飯盒料理

2019年07月10日

 先日作った缶詰カレーが今ひとつだったので、コンビーフ使った料理で簡単そうなのは無いかと探したところ、蒸すだけでOKのいい感じのがありましたので、早速チャレンジしてみました。レースの前夜は、何だかんだで忙しいので、簡単に出来るのは有り難く便利です。


IMG_6929
キャベツ1/4個、エノキ1つをいい感じに切っておきます




■作り方

 極めて簡単です。用意するのは、コンビーフ1缶(100g)、キャベツ大1/4、エノキダケ、水50cc、固形スープ1個、塩コショウ。キャベツは芯を取り、ザク切りにします。エノキは下の部分を切り落とし、半分くらいに切っておきます。
 飯盒にキャベツとエノキを入れ、固形スープを入れて、水を入れ、蓋をして約7分蒸します。野菜が蒸せたら、コンビーフを入れてかき混ぜ、塩コショウで味を整えて、出来上がりです。
 道具も飯盒意外に必要なく、極めて簡単です。もし一手間加えるとしたら、キャベツは一枚ずつ剥がして、太い筋を取って葉だけ入れると、もっと柔らかく仕上げる事が出来ます。

IMG_6931
刻んだキャベツとエノキ、固形スープ、水を入れます
結構てんこ盛りになりました

IMG_6932
蓋をして中火で7分蒸します

IMG_6934
7分蒸したら、嵩が大分減りました

IMG_6935
おもむろにコンビーフを入れます
レシピではこの段階でコンビーフを混ぜてましたが
キャベツにまだ芯が残ってたので、2分蒸しました

IMG_6938
蒸し方完了
コンビーフは解してから入れた方が良かったです

IMG_6940
コンビーフを混ぜて出来上がり


■食べてみた感想

 味付けは固形スープだけですが、コンビーフ自体がコンビーフ味(当たり前ですが)ですので、実にコンビーフ風味の仕上がりになりました。コンビーフ好きにはたまらんと思いますが、逆にコンビーフが苦手な人には向かないかも。もっともコンビーフ嫌いな人は作らないでしょうが。。
 個人的には、今ひとつでした。これならコンビーフに塩振って、そのまま食べた方が美味いと思いますし、絶対ご飯に合うと思います。コンビーフって、それそのものがある意味完成品ですから、それをさらにどうにかすると、元の持ち味が死んでしまう傾向のある食べ物だと思うのですが、この料理もその一つだなぁ、と感じました。

IMG_6941
むしろ、コンビーフは混ぜない方が良かったかも?

IMG_6933
やっぱり、そのまま食べた方が美味しいです










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2019年05月17日

 自分は一人暮らしを始めた時から自炊をしてきたのですが、当時はインターネットなんかなく、料理本なんかも手元になかったので、食べたいものがあると、親に作り方を聞いて作っていました。一番最初に聞いたのが、なんとすき焼きだったのですが、その作り方が当時の自分には結構意外なものに感じられたのを今でも覚えています。
 今回は、独身飯としては、何か嬉しい時やお祝いしたい気分の時に作る、すき煮です。「すき焼き」でなく「すき煮」としたのは、飯盒を使うとすき焼き鍋を使った時の様な仕上がりにはならないからです。



2019-02-12-23.36
今回用意した具材
ぶっちゃけ、白菜と長ネギがあれば、すき煮になります





■すき煮の具材

 すき焼きの具と言えば、牛肉、白菜、長ネギ、春菊、えのき茸、豆腐、白滝、麩、そんなところをイメージする訳ですが、その中で最も重要なのが、白菜です。白菜がなければ、いくら上等な牛肉が入ってても、すき焼きの味にはなりません。言い換えれば、白菜を砂糖と醤油で調理すれば、すき焼きっぽい煮物が出来ます。それがすき煮です。(と、日本飯盒協会は断定します)
 上に挙げた様な具材を使って、飯盒でごった煮にすれば、それがすき煮になるのですが、ただ単に何もかもぶち込んだのでは、芸も風情もないので、一応はすき焼きと同じ作り方をします。ちなみに、関東の方では割り下を使うそうですが、関西の方ではそんなもん使いません。浸透圧で白菜から出る汁で十分ですし、まさにそれこそがすき焼きの味を作る素なのです。

2019-02-12-23.40.56
白菜1/4カット、長ネギ1本、
牛肉は今回は贅沢にも、青森産のを400グラムも!


2019-02-12-23.40
白滝の代わりに春雨を使いました
先に水に漬けて戻しておきます
麩も本当は水に漬けて戻しますが、こまき麩ですのでやめときました


■作り方

 飯盒の底に油を敷いて、まず一枚、牛肉を焼きます。この肉の事を「犠牲肉」というのですが(そう言ってたのは実家のオカンですが)、まず一枚焼く事で肉の味を出す為にやるのだそうです。犠牲肉と言っても、捨てたりするのではなく、そのまま使います。
 犠牲肉に火が通ったら、刻んだ白菜を投入し、砂糖と醤油を入れます。1/4カットの白菜なら、砂糖は50グラム、醤油は80ミリリットルくらいでしょうか。実は毎回適当にやっていて、しっかり計った事がありません。甘ければ醤油を、辛ければ砂糖を、薄ければどっちも足せば良い訳です。砂糖と醤油を入れたら、蓋をして沸騰させます。蓋をしないと蒸気が逃げてしまい、汁が少なくなります。
 いい感じに白菜がしんなりして汁が出たら、白菜をちょっと脇に寄せて、長ネギを投入し、蓋をして温めます。長ネギを後に入れるのは、白菜よりも火の通りが早いので、一緒に入れるとグダグダになってしまうからです。

2019-02-12-23.42
すき焼き、といっても、実際焼いてるのはこのシーンだけです

2019-02-12-23.43
白菜を投入します
1/4カットでも飯盒の2/3くらいの嵩があります


2019-02-12-23.44.04
砂糖を入れます
大きなスプーンで3〜4杯ほど


2019-02-12-23.44.31
次に醤油を入れます
醤油の塩分によって浸透圧がかかり白菜から汁が出ます


2019-02-12-23.44
蓋をして温めます
こうする事で、白菜から出た汁が蒸気になって逃げるのを防ぎます


2019-02-12-23.50
湯気が吹いたら、中を見てみましょう
結構量が減っています


2019-02-12-23.51
次にネギをいれて、やはり蓋をして温めます



■お肉を投入

 ネギもしんなりしたら、今度は肉の投入です。この頃には野菜から水分が出て、結構汁が溜まってると思います。ここで味見してみて、薄ければ砂糖や醤油を足せば良いし、濃ければ水を足せば良いのです。
 そして、野菜を端っこに寄せて、汁のプールに牛肉を入れます。作例では残ってた牛肉を全部入れてしまいましたが、実はあまり一気に全部入れすぎない方が、肉がしっかり煮られて味が染みて美味しいと思います。
 肉を汁にドボンしたあと、水で戻した春雨、そして麩を入れます。今回春雨を使ったのは、たまたま家にあったからでもあるのですが、白滝だとこんにゃくの成分が肉を固くしてしまうそうで、狭い飯盒の中ではどうしても白滝と肉が接してしまうので、固くなる成分を出さない春雨を使った次第です。これが平べったいすき焼き鍋の場合は、肉と糸こんにゃくが接触しない様に、対称の位置に配置する様に入れます。
 蓋をしてちょっと煮込み、いい感じに肉が煮えたら、出来上がりです。

2019-02-12-23.56
隙間を作って、肉を入れます

2019-02-12-23.57.26
ここまでてんこ盛りにしない方が
肉に味が染みて美味しいです


2019-02-13-00.23
春雨と麩の下に肉が隠れています


■すき焼きの味の秘密

 上にも書いたのですが、すき焼きのあの味は、その実、白菜の味であると考えています。というのも、自分が子供の頃、オカンが試しに「肉抜きのすき焼き」というのを作ったのですが、牛肉の味が入ってないだけのすき焼きで、別段まずい訳でもなく、むしろそれはそれで美味しいものでした。長じて一人暮らしを始めてからも、肉無しのすき焼きはちょいちょい作って食べていました。今回、改めて飯盒で作ったのですが、当然の事ながら、美味しく出来ました。
 ちなみに、豚すきというのもあって、これは牛肉の代わりに豚肉を使うのですが、これは自分としてはあまり好みません。豚肉使うくらいなら、肉無しの方が良いと思うくらいです。あまり真剣に研究した事がないので当てずっぽうですが、すき煮に豚肉は合わないからではないでしょうか。

2019-02-13-00.24.52
今回はたまたま牛肉があったので使いましたが
肉無しでも結構美味いので、挑戦してみて下さい









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2019年04月12日

 アウトドアメニューといえば、カレーが定番なのですが、ジャガイモやニンジンの皮剥いたり切ったりという作業は、よほど設備や装備が整ってないと案外面倒なものです。そこで昔から注目していたのが、缶詰を使ったカレーです。これならば、開けるだけで使え、かつゴミは空き缶だけですので、とてもイージーです。



IMG_6422
今回使った缶詰の皆さん
今回は肉はニューコンミート使いましたが
過去にはシーチキン使った事もあります
ちなみに、これで飯盒1個、4人前です





■準備

 一般的なカレーの作り方では、野菜はフライパン使って油で炒めますが、缶詰は基本的に調理済みの具材が入っているのと、軍隊調理法では炒めてなかったので、今回は炒めずに作る事にしました。そうすれば、油を持っていく手間も省けて結構な事です。
 まず、缶詰を開けて汁を捨てます。まぁ、汁ごと使っても良いとは思いますが、カレーに汁の味だの臭いだのが入るかもしれないので、捨てます。
 缶詰の中身を飯盒に入れ、上の水量線まで水を入れます。ちなみに、缶詰の固形量によって水の量が変わり、となるとカレーの濃い薄いにも影響を及ぼします。ここであえて、何グラムと書かないのは、写真と同じ様な大きさの缶詰でも、メーカーによっては量目が違う事もあるので、あくまで目分量でやって下さい。
 コンビーフは予めスプーンなどで潰して解しておきます。塊で食べたい人は、ナイフで賽の目切りにするのもありです。

IMG_6423
缶詰の汁は捨てます
(飲んでも構いませんが、美味くはないです)

IMG_6424
具は下の水量線、水は上の水量線まで
あまり沢山入れると、ルウとか入れた時に溢れます


■作り方

 コンビーフ意外の具材と水を入れた飯盒をストーブに掛けて、まずは沸騰させます。沸騰したら中火にして、コンビーフを入れてかき混ぜます。灰汁が若干出ますが、無視して構いません(軍隊調理法でも灰汁をとる指定はない)。いい感じに温まったら、一旦火を消して、カレールウを入れてよく溶かし、弱火で5分ほど煮ます。

IMG_6426
具合を温めます
まぁ、元々加工済みですので、具を煮るというよりは
湯を沸かす程度です

IMG_6427
解したコンビーフを投入します
賽の目切りでも可です

IMG_6428
コンビーフが解れたら、カレールウを入れてかき混ぜます

IMG_6429
いい感じに出来上がりました




■感想

 実は今回、余ってたカレールウも使ったので、カレールウは合計で240グラムあったのですが、量が多かったみたいで結構辛いカレーになりました。今回の具材と水の量なら、160〜180グラムくらいの安い値段のカレールウ1箱分くらいで十分だと思います。
 今回、コンビーフは2つ使ったのですが、全部解れてしまって、肉そのものはカレーに紛れてしまいました。ただ、2つも使ったので明らかにコンビーフ臭がするので、コンビーフ使ったカレーである事が分かります。ただ、結構塩分があるのか、塩辛いカレーになりました。この点、好みがかなり分かれる所だと思います。一旦コンビーフを茹でて塩抜きする手もあるのですが、そこまでやるなら肉凍らせて持って行った方が良い気もしますし、ちょっと考えさせられました。
 確実に一つ思ったのは、コンビーフはそのまま食った方が美味いな、という事でした。

IMG_6432
見た目は普通です
缶詰の代わりに、切った野菜をパックしたのでも良いでしょう
(そっちの方がカレーらしくなる)

IMG_6425
しかし、コンビーフはやっぱりそのまま食べた方が美味いと思います
(作ってる時もつまみ食いしてたw)









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2019年03月11日

 前回、軍隊調理法のレシピにほぼほぼ則ってカレー汁を作ったら、嫁さんからボロクソに言われてしまったのですが、それもそのはず、いつ作っても美味いとは思えません。しかし、今やカレーライスはラーメンと並んで日本の国民食。それが軍隊を通じて広まったのも確かだと思います。となれば、どっかでアレンジが加わったはずです。今回はそのカレー汁の研究第二回目。独自の解釈を入れて行きますので、もはや軍隊調理法の再現でもなければ、今回は5人前作るので飯盒も使ってないのですが、日本飯盒協会の研究として取り組みます。


2019-03-02-19.49
今回は、油粉捏(ルウ)はエスビー食品の缶を参考にしました





■カレー粉の量の違い

 今回、決定的に違うのは、ルウの作り方をエスビーのカレー粉缶の裏に書いてあるレシピに従った事。ここで面白い事に気がついたのは、軍隊調理法とヱスビーでは、カレー粉、小麦粉、水の量に大きな違いがあったこと。5皿、つまり5人分で水が700mlなのですから、エスビーの方は結構濃いめであるのが分かります。5皿、つまり5人分で水が700mlなのですから、エスビーの方は結構濃いめであるのが分かります。

カレー粉小麦粉
軍隊調理法1g10g350ml
エスビー大さじ2大さじ4700ml

 これまでのカレー汁の調理では、せいぜい2人分しか作ってなかったのですが、これだとラード10g、小麦粉20gくらいしか使わないので、「ラードは煮立てて小麦粉を投じ」と言われても、実際には小麦粉を乾煎りするくらいしか出来ませんでした。
 今回はヱスビーのレシピに従って5皿分作る事にしましたので、ラード24g(本当は30gだけど嫁さんに止められた)、カレー粉12g、小麦粉36g使いました。これだけのラードがあれば、煮立ててという表現通りに出来ますし、小麦粉も乾煎りという風にはなりません。流石にカレー粉を入れたらコナコナした感じになりましたが、しっかりよく混ぜておきます。
 ちなみに、軍隊調理法では油粉捏は先に作っておく様に書いてあるのですが、エスビーでは具材を煮込んでる最中に作るみたいです。

2019-03-02-20.08
5人前とあって、油粉捏の材料は多めです
カレー粉12g、小麦粉26g、ラード24g

2019-03-02-20.10
まず、ラードを煮立てて小麦粉を入れます

2019-03-02-20.12
小麦粉がキツネ色になったら、カレー粉を入れます

2019-03-02-20.13
いい感じにかき混ぜて、油粉捏の出来上がり


■作り方

 基本的な作り方は、軍隊調理法のカレー汁に準拠します。今回は量が多いので飯盒では無理なので、フライパンを使う事にしました。
 具材はレシピ通りに切っておきます。肉はひき肉を使いました。シチュー系には、本来はゴロゴロした肉を使うのですが、ゆっくり煮てるヒマがない時は、ミンチ肉の方が手っ取り早く料理出来ますし、むしろミンチ肉のカレーの方が好きという人も結構多いです。

2019-03-02-20.05
今回は5人前なので、具材は以下のとおり
ミンチ肉350gのところ200g(しか残ってなかった)
人参100g
じゃがいも500gのところ350g(同上)
玉ねぎ400gのところ350g

2019-03-02-20.17.09
ラードをフライパンで熱して、肉と玉ねぎ少々を炒めます
玉ねぎ少々を肉と一緒に炒めるのは、エスビーの方にも書いてありました
(ただし、みじん切り)


■煮立て

 一般的なカレーの作り方では、肉だけでなく、野菜の類いも一緒に炒めるのですが、軍隊調理法では肉と最初の玉ねぎ以外は、煮込みます。じゃがいもなんかは、炒めた方が煮崩れしないと習ったのですが、軍隊調理法には「煮立て」る程度で「煮込め」とはどこにも書いてないので、おそらく煮崩れするほど煮込むのは想定していないのだと思います。

2019-03-02-20.17
水700mlを入れて煮立てます
水の量はヱスビーに準拠しました

2019-03-02-20.20
煮立ったら、まず人参を入れます
人参が一番、火が通らないからでしょう

2019-03-02-20.25
煮立てて5分ほどしてから、今度は玉ねぎを投入

2019-03-02-20.31
玉ねぎが煮たって5分してから、じゃがいもを投入
エスビーのレシピには固形スープを入れろと書いてあったので
ここで投入
人参の段階で入れるのが正解なんでしょう

2019-03-02-20.33
煮てる間に水が少なくなってきたので
100ml足し水しました


■仕上げ

 具材が全部煮れたところで、煮汁を油粉粉にかけて溶きます。お玉1杯くらいでは足りないので、3杯ほど掛けました。ヱスビーのレシピでは、別に溶けとは書いてないのですが、ぶっちゃけた話し、そのまま入れても差し支えないんじゃないかと思います。
 ここで、具体調理法にもエスビーにも書いてない調味料を投入。これまたエスビーのチャツネです。調べてみると、チャツネというのは本来は色んな味のがあるみたいですが、エスビーのチャツネはカレーをまろやかにする用です。

2019-03-02-20.36
煮汁を掛けただけでは溶けないので
箸でかき混ぜました

2019-03-02-20.24
実はチャツネを使うのは、今回が初めてです
半額だったので買ってきました

2019-03-02-20.38
チャツネは、5人前で大さじ1杯使うとの事
チューブの半分くらいなくなりました

2019-03-02-20.40.39
全体に油粉捏とチャツネが混ざる様にかき混ぜて出来上がり


■評価

 見た感じの色目は、昔の小学校で出たカレーの様で、今のカレールウで作ったカレーに比べると、黄色が強いいわゆる黄土色で、実にカレーらしいカレーです。具材は全然煮くずれておらず、野菜ゴロゴロが好きな人にはいい感じではないでしょうか。
 作りながら感じてたのは、煮立てるのがメインなので、フライパンがなくても深鍋だけでも作れるので、そういう意味ではキャンプ向きかなと思いました。分量が少なければ、もちろん飯盒で作ったって構わないのです(これまでもそうしてましたけど)
 さて、お味の方ですが、辛味はあるけど味というかコクが足りない感じ。軍隊調理法のよりは辛味があるのはカレー粉の量が多いからですが、味というかコクというか、それが足りないのはカレー粉の多い少ないが原因ではなさそうです。味が薄いながらも若干の甘みを感じたのは、チャツネの影響だろうと思います。
 昔の人がそうしてた様に、ソースを掛けてみたら、大分、今のカレーに近づいてきました。自分が想像するに、おそらく原初のカレーは、カレー粉だけで作っていたのでしょうが、それにソースとか醤油とか掛けて食べてるうちに、「ルウ作る時に混ぜたら良いんでね?」って事に気がついたメーカーがあったんじゃないでしょうか。それが今の市販のカレールウの始まりになった様な気がします。

2019-03-02-21.07
次回の機会があったら、ソース以外のを使ってみようと思います








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2019年02月10日

 一人暮らしで自炊生活を送る上で、絶対揃えた方が良いと思う調理器具は、飯盒、フライパン、片手鍋の3種であるというのが自分の持論です。飯を炊く道具、炒め物をする道具、汁物を作る道具、という訳です。しかし、それらが各々の仕事しか出来ないという訳ではなく、やりようによっては一つで飯を炊き、炒め物をし、汁物を作る機能を持っています。3種類要るというのは、あった方が便利だからです。
 飯盒で炒め物を作れる、というのを知らない人が結構いるのですが(飯盒はご飯を炊く道具という固定観念がある)、スパゲティを炒めたり焼き飯を作ったりする事も出来ます。となれば、野菜炒めなどはお手のものなのですが、問題は「飯盒が一つしかない時に、野菜炒め作ったら飯が炊けんではないか」という事。今回はこの問題に取り組みます。

2019-02-06-23.37.51
今回は冷蔵庫に残ってた具材を使います
伊藤ハムのポールウインナーも先月賞味期限切れてるので処分します

2019-02-06-23.46
キャベツの皮も処分
一人分としては、この半分くらいですね



■まず飯を炊く
 調理器具が一つしかなくて、二つの仕事をするとなると、順番という事になります。飯を先に炊くか、おかずを先にやるか。まぁ、どっちが先でもいい様なもんですが、いずれにしても、先に出来た方は時間とともに冷めていく事になりますので、熱々ご飯を優先したい人は、ご飯をあとで炊くのも可です。今回は飯を先にしました。
 飯は普通に炊きます。お一人様という事で、2合炊くと想定していますが、2合分なら出来た飯を掛子や蓋に盛って置いておく事が出来ます。飯を炊いたあとの飯盒は、出来れば洗った方が良いのですが、独身者がそんな手間の要る事をするとは思えないので、飯を移した直後から野菜炒めに取り掛かります。注意する点は、出来るだけ飯やおねばはキレイにこそげ取る事。焦げ付き防止のためです。

2019-02-06-23.59
ご飯は普通に炊きます
一人なら2合といったところでしょうか

2019-02-07-00.06
出来た飯は蓋や掛子に逃しておきます
下に新聞紙や段ボールなど敷いておくと
冷めるのが若干抑えられます

2019-02-07-00.08
出来るだけキレイに飯をこそげ取ります
もし、飯が焦げていたら、これも出来るだけキレイにします



■野菜炒め
 これまでの例に漏れず、油はやや多めにします。具体的には、飯盒の底全体に油が広がる程度。入れ過ぎたら油ギトギトになりますが、少なすぎると焦げ付く原因になります。火力は中火以下でやります。
 油を入れて飯盒を軽く熱したら、具材を入れてかき混ぜながら炒めます。底面積が狭いのでかき混ぜにくいですが、頑張ってやります。注意点としては、あまり沢山の具材を入れないこと。目安としては、下の水量線あたりまでが限度です。それ以上になると、極端にかき混ぜにくくなって、時間も掛かります。

2019-02-07-00.09
油は飯盒の底が隠れる程度に入れます
火力は中火から弱火で
強火だと手が熱くて作業しにくくなります

2019-02-07-00.10.56
具材を入れたら、良い感じにかき混ぜて炒めます
写真の量では結構かき混ぜにくいです
一人分だったら、この半分で良いでしょう

2019-02-07-00.10
料理した事ない人は意外と知らないのですが
野菜というのは炒めただけでは嵩が減りません
塩や醤油などを投入したあと、浸透圧で水分が出て嵩が減ります

2019-02-07-00.15
味付けは、塩でも醤油でもソースでもお好みで
味噌でもOKですが、飯盒だと混ざりにくいかも?

2019-02-07-00.17
出来上がり
調味料入れる前の写真と比べると
嵩が減っているのが分かります


■野菜炒めの後
 野菜炒めが出来たら、そのまま飯盒から直接食べても良いのですが、もし蓋なり掛子なりが空いているのなら、そっちに移し替えた方が食べやすいのは言うまでもありません。すると飯盒本体が空きますが、もし汁物が欲しかったら、空いた飯盒で作れば良い訳です。そうすれば、油も落ちて後で洗う時に多少は楽というものです。もっとも野菜炒めの後ですから、まぁ油も残ってたりする訳で、そういうのを気にする人には無理ですが。
 つまるところ、飯盒が一つあれば、ご飯、おかず、汁物の3つくらいは、工夫と手際で上手い事こさえられる、という事です。いまどき、ここまで貧乏してる人は居ないと思うのですが、女優の菅井きんさんは先の大戦の終戦後、本当に物のなかった時代に、こういった感じで料理してたそうです。こういうやり方があるというのを、知っておいて損はないと思います。

2019-02-07-00.19
今回はやりませんでしたが
空いた飯盒本体で、汁物作ったりラーメン煮たりする事もあります

2019-02-07-00.19.40
蓋で炒める事もできますが
持つところがなくて熱くてやり難いのと
これだけの量は一気には出来ません











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 08:55コメント(2)
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
忍者AdMax
  • ライブドアブログ