製菓系

2021年01月25日

 コロナ自粛の巣篭もり需要で、ホットケーキミックスだのスパゲティだのの売り上げが伸びているそうです。まぁ、他にすることがないから、なんか作ろうかってところなんでしょう。かくいう自分も、ブログ書く上でネタの幅を少しでも増やそうと「炊事部」を立ち上げた訳ですが、今回は嫁さんからのリクエストで、ヨーグルトケーキに挑戦してみました。


2021-01-20 03.52.49
見た目も今ひとつなら、味も個人的には今ひとつ




■ヨーグルトケーキとはなんぞや?

 ヨーグルトケーキといっても、作り方なぞ知りませんので聞いてみたら、下記のレシピが送られてきました。140字以内に収まる程度のレシピですので、それほど難しいもんではなさそうです。問題は、フッ素加工の飯盒を使っても、パウンドケーキみたいに抜けてはくれなさそうな事です。おそらく、固めの出来栄えではなく、むしろ半ナマに近い格好になるでしょうから、飯盒の内側にへばりついて出てこない可能性があります。まぁ、フッ素加工の飯盒を使う前は、自分もクッキングシートを使ってましたし、それで対処するしかなさそうです。



■いざ、挑戦

 まずは、クッキングシートを飯盒の型に合わせて切り出します。兵式飯盒は例のそら豆型の格好をしていますので、底の部分と胴体の部分の2箇所を組み合わせる格好で、クッキングシートをセットします。
 続いて、材料をボールにまとめて入れて、ハンドミキサーでかき混ぜます。今回はサラダ油の代わりに、余ってたバター30gを溶かしバターにして使いました。パウンドケーキの時は、温度とか混ぜ方とか、それなりに気を遣うのですが、今回は気の使いようもないほど、ばっさりと混ぜました。というか、どんな風に混ぜても、たこ焼き粉を溶いた様な感じにしかなりません。
 完全に材料が混ざったら、飯盒の中に流し込みます。この時、クッキングシートの反りをしっかり伸ばしておかないと、タネが流動体だけに、クッキングシートの裏に流れ込んだりと、ちょっと面倒な事になります。
 あとは、180度に余熱したオーブンに、蓋なしで飯盒を入れて、40分焼くだけです。特徴的なのは、焼きあがったあと、冷めてくると急激に収縮してくる事で、冷蔵庫に入れる前に粗熱取っただけで、結構いじけた感じになります。その後、約3時間冷蔵庫で冷やして完成です。

2021-01-20 00.23.24
形が形だけに、クッキングシートを敷くのも、ちょっと面倒

2021-01-20 00.33.03
材料一覧
今回はサラダ油の代わりにバターを使いました

2021-01-20 00.36.38
全部ボールにぶち込んで、ミキサーで混ぜます

2021-01-20 00.38.50
バターは溶かしバターにしました

2021-01-20 00.41.30
飯盒に流し込みます
クッキングシートの裏に流れ込んだりして
ちょっと厄介でした

2021-01-20 00.49.40
180度に余熱したオーブンで40分焼きます

2021-01-20 01.30.44
焼きあがった直後は、それなりにいい感じです

2021-01-20 02.04.05
3時間ほど冷蔵庫で冷やします


■1回目の感想

 まず、見た目の感想ですが、上で述べた様に、冷え始めると急激に収縮するので、あまり綺麗な形になりません。見本では、それなりに整った形をしてるのですが、そら豆型の飯盒が良くなかったのかもしれません。あと、この分量では、兵式飯盒では大きすぎます。まぁ、そら豆型が好きなのですが、この分量でしたら、長方形の将校用の飯盒の方が良いでしょう。
 出来栄えは、蓋なしで焼いたからか、天辺は焼けて皮みたいに少々硬くなっているものの、中はういろうを若干柔らかく水っぽくした感じです。色は卵を入れたからか、プリンみたいな色になっています。薄力粉とベーキングパウダーは、ヨーグルトのつなぎとして使う意味があったのでしょう。全般的に水っぽく、柔らかいケーキです。
 肝心のお味の方ですが、ヨーグルトっぽくもあり、プリンっぽくもあり、甘みも控えめというか少なく、ぶっちゃけパンチが足りない。個人的には、もうちょっと固めで甘みがあった方が好みです。どうせなら、ケーキらしくしようとしないで、ココットなどに入れてプリンっぽくした方が、ピンとくるかもしれません。

2021-01-20 03.53.25
う〜〜ん、今ひとつピンとこない味



■再チャレンジ

 個人的には、改めて作って食おうという気持ちはなかったのですが、一応は嫁さんからのリクエストですし、誕生日ケーキの代わりでもあるので、もちっとマシなものは出来ないかと、再チャレンジしてみました。
 改善点としては、型を兵式飯盒から将校飯盒に変えた事。これでクッキングシートのセットが楽になりました。また、パンチの足りない味をどうにかするために、ラム酒とレモン汁を少々使いました。油に関しては、合っても無くても良さそうな気がしたので、今回は使いませんでした。
 材料、作り方は、1回目とまったく同様です。個人的には、薄力粉や砂糖ともっと使いたいところですが、あくまで嫁さん用ですので、嫁さんが持ってきたレシピに従いました。

2021-01-24 16.54.06
久々に登場の将校用飯盒

2021-01-24 16.54.33
分量は基本的に前回と同じです

2021-01-24 16.56.06
味を引き締めるために、ラム酒を少々

2021-01-24 16.56.30
風味を出すために、レモン汁も少々

2021-01-24 16.57.24
ハンドミキサーでなくても、このかき混ぜは楽だと思います

2021-01-24 17.01.54
背が低いので、流し込みは楽です

2021-01-24 17.49.53
焼き上がり直後

2021-01-24 18.29.49
あっという間に収縮します


■2回目の感想

 やっぱり見た目がアレな感じです。以前、嫁さんがガトーショコラを作った時、フジツボと散々バカにしたのですが、それに勝るとも劣らないいじけた出来栄えです。もし、自分がこれを誕生日ケーキと言われて出されたら激怒すると思うのですが、そもそもふっくら仕上がるケーキじゃないと思います。
 味の方ですが、レモン汁を入れたせいか、ちょっとカルピスっぽい味になりました。ラム酒もそれに一役買っているかもしれません。まぁ、流動体のタネですので、この辺りは添加物の影響が結構前面に出るのかもしれません。それにしても、やっぱり甘さがちょっと足りない。400gの無糖ヨーグルトに100gも砂糖いれたら、それなりに甘くなると思うのですが、不思議なもんです。
 まぁ、作るのは非常に簡単なので、もし次リクエストされた時は、もちっとマシな形になるよう研究してみたいと思います。

2021-01-24 21.05.14
なんだかなー、という出来栄え
今回はちゃんと粉糖を使いました

2021-01-24 21.05.57
ほんのちょっとカルピス味になりましたw







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 11:00コメント(0)

2021年01月01日

 これまで何度も炊飯器ケーキや飯盒ケーキを作ってきたのですが、ずっと懸案だったのが、ドライフルーツなどの具が下の方に沈殿してしまう事。売ってるケーキや他の人の作品をみると、下半分以下に沈殿してる、なんて事はなくて、上下に均等に混ざっています。いろいろ自分で考えて試してみたのですが、やっぱり下に溜まる。そこで今回から、他の人の作例を参考にして、「具が均等に混ざったパウンドケーキ」を目指していきます。


2018-11-27 01.18.21
下半分に沈殿したラムレーズン
どうやったら均等に混ざって焼きあがるのか?




■温度管理が大事

 パウンドケーキ関係の記事を見ていて、一番多く書いてあったのが、「温度に注意する事」という事でした。一般にパウンドケーキ作りでは、バター、卵は「常温に戻す」とされているのですが、この説明では不十分です。具体的には、バターは「パンに塗れるほどに柔らかく」、卵は「だいたい40度くらいの温かさ」にする必要がある様です。
 バターの方は夏場なら、冷蔵庫の外に出しておけば、そのくらいの柔らかさになりそうですが、卵の方は夏でも湯につけて温める必要がありそうです。冬場ならバターも温めねばならないでしょう。ただし、バターは溶けてしまうと、固形の時とは全く性質が異なるそうです(ウェットでどっしりした仕上がりになるとか)。
 どうして卵が冷えたままではダメなのかというと、ざっくり言えば、バターは脂、卵は水で、そのままでは決して混ざり合わないからです。まぁ、熱加えて焼いてしまえば混ざりますが、それでは具が沈殿してしまう原因になるとか。良い感じに混ざり合わせるのが肝心の様です。

2020-12-23 16.51.05
バターはパンに塗れる程度に柔らかく
砂糖は一旦ゴムベラで混ぜてから
ハンドミキサーできっちりクリーム状に混ぜ込みます

2020-12-23 16.55.20
約40度くらいのお湯で溶き卵を温めます
茹ってしまいそうですが、案外温まるのに時間がかかります

2020-12-23 16.59.58
1/4ずつ入れて、ハンドミキサーでかき混ぜます
一気にやらない事

2020-12-23 17.04.13
良い感じにクリーム状に混ざりました
いつもよりふんわりした感じです

2020-12-23 17.04.32
今回はちゃんと篩を使って粉を振りました


■ドライフルーツの処理

 具を沈殿させないためには、ドライフルーツの方の処理も必要だという事がわかりました。これまでは瓶から出したやつをそのまま生地に混ぜ込んでいたのですが、水分は出来るだけ切る必要があるそうです。具体的には、ザルで酒を落とし、キッチンペーパーで水気を取って、薄力粉をまぶすそうです。そうする事で、生地の中で抵抗力が生まれるのでしょうか、沈殿しにくくなるとか。
 だったらいっその事、あらかじめ干しておいて使っても良さそうなものですが、今回は干してないので瓶から出したものを、調べた通りに水気を切って、粉をまぶして使ってみる事にしました。もっとも、どんな頑張っても若干の水気は残りますし、粉をまぶして混ぜても、シケシケした感じには変わりがありません。これでは果たして上手くいくのかしら。

2020-12-23 17.08.17
キッチンペーパーで水気を切ったドライフルーツに
薄力粉をまぶして混ぜます

2020-12-23 17.09.38
切る様にして混ぜた生地に、ドライフルーツを混ぜ込みます
いつもより力の要りました

2020-12-23 17.12.43
なんか、いつもよりも量が多いし
どっしりしてます




■焼き時間

 今回の材料の分量は、いつもの通り、バター200g、薄力粉200g、ベーキングパウダー10g、砂糖200g、卵L寸2個(170g)、ドライフルーツ200g、ラム酒は本来は50g入れるのですが、今回は忘れてしまいました。
 普段とほぼ同じ量なのですが、今回の記事は、いつもよりも量が多く、しかもどっしりした感じです。温度管理とか混ぜ方とか、そういうのを気遣っただけで、いつもと仕上がりがちょっと違う様な気がします。まぁ、気のせいかもしれませんが。
 160度に余熱したオーブンに、まずは蓋なしで20分入れて焼きました。頭に焼き目がついたら、包丁で切れ目を入れて再度焼くためです。ところが、20分経って出してみると、ほとんど焼き目はついておらず、むしろ液体に近い。とりあえず、切れ目らしいのを入れて、蓋なしで再度30分焼きます。
 30分経って出してみると、表面は良い感じに焼けています。これまで作ってきた飯盒ケーキだと、これぐらいの時間焼けば、中まで熱が通っています。一応、竹串を刺して確認してみました。ところが、中はまだ全然焼けていませんでした。やはり、生地の作り方がこれまでとちょっと違うせいでしょうか。
 そこで、今度は蓋をして追加で20分焼きました。今度はちゃんと中まで火が通ってました。これまでこうした点検はサボってましたが、やり方が変わってそれが定着するまでは、ちゃんと確かめておかないと、型から抜いたり切った時に悲惨な事になりますねぇ。

2020-12-23 17.37.43
20分そこらでは、全然焼き目がついてませんでした

2020-12-23 18.08.59
50分焼いても、中はまだ焼けてません

2020-12-23 18.33.11
20分+30分+20分でやっとこ焼きあがりました


■熟成させる

 これまで作ってきた飯盒ケーキは、出来て翌日には食べていたのですが、調べた情報の多くは、しばらく置いて熟成させるていました。長い人では5〜7日ほど置いています。常温でおく人、冷蔵庫に入れる人、様々でした。まぁ、時間が経てば、パンウンドケーキは固くなる傾向にありますし、自分みたいに固いケーキ好きな人には有用な情報です。
 また、型から抜いた熱々の時に、ブランデーを塗るという情報もありました。熱々の時でないと洋酒がケーキに染み込まない事、熱が飛んでいく過程でアルコールが飛んで、良い感じの大人風味のケーキになるとの事。塗る量はお好みみたいですが、とある作例で80g(約100ml)も塗っていたのがあったので、自分もそれを真似して、ケーキ全体にラム酒を塗りたくりました。
 その後、ラップに包んで4日ほど寝かせました。

2020-12-23 18.30.02
100mlのラム酒を、底の部分含め
全体にまんべんなく塗っていきます

2020-12-24 10.01.28
ラップしてしばらく放置


■結果

 さて、ワクワクして切ってみました。結果は、、下半分にドライフルーツが沈殿してました。一体、何がいかんのやろなー。ここでちょっと疑問に感じたのは、どんなに温度に気をつけてバターと卵を混ぜてふんわり仕上げようとも、160度の熱で焼いたら、一旦は溶けて同じ事なんちゃうかな、という事。しかし、多くの人がそれで成功しているからには、やっぱり自分のやり方に何か問題があるのでしょう。
 今回、初めてラム酒を100mlも塗ったわけですが、これは流石にやりすぎで、かなりビリビリくる味わいになりました。ただ、洋酒の香りのするケーキってのは、こうやって作ってるのだな、というのは理解できました。次回は50mlくらいにしようと思います。
 洋酒を塗ったあと、ラップして置いていたのですが、粗熱をとってからラップしたにも関わらず、結構湿気っぽい、柔らかめの仕上がりになりました。まぁ、この辺りは好みの分かれるところでしょうが、自分はもうちょっと乾燥した固い感じが好きなので、ラップをかける時間とか、そういうのを再検討したいと思います。
 今回は、具が沈殿したという意味では失敗でしたが、学ぶところも多い作成となりました。

2020-12-26 00.13.41
あちゃー、下の方に沈殿してるやんかー!
次回また頑張ろう








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 15:09コメント(0)

2020年12月28日

 ラムレーズンはその名の通り、ラム酒に漬けた干しぶどうの事ですが、買えば結構良い値段したりします。もっとも、ケーキ作ったりする人以外は、あまり買う事はないと思うのですが、実は簡単に作れます。同様に、ドライフルーツのラム酒漬けも簡単に作れます。これもお菓子作りする人以外はあまり用事ないでしょうし、そもそもドライフルーツ自体、買ってまで食いたいと思う人も少ないかと思います。簡単なだけに、既に多くのブログやネットレシピで紹介されていますが、たにし炊事部立ち上げ記念で、自分もラム酒漬け作ってるのをご紹介します。


2020-12-20 14.46.03
レーズンの方はそうでもないですが
ドライフルーツの方は結構いい値段します




■下準備

 まず、ドライフルーツを15秒ほど湯がいて、湯切りします。ドライフルーツの表面は、砂糖やオイルでコーティングされているのですが、そのまま酒に漬けても、酒があまり浸み込みません。ぶっちゃけ、ちょっと手間ですが、この手間を省く事は出来ません。湯切りしたら、キッチンペーパーでざっくり水分を吸い取ります。
 次に、漬け込みに使う瓶を湯煎して、煮沸消毒します。これをやらないと、中で雑菌が湧いたりします。もちろん、蓋も一緒に湯煎します。ただし、煮立った湯に冷えた瓶を入れたら割れてしまう可能性もあるので、水と瓶を一緒に入れて火にかけて、グラグラ煮立ったら、湯から瓶を引き上げます。そのままにしておけば、熱で水分が飛んでくれる場合もありますが、水分が残ってたら、キッチンペーパーなどで拭き取りましょう。
 ちなみに自分は、150gくらいの鮭フレークの瓶を使います。このサイズだと、ドライフルーツ200g分の大きさで、飯盒ケーキ1個分のドライフルーツが漬けれるからです。

2020-12-20 15.26.18
煮込むのでなく、さっと湯がく感じ

2020-12-20 15.26.51
結構油が浮いています

2020-12-20 15.32.49
瓶も煮沸して乾かしておきます


■瓶詰め

 準備が済んだら、瓶にドライフルーツ200gを入れ、ドライフルーツが浸る程度にラム酒を注ぎます。ラム酒はどんな種類でも構いません。ホワイトラムならドライフルーツの色目が活きた出来栄えになりますし、ダークラムなら香り豊かなドライフルーツになります。ラム酒以外にも、ブランデー漬けもよく作られます。
 ラム酒を注いだら、蓋をします。そしてそのまま常温で放置します。一般に、10日くらいから使える様になると言われていますが、自分の経験では4日目くらいでも結構いい味がします。半年くらい放置してから使う人もいます。まぁ、作り置きするためのものですので、殺菌さえちゃんとしていれば、半年くらいは平気で使えると思います。
 ちなみに、瓶を煮沸するからか、瓶詰めの段階では瓶がまだほんのり温かかったりして、蓋をして翌日には結構蓋がカチカチに閉まっています。いわゆる「瓶詰め」になった感じです。殺菌の見地から、使う時まで蓋を開けないのが吉です。

2020-05-09 15.38.16
製菓でよく使われるマイヤーズラム

2020-12-20 15.36.19
こちらは1970年までイギリス海軍で支給されていたパッサーズラム

2020-12-23 16.29.40
ホワイトラムの定番、バカルディ




■洋酒漬けドライフルーツの活用法

 ドライフルーツのラム酒漬けだけをモリモリ食べるって人は、あまり聞いた事がないので、やっぱり基本的にはケーキだのお菓子だのに使う事が多いと思います。アイスクリームに混ぜて食べても美味しいです。
 自分の場合は、もっぱらパウンドケーキの具として使っています。ただ、目下のところ、ドライフルーツが均等に混ざった状態で焼き上がらず、下半分に沈殿した状態で、これを改善する研究中です。原因はいくつかある様ですが、一旦乾燥させてドライな状態にするとか、粉をまぶすなどある様ですが、抜本的な解決にはなっていません。
 漬けたドライフルーツを酒から引き上げて、乾燥に回す際には、やっぱり10日そこらじゃパンチのある洋酒漬けにならないので(乾燥して味が飛ぶ)、せめて1ヶ月は漬けたのを使う様にしています。
 こんな具合で、「使おう!」と思った時に作って間に合うものでもなく、逆に保存の効く作り方という事もあって、「その気」がなくても作り置きしておくもの、という認識を自分はしています。

2020-05-17 18.03.14
漬けたフルーツを干すと、ちょっと萎んできます

2020-12-24 11.07.14
開封したら早めに使う様にします








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 19:17コメント(0)

2020年12月07日

 以前、飯盒でパウンドケーキらしいものを作ろうと挑戦し、それっぽいものを作ったのですが、その後の調べで、パウンドケーキというのは、小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1パウンドずつ使っているケーキである事が分かりました。お恥ずかしい話しですが、パウンド(pound)というのが量目の単位の事でなく、バウンド(bound)と勘違いしておりまして、その割には跳ね返る様な柔らかさはないよなー、とか思ってました。という訳で、パウンドケーキとして作り直します。


2020-05-04 20.30.29
別に飯盒使う必要はないのですが
この形のケーキを出すと、大抵喜ばれますw




■材料

 自分が炊飯器ケーキを作る際には、ホットケーキミックスを使っていたのですが(その延長で飯盒ケーキもホットケーキミックスを使っていた)、パウンドケーキでは薄力粉を使います。ホットケーキミックスは、ホットケーキを作るにあたって最適化された粉や砂糖などの配合がされている訳ですが、むしろそれがケーキを作る上で、砂糖だのバターだのの配合を難しくする要因でした。パウンドケーキでは、小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1:1:1:1の割合で混ぜれば良いので、全然頭をつかう必要がありません。
 とは言えども、パウンドケーキで検索すれば、星の数ほどレシピが出てきます。基本的な部分では共通していても、それぞれアレンジされていて、レシピの数だけ味わいがある、という事です。その意味で、当協会の飯盒パウンドケーキもオリジナルレシピ、という事になります。で、使う材料は以下の通り。
  • バター:200g
  • 砂糖:200g
  • 溶き卵:200g
  • ラム酒:50g
  • 薄力粉:200g+ベーキングパウダー:10g
 順番は使う順です。どうして200gなのかというと、バターが200gなのでそれに合わせました。300gにしても良いですが、飯盒からはみ出てしまいますし、飯盒からケーキを抜く時に胴体で千切れたり、熱が通り切ってなかったりする事がありますし、その前にそんなに沢山食べれません(爆)

2020-12-06 21.07.43
バターの代わりにマーガリンやショートニングでも可
ただし、かなりライトな食味になります


■作り方

 作り方は、一般的なパウンドケーキの作り方とほぼ同じです。むしろ重要なのは使用する道具で、ハンドミキサーはあった方が良いです。この女子力たっぷりな道具のお陰で、ケーキ作りの億劫さは20%くらいまでに軽減され、かつ準備さえ出来ていれば、2時間ほどでケーキを作る事が出来ます。では、作り方を説明します。

  1. まず、バターと卵を常温に戻します。冷蔵庫で冷えたままだと、いくらハンドミキサーを使ってもバターをかき混ぜる事が出来ません。また、卵が冷えていると、バターに混ぜる際にバターが固まってしまって、上手く混ぜる事が出来ません。
2020-12-06 21.10.36
最初の内は、バターがミキサーに結構絡まります
  1. 常温に戻したバターをボウルに入れ、ハンドミキサーでざっと崩します。そして砂糖を3回くらいに分けながら、バターに混ぜていきます。一気に砂糖を入れると、ミキサーの勢いで砂糖が飛んだりしますので、ゆっくりしっかり混ぜましょう。
2020-12-06 21.12.16
砂糖は散らばらない様に、少しずつ
  1. 次に溶き卵を混ぜます。これはほんのちょっとずつ、混ぜていきます。一気にドバッと入れると、なかなか上手い事混ざりません。室温が寒い等、上手いこと混ざらないときは、ボウルをぬるま湯に入れながらやると、上手い事いく時があります。ただし、バターが溶けない様に注意です。
2020-12-06 21.15.57
卵は10回くらいに分けて入れるつもりで
  1. 卵が混ざったら、ラム酒を入れてかき混ぜ、ベーキングパウダーを混ぜた薄力粉を入れて混ぜます。これは一気に入れて大丈夫ですが、問題は混ぜ方で、ぐるぐるかき回す様なやり方でなく、ゴムベラで切る様に混ぜ、時々ひっくり返して徐々に混ぜていきます。ドライフルーツを入れたりするなら、完全に粉が混ざってから混ぜ込みます。
2020-12-06 21.20.30
ラム酒を入れる頃には、大分液体っぽくなってます

2020-12-06 21.21.59
粉は一気に入れていいです

2020-12-06 21.23.46
ドライフルーツなどを入れると贅沢になります
  1. 混ぜたタネを飯盒に入れます。フッ素加工されている飯盒だとそのまま入れても大丈夫ですが、普通の飯盒の場合は、クッキングペーパーをせっとしてから入れます。
2020-12-06 21.26.04
フッ素加工、また再販してほしいですねぇ
  1. オーブンは160度で余熱します。余熱が完了したら、まず20分は蓋なしで焼きます。その後、蓋をして5分焼きます。ずっと蓋をしてないと、ケーキの上の部分が黒焦げになります。逆にずっと蓋をしっぱなしだと、上の部分は焦げ目がつきません。
写真 2020-12-06 21 29 47
このケーキ、オーブン機能のあるレンジがないと無理なんです
  1. 焼きあがったら、飯盒からケーキを出して、翌日まで放置します。飯盒に入れっぱなしだと、完全に冷えたあと、ケーキが飯盒から出てこない場合があります。焼きたては柔らかいケーキですが、翌日まで放置して完全に冷ますと、硬いパウンドケーキらしいケーキになります。
2020-05-04 20.31.34
いい感じに仕上がりました

2020-12-06 22.48.56
蓋をしっぱなしだと、こんな仕上がり



■焼き時間の関係

 焼き時間は合計で70分です。結構長い時間焼きますが、試しに50分にしてみたところ、見た目はしっかり焼けてる様ですが、中が生だった事が何度かありました。逆に70分以上焼くと、表面の焦げの部分が分厚くなってしまいます。まぁ、いわゆる皮の部分で、そのカチカチの部分が好きって人もいるでしょうから、そのあたりはお好みで調整してください。
 作り方でも説明しましたが、最初の20分は蓋をせずに焼く事で、上の部分も他の部分と同じ様に焼き目を入れる事が出来ます。そうする事で、切った時に、四辺がしっかりした感じになります。蓋をしっぱなしで焼くと上の部分は焼き目がつかず、従って切った時に、上の部分がふにゃふにゃした感じになります。まぁ、この辺りも、好みやアレンジの範囲ですので、いい感じにやっていただくと良いでしょう。

2020-05-04 20.56.02
70分くらいだと、こんな感じの断面です

2020-03-12 11.30.01
80分だと、結構焼けていましました


■硬さと沈殿

 炊飯器ケーキは、バターを溶かして作る関係か、ドライフルーツなどを入れても全部沈殿して底に溜まってしまう傾向にありました。その反省から、パウンドケーキに挑戦したのですが、それでも半分から下の方に沈んでしまう傾向があり、作り方にまだまだ改善点がある様に思います。
 ただ、個人的には、粉の量を1でなく1.5くらいに増量して、もう少し身の詰まった感じにしても良いのではないかなな、と思わないではないです。それではパウンドケーキにならないのですが、この辺りは好みでアレンジしても良いのかなと思います。
 ちなみに、この手のケーキは一晩くらい冷ましておくと、翌日には結構硬くなるのですが(まぁそれが良いのですが)、現状の1:1:1:1だと、結構サクサクした様な感じです。粉を増やす、水飴を使うなどすると、もっと身が詰まってたり、しっとりした感じの仕上がりになるのかもしれません。

2020-12-07 09.16.02
具が全体的に混ざる方法を研究中







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 10:00コメント(0)

2020年08月20日

 酒が飲める人なら梅酒でも作るんでしょうが(作った経験あり)、自分は酒飲まないので、作っても人にあげるだけ。これじゃつまらん、という事で、今回初めて梅シロップにチャレンジしてみました。というのも、梅と氷砂糖を瓶に入れるだけで出来る!と、如何にも簡単そうに書いてあったからです。


2020-06-06 18.14.39
梅シロップはこれだけで出来る
今から考えたら、梅の上に氷砂糖を被せたら良かった




■氷砂糖は溶けるのか?

 上に書いた通り、梅シロップは梅と氷砂糖を入れとくだけで勝手に出来る、との事なのですが、ここで不思議に思ったのが、「氷砂糖は溶けるのか」という事。口の中にでも入れん事には溶けるもんでもない、と思っていたので、その点がまず不思議だったのです。
 ところが、なんと驚いた事に、瓶に入れた翌日から、少しずつ氷砂糖が溶けてきているではないですか。蓋を開けて中を匂ってみると、梅の匂いと甘い匂いが漂ってきて、実に美味しそうです。玄関の靴箱の上に瓶を置いて、毎日氷砂糖が溶けて、梅が浸っていく様を楽しみに眺めていました。
 梅は氷砂糖が溶けたシロップに使った部分から色が変わっていき、萎んでいく様でした。しかし、溶けるには時間がかかり、下の方の梅は萎んできても、上の方の梅は青いまま、というのがしばらく続きました。まぁ、梅干しも浸透圧で梅酢が上がってくるくらいですから、砂糖が相手であっても、梅のエキスが浸透圧で滲み出てきて、最終的には梅が全部浸かるんだろうな、と思っていました。

2020-06-08 10.53.27
ビックリした事に、何もしてないのに
氷砂糖が溶けてきました!

2020-06-11 11.45.03
シロップに使った梅から色が変わってきてます

2020-06-13 00.57.28
下の梅はシワシワになってきました
このまま上手くいくと思ってました



■まさかのカビ

 ところがです、氷砂糖が溶けきり、梅が浸かる前に、梅の色がえげつない色に変わっていき、しかもカビが生えてきました。蓋を開けて中を匂ってみると、明らかに腐った様な臭い。一体何が悪かったのか分からなかったのですが、指摘されたのは「みだりに蓋を開けてカビの胞子が入った」「気温の高い玄関に置いていた」という事でした。こうなっては、もう食えたもんじゃないので、泣く泣く処分する事にしました。
 しかし、このままやめたのでは面白くありません。そもそも梅の質も悪かったのでしょうが、失敗ついでにリベンジ。梅の黄熟中に熟し出した梅を、梅ジャムにでもするつもりで冷凍していたのですが、それをホワイトリカーで洗って、余ってたグラニュー糖を入れて、どうなるか試してみる事にしました。
 今度は表の放り出して置かず、冷蔵庫の中で作る事にしました。面白い事に、冷えた冷蔵庫の中でもグラニュー糖は溶けていきました。もっとも、氷砂糖ほど溶けが良い訳でなく、底に落ちて溜まった砂糖は、いつまでも溶けずに残っていました。

2020-06-16 11.39.16
おー!ジーザス!なんじゃこりゃ〜〜

2020-06-19 18.27.53
梅ジャムになる予定の半分熟した冷凍梅を再利用

2020-06-19 18.39.46
カビた所をホワイトリカーで洗って

2020-06-19 18.43.30
グラニュー糖漬けにしました

2020-06-22 11.02.08
冷蔵庫の中でも、一応は砂糖は溶けていきました

2020-08-05 11.35.03
二ヶ月後の様子
梅はあまり萎んでいません
砂糖も溶け残っています


■結果

 どうにかこうにか、それっぽいモノは出来ましたが、当初玄関で観察してた時の様な、フルーティーな梅の香りがするシロップでなく、何となくすえた臭いのする梅シロップが出来ました。まぁ、そもそも傷み出した梅を使ったのですから、こればっかりはどうしようも無かったかなと。
 一応、試飲してみましたが、グラニュー糖100%ですので、甘いには甘いですが、やっぱり味が良くない。これを得てしてサイダーで割ったり、かき氷にかけて食べたいと思わない。やっぱり失敗は失敗です。結果が分かったので、捨てろと言っているのですが、何かにつけて貧乏性の嫁さんが捨てるのを渋るので、今でも冷蔵庫の野菜室の中に鎮座しています。
 今回の敗因は、
  1. 外部からのカビの胞子が入りやすい玄関で、蓋を開け閉めしてた事
  2. 夏が近づき気温が高い玄関に置いていて、梅が傷んだ事
  3. そもそも梅の質が良くなった事
  4. グラニュー糖より氷砂糖の方が純度が高い事。
 と言ったところだとうと思います。失敗したままでは格好がつきませんので、来年、改めてチャレンジしてみたいと思います。

2020-08-07 00.38.18
えも言えない状態の梅
臭いも今ひとつです

2020-08-07 00.37.45
パッと見た目には、梅サイダーっぽいですが
すえた臭いがして、自分はノー・サンキューです







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 11:00コメント(0)
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon