TEAMつぼ焼き

2020年05月24日

 4月から始まった緊急事態宣言による外出自粛、そろそろ残る5都県も解除されそうな見込みですが、フライングで練習に行きました。かれこれ2ヶ月少し、全く練習してないのですが、こんなにバイク乗らないのは、蜂窩織炎で足が膿んだ時以来です。ともあれ、久々ですし、実のところ、まだ宣言も解除されてないので、今日はてれれ〜っとノンビリ乗る事にしました。


2020-05-24-09.22
2ヶ月ぶりで土の上で使います




■慣らし運転(体のw)

 さて、今回一番心配してたのは、自粛太りでモトパンやブーツがちゃんと入るかどうか。もし入らないという事になったら、練習再開の前に絶食でもして体を細くする必要が出て来ます。とまぁ心配してたんですけど、モトパンもブーツもどうにか入りました。ただ、やっぱ体は絞った方が良いですよねぇ。どうしたもんか。
 コースの方は、ここ3日ほど降った雨でどうなってるかと思ったのですが、案外ぐちゃぐちゃでもなく、ウッズで何箇所か水たまりがある程度。昔ならグチャグチャでも練習練習と思って辛抱して走りましたけど、最近はもう、向上心がなくなったと言うか、楽して走りたいというか、2ヶ月ぶりの復帰がグチャグチャだと気乗りしませんしね。その意味では、良い感じのコンディションでした。
 良い感じに路面が乾いて来た頃合いを見計らってコースイン。何時もそうですが、一番最初はゆっくりと走ります。走りながら、体をライダーモードに切り替えて、車体に神経通わせて、どっかおかしいところはないか点検します。
 まず感じたのは、減速姿勢でどうにも右足の膝が折れて前に出てしまう事。なんだろなー、と思ってたら、どうやらブレーキペダルを下げた事で、リアブレーキを使う時につま先を踏み込もうとして、ブーツで足首がそんなには曲がらないので、それで膝を曲げてつま先を下げようとしてる様でした。クロトレのブレーキペダルは、CRFなどに比べると高い位置にあって、いままで通りに使おうとすると、ガク踏みになってしまうので、わざわざ調整ナットを薄くして貰ってより下げれる様にしたのですが、今度は下すぎるのかな?という風に感じました。
 この辺りはとても感覚的なもので、2ヶ月も乗ってないと感じが変わってしまうのかも。というか、原則姿勢で膝が折れる方が問題です。なので、その辺りを気をつけて慣らし運転(自分の体の)する様にしました。

2020-05-24-08.43
予想以上に日差しがきつくなりました

010
まだ緊急事態宣言が解除されてないのに
フライングするエンデューロ部一同
(翌日、全面解除)


■乗りやすいバイク、X-Trainer

 感覚が戻って来たところで、今度はウッズコースに入ってみました。ウッズの中はちょっと湿った感じで、見た目には滑りそうにも見えます。ところが、クロトレはこれまで乗ったバイクの中で、こういう所を走るのがとても楽しい。楽しいというか、フレンドリーな感じがします。
 例えば、旋回性ではXR230もよく曲がるバイクで、谷田部のウッズコースみたいなクネクネしたタイトコーナーは得意でしたが、パワーとサスペンションに不足がありました。改装したCRF250RやCRF450RXも、ホンダのバイクらしい曲がりやすいバイクでしたが、あちらはサスが固かったり、クラッチレバーが重かったりと、それなりに頑張って走るという感じでした。
 ところが、クロトレは別に頑張らなくても、ススーっと前に進んでくれて、地面のデコボコもあまり気にしないでいれて、よく曲がり、加速したい時は前に出てくれて、という具合で、非常に楽しい。動画を見てもらっても分かる様に、実にテレテレした走りをしてるのですが、2ストでこんなテレテレした走りが出来るなんて、とても大したものだと思います。
 こんな事いうとなんですが、クロトレに乗ってると、自分がなんだか上手になった気がします。別に上手になる様な事はしてないんですが、バイクが十分サポートしてくれてるんでしょうね。


MXコースはもう少し固めのスプリング入れた方が良いのかも
でもウッズコースでは丁度いいですw


■総幸福量的な意味でのX-Trainerの魅力

 先日、「経済面でのX-Trainer250の魅力」と題してクロトレの費用面での魅力を語ったのですが、それにも増して魅力がある点は、「乗ってて幸せを感じる点」であろうと思います。一応、クロトレをレーサーとして見た場合、これほど乗り易いオフロードレーサーはないんじゃないかと思います。
 レースは競争ですから、それに使われるバイクも競争に打ち勝つのを第一義として設計されていると思います。そして、それに乗るライダーはレース用に強化されたバイクを「乗りこなす事」を求められるのが、この世界の基本的な精神だと思います。思いますが、誠に遺憾ながら、自分はそれに適っておりませんでした。なので、自分の身の丈に合わせてレース用バイクを言ってみればディチューンする事で、どうにか乗れる様にしてた、というのが実情でした。そうまでしてても、しんどいなぁ、と感じる事はままあったのです。
 それに対してクロトレは、上にも書いた通り、自分が何だか上手になった様な気になれるほど乗り易く、楽しいバイクです。100万円突っ込んだって、そんな風に思えたバイクはこれまでなかったのですから、これって、凄い事だと思うんです。乗ってて楽しくてなんぼだと思いますので、ここは重要です。その意味で、トレールからステップアップしたい人なんかに、自分は強くこのバイクを薦めています。
(その一方で、もっとガチなライダーさん曰く、あまりに楽なもんで楽する癖がついてしまう、との意見もありました。

2020-05-24-11.55
最近、バイク乗らなくても良いから
飯は炊きに来い、なんて言われるんですよねぇ

2020-05-24-12.16
いい感じに炊き上がりましたw

2020-05-24-12.20
缶詰を温めなくても温まる陽気です



■RR2T200の印象

 クロトレ配備率が上昇中のTOYZ Racing エンデューロ部ですが、MY20のRR2T200を買った隊員がいましたので乗らせて貰いました。ちなみにJEC試乗会では、ピーキーすぎて自分には向かない、と評価してました。
 今回乗ってみて感じたのは、クロトレに比べると、全体的にピシっとした感じで、流石はガチレーサーといった感じ。サスペンションが固いのは新車だからとして、シートも固め、スロットルワークもピシピシした感じです(それでも従来の2ストに比べれば乗り易い2ストですが)。
 自分が顕著に感じた部分は、まず、コーナーリングでサスがグッと入り込んで、立ち上がりで反動で前に押し出す感じ。モトクロッサーのサスの優しい版みたいで、コーナーリングが楽しかったです。その一方で、旋回半径はCRFよりも大きいみたいで、ウッズのタイトコーナーでクロトレならイン・インで抜けれたところが、ややアウト側に膨らむ感じでした。
 シートはMY19まではクロトレと共通だったらしいですが、MY20からは独自のものに変更になったとの事。そこそこ固めです。コーナーでバイクを倒し込んだ時、シートの角がお尻の穴にぐりぐり来る感じでした。クロトレはツーリングも視野にいれてあるのか、比較的柔らかいシートなのですが、もしかすると、長時間(といっても90分くらいですが)のレースでは影響でるかもしれません。
 クロトレはまったり走るのが楽しいバイクですが、RR2Tはキビキビ走りたい人向きかな。2ストのエンデュランサー乗ってた人は、このバイクに乗り換えると大活躍できるそうですw

005
クロトレに比べると、諸々良い部品使ってるRR2T


■やっぱり乗らなきゃダメ

 2ヶ月の自粛生活で、すっかりバイク乗る筋肉が落ちたのか、はたまた肥えたのか、おそらくどっちもでしょうが、ちょこっと乗っただけで疲れてしまう。歳食った猫が、おもちゃで遊んで欲しがる癖に、すぐ疲れて飽きてしまう様な感じで、今回は大して乗ってません。しかし、やっぱりバイクは楽しいな、と感じて帰りました。
 自分の身の程も身の丈も大体天井が見えているので、そんなにガツガツ頑張る気もないのですが、こうして体動かすのは、むしろこれから必要になってくると思ってます。一人だとそうそうやろうって気にもなりませんが、仲間が居れば、走る以外にも楽しい事がありますし、気力ややる気をキープし続ける意味で、大事だと思うようになりました。
 面白いもので、ちょこっとしか乗ってないのに、翌日、腹回りがちょっと引き締まった感じになったり、お通じが良くなったりと、ウチでダラダラしてた時より、健康になった感じがします。バイクもよりエクササイズ向きになりましたし、健康器具としてこれからも積極的に活用したいです。

003
良いバイクを買ったもんです
乗るたびにそう思いますw





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2020年05月23日

 せっかく投入したBETA X-Trainer250も、コロナ自粛のお陰で2ヶ月乗ってません。その代わり、このクロトレというバイクを、これまで乗ってきたバイクとじっくり比較する時間が持てました。乗り味等のインプレに関しては、プロのライダーの方々始め、多くの方が書いていますので、自分はあえて経済的な面でのインプレを書いて見ます。


2020-01-05-09.43.46
BETA X-Trainer250(2019年モデル)




■X-Trainer250のお値段

 BETAのクロストレーナー250は、本体価格が876,000円。消費税10%と配送料12,000円を入れると、975,600円。納車整備に大体40,000円くらいであるから、101万5,600円で買えるバイクである。
 国産の、例えば、CRF250RXは863,500万円、CRF450RXは1,012,000円、CRF250Lは507,100円(いずれも税込価格)である。単純に値段の比較で言うなら、クロトレはCRF450RX相当の値段という事になる。4st450ccと2st250ccはクラス的には同クラスなので、値段相応という事になる。
 これらを踏まえた上で、X-Trainer250は非常にお買い得な「安い」バイクであると断言出来る。その理由は、思いつくままに書くと、こんな感じである。
  • 2stでありながら低速トルクがあり、2st慣れしてない人でも直ぐ乗れ慣れる
  • かつ2st250ccのパワルフさを兼ね備えている
  • 軽量で無駄なGがなく体に負担が少なく、操作性、旋回性に優れている
  • サスが柔らかくよく動き、走破性に優れている
  • 総じて乗りやすく、後付けで改装せねばならない部分が少ない
19b2d271
初めてクロトレに乗った時の印象


 XR230は乗り易いバイクであったけど、パワー不足や弱いクラッチ、車格の不足などから、それらを補う為、改装に次ぐ改装で、相当な費用を投じた。CRF250RはRX化する事によってエンデューロマシンとして相当に使い易いマシンになったが、そうする為に追加の料金を必要とした。CRF450RXは自分が参加するエンデューロレースにはむしろオーバースペックで、自分に合わせる為の加工を必要とし、やはり相当な金額を追加で投入する必要があった。クロトレは、こうした「追加料金」を必要とせず、買ってきたままでも、これら加工を施したバイクよりも遥かに乗り易く、使い易いのである

2019-10-27-15.43
手前はMY18 CRF450RX
自分には明らかにオーバースペックでした


■バイクは乗り易く「作る」もの

 ここでポイントなのは、「バイクを改装するかどうか」という事である。かつての自分は、バイクをカスタムしてくれる店に恵まれなかった事もあって、買ってきたバイクをそのまま使う以外に発想がなかった。仮に使い難いと感じたとしても、それはライテクと練習で補うべきであり、またそうするしかないと思っていたのである。既にKTMなど外車で乗り易いと評判のバイクが次々登場してたにも関わらず、そちらの方に大して関心を向けなかったのは、高い外車に乗っても本質的な部分、つまり「ライテクと練習で補うべき」という部分には変わりがない、と思っていたからです。
 ところで、外車というのは、輸入に掛かる経費や関税などによって、国産車よりも割高なのが普通です。KTMに例と取ると、250SX-Fが1,065,000円、250EXCが1,089,000円、250EXC-F SIX DAYSが1,289,000円といった具合です。今回の考察のテーマに沿って言えば、国産車を買っても後で色々改装する事を考えれば、既に乗り易くなった状態で改装費を積んだ金額を先に払うのと同じ、という事になるのですが、改装する必要性を認識してなければ、ちょっと出せない金額だと感じてました。

370d4933
RR2TやRR4Tは無理でも
クロトレならCRF450RXを下取りに出して
余裕で手がとどく
クロトレによる新しい世界を垣間見えるワタクシ


■オフロードレーサーの「のり弁」

 それから、「バイクというのは、乗り易く改装できるのだ」という事が分かってから、惜しみなく改装に費用を掛けてきたのですが、その果てに巡り合ったのが、このX-Trainer250でした。驚異的なのