出てきたら、キャベツを少しずつ瓶にいれ、擂り粉木で押し込む。
  6. キャベツの外側の皮を折って、ザワークラウトの上に蓋する。
  7. キャベツの芯を蓋にした外側の皮に立て、瓶の蓋で立てたまま押し込む。
  8. 20度くらいの常温で1週間、漬け込む
 今回、キャラウェイシードというのを初めて買ったのですが(そこらのスーパーで売ってなくて、ネットで取り寄せ)、どんな味がするのかと思ったら、歯磨き粉の味でした。いわゆるハーブ系の香辛料の様です。別に使わなくても良いし、鷹の爪とかローリエとか、そういったのでも良い様です。
 今回、当初の予定では、刻んだキャベツ500gで作ろうと思ったので、塩の量は10g、キャラウェイシードは計算上は0.75gですが、キッチンスケールで計れないので1g使いました。

2021-02-20 21.59.30
キャベツの量は、ザワークラウト本体になる
千切りキャベツで分量を量りました

2021-02-20 22.03.49
キャベツ500gに対して塩10gは
ぱっと見、少なそうに見えます





■作り方そのものは簡単

 刻んだキャベツに塩と香辛料を入れたら、10分間、ひたすら揉みます。この時、容器が小さいと揉みにくいので、ちょっと大きめのボウルや鍋でやった方が楽だと思います。
 最初、塩の量が少なくて、あまり水分が出ないかもなー、と思っていたのですが、それは杞憂で、5分も揉んでいると、段々水分が出てきて、それに反比例してキャベツが小さくなってきます。
 10分揉んだら、キャベツを少しずついれ、スリコギで押し込んでいきます。ザワークラウトは、熟成中に空気が入ると痛むそうです。なので、きっちり押し込んでいきます。
 そんな訳で、最初は500g分だけ作ろうと思ったのですが、瓶の半分くらいまでしか埋まらず、これでは流石に空気の部分が多いという事で、残り500gも塩もみしてザワークラウトにしてしまいました。
 もっとも、1kgだの2kgだの、まとめて刻んでも置き場がないですし、それらを一気に揉むのも大変なので、小分けして揉んで、瓶にまとめるのもアリだと思います。

2021-02-20 22.04.43
ひたすら揉みます
容器が小さいとやりにくいです

2021-02-20 22.13.11
10分揉みました
キャベツが小さくなり、汁が出ています

2021-02-20 22.13.54
少しずつ瓶にいれ、すりこぎで隙間が出来ないように
しっかり押し込んでいきます

2021-02-20 22.15.20
500gあったキャベツが、こんな量に

2021-02-20 22.18.34
追加で500g仕込みます


■瓶詰め

 塩もみキャベツを全部瓶の中に押し込んだら、外側の皮を瓶のサイズに折りたたみ、これをキャベツの上に乗せて蓋にします。一番外側は農薬が残ってたりするので、内側のを使います。今回、若干、瓶の上の方が隙間が出来たので、皮2枚使って蓋にしました。
 そのあと、キャベツの芯を立てた状態にして、芯が倒れないように瓶の蓋をしました。これはどうやら重石の役割をするみたいです。
 このあと、だいたい20度くらいの常温で1週間くらい漬け込みます。そうする事で瓶の中で発酵が進み、乳酸菌が培養されるはずです。

2021-02-20 22.27.16
いい感じに、ギュギュッと蓋をします

2021-02-20 22.27.43
このままで1週間、常温で放置します


■発酵

 この後は、何もやる事がありません。まぁ、どんな風になるか、毎日観察してました。
  • 翌日は、取り立てて変化なし。
  • 2日後くらいから、キャベツの汁が瓶の外に出てくる様になりました。
  • 3日目には、気泡が出てきて、瓶を揺すると上に上がってくる感じでした。
  • 4日目からは、汁も溢れず、気泡も落ち着いた感じになりました。
 瓶から汁がにじみ出てきた時は、何だ?と思いましたが、よくよく考えれば、詰め込んだキャベツがさらに汁を出して圧縮され、それが瓶から溢れたという事でしょう。大きな瓶を使えば溢れる事もないのでしょうが、キャベツが空気に触れるとその部分から傷んでくるという事だったので、これで良しという事にしました。まぁ、溢れた分は拭けば良いわけです。
 気泡は、よく観察すると、キャベツの方から出てて、瓶を揺すったり軽くテーブルに落としたりすると、パァーっと上に上がってくるのが見えて楽しかったです。気泡が出てるという事は、発酵が進み乳酸菌が頑張ってる証拠です。

