たにし大記録

TEAMつぼ焼き、日本飯盒協会、たにし野営部、その他、たにしさんの活動記録集

たにし大記録 イメージ画像

宿泊系

 レース前は車中泊になる事がほとんどなのですが、その際、もっとも重要なアイテムは寝具です。寝具の良し悪しは睡眠に直接影響しますし、よく寝れなかったら翌日の本番にも悪影響を及ぼします。とはいえ、自宅と同じ装備を持ち込む訳にはいかないので、ここはアウトドア用
『COLEMAN キャンパーインフレーターマットハイピーク』の画像

 ソロキャンプから車中泊に変わっても、これまでスリーピングマットはサーマレストのプロライトを使ってきたのですが、それは自分用で嫁さん様にはリッジレストをあてがってきました。ところが、地面が硬いだの体が痛いだのと文句が多い。昔はサーマレストさえなかったのに
『サーマレスト:ベースキャンプ』の画像

 キャンプ用のスリーピングマットは、長らくカスケードデザインのサーマレストを愛用しています。そのサーマレストも、現在使っているのは2代目なのですが、実はこれを買ったのはかれこれ10年ほど前に買ったものです。今は色んなバリエーションがあり、プロライトも上下が
『サーマレスト・プロライトプラス』の画像

   ソロ用のテントは1997年以来、アライテントのエアライズ2を愛用してきてるのですが、今回、軍装キャンプを再興するにあたって、「やっぱテントもマリーンので」という事で、アメリカ海兵隊が個人用に採用しているCatoma社のEBNS(Enhanced Bed Net System)を買いまし
『Catoma Enhanced Bed Net System (EBNS)』の画像

   かつて仮装軍隊クラフトフェルトでは、年1回、「設営隊活動」と称してミリタリーキャンプを催してたのですが、その際に使用してたのが、米軍で使用していた大型のバックパックでした。最初はフレームザックだったのですが、その内に民間の登山用のバックバック同様にイ
『USMC RECON ASSAULT PACK』の画像

   水筒といえば、自分にとってメジャーなのは米軍の1クォートキャンティーンなのですが、世間的にはマイナーな水筒しか思い浮かばないのは、むしろ水筒を持ち歩く機会が滅多になくて、ミリタリーキャンプの時くらいしか出番が無かったからです。ぶっちゃけた話し、一人で
『NALGENE オアシス BPA Free』の画像

   その昔は十徳ナイフとか言ったのでしょうが、ナイフにプライヤーが付いた時から、その種のナイフはマルチツールと呼ばれる様になった気がします。自分は元々ミリタリーな趣味をやってましたので、さぞかしその手のアイテムには目がなさそうなのですが、実はあまり持って
『マルチツール』の画像

   前回のアサルトパックに続いて、今回も軍装品です。というか、実はこのキャンティーン/ジェネラルパーパスポーチもアサルトパックと一緒に取り寄せたものです。むしろ、このカバーを上手に運用するために、アサルトパックも一緒に取り寄せた、という感じです。これのア
『USMC MOLLE II 1QT キャンティーン/ジェネラルパーパスポーチ』の画像

   今はガラにもなくモトクロッサーに乗って、モトクロスだのエンデューロだの、ヘタクソなりに楽しんでいるのですが、その昔はサバイバルゲームという、大昔は右翼、今はオタッキーと言われる趣味をやっていました。それもかなりののめり込みようでw もっとも、その世界
『USMC ILBE アサルトパック』の画像

   厳冬期にも車中泊をやらねばならない関係で、サーマレストを新型のプロライトに換えたのですが、それでも市貝の1月の夜は強烈な寒さでした。シュラフ、シュラフカバー、アウトラストのアンダーウェアの上にフード付きのスウェットを着て、もちろん靴下も履いて寝たので
『ハクキンカイロ』の画像

基本的に身体の調子が悪い時や気分の乗らない時には作戦しない訳ですが、出先で調子悪くなったり、ケガしたりという事はたまにあります。そうしょっちゅうはありませんが、思いも掛けない時に具合悪くなると、どうにも処置無しな訳です。その様な事態に備えて、救急セットは
『ドイター:ファーストエイドキットバッグ』の画像

   その名の通り、色んな小物をぶち込んでおくポーチです。あちこちやってしまうと、絶対要る時に出てこないので、使ったらキチンとしまう様にします。    ポーチはICI石井スポーツで買ってきたパイネの中サイズの物です。ポリタンやクッカーのサイズと同じくらいで、パ
『汎用ポーチ』の画像

 ラジオなんてのは、家ではまず聞きませんし、地震が起こってもまず見るのはインターネットのニュースですから、はっきり言えば縁遠い放送です。  が、何にもない真っ暗けのキャンプ地では、このラジオが唯一の音源であり、自分が自分以外に関心を向けれる相手でもあります
『ラジオ』の画像

 その昔、第一次アウトドアマイブームの時に買ったシュラフは、イスカの化繊のシュラフでした。というのは、ダウンは高くて手が出なかったからです。それなりにコンパクトなシュラフでしたが、ダウンよりは大きかったのを覚えています。  今回シュラフを新調するに当たって
『モンベル:U.L.S.Sダウンハガー#2』の画像

 自分が10年来愛用しているテントが、アライのエアライズ2です。一番最初に買ったテントは、モンベルのムーンライト1型だったのですが、設営は確かに楽でしたが、狭くて暑くて耐えられなくて、やはりAフレームは自分には合わないな、と感じてドーム型に替えたのでした。昔
『アライ:エアライズ2』の画像

 昔はスリーピングマットといえば、ウレタンのロールマットか空気で膨らますエアマットのどっちかだった訳ですが、ロールマットは軽いものの嵩張りますし、エアマットの方は重い上に意外と寝心地悪かったりしたものです。このサーマレストは、その両方の利点だけをチョイス
『カスケードデザイン:サーマレスト』の画像

↑このページのトップヘ