飯盒&飯盒装備

2019年03月06日

 米飯全般の大敵は寒さで、寒いとすぐに飯が冷えてしまいますし、寒すぎると凍結してしまいます。まぁ、そんな時に飯盒で飯など炊かなくても良さそうなも のですが、それでも炊かなきゃならないと自覚したのが、先日のクロスミッションAVDでの前夜。結局、マイナス4度の早朝に炊く事になり、失敗したのです が、あの時に初めて飯盒覆の必要性を感じました。
 そこで今回、オークションに出ていた陸上自衛隊の飯盒覆を入手しました。



2019-03-01-23.48.49
こちらが飯ごう覆
雪国で使う用なのか、白色です



■自分が小学校4年生の時の物

 旧日本陸軍は極寒の満州で活動する関係で飯盒覆を使っていたのですが、陸上自衛隊でも防寒用の飯盒カバーを制定されていました。正式名称は「防寒用飯ごう覆」というもので、明確に防寒用と称しています。もっぱら北方の部隊に配布されてた様ですが、飯盒の仕様変更にともない、平成14年3月31日に廃止されています。かれこれ17年も前には、厳冬期でも飯を凍らせないか、別の物を食べる方針になった、という事です。
 届いたものは、昭和53年度納入のものらしいのですが、若干のシミがある程度でとても奇麗なものでした。全然使ってないのか、それとも性根入れて洗濯したのか分かりませんが、一応、名前が書いてあったらしいので、部隊に配布されたものなのでしょう。納入会社は丸紅との事。昭和53年といえば、かのロッキード事件の2年後で、自分も子供ながらに丸紅ルートなどの言葉を聞いた事があるのですが、その丸紅がこんなものを作ってたのは意外でした。
 飯ごう覆の内側はキルティングが縫い合わせてあり、いかにも防寒用っぽい感じです。

2019-03-01-23.48
投じは防衛庁でしたね
消費税もまだなかった時代でした

2019-03-02-11.40.32
蓋はホック留めです
若干シミがある以外はキレイです


2019-03-02-11.40
中はキルティングです
中もとてもキレイでした。全然使ってないのかも


■使用感

 陸上自衛隊の飯ごう1型は、釣り手がスライドして飯ごう本体に沿う形で収納できるスタイルをしています。その為、釣り手が邪魔にならず飯ごう覆に入れる事が出来ます。もっとも、覆いの口は若干タイトに作ってあるのか、釣り手の耳金の部分が引っかかる感じですので、いい感じに寄せて引っ張って入れます。入れると中はそれなりに余裕があります。覆いの蓋はホックで止めます。覆いの背の部分に革通しが設けてあるのですが、おそらく背嚢の物入れに入れず、外に縛着する為のものでしょう。
 さて、自分は旧軍の飯盒、すなわち兵式飯盒が好きなのですが、こちらは釣り手がスライドしないので、この手の覆いに入れる時は、間違いなく釣り手が邪魔になりそうです。もしかしたら入らないかも?と思ったのですが、入れてみたら案外すんなり入ってしまい、しかも中が余裕があるお陰で、パッツンパッツンにもならず、いい感じです。

2019-03-03-17.43.50
飯ごう1型は釣り手が邪魔になりません

2019-03-03-17.44
当たり前ですが、いい感じにすっぽり入ります

2019-03-03-17.46
兵式飯ごうの釣り手は
こういうのに入れる時は結構邪魔です


2019-03-03-17.47
しかし、いい感じに入りました


■保温性能

 この飯盒覆、保温用として使えるのか気になっていました。幸い、飯盒入れても余裕があるので、ハクキンカイロを入れて試してみました。飯盒に炊きたてのご飯2合分を入れ、底と上にハクキンカイロをセットし、気温9度(といっても体感的にはもっと寒く感じましたが)の玄関に一晩置きました。想像というか、朝になってもせめてほんのり温かい飯が出てくるのを期待してました。
 結果は、すっかり冷や飯。しかも、ハクキンカイロはまだまだ温かいはずなのに、ちょっと冷たい。燃料が切れたとかではなく、冷えた飯盒に冷やされた格好です。しばらく手の中に入れてたら、また温かくなってきました。一応はキルティングがしつらえてあるものの、それは長時間にわたる寒気の中では保温性を発揮ないし維持は出来ない様です。
 自分が期待した様な保温性が必要なら、やっぱり保温保冷バッグの様な物の方が良さそうです。

2019-03-03-17.49
内部に余裕があるので、ハクキンカイロを入れる事が出来ます
底、背面、上の3カ所に入れれます


2019-03-03-19.15.52
さっそく実験開始
底と上にハクキンカイロを仕込みました


2019-03-03-19.17
玄関に一晩置いて、どの程度飯が冷めるか、、

2019-03-04-08.05
物の見事に冷や飯になってましたw


■「防寒用」の意味

 ここで改めて考察。この飯ごう覆は、「防寒用」であって「保温用」とは書いていません。しかし、防寒とは実際にはどういう事を意味するのか。飯盒自体が寒がる訳ではないので、飯盒が寒くなっては困る人が防寒の為に使う、という事です。とはいえ、上記の実験の様に、さしたる保温性はないので、これに温食を入れても、直ぐに冷めてしまうのは明らかです。
 そこで自衛隊関係の人が教えてくれたのは、迷彩のためと、温食を給与されて食べる間に冷めないため、という事でした。なるほど、そういう意味での「防寒用」だった訳です。つまり、自分が期待してた様な「保温性」はそもそも想定されてなかった訳です。
 もっとも、保温は出来なくても、凍結しなければ、それはそれで立派な事です。既に一番寒い季節は過ぎてしまいましたので、次の冬に一晩外に放置して、どういう風になるか試してみようと思います。

2019-03-03-17.43
これらも消え行く「昭和」の遺物になるんでしょうね









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2018年08月11日

   折りたたみが出来て場所取らずで、かつ地面へのインパクトも少ないウッドストーブという事で、購入以来、もっぱらベランダだの庭だので愛用しているファイヤーボックス。庭付きの一戸建てに引っ越してからは、ますます本領発揮なのですが、最近、使い方をちょっと変えました。もしかしたら、こうしてなかったのは自分だけかもしれませんが。

bee78162
上に乗っているファイヤーピン
やっとこ意味が分かりました



■ベランダ時代との違い
   ファイヤーボックスを使い始めたのは、引っ越す前のマンションのベランダでした。ベランダだけに狭かったのですが、それがむしろ幸いしてあまり風が吹き込まず、大した風防もせずにファイヤーボックスを使う事が出来ました。
   また当時は、自分一人しか食べる者が居なかったので、2合炊きしかしてませんでした。4合に比べると2合は単純に量が半分ですから炊くのも簡単で、焚き火する環境にも恵まれていた事もあって、飯盒炊爨に失敗するイメージは全然持っていませんでした。

8576d996
ベランダでの炊爨
狭い分、囲われていて、あまり風が吹き込まない


   ところが、新居の庭は当然のごとく壁がないので吹きさらしです。ちょこっと風が吹いただけでも火が煽られて飯盒が温まらない。しかも、4合炊きだと2合の倍ある訳で、嵩が多い分、沸騰させるにもパワーが必要で、火力が弱いと美味く飯を炊く事が出来ません。
   そこで、いろいろ試行錯誤や観察をした結果、次の事に気がつきました。
  1. 風防は必要で、アルミ板で作成。あっても煽られるが、無いよりマシ。
  2. よく燃えない薪だけで焚かない事。
  3. どんだけ勢い良く燃えていても、飯盒を載せると火勢が落ちる事。
   3番目は、実は今回初めて気がついた事で、飯盒を載せて、そのままボケッとしていると、火力が落ちてしまい、薪を追加しても早々に復活しません。結果、団扇で下から扇いで火勢を強くしなければなりません。そこで気がついたのが、飯盒の置き方を変える事でした。

dd50bdc3
これまでの使い方
飯盒のサイズなら、ファイヤーボックス自体に乗ります

fcee974e
左の載せ方だと、火の出口が2カ所ですが
右の載せ方だと、四方から火が出ます


■ファイヤーピンの使い方
   ファイヤーボックスには、ファイヤーピンというのが付属していて、これは本来は小さいポットやカップを載せたり、缶入り固形燃料やアルコールストーブを載せる時に使います。なので、ファイヤーボックスよりも大きい鍋やフライパンは、ファイヤーピンを使わなくても載せる事が出来ます。
   ところが、ファイヤーボックス自体に飯盒を載せると、飯盒を載せてる部分の側面が防火壁となってそちらからは火が出ない。そこで、ファイヤーボックスを使って、これまでと置き方を90度回転させて、これまで防火壁になってた部分に出来る隙間からも火を出す様にすれば、火の勢いが落ちるのを多少は防ぐ事が出来、かつ飯盒の釣り手側の側面にも火が当たる様になり、熱伝導がよくなるのではないか、と考えました。

34635298
この2本の棒がファイヤーピン
色んな使い方が出来る様になってます

158a95f1
もっぱら、小さいポットなどを載せるようです

946c8478
コケネンやアルストも使える様に、との発想ですが
こういう使い方は、まずしませんw


   実際にやってみたところ、確かに火の回りが良いし、勢いもあまり落ちない。こんな事なら、もっと早くに使っておくべきだったかな、と思いました。このファイヤーピン、上記の様にこれまでは全然使ってなかったので、あれば役に立っただろう場合でも、そこらに放ったらかしにして使ってなかったのです。しかし、折り畳んだ時にもちゃんと装着出来る様になっており、オプションでついている訳でなく標準装備ですから、大いに使うべきでした。
   このファイヤーピン、むしろ、ファイヤーボックスの上を面一にして使う装備として考えたら、結構使いでありそうです。小さいポットなどもそうですが、米軍のメスパンなんかも、ファイヤーピン使った方が安定しそうです。

30cbe532
ファイヤーピンをつけて、その上に飯盒を置く事で
火の通り道を増やします

fde0a256
ご覧の通り、飯盒の側面の至るところに
火が当たる様になりました

37506883
メスパンは、丁度、乗るか乗らないかという感じなので
ファイヤーピンを使った方が断然楽です



■ファイヤーボックスの耐久性
   このファイヤーボックス、2016年3月に買って以来、毎日とは言わないまでも、相当使い込んできました。新品当初のキラキラした輝きは既になく、それどころか錆びさえ浮いてきました。ステンレスだからといって錆びない訳ではありません。しかも、ここ最近は毎日使うので、組み立てたまま外に放ったらかしです。(さすがに雨が降りそうな時は、軒下に退避させますが)
   そこで、前回同様に、ボンスターでざっと洗って、ガスレンジで炙って乾かしました。ヤレ感はありますが、稼働部はしっかりしてて折りたたみもちゃんと出来、意外に耐久性高いと思います。お値段は1万円ほどしますが、こんだけ使って、まだまだ使える事を考えると、妥当どころかお買い得感があります。最近はチタン製のブッシュボックスもあり、そっちはそっちで気になりますが、壊れない限りは、このファイヤーボックスを使い続けようと思います。

2e9d600f
毎日使いっ放しで、結構錆びも浮いてます

a8ba9fb7
ボンスターで汚れや煤、錆を落として
ガスレンジで水気を飛ばします
しまう時はCRCを吹いて錆び止めします

4436be5e
あれほど汚れてましたが
洗えば素手で触っても気にならないほどキレイになります

31a3cd9d
あれほど汚れてても、ちゃんと折り畳めます
ファイヤーピンも固定出来ます








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2018年07月22日

   飯盒掛というのは、シベリア出兵時に日本陸軍が開発し、試験的にシベリアに送った飯盒炊爨用の器具です。その後、大々的に使われた様子がないところをみると、試験だけで不採用だった可能性が大なのですが、史料は「飯盒掛具他調弁方の件(「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C03010089300、大正07年 「西密受大日記 10月」(防衛省防衛研究所)」)しか見当たらず、その後どうなったかという事については史料が見つからず、謎の装備です。

7ce2e7a5
上が純正のアルミ版、下がステンレス製のデラックス飯盒掛
棒の先は、バイク屋さんでサンダーで削ってもらいました



■製作
   飯盒掛は上記史料に図面と寸法が記載されていますので、その気になれば誰でも作る事が出来ます。ただし、寸法が尺寸法なので、その単位での材料は売ってないので、ミリ単位で近似のものを買うより他ありません。寸法表によると、棒の長さは一尺四寸、太さは二分五厘とあります。この飯盒掛を政策した時点では、違う計算をしてしまって、長さ42cm、太さ7mmと計算していたのですが、正しい太さ8mm(正確には7.938mm)の様です。
 棒の材質はアルミという事で、ホームセンターで調達しました。また、3本のアルミ棒を連結するチェーンや輪っかは、まったく同じ物を再現するというのも無理なので、適当なチェーンやキーリングで代用する事としました。ところで、飯盒掛を作成する時点で、「焚き火で使うのにアルミ棒で大丈夫なのか?」という疑問があり、そこで別個にデラックス版という事でステンレス棒でも製作する事にしました。

9007989c
アルミ棒は柔らかいので、ワイヤーカッターで切る事が出来ました

fbe5c24f
ステンレス棒の方はどだい無理なので
注文した業者さんに予め42cmで切って送ってもらいました

aa66fc47
鎖は適当なクロームメッキのもの
輪っかはキーチェーンのものを代用

3215004c
チェーンを少し広げて、カシめて付けます
棒が短いのは、サイズを42mmと間違えて注文した奴です

a82ecd94
重さは、純正版が159g、デラックス版が415mm
火で曲がらないなら、純正版の方が担ぐのには良いです



■運用
   飯盒掛は、上記の史料によると「飯盒掛は糧秣本廠森計手考案にして結氷期および土地を掘開し得ざる場合飯盒炊爨を容易ならしむる為使用するもの」と書かれています。ここに出てくる森計手というのは、森悦五郎さんという陸軍の経理部の軍人さんで、現在ではまったく知られてない(当時も知られてたかどうか不明)の人ですが、ネットで調べてみると、「衣食経済実地養兎指南」という本を書いてた事が分かります。家畜としてのウサギの飼い方の本ですので、興味のある人は読んでみて下さい。
   さて、飯盒掛ですが、上記の史料によるとある種のトライポッドとして使う様で、3つの飯盒を引っ掛けて使います。「結氷期および土地を掘開し得ざる場合」という訳ですので、炊事壕を掘れない時(つまり、地面が凍ってる時)に使う訳です。ついでに言うと、運搬する時は背嚢に差し込んで持ち運ぶ様に書いてあって、ぱっと見た目、非常にモダンで格好良く見えます。

be1c10f2
飯盒は腹をこちらに向けて引っ掛けます

65a1f88a
持ち運ぶ時は、こんな感じで背嚢のストラップに刺します


■使ってみた感想
   さて、実際に焚き火で使ってみたのですが、まず分からなかったのが、3本の足をどの程度の角度で開くのか、という事。地面には突き刺して使うのは前提としてなかったのでしょうが、庭の畑の土は全然しまってなくて、仕方なく5cmほど刺さざるを得ませんでした。ともあれ、飯盒の底と地面の隙間が10cmくらいになる様にセットしました。
   その後は、普通に焚き火をしたのですが、ファイヤーボックスよりも吹きさらしで効率が良くないのか、薪が白くなるほど燃え尽きず、炭になって積み重なる様で、次の薪を入れるのに難儀しました。まぁ、これが普通の焚き火なんでしょうが、後発のファイヤーボックスの優秀さを改めて感じました。何のかんので20分近くかかって、やっとこさ炊き上がったのですが、出来映えは意外にも中の上くらいの出来映えでした。察するに、飯盒の下半分全体に火が当たり、いい感じに熱が加わったからでしょう。
   しかし、やはり場所は取るし、地面に直接炊き火する格好になるし、吹きさらしには違いないので、あまり使い勝手が良いとは言えません。ブッシュクラフトとしても、違う道具を使いたいところです。

508a2d4e
絵的には、これぞ飯盒炊爨、といった感じです

95dd4ba6
ともあれ、風がなければ、それなりに炊けると思います


   この飯盒掛が結局のところ、陸軍で普及しなかった理由については定説がないのですが、使ってみた感想としては、おそらく、クソ寒いシベリアでは、こんなもん使ってメシなど炊けなかったのだろうと思います。炊いたところで、直ぐに凍って食べられなかったのでしょう。おそらく、アイデア倒れだったのではないでしょうか。これを上手に使いこなすチャレンジは、シベリア出兵リエナクトをやってる人たちにお任せしたいと思います。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2018年06月12日

   掛子(かけこ、かけご)というのは、飯盒の中に入っている内蓋の事です。その意味は「ほかの箱の縁にかけて,中にはまるように作った箱」という事で、昔の手箱とかで使われていた言葉です。その掛子は、すり切り一杯で2合分の米が計れる計量器として(といっても、メーカーによって大きさが違ったりするから、あまりアテにならない事がある)、また皿として使うのですが、実際にはあまり用事がなかったりします。

IMG_2050
完成直後の掛子蒸し器
ドリル穴のバリが残ってますが
缶詰で擦ってバリを落としました



■掛子の使い道
   日本の飯盒の掛子は、ドイツ軍とかのと比較して深さがあまり無く、それ故に調理向きではありません。もっとも、開発した日本陸軍自体が、飯と同時に掛子で何か作ったりするのを推奨してませんから、そもそも料理向きではないのです。といいつつ、メシ炊きながら掛子でシュウマイ蒸したりする話しがあったりするから、昔からどうにか使おうとする努力はなされていた様です。
 自分も、シュウマイ蒸したり、麺ゆでた時の湯切りや米磨いだ時の水切りに使ったりと、色々やってみたのですが、今ひとつ使い勝手が良くない。
 そこでひらめいたのが、掛子にパンチングメッシュみたいに穴を開けたらどうだろう、という事でした。以前、製作したパンチングメッシュ製の飯盒蒸し器は、蒸し器以外の機能は持っていなかったのですが、掛子に穴が開いていれば、蒸し器としてだけでなく、水切りや笊としても使えるのではないか。そうすれば、飯盒の活用法もより幅が広がると思った訳です。
 とはいえ、掛子は飯盒に一つしか付いてませんし、それを穴開けたら、本来の皿としても使い方が出来なくなってしまいます。そこで、この話しをツイッターで書いたところ、日本飯盒協会新潟管区魚沼支部から、大量の中古の飯盒が送られてきました。その中から、今使ってる12年物のキャプテンスタッグの飯盒に合う掛子を探し出し、それを使って掛子蒸し器を製作する事にしました。

IMG_1306
魚沼支部から送られて来た飯盒
使えそうなのを分類しました

IMG_1310
メーカーが違うと掛子のサイズも違います
オオイ金属OEMのロゴスやキャプテンスタッグの掛子が
2合ぴったりの容量です
(写真の下の掛子)

IMG_1311
数ある掛子を一つずつはめて
良い感じのを選びました

IMG_1312
良い感じのは、飯盒の底にも収まるので
収納もし易いです

IMG_1962
穴を開けるために、パンチ穴をプリントした紙を
セロテープで止めます

IMG_2021
9年前にトランポの床に板張りする時に買った電動ドリル
刃が古くて穴が開きませんでした

IMG_2023
ステンレス用のドリルの刃を買って来て
ばりばり開けて行きます

IMG_2049
といっても、結構骨の折れる作業なので
休み休みやります

IMG_2051
手作業なので、真っ直ぐとは行きませんでしたが
ともあれ穴が開きました

IMG_2053
水切りとしては、穴無しの掛子よりも優秀です



■掛子蒸し器の使い勝手
   前回作った蒸し器との違いは、掛子を使ってるので当たり前ではあるのですが、飯盒にきっちりセット出来る、という点です。また、前回のペラいパンチングメッシュと違って、こっちはカッチリした掛子ですので、早々壊れたりはしないと思います。
   さて、早速使ってみました。まずは、通常の掛子と同じ様に、飯盒の上にセットするやり方。今回は、敢えて飯を炊きながらシュウマイを蒸してみました。この場合、最初っからセットしてるとシュウマイがふやけてしまうので、弱火の後半から蒸らしの時間に掛けて、蒸し器をセットしました。まぁ、普通に蒸す事が出来ました。ただ、このやり方だと、穴開きでない掛子でも出来る訳で、掛子蒸し器としての利点はあまり感じられません。それどころか、醤油を掛けたら穴からこぼれるので、その点で不便を感じました。
   次に掛子蒸し器を飯盒の底にセットして、庭で穫れたジャガイモを蒸してみました。小振りとはいえジャガイモですので、蒸すにも時間が掛かると思って、空焚きしない様に多めに水を入れたのですが、沸騰すると穴から沸いた湯が噴き出してきて、蒸してるのか茹でてるのか分からん状態でした。まぁ、ジャガイモですのでどっちでも良いのですが、蒸し器をかさ上げした方が良さそうです。
   そこで、底にノーマルの掛子を入れ、その上に蒸し器を乗せて、肉まんを蒸してみました。掛子の厚みくらいの水を入れたのですが、それでも少々沸いた湯が上がって来てたみたいです。それでも中火で7分くらいで蒸せました(説明書きだと、強火で15分と書いてあった)。
 専用の蒸し器ではないので、火加減だの空焚きだのに気をつけねばならんのは、前作と同様ですが、前作よりはかっちりした造りですし、笊だの水切りだのに使える事を考えたら、掛子蒸し器の方が使い勝手は上かな、と感じました。

20180530_001129
このやり方で蒸せるのは
小振りのシュウマイか、薄いなにかくらいです

20180530_002234
やってみて気が付いたのは
穴が開いているので、醤油がたらせない事でした
蓋もインしてたらしました

20180601_093031
この手は蒸すのに時間がかかります
途中、差し水しながら使う必要があります

IMG_3028
掛子を下にいれて、かさ上げしました
この使い方がベストな様です

IMG_3029
デカい肉まんだと、斜めに入れる感じ
あくまでお一人様様ですねw


 さて、作っておいてこういうのも何ですが、この手の蒸し器があって、じゃぁ蒸し物をしょっちゅうやるか、と言われると、実は全然やらないんですよね。前作の蒸し器も、ホコリ被ってました。ただまぁ、今回のは飯盒の底にイン出来ますし、その意味では邪魔にも嵩張りもしないので、それなりにイイモン作ったかな、という所です。もし、製品化したいメーカーがあれば、お問い合わせ下さい。

20180603_124016
ソロで使うにしても飯盒一個では何かと不便なので
中にキャンティーンカップや小鍋でも入れると吉です






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 11:00コメント(0)

2017年07月04日

   なんぼ飯盒好きとは言え、飯盒ばっか買っても仕方ないと思うので、よほどの物でない限り買わない事に決めた矢先、よほどの物が出ましたよ。
   フッ素加工、つまり、テフロンだのスミフロンだの、語尾に「ロン」が付く、こびりつかないフライパンと同様の加工のされたこの飯盒、今を去る事20数年前、世の中がバブル景気に沸き立ち、アウトドア業界も活況を示してた時代、戦後飯盒文化の掉尾を飾る製品として、SRCはじめ、あちこちのキャンプ用品店に売られていました。その当時は、キャンプツーリングに飯盒みたいなデカいのを持っていくなど非常識と思ってましたので、ロクに注意も払わなかったのですが、焦げ飯に辟易しつつも、やっぱりキャンプは飯盒だろうという世のキャンパーの要求に答えた製品だった訳です。

写真 2017-06-21 11 03 53
Amazonで購入したのですが
物が届くまで、オオイ金属製かわかりませんでした

写真 2017-06-21 11 06 17
右はオオイ金属OEMのキャプテンスタッグの飯盒
左のフッ素加工飯盒の方は色がほぼ黒です

写真 2017-06-21 11 04 06
驚いたのは革通しのメーカーの刻印
今はなきモリタの刻印が入ってました
なんか意味があるのかな



■フッ素加工飯盒の必要性
   飯盒というのは、アルマイト加工されたアルミの鍋釜な訳ですが、一番よく耳目するのは、「焦がした」というもの。中には炭化するまで焦がしてしまって、洗おうが擦ろうが底の焦げ跡が落ちない、というのもあり、目も当てられない酷い事になっているのもあります。フッ素加工の最大の目的は、鍋釜を焦げ付かさない事にある訳で、飯盒にフッ素加工を施してほしくなる気持ちは十分わかります。
   しかし、その一方で、飯が焦げ付く理由は、「火力が強すぎる」か「いつまでも火にかけている」かのいずれであって、いわば火加減の問題です。火が強すぎるのは言うに及ばない訳ですが、弱火であったって、いつまでも火にかけていれば焦げてしまう訳です。また、炊き込みご飯など味付きの飯を炊く場合でも、焦げ付かせてしまう事があります。
   当協会では、白飯の場合、「4〜5分で沸騰する強火、5〜6分で重湯が消える弱火」で炊くのを基本として指導していますが、これとても使うストーブ、環境、気温などなどによって変化するもので、それら条件下で上手な飯を炊くには、経験に基づくセンスが物を言います。いかに焦げ付かさずに炊くかも同様です。
   してみると、少なくとも米を炊くという事に関する限り(そしてそれが飯盒の主目的でもあるのですが)、この技術に精通できれば、別にフッ素加工されておらずとも焦げる事はあまりなく、自分個人では焦がす事は滅多にないので、別に買わんでも良いかなー、とか思っていました。全く同じ形の飯盒がすでに3つもあるので、4つも買ってどないするのか、と。

写真 2017-06-21 11 05 04
主目的が飯を焦がさない事である事を考えれば
本体にしかフッ素加工されてないのは頷けますが
出来れば、蓋の裏にも加工を施してほしかった
そしたら、卵やハム焼くのに大助かりだったのに


■フッ素加工飯盒の意義
   ところが昨今、飯盒は飯以外にも、ケーキプリンパンと、色々活用する場面が増えました。特にパンは毎朝食べている準主食の地位にあり、無視は出来ません。そして、ケーキの場合はクッキングペーパーを使わねば逆さに降ってもケーキが出てこず、パンはラードを塗らなければボロボロに崩さないと出てきません。ここにフッ素加工されている飯盒が活用される場面を見いだした訳です。

*まずは飯炊き
   まずは普通に飯を炊いてみました。仮によしんば飯が焦げても、飯盒の底に焦げ付かないはずです。言い換えると、フッ素加工のおかげで飯盒の底に焦げ付かなくても、飯自体は焦げる事もあるので、飯炊きには細心の注意が必要です。
   余談ですが、飯を炊いている最中に火の元から離れて飯盒から目を離す人がいますが、飯盒の状態(噴き方や匂い)を見てない訳で、それでは上手に炊ける訳がなく、もちろん焦げ付かせ易い。飯炊きは「日本民族が過去3千年にわたる生活の知恵で考え出した日本独自の炊飯方式」(栄養学者・川島四郎)なのですから、そのくらい、気合い入れて飯炊きに打ち込んで頂きたいものです。

写真 2017-06-23 19 29 11
いい感じに炊けました
フッ素加工は、スプーンなど尖ったもので傷をいれると
そこから剥がれてきますので要注意です


*炒め物
   フライパン同様のスミフロン加工ですから、当然炒め物は得意なはずです。試しに大切りにしたスパムを炒めてみました。もちろん、焦げ付かず炒める事が出来るのですが、深みがあるのでひっくり返すのが大変でした。卵焼きとかも苦手だと思います。蓋の裏にフッ素加工してくれたら良かったのになー、と思いました。しかし、焦げ付き気にせず炒めれるのは、カレーとか作る上で大きな前進です。

写真 2017-06-23 19 43 27
ドバッと入れるのでなく
ひっくり返せる程度に入れるのが良かったかもw

写真 2017-06-23 19 44 52
若干焦げが残りましたが、こびり付いてません
火の当たった部分が若干フニャリ出してます



*パンとケーキ
   パンを作る際は、型抜きしやすい用に飯盒の内側にラードを塗るのですが、この脂が日にちが経つと臭う事もあり、使わずにこした事ないのにな、と思っていました。また、ケーキの場合は、クッキングペーパーを形にあわせてセットするのですが、これがめんどい事この上なくて、これもないにこした事ないと思ってました。
   当初、上手い事出てくるか心配でしたが、なかなかどうして、パンもケーキも何もせずにスッポリ出てきて感動しました。オーブンの中に小一時間ほど入れているので、フッ素加工が傷まないか気になってたのですが、温度はせいぜい170〜200度くらいなので、大丈夫な様です。

写真 2017-07-02 16 18 19
飯盒を逆さにしたら、すっぽり出てきましたw
ラード塗らないので、脂臭さもなしです

写真 2017-07-02 19 28 31
ケーキもいい感じに型抜き
これだけでも、この飯盒を買う値打ちはあります


*プリンの類い
   プリンは普通の飯盒でもちゃんと型抜きできますが、だとすればフッ素加工飯盒はもっと簡単に型抜き出来るはずです。もしかしたら、ゼリーもきれいに抜けるかも知れません。今回は初めて杏仁豆腐にチャレンジしましたが、途中までは抜けたものの、柔らかすぎて途中で崩壊してしまいましたw

写真 2017-07-03 1 15 36
初挑戦の杏仁豆腐
本当は杏仁豆腐は薄いバットで作ります

写真 2017-07-03 1 16 46
いい感じに抜けるかー、と思ってたら
柔らかすぎて、トロピカルフルーツの自重で崩壊しましたw
まぁ、固めに作れば大丈夫でしょう


■まとめ
   この様な次第で、このフッ素加工飯盒、結構使いでがあります。しかも値段は1980円(送料別)と、フッ素加工でない飯盒と値段に大差がなく、やれる事の内容を考えたら、かなりお買い得です。
   注意点があるとしたら、フッ素加工は傷に弱く、傷が入ったらそこから剥がれてきてしまうので、尖ったものや金属製の道具を使う際は注意が必要です。また、どんなに大事に使っていても、数年すると傷が入ってしまうものなので、この先、この飯盒が市場から姿を消すのを見越して、予備を買っておくのも良いかもしれません。
   上記の通り、飯炊きは火加減を注意する事で焦げ付きを防止する事が可能ですので、飯炊きにはノーマルの飯盒を使用し、炒め物やパンなどに限定して使うと良いかも知れません。
   いずれにしても、この飯盒は買いです。

写真 2017-07-02 15 35 49
うちでは、もっぱらパン用ですw






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(8)
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
忍者AdMax
  • ライブドアブログ