2021-02-21 10.09.29
翌日は見た目の変化はあまりなし

2021-02-22 06.20.27
そのうち、瓶から汁がにじみ出る様になりました

2021-02-23 12.17.06
気泡が上がってきているのは、発酵が進んでいるからでしょう


■完成

 漬け込みは5〜7日行うそうですが、今回は5日目に試食してみました。食感はシャキシャキしてて、確かにザワークラウトです。ただ問題は味で、今回、生まれて初めてキャラウェイシードを使ったのですが、これは歯磨き粉の味がします。ハーブだのミントだのが好きな人は大喜びでしょうが、ミントチョコでさえもノーサンキューな自分には、1kg分の歯磨き粉の味のするザワークラウトは、セルフ嫌がらせ以外の何者でもありません。
 ザワークラウトは、日本では酢キャベツという言い方をしますが、今回の作り方を見ても分かる様に、別に酢は使っていません。酸っぱくなる理由は、乳酸菌の働きによるものです。乳酸菌が豊富だから、腸に良いと言われるわけです。で、今回食べてみたものは、言うほど酸っぱい感じではありませんでした。梅干しを基準にするなら、1/10も酸っぱくなかったかも。それよりも、キャラウェイシードの歯磨き粉の風味が優っていて、酸っぱいのやら塩辛いのやらは、ぶっちゃけ感じるいとまもなかった、というところです。
 おそらく、製法としてはこれで正解ですし、モノとしても成功したと思います。なので、次回作る時は、唐辛子とか粒胡椒とか、そうした口に合う香辛料を使ってみようと思います。

2021-02-24 09.30.45
キャラウェイシード を使った以外は成功!








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 13:05コメント(0)

2020年08月07日

 前回、梅干しを作ったのは、四街道の家に引っ越してからですが、今回は2年でだいぶ減りました。職場のUさんからも作って欲しいとオーダーが入りましたので、自分用に3kg、Uさん用に2kg、そして今回は梅シロップ1kgにも挑戦してみる事にしました。(梅シロップの記事はこちら)


2020-05-16 18.42.37
2年前に作った梅干しの残り
紫蘇を使わない白梅干しが結構評判良かったので
今回は白梅干しオンリーです




■梅の準備(6月6日〜11日)

 前回もそうだったのですが、四街道に引っ越してから、梅干しを作る上で困るが、「そこそこ安い南高梅」が売ってない事。しかも今年は梅が不作なのか何なのか、近所のスーパーには梅自体が売ってません。イトーヨーカドーにでも行けば高いのが売ってるでしょうが、キロ1300円とかだったりしますので却下。今回はメガドンキで群馬産の1kg800円の南高梅じゃ無さそうなのを買ってきました。今回は梅シロップにもチャレンジするつもりだったので、合計で6kg、粗塩だけでなく、氷砂糖も買いました。
 梅が用意できたら、やる事はいつもと同じです。
  1. 竹串でヘタを取る
  2. 水で丁寧に洗って、布巾などで水気を取る
  3. バケツに新聞紙などを敷いて、梅を入れる
  4. 梅が黄色くなるまで待つ
 黄熟させる事で、実も皮も柔らかい梅干しになります。青いまま漬ける事も可能ですが、皮の硬い梅干しになるのでオススメ出来ません。

2020-06-06 16.58.05
メガドンキで買ってきた梅
結局、高くても良い梅を買わなきゃな、と
反省する事になりました

2020-06-06 17.20.00
竹串を使ってヘタ取り

2020-06-06 18.04.27
ヘタ取った後の水洗い

2020-06-06 18.37.33
水気を取って、バケツへ
入れすぎると、下の梅が潰れます

2020-06-06 18.38.26
横の瓶は、梅シロップ

2020-06-11 11.44.48
梅のいい香りがしてきて、黄色くなってきます
完全に黄色くなるまで待ちます


■梅の急変〜漬け込み(6月12日〜18日)

 いい感じに黄熟してきてるなー、と思ったのですが、ふと底の方をほじくり返してみると、下の方の梅が黄色くなる前に熟し始めてて、柔らかくなっていました。これまで使った梅では、皮が黄色くなるまで実が柔らかくなるなんて事はなかったので、びっくりしました。梅の質が違うのか、はたまた上等でない梅を使ったせいか。ともかく、次回は高くても良い梅を使おうと思いました。まだ黄熟が不十分なのですが、このまま放っておくと、腐ってしまう可能性があります。そこで止む無く、フライング気味で漬け込みをする事にしました。
 漬け込みも、これまで同じ方法です。
  1. 梅をホワイトリカーにくぐらせる
  2. ホワイトリカーで湿らせた梅に粗塩をまぶし
  3. ホワイトリカーで拭いて消毒したバケツに、梅を敷き詰めていく
  4. 余った塩を梅にふりかけ、重石をする
 今回、5kg用意したうち、1kgは熟しかけていたので外し、4kgのみ漬ける格好になりました。使う塩の量は梅の量の20%ですから、800gの塩を使います。塩は食卓塩でなく、粗塩を使います。自分は10リットルのバケツを2つ用意し、一つに2kgずつの梅を入れ、バケツの径に合う皿を被せて、2リットルの水のペットボトル2本を重石にしました。漬け込む間、バケツの中に埃やカビの胞子が入らないよう、45リットルのゴミ袋にバケツを入れて、口を括って保護しました。
 梅酢は漬け込んだ明くる日くらいから出始め、梅が浸る程度になったら重石のペットボトルを1つ減らします。大体1週間ほどで梅酢が出切ります。重石を外してそのまま天日干しまで放置してても良いですが、今回は大きめの瓶に入れて、梅雨が明けるまで保管しました。

2020-06-12 09.31.20
左のボールは傷んだ梅
嫁さんが勿体無いというので、冷凍して別の用途に使う事に

2020-06-12 10.37.44
ホワイトリカーにくぐらせて、塩をまぶした梅
バケツはホワイトリカーで消毒済み

2020-06-12 11.13.06
重石をして、ゴミ袋の口を括って放置します

2020-06-19 18.45.59
いつもなら完全に梅が浸かるほど梅酢が上がるのですが
今回はこれで精一杯でした

2020-06-27 01.13.16
梅雨が明けるまで、冷暗な所で保管します



■梅酢の活用

 梅干しは元々は梅酢を取るための方法だったそうです。もっとも、梅干しがメインな自分にとっては、梅酢は副産物でしかありません。これまで蕎麦にかけたりして使ってましたが、今回初めて浅漬けに使ってみました。結果は大成功。梅風味の美味しい浅漬けが出来ました。
 が、ここで梅酢の用法について注意。というのは、結構味が濃いいのです。ドバドバかけて使うと、酸味と塩気が強くて結構キツイ。ほんのサラサラと使う程度で十分です。今回、4kgの梅から1リットルの梅酢が取れましたが、これで一年ほど持ちそうです。
 調べてみると、梅酢も結構売られてて、色んな料理に使えるみたい。梅酢の活用についてもちょっと研究してみようと思います。

2020-08-03 10.52.59
あまりドバドバかけると、酸っぱくてツライので
良い感じの薄味がいいです

2020-08-04 10.50.13
きゅうりの浅漬けを作る
この時も、浸透圧できゅうりから汁が出て浸るので
梅酢は少量で

2020-08-05 11.00.00
今度はナスとか白菜にチャレンジしてみよう


■天日干し(8月3日〜6日)

 今年の梅雨は実に長くて、8月1日になってようやく明けました。梅干しの天日干しは三日三晩が鉄則ですから、梅雨が完全に開けてくれないと困るのです。途中で雨など降られた日にゃ、消毒し直さめばなりませんし、下手してカビでも生えたら廃棄処分だからです。ともあれ、梅雨が明けましたので、2日の0000時から天日干しを開始しました。
 天日干しの間にやらねばならないのは、初日の天日干しが終わったら、梅をひっくり返す事です。今回の紫蘇を使ってない白梅干しで如実に分かった事ですが、瓶から出したばかりの梅は黄色いのですが、一日天日で干すと、色が薄赤くなっています。日に当たってない裏を見ると黄色いのです。陽に当てる事で、漬けた梅に何らかの変化が起こって、梅干しらしくなるのです。
 2日目は裏に陽を当て、3日の朝にまだ黄色くなってる部分がある梅に陽が当たり易くします。昼間、陽に当たった梅は、夜になると露が付きますが、それが翌日、陽に当てられて結晶化します。2日目の夜には、結構な結露になり、3日目には塩の結晶も目立ってきます。その頃には、いい梅干しに匂いがしてくる様になります。

2020-08-02 23.30.11
瓶から出した梅。ほぼ黄色です

2020-08-04 08.25.55
日当たりの良い所に置きます
影になる部分もあるので、時々位置を変えます

2020-08-05 10.48.12
日に当てる事で、梅が黄色から薄赤色に変わります
黄色い部分が残っていたら、そこにも陽を当てます

2020-08-06 01.13.53
2日目の夜には、盛大に結露する様になります

2020-08-06 09.52.53
それが日に当てられて、塩の結晶になります


■完成

 今回は完全に梅雨明けしたという事で、一度も取り入れる事なく、完全に3日間ベランダに干し続ける事が出来ました。ただ、最終夜についた夜露を払うため、4日目の昼過ぎまで干してたせいか、さらに蒸発が進んで、ちょっと萎み気味になりました。まぁ、梅干しは萎んだくらいが美味しいので良しとします。
 試食した感想は、味はこれまで作ってきた「田舎のおばあちゃんが作った梅干し」そのものでしたが、やや皮が硬く、実が薄い感じでした。皮が硬かったのは、完全に黄熟する前に色が変わり始め、黄熟し切る前に漬け込みをしたからだと思います。実が薄いのは、南高梅でなく、銘柄のよく分からない安物の梅を使ったからだと思います。それなりに名の通った梅は、美味い梅干しになるんだなぁと感じました。
 参考までに、2年前に作った梅干しと比較した所、やっぱり2年前のものの方が出来が良い。この次はいつ作る事になるか分かりませんが、少々高くても、いい梅を使おうと思います。しかし、その反面、この製法で行けば、それほど質の良い梅でなくても、市販の梅干しにはない、昔ながらの塩辛い梅干しが出来る事も分かりました。これはこれで良い経験になったと思います。

2020-08-07 00.07.32
いい感じに干し上がった梅干し

2020-08-07 00.07.41
色にバラツキがあるのは、黄熟の度合いの違いです
南高梅に比べると、実が薄いです

2020-08-07 00.25.16
実が薄いので、2個で1個分くらい
でも味はよく出来てました

2020-08-07 00.32.00
左が2年目の梅干し
南高梅は、やっぱり実がしっかりしてるんですね

2020-08-07 00.33.17
壺に詰めて保管します
無くなってきたら、また作ります





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 23:00コメント(0)

2019年07月10日

 先日作った缶詰カレーが今ひとつだったので、コンビーフ使った料理で簡単そうなのは無いかと探したところ、蒸すだけでOKのいい感じのがありましたので、早速チャレンジしてみました。レースの前夜は、何だかんだで忙しいので、簡単に出来るのは有り難く便利です。


IMG_6929
キャベツ1/4個、エノキ1つをいい感じに切っておきます




■作り方

 極めて簡単です。用意するのは、コンビーフ1缶(100g)、キャベツ大1/4、エノキダケ、水50cc、固形スープ1個、塩コショウ。キャベツは芯を取り、ザク切りにします。エノキは下の部分を切り落とし、半分くらいに切っておきます。
 飯盒にキャベツとエノキを入れ、固形スープを入れて、水を入れ、蓋をして約7分蒸します。野菜が蒸せたら、コンビーフを入れてかき混ぜ、塩コショウで味を整えて、出来上がりです。
 道具も飯盒意外に必要なく、極めて簡単です。もし一手間加えるとしたら、キャベツは一枚ずつ剥がして、太い筋を取って葉だけ入れると、もっと柔らかく仕上げる事が出来ます。

IMG_6931
刻んだキャベツとエノキ、固形スープ、水を入れます
結構てんこ盛りになりました

IMG_6932
蓋をして中火で7分蒸します

IMG_6934
7分蒸したら、嵩が大分減りました

IMG_6935
おもむろにコンビーフを入れます
レシピではこの段階でコンビーフを混ぜてましたが
キャベツにまだ芯が残ってたので、2分蒸しました

IMG_6938
蒸し方完了
コンビーフは解してから入れた方が良かったです

IMG_6940
コンビーフを混ぜて出来上がり


■食べてみた感想

 味付けは固形スープだけですが、コンビーフ自体がコンビーフ味(当たり前ですが)ですので、実にコンビーフ風味の仕上がりになりました。コンビーフ好きにはたまらんと思いますが、逆にコンビーフが苦手な人には向かないかも。もっともコンビーフ嫌いな人は作らないでしょうが。。
 個人的には、今ひとつでした。これならコンビーフに塩振って、そのまま食べた方が美味いと思いますし、絶対ご飯に合うと思います。コンビーフって、それそのものがある意味完成品ですから、それをさらにどうにかすると、元の持ち味が死んでしまう傾向のある食べ物だと思うのですが、この料理もその一つだなぁ、と感じました。

IMG_6941
むしろ、コンビーフは混ぜない方が良かったかも?

IMG_6933
やっぱり、そのまま食べた方が美味しいです










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2019年06月11日

 前回、肉饂飩というのを作ったのですが、調味料の量がいまいち分からず、いまいちな出来栄えでした。ところで、軍隊調理法には重複する様なメニューが乗っていたりするもので、例えば、牛肉佃煮肉飯なんかもそうなんですが、今回挑戦した肉うどん汁も、肉饂飩と重複する様なメニューです。



2019-02-15 22.46.30
今回も使うのは人参と玉ねぎ
うどんの具としては珍しい具材です
今回の肉は豚肉です

肉うどん汁
こちらがレシピ





■作り方

 まず、たっぷりのお湯で干うどんを湯がき、ザルで湯を越して冷水で締めます。次に飯盒で油を熱して、肉と人参を炒めます。次に水を入れるのですが、今回は水の分量が書いてありました。一人分270ミリリットルです。続いて玉ねぎを投入し、調味料として醤油30ミリリットル、砂糖2グラムを入れます。砂糖は好みによって入れると書いてありました。この様にちゃんと分量が書いてあると、手探りで味つけしなくても良いので、より正確に当時の味を再現する事が出来ます。

2019-02-15 22.53.10
今回は2人前でしたので、麺の量も多く熱かったです

2019-02-15 22.56.03
豚肉と人参を炒めます
人参を先に炒めるのは、火がなかなか通らないからです

2019-02-15 22.57.00
豚肉と人参に火が通ったら、水を入れます
今回は2人前なので540mlです

2019-02-15 22.57.34
続いて玉ねぎを投入

2019-02-15 22.58.42
そして醤油。ちょっと薄味かも?

2019-02-15 23.00.10
砂糖は入れても入れなくても良い様です


■仕上がり

 玉ねぎと調味料を入れたあと、しばし煮込みます。玉ねぎが透き通るくらいまでで良いので、8分ほど強火で煮込みました。
 いい感じに玉ねぎに火が通ったら、茹でたうどんを飯盒に入れてかき混ぜ、ちょっと煮込んだら出来上がりです。前回の肉饂飩と比べると、今回は玉ねぎと醤油の甘辛い香りがして、食欲をそそられます。

2019-02-15 23.00.23
玉ねぎに火が通るまで、強火で煮込みます

2019-02-15 23.05.43
玉ねぎが透き通ってしんなりしました

2019-02-15 23.06.00
先ほどのうどんを投入し、よく具とかき混ぜます

2019-02-15 23.08.17
いい感じに煮込んで出来上がり


■感想

 今度の肉うどん汁は、具こそ玉ねぎだの人参だのですが、今のうどんに近いものが出来ました。肉饂飩もそうですが、軍隊調理法では出汁の入った麺つゆを使わないのが特徴ですが、これはこれで十分美味しく感じました。

2019-02-15 23.10.17
今回は2人前作ったのですが、飯盒1個で出来ました
ちょっとご飯ほしくなりましたねぇ










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 00:00コメント(0)
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon