TEAMつぼ焼き

2021年01月26日

 いいとこづくめのクロトレですが、足回りのペダル関係は、CRFで慣れた身にはちょっと使いにくいところがあって、Wiseのペダルが調子良さそうなので交換するつもりでいました。その他にもちょいちょい改良したいところがあったので、開幕戦の前に手直しする事にしました。


2021-01-23 10.50.45
新装開店のMotoshop TOYZの関宿ファクトリー
実に広々です




■Wise シフトペダル

 ごついブーツを履いていると、なかなかニュートラルが出せなかったりするものです。X-Trainerはまだマシな方ですが、RRの方は結構大変だとか。ところが、Wiseのシフトペダルだと出しやすいという事で、自分も変える事にしました。何よりもアルミの削り出しで赤のアルマイト塗装もカッコいいですしね。
 アームも部分はノーマルと同じ形をしていますが、違いはペダルの部分。ノーマルよりも長くて、エッヂが立っていて、ペダルに引っかけやすい形をしています。取り付け方は、他のバイクとまったく同様で難しくはありません。
 付け替え後、試しにシフトチェンジしてみましたが、確かにニュートラルに入れやすい。カクンと入る感じです。

2021-01-23 15.35.21
ノーマルのペダルの取り外し
他のバイクと同じで、ボルトを緩めて外します

2021-01-23 15.36.27
ノーマルとの比較
アームの部分はほぼ同じです

2021-01-23 15.36.45
違いはペダルの部分
Wiseの方が少し長いです

2021-01-23 15.41.27
ペダルが赤黒になって、足元がビシッとしましたw


■Wise Rブレーキペダル

 実のところ、シフトペダルにはさほどの不満はなかったのですが、ブレーキペダルの方は結構不満がありました。まず、高さの調整はナットを薄くして貰う事で結構下げてもらったのですが、ペダルの踏み代のギザギザがブーツの裏に引っかかって、何かの拍子に踏み込んでしまう事がありました。その点、このWiseのブレーキペダルは、踏み代が削り出しで作られていて、引っかかりが少ないので、是非とも変えたいパーツでした。
 ブレーキペダルの交換も、やろうと思えば自分でも出来たかもしれませんが、ちょっとややこしい付け方になっているので、お店でやってもらって、付け替えの仕方を勉強しました。また、このペダルには、おそらく岩とかにヒットした時にペダルが外向かない様に、ワイヤリングが付いているのですが、クロストレイナーにはそれを取り付ける位置がなかったのと、そこまでハードなレースには出ないとの判断で、取り外してもらいました。

2021-01-23 15.42.57
純正のブレーキべダル
調整ナットを薄くしてもらって、位置を下げてあります

2021-01-23 15.46.55
ノーマルのペダルとの比較
こちらもアームの形状はノーマルと同じです

2021-01-23 15.46.59
決定的違いは、ペダルの踏み代の部分
しかもWiseのは位置を後ろに下げる事が出来ます

2021-01-23 15.58.18
ワイヤリングは外してもらいました

2021-01-23 16.02.05
こっちも赤黒で締まった見た目になりました



■セルスイッチ&モードスイッチ位置変更

 クロトレのセルスイッチは、多くのバイクがそうである様に、ハンドルの右側に付いています。ところが、エンデューロの場合、坂の途中で止まってしまって、フロントブレーキから指が離せないという事がままあって、こうなると親指がセルスイッチまで届かず、エンジンかけるのに難儀する、という事がままあります。そんな訳で、セルスイッチを右側に移す事にしました。これなら、フロントブレーキを握りながら、セル始動ができるという訳です。
 同時に、左側についていたモードスイッチを右側に移しました。自分はほとんど雨モードで使うので、だったらハンドルロックのキーの部分に逃がしても良かったのですが(そうすれば、前のめりになった時、うっかり体でモードスイッチを晴れに入れる事もなくなる)、広いゲレンデとかで全力加速する際には、晴れモードを使う事もあり、やっぱり手元にスイッチがあった方が便利なので、セルスイッチの位置に持って行きました。

2021-01-23 16.35.32
しばらくは間違えてモードスイッチでセル始動しそうですw


■UNIT ワイヤレスアワーメーター

 クロトレには予めデジタルメーターが付いていて、これにアワーメーターも付いているのですが、このデジタルメーター、案外いい加減なところがあって(アイドリング状態で時速199kmと表示したり)、アワーメーターもちゃんとしたのと比較すると誤差があるという。しかも、壊した場合、買い直すと1.5万円ほどする高い代物という事もあって、ノーマルのアワーメーターは電池切れを機会に取り外し、別のを付ける事にしました。
 アワーメーターもこれまで色んなメーカーのを使ってきましたが、今回はUNITのワイヤレスのを使う事にしました。これまでのアワーメーターは、プラグコードなどから有線でパルスを拾うタイプでしたが、これはフレームを伝ってくるエンジンの振動でカウントするタイプで、故にワイヤレスなのです。フレームの平たい所に両面テープでひっつけるだけです。難点があるとすれば、平たい所でないと付けられないのと、エンジンに近いところでないと振動を拾いにくくなる事ですが、クロトレの場合は、左側に平ら部分があったので、そこに付けました。
 ちなみに、このアワーメーターはバッテリー交換不可だそうで、4年ほどで交換となるらしいのですが、4年も使えば元が取れます。また防水設計なので遠慮なく洗車機が使えるのがありがたいです。

2021-01-23 14.46.13
貼り付けるだけなので、誰にでも付けられます

2021-01-23 17.11.07
クロトレはこの位置がベスト
ロアーブラケットに当たらない様に位置決めしました

2021-01-23 17.13.30
ノーマルのデジタルメーターを外したので
タオルとか入れとけそうなスペースが出来ましたw


■UNIT プラグレンチ Bタイプ

 これまで乗ってきたCRF系列のバイクは、インジェクションモデルだった事もあってか、まずプラグがカブる様な事がなく、せいぜい年に一回、寒くなった季節にカブってプラグを交換する程度でした。しかし、クロトレは仮初にも2ストで、いつカブっても不思議はありません。幸い、納車以来1年を経過して、これまで一度もカブった事がありませんでしたが、TOYZの隊員のRRなどは、レースの朝にカブ流といったトラブルもあり、やっぱり安心なりません。
 そこでTOYZ Racing エンデューロ部では、Betaの2ストはエンジン稼働時間300分でミッションオイル交換と一緒にプラグ交換もする事を推奨する様になりました。不具合の有る無しに関わりなく定期的に行う時間整備の考え方です。試しに、先日、初めてプラグ交換をしましたが、交換した前後では、やっぱりエンジンの音が軽快になるなどの違いがあり、定格の性能を出す為には、定期的な交換は必要だなと感じました。
 2ストのエンジンのプラグ交換は、4ストのそれとは異なり、わざわざタンクを外して行う必要がなく、エンジンの脇からレンチを入れてプラグを脱着する事が出来ます。クロストレイナーの車載工具に確かプラグレンチもあった様に記憶しますが(ロクに車載工具を見てないw)、ユニットのプラグレンチが使い易いという事で調達しました。
 プラグ交換はCRFの時も自分でやってましたが、2ストの場合、プラグに付いているパッキンを締め込む事でエンジンの内圧をキープする構造になってる関係で、締め込み方にコツがあります。文章で書くのは難しいのですが、要するにパッキンが潰れるまで締め込む必要があります。一応、締め付けトルクは規定があるみたいですが、場所が場所だけにトルクレンチも使い難いですし、プラグの箱に書いてある何分の幾ら、といった締め方をします。
 なお、X-Trainerの指定プラグはイリジウムなのですが(RRの方は標準)、標準プラグでも普通に動きます。むしろ安いプラグを頻繁に交換した方が良い様です。

2021-01-24 12.21.11
たしか付属の車載工具にもプラグレンチがあった気がしますが
こっちの方が使いやすいです

2021-01-24 12.22.18
ここからプラグにアクセスできるので
交換はタンクはずす4stより楽に出来ます

2020-12-29 10.31.00
左が200分ほど使ったプラグ
結構黒くなってます



DSC01379
〒270-0222千葉県野田市木間ケ瀬1626-1
TEL.04-7189-8530
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日、レース開催日








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 11:08コメント(0)

2021年01月16日

 前回、わざわざカット済みのスモークフィルム買ったのに、トランポの年式間違いでスライドドアのフィルムのサイズが合わなくて貼れなかった事件の続きです。改めて適合する年式のフィルムを買い直そうかとも思ったのですが、既に貼ったところのフィルムが無駄になるし、値段も高いし、そもそもスライドドアの窓ガラスはそれほど複雑な形をしてる訳でもないので、汎用品のフィルムを買って貼る事にしました。


2021-01-16 14.17.17
ようやくフィルム貼り完了




■用意したもの

 霧吹き、ゴムベラ、プラヘラなどは、既に持っていたので買う必要はありません。フィルムは近所のオートバックスで調達。値段によって、貼りやすさの難易度が変わるタイプだったのですが、ここはケチらず一番高い貼りやすいと称するのを購入。もっとも、あとで分かった事ですが、劇的に貼りやすいという訳でもなく、これまで使ってたのと同じくらいの普通の貼りやすさでした。
 汎用品のフィルムを貼るにあたっては、窓枠に合わせてフィルムをカットしなければならないのですが、その際に必要なのが、ダーマトという色鉛筆とクレヨンの中間くらいの芯の柔らかさのペンです。これで枠の線を描くのですが、問題はオートバックスなどのカー用品店では、ダーマトだけ売ってなくて、ゴムベラとかとセットである事。まぁ、既にゴムベラは持っているので、ダーマトだけあれば良いのですが、仕方ないのでヘラとセットのを買いました。
 ちなみに、自分は100系ハイエースの時は、7年目くらいでフィルムの張り替えをやったのですが、確かその時もダーマトを買った気がします。まぁ、毎年やるなら買ったのを取っておくのですが、次にいつやるか分からんもんを取っておくというのは、なかなかやらないものです。しかも、今はカット済みのフィルムが売ってたりするので、今回買ったのも次回使うかどうかは、結構不明です。しかし、買い直すのもアホくさいので、今回のは取っておく事にします。

2021-01-09 11.26.58
左が改めて買った物


■貼り方

 フィルムの基本的な貼り方は、一律に同じですが、自分でフィルムをカットする時は一手間あります。まず、霧吹きしてゴムベラで窓掃除するのは同じですが、それが済んだら、窓よりやや大きめに切ったフィルムを、霧吹きした窓に貼り付けてダーマトで窓枠を描きます。この際注意せねばならないのは、フィルムの面裏を間違えない事。糊面がガラスにつく様に貼り付けないと、いざ貼る段になって左右逆でアジャパー!という事になります。(実は間違えたのですが、スライドドアは単純な形してるのでどうにかセーフ)
 線を描いたら窓から剥がして、ダーマトの線の少し外側を切っていきます。ギリチョンだと窓枠に薄っすら隙間が空く事があります。少々大きくても、あとでカッターナイフで切り取る事も出来るので、あまりギリに切らない様にしましょう。
 カットが済んだら、改めてさっと窓掃除して、窓に霧吹きして、フィルムの糊面のシートを剥がして貼ります。この時、糊面のシートを剥がしつつ、糊面に霧吹きして関係ないとこに貼りついたりするのを防ぐのも、これまで通りです。
 糊面のシートを剥がしたら、さっと窓ガラスにフィルムを貼り付け、位置合わせして、フィルムに霧吹きしてゴムベラでフィルムの中心から気泡を外に向かって押して出していきます。スライドドアの窓はそれほど湾曲してないので、貼る事自体はそれほど難しくないのですが、汎用品だからか、フィルムの端が巻きのせいで浮きやすく、放っておいたら勝手に浮いてきます。それを何度もゴムベラで押さえながら、浮かない様に貼るのに苦労しました。可能ならドライヤーを使った方がパッとくっついたかもしれません。

2021-01-16 10.58.01
まずはいつも通り、窓掃除から

2021-01-16 10.59.28
右手に持ってるのがダーマト
もうちょっと長い方が使いやすいです

2021-01-16 11.00.22
ダーマトで描いた線に沿ってハサミで切ります
カッターナイフで切った方がもっと綺麗に仕上がります

2021-01-16 11.01.38
フィルムの裏のシートを剥がして、窓に貼り付けるまで
この作業で一番気使います

2021-01-16 11.02.20
位置決めしたフィルムの上から更に霧吹きして

2021-01-16 11.27.59
ゴムベラで気泡を外に向かって追い出します




■全部貼るか一部残すか

 200系ハイエース“プシュパカ・ラタ号”は2型という事で、スライドドアに窓があり、窓ガラスも3分割されているのですが、これ全部にフィルムを貼るか、それとも一部貼らずにおくか、少々迷いました。というのも、全部貼ったらセカンドシートの方は結構暗くなってしまうからです。まぁ、普段は後ろの席には誰も乗らないので、全部目隠ししても良い様なものですが、他の人のハイエースに乗った時に、結構暗く感じるのでちょっと気になってました。
 そこで、スライドドアの窓の前1/3はあえてスモークフィルムを貼らないでおきました。実際着替えをする時は、荷室のタイヤハウスに腰掛けて着替える事が多く、その際、セカンドシートおよびヘッドレストに隠れて、外からはほとんど見えない事が分かりました。また、スモークフィルムを貼らなかった事で、セカンドシートはやや明るく、運転席から振り返った時も物が見やすいので、結果オーライです。もっとも、フィルムを貼るもう一つの理由は、窓が割れた時にガラスが飛散するのを防止する意味もあるので、後日、透明のフィルムを貼るかもしれません。
 フィルム貼りの作業は、ぶっちゃけ慣れだと思います。最初のうちは失敗しても、何回もやってるウチにコツが飲み込めます。かくいう自分も、今回は3回目のフィルム貼りです。あと、一番最初は失敗したらいかんと、気泡の一つも見逃さず、猫の毛1本でも入るとガックリきていましたが、このフィルムとて永久に持つ訳ではなく、5年もしたら紫外線などの影響で薄くなってきて、また貼り替えねばなりません。となると、少々失敗しても、まぁ外から中が見えなければOK!くらいの気持ちになります。

2021-01-16 11.21.07
スライドドアの窓のロックは、ねじ止めですので外せます

2021-01-16 11.29.49
ロックの部分は、盛り上がって気泡が出来るので
カッターナイフで切り取ります

2021-01-16 11.33.45
ちょっと隙間が空きましたが
まぁ、ここから覗き込む人はいないでしょうw

2021-01-16 11.28.31
余った部分は、カッターナイフで簡単に切り取れます

2021-01-16 14.15.54
写真撮る前にバイク積んじゃいましたが
ヘッドレストが丁度目隠しの位置にありますw

2021-01-16 14.19.27
運転席から振り返った時
後ろが暗すぎないのが良いです


■PPボード付け替え

 荷室の窓は、バイクのハンドルが直近に位置するので、窓にハマる様にPPボードをはめ込んでいます。窓からずれない様に、若干大きめに切り出してはめ込んでいるのですが、窓との間に少し隙間ができるので、そこから強風が入り込んで外れやすくなり、最後には曲がってしまいました。
 このPPボード、近所のパワーコメリで売ってる奴ですが、1800×930mmで823円とさほど高いものではありません。1枚で左右の窓の目隠しを作るため、窓全面を埋める形でなく、後端部分は窓ガラスが見えていて、そこの隙間から風が入って、今回曲がって剥がれたという事で、PPボード2枚買ってきて窓全体を埋める事も考えました。
 しかし、そうすると荷室から外は全く見えなくなりますし、車中泊などしてると、それはそれで不便かもしれんなーと思い直し。これまで通りの作りにして、窓後端から外が見える様にしました。PPボードはあと2回作り直せるほど余ったのですが、今はデカイ家に住んでいて空き部屋もあるので、また作り直すときに備えてとっておく事にしました。まぁ、所詮はPPボードなので消耗品でしょうから、また作り直す事もあるでしょう。

2021-01-16 12.23.25
強風に煽られて、曲がってめくれたPPボードの目隠し

2021-01-16 14.22.32
窓全体を埋めるには、このサイズが2枚入りますが
縦に切れば3枚作れますw

2021-01-16 14.18.21
窓との間に少し隙間が空きます
もう少し大きめに切れば良かったかな







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:34コメント(0)

2021年01月10日

 第二次の緊急事態宣言が発出され、12日から発動という運びになったのですが、10日はTOYZ Racingの初走りという事で、またまたまたイワイサーキットのMXコースを走りました。こないだは平日という事もあって貸切状態だったのですが、今回は今年最初の日曜日という事もあって、我々以外にもお客さんが沢山きてて、大盛況でした。


2021-01-10 09.19.27
3回連続でモトクロス練習
クロトレはMX練するのにもいいバイクです




■今回もコブの通過がメインテーマ

 こないだ来た時は曇り空で、バイク乗ってないと寒かったのですが、今回は晴れ空で陽が当たれば暖かい感じでした。もっとも、前の晩はこっちの方は氷点下まで気温が下がったようで、トイレの水道管も凍ってしまい、タンクに残ってた水を使ったあとは、流し様がありませんでした。
 ともあれ、寒い時はさっさと走るに限ります。バイクの方は、4日前にも使ったせいか、一発でエンジン始動。同じBETAでもRR2Tの方は朝一番はバッテリーが冷えてて掛かりにくいらしいですが、クロトレの方はそんな事なくて、いつでも絶好調です。
 まずはいつも通り、2速でゆっくり巡航したコースの状態を見たのですが、こないだ来た時は若干湿ったところがあったのに、今回は朝から完全にドライです。どうやら、ここのコースは霜はあまり降りない様です。慣れてきた頃合いを見計らって、3速にあげて徐々にピッチを上げていきました。
 そろそろダブルも挑戦しようかなー、という気持ちが無かったわけではないのですが、うっかり失敗して怪我でもしようものなら、このコロナ禍のクソ忙しい時期に、諸々困った事になるので、今回もコブは通過。流石に3回目となると、実にスムーズで通過後の繋がりもいい感じになってきました。

2021-01-10 13.21.21
天気はとても良かったのですが
砂煙がすごくて、ちょっと前が見えにくかったです


■完全ドライで砂煙

 こんな感じで走りやすかったのですが、何せ路面はドライで、しかも今回は走る人も多いという事で、砂煙がもうもう。しかも、季節柄、斜陽気味でこれが砂煙に反射して、前が見えにくい。一応、スモークレンズのゴーグルもしてるんですが、まぁ、この時期はしゃーないかな、という感じ。ただ、前が見えにくいと、やっぱり安全運転もしないかん訳で、貸切状態で練習した時ほど、元気よくは走れません。
 というか、今回はどうにも調子が出ない。こないだは10分くらい走って休憩してたのが、今回は5分も走ると息が上がる。まぁ、今回は練習というより、交流会の意味合いの方が強いし、こないだそこそこ走ったから、今日はそこまで根詰めて走る事もないのですが、ちょっと疲れるの早いなー、という感じでした。
 クロストレイナー純正のデジタルメーターの調子が悪く、リセットしても前のメモリーに戻ってしまうので、正確な稼働時間は測れなかったのですが、暖気に6分、ウォーミングアップに10分、その後、5分を二本走って、午前は終了。エンジン稼働時間は26分でした。

2021-01-10 12.08.54
袋の中のパンから水分がどんどん蒸発して結露して
パッサパサのパンを食う羽目になりました



■昼寝して終了

 普段のTOYZの集まりなら、やたら飯の内容が豊富で、この時期ならおでんとか作るのですが、今回はコロナの影響で、感染防止の為にそういうのはオミット。自分も飯盒メシは今回は中止でした。まぁ、TOYZの面々の一人としてコロナに気兼ねする様なお利口さんは一人もいなさそうなのですが、やっぱり世間様の手前もありますし、一応は「気使ってますよ!」というところも見せないかん訳です。
 そんな訳で、カップヌードルにおにぎりぶち込んで流し込んだのですが、腹が膨れたらウトウトしてきました。一応、耳から人の話しは流れ込んでくるので、自分では起きてるつもりだったのですが、実は眠りこけてて、気がついたら自分一人でコールマンの椅子で寝てました。陽のあたる場所であるとはいえ、風も吹いてきてそこそこ寒かったのですが、朝も早かった事もあって(イワイに行く時は0500時起き)、眠たい時はどこでも寝てしまうもんです。
 その後は、アホ話ししてダラダラ過ごし、日が陰る前に後片付けをして、遅くまで残れる有志で飯食いに行って、温泉入って、今年最初のTOYZの催しは終わりました。

2021-01-10 18.00.21
練習の帰りにTOYZの関宿ファクトリーに立ち寄りました
立派なファクトリーになってました

2021-01-10 18.34.28
近所の台湾料理・香満円でお食事
台湾料理と称する店は、どこもボリューミーです

2021-01-10 20.34.49
七光台温泉で売ってるサイダーは
口をつけると凍りだすギミックです

2021-01-10 22.48.17
残した唐揚げは、嫁さんが全部食ってしまいました
(食い尽くし系)







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2021年01月06日

 新型コロナウイルスの第二派だか第三派だかわかりませんが、猖獗を極める今日この頃、ワタクシが務める職場は、政府が第二次の緊急事態宣言を出す前から、去年の春なみの緊急体制で交代勤務に入っております。という訳で、こないだ正月休みが明けたばっかりですが、いきなり平日休みです。平日であるからにはコースも空いてるだろうという事で、嫁さんのドッグランかねがね、イワイサーキットで基礎練をしました。


2021-01-06 08.41.58
イワイサーキットは月木が休みなのですが
平日は0900時頃に社長さんが来るまで閉まってます




■ウォーミングアップ

 実は、コースが閉まってたので、帰るつもりで朝用と昼用の食べ物を全部食べてしまい、走る気が少し萎えてたところだったのですが、前回の走り納めで結構イワイのMXコースが楽しかったので、改めて基礎練したかったですし、嫁さんは嫁さんで、誰もいない貸切状態のコースで誰に気兼ねなく走りたい、という事で、コースインただちにバイク下ろして準備して走り出しました。
 コースの状態は、一部霜が溶けたところが湿っているだけで、ほぼ全線ドライのカチパン。なのでタイヤの空気圧は前後とも0.8にセット。走ってタイヤが熱を持てば0.9くらいになるはずです。ともあれ、一番最初は2速でゆっくりコースを走り、体と気持ちを暖めます。前回は退院後で少し腹だの足だのが細くなっていたのですが、正月でちょっと戻ったのかどっちもキツく、しばらく流して乗ってウエアだのブーツだのに体を馴染ませる必要があります。まぁ、また不思議な事に、バイク乗って体使っているウチに、馴染んで来るものです。
 走っている内に、なんだかエンジンの方から、ヤカンが吹いた時の様な「シュッシュ」という音がする様になってきました。ラジエターが噴いた時とはまた違う様な、断続的にシュッシュと音を立てていて、追い抜かれた時に嫁さんもクロトレからそういう音が聞こえるという。バイクから降りて、どこから音がしてるか確認してみましたが、よく分かりません。ラジエターも点検しましたが、クソ寒い季節だけに噴いてもいません。
 ちょっと気持ち悪いなぁ、と思いながら、様子を見ながら乗っていたのですが、3速に上げてそこそこピッチを上げて走り出すと、シュッシュ音がしなくなりました。排気バルブに何か詰まってたのが飛んで出たのかもしれません。

2021-01-06 09.15.48
誰もいない貸切状態w

謎のシュッシュ音
勝手に直りましたが、なんなんでしょう?

2021-01-06 11.57.49
お昼はカップ麺
寒い時には温いもん食うに限ります


■色々考えながら走る

 X-Trainerは低速に強いバイクですが、モトクロッサーだと3速だとコーナーの立ち上がりでもたつく様なところがありますが、クロトレはそんな事が全然なく、イワイのMXコースなら3速オートマで走る事が出来ます。2速オートマというのは、自分のトロくさい走りの典型だったのですが、3速ではそんな事はなく、それなりの車速が出てくれて、ジャンプもそれなりに飛んでくれて、かつ加減速Gもあまり体に掛かってこないので、楽に走れます。クロストレイナーは、エンデューロだけなく、軽いモトクロスでも楽に走れる、という訳です。
 そこで、久々にジャンプの練習をしました。ジャンプはここ数年、真面目に飛んでなかったのですが(そのくせ、ジャンパー膝にはなった)、イワイのMXコースは小さいジャンプから大きめのテーブル、ダブルもありますので、ジャンプの練習をするには丁度いいです。
 ジャンプといっても、ただアクセル開けりゃええってもんじゃなくて、大きく飛ぶ事よりも、アクセルの操作だの姿勢だの、そうしたセオリーがきっちり出来ているか、という事の方が大事だと思っています。無理なく、異状なく、パッと飛んでスッと降りる、これが大事です。うっかり開いたとか、フロントアップで落ちたとか、そういうのが危険です。習った事を思い出しながら、丁寧に飛ぶ。それで上手い事繰り返し出来る様になったら、ちょっとアクセル開ける量を増やす、姿勢が遅れたら遅れない様に合わせて行く、そういうのを繰り返しました。
 続いて緩急つけてメリハリよく走る練習。直線やジャンプで開けていきますが、ダブルでは(どっちみち飛べないので)きっちり減速して丁寧に舐めて行く。漫然とだらだら走るのではなく、そういうレーシーな走りを丁寧にやりました。まぁ、これが他にも走っている人がいると、ちょっと邪魔な走り方ですが、誰もいないので気兼ねなくやれました。

2021-01-06 12.32.45
肩甲骨動かして、バランス軸で進入角度を調整

2021-01-06 12.34.04
あまり飛べないのは、アクセルの開けが足りないだけでなく

2021-01-06 12.34.48
下向いてたりするのも原因の一つです



■いろいろ教える

 嫁さんも今回は他に気兼ねがなかったのか、ウォーミングアップの後は、これまでの1.2倍くらいの車速で走ってました。聞けは3速で走ってたとの事。TT-R125はフロントのスプロケを12丁に落としてあるので、3速で2.5速くらいなのですが、それがむしろ怖くない丁度いい感じだった様です。
 ただ、つま先が外向いて膝がパカパカになっているので(足が太くて、バイクが小さくて、足が揃えられないらしい)、それを修正したり、コーナーも直線も一本調子で走っているので、コーナーから立ち上がったらアクセル開けるとか、スタンディングとか、いろいろ教授しました。ベストテクスクールでは、「人に教えたら習った事が抜けて行く」と言われてますが、まぁ、嫁さんにアドバイスするくらいは良いでしょう。いつもより気持ちよく走れてるせいか、今日は素直にいう事を聞いてました。
 ただ、「コブの通過」はやっぱりそうそう簡単に出来るもんじゃないみたいで、別にやれと言った訳でないのですが、大きい方のダブルを舐めて通過しようとして、ズッコケてたみたいです。ゆっくり行けばやれると思ったらしいですが、ゆっくりいけばエエというもんでもないんですよねぇ。まぁ、ここの通過は、ダブル飛べる人でも難しいといいますから、やっぱり「コブの上にも三年」なんですねぇ。

2021-01-06 13.17.27
膝が曲がっててはダメです

2021-01-06 13.31.20
それでも開けれる様にはなってきた嫁さん

2021-01-06 13.56.14
1400時、寒いんんで練習終了


■まとめ

 ご覧の通り、今回は自分ら以外には誰も来ず、貸切状態で好きに練習ができたのですが、大事な事は、他に人が少ないという事は、もし何かあった時に助けてくれる人が少ないという事でもあり、コロナ禍で医療機関が逼迫してる現況では、うっかり怪我して病院に担ぎ込まれるのも憚られるので、十分に安全マージンとって、無理のない練習を心がけねばなりません。
 それを踏まえた上で、今回は自分の考えた練習が出来たので、非常に満足です。ちょっと最近、こうした練習って、やってなかったなーと思います。デコボコランドがなくなって以来じゃないでしょうかね。
 まぁ、緊急事態宣言も1ヶ月ほど続くみたいですし、また機会を見て平日貸切練習をしようと思います。

2021-01-06 14.40.17
今日も洗車の必要のないくらい綺麗に終わりました






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2020年12月26日

 今年はコロナやら体調不良やらで、バイクの活動は今ひとつだったのですが、それでもどうにかこうにか無事に一年終えれそうです。とはいえ、前回のジョンイットマツリと今回の間には、十二指腸潰瘍で下血&吐血で緊急入院騒ぎがあり、今も駅の階段の上り下りで息切れするなど、貧血が原因なのか単に運動不足なのかよう分からん状態で、果たして上手い事乗れるやろか?と若干の不安を抱えつつ、TOYZ走り納めに参加いたしました。


2020-12-26 14.07.08
半年ぶりのイワイサーキットのモトクロスコース
今回はカチパンドライでした




■また変わってたイワイのモトクロスコース

 前回、イワイサーキットを走ったのは6月で、この時もコースが変わったと書いてますが、半年ぶりに行った今回もコースが改修されていて、中間の小さいダブルジャンプと大きなダブルジャンプが作ってありました。その横にはダブル飛べない人様のストレートも設けられていて、親切な設計です。
 小さいダブルの方は頑張れば飛びきれそうですが、大きい方はちょっと無理。つか、普通のテーブルトップでも飛びきれないので、やらない方が利口です。何たって、世の中コロナで大騒ぎで、遊びで怪我して救急車騒ぎなんて、世の顰蹙買う事間違いなしです。
 しかし、実は注目したのが、その大きい方のダブルで、飛べないならナメて通過すれば良いだけの話しです。そのコブの尖り具合が、ベストテクスクールでやった「コブの通過」の練習に、丁度良い感じのコブなのです。縦系の運動はここ最近、全然やってませんので(そうしたコブのあるコースがほぼないですし)、今日はいい運動になる予感でした。

2020-12-26 14.06.24
このダブル、ナメて通過してたのは自分だけでした


■ウォーミングアップ

 今日のイワイMXコースは、全線ドライのカチパン。普段、タイヤの空気圧は、0.4〜0.25くらいですが、こういう所では0.9とかにしないと、コーナーやジャンプの着地でタイヤがグニャって、返って乗りにくくなります。といっても、履いてるタイヤは一応エンデューロタイヤですので、ほんのちょっとだけ割り引いて、前後とも0.8に合わせました。
 今回は、この後、関宿に移転したMotoshop TOYZで忘年会&プレオープンがあるので、早めに切り上げる事になっていたので、準備が出来たら走り始めました。いつもの事ながら、最初はゆっくりウォーミングアップです。ジャンプは飛ばずに全てナメて通過です。
 今回、ミシュラン・エンデューロミディアムで初めて空気圧0.8で乗って見たのですが、やっぱり食いつきが良い。バンクでないコーナーでもグリップ感が得られ、安心して走る事が出来ます。自分が昔モトクロスやってた頃に比べると、技術革新ってのはすごいな、と思いました。ちなみに、前回来た時は、まだリアがIRCのVE33Sだったのですが、MXパターンのエンデューロタイヤより、ミシュラン・エンデューロミディアムの方が、接地感とかグリップ感とか、様々優れている様に感じました。

2020-12-26 09.59.10
入院したお陰で、足だの腹だのがちょっとスマートになってました


■ひたすらコブの通過

 15分くらい頑張って走ろー、とか思っても、実際にはその半分の7分くらいでギブアップしてしまうのですが、まぁ、それはともかくとして、せっかく具合の良いコブがあるので、久々に「コブの通過」を練習しました。
 ちなみに、そのダブルを飛べる人も飛べない人も、共通して言ってたのが「ナメて通過しようとすると、斜面の向こう側にフロントがドンと落ちて怖い」という事でした。まぁ、そうですね。ダブル飛べる人は、そんな面倒な事せず飛んだ方が楽ですし、飛べない人はストレートで開けて行った方が楽しいはずです。そんな中、自分だけがコブの通過してました。
 最初のうちは、ちょっとギクシャク感があったのですが、昔しっかり習った事は体が覚えているのか、
徐々に動きが滑らかになって安定してきました。いわゆる「前傾くの字」がちゃんと出来ているか、確認をしながら毎回アプローチしていたのですが、姿勢が甘いと、登り斜面で体が遅れたり、下り斜面で前につんのめったり、当たり前のことが当たり前に起こりました。きっちり決まってる時は、パッパとメリハリよく通過しています。
 なんかもう、楽しくて楽しくて、「あー、昔、ベストテクコース市貝の初級コースで頑張ってたなー」とか思い出しながら、何度も繰り返して通過しました。

なんの事はなく見えるコブの通過ですが
これが結構いい運動になります



■エクササイズ

 その昔、結果が出ないだの努力が足りないだの言われてた時に、自分はモトクロッサーを使ったエクササイズ、すなわち「モトクロササイズ」を一時提唱してた事があったのですが、今回、コブの通過を久々にやって、縦系の運動が体に加わることで、気のせいかちょっと体が引き締まった様な感じがしました。
 モトクロスは水泳に次いで全身運動だと言われています。バイクの立体的な挙動を制御する体の動きが、それを指す様です。普段、エンデューロコースでは出来るだけ疲れない乗り方をしようと、運動的にはズボラをかました乗り方になってしまうのですが(それでも長時間走るので疲れる)、イワイの様な小さめのコースで、かつ立体的な動きになるコースだと、否応でも「それなりの乗り方」をせねばならず、それが実にエクササイズです。
 ボクササイズが、別にボクシングのチャンピオンを目指すためにされるものでないのと同様に、モトクロササイズも、別にタイムを競うとか、ビックジャンプやダブル飛び切るといった目的や目標を目指してやる必要はないと思います。なんなら、グループファイトの様な感じで、ヘルメットの中でスポーティな音楽流しながらやっても良いと思います。

2020-12-26 14.47.48
ドライだったお陰で、洗車もなしで終了


■まとめ

 そのモトクロスを、かつては買ってきたままのCRF250Rでやってた訳ですが、未調整のガチンコモトクロッサーは、自分が扱うにはちょっと難があって、しんどい思いをしてたのを覚えています。体感的に例えると、バネの硬すぎるエキスパンダーで筋力トレーニングする様な、鍛えようにも全然引けませんよチックな感じです。
 これに比べると、今乗っているBeta X-Trainerは、モトクロッサーに比べると加速感もサスもマイルドです。モトクロスやるにはちょっとマイルド過ぎる感じもありますけど、自分みたいな三流ライダーには、むしろ丁度いい優しさのあるバイクです。モトクロッサーではアクセル前回に出来なくても、スクーターなら全開に出来るのと同様で、優しいバイクの方が目一杯気味な練習が出来ると自分は思ってます。その意味で、改めて良いバイクに巡り合ったなぁと思いました。
 また、イワイサーキットは、これまで慣らし運転しにいく程度のコースに思ってたのですが、コースが変わって、基礎的な反復練習するのに良いコースになりました。しかも、TOYZも近く、良い温泉にも近く、それこそ月一くらいでエクササイズしにいくメニューでも組もうかと思うくらいです。やっぱり、体は動かして、メンテしませんとね。

2020-12-26 15.23.53
イワイサーキットから20分くらいの所にある七光台温泉
広くて色んなお風呂があって、値段もお手頃です

2020-12-26 18.32.03
関宿ファクトリーで乾杯!

2020-12-26 18.32.58
ここでも日本飯盒協会は活躍しました

2020-12-26 19.07.40
これまでにない最高の炊き上がりでした







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(2)
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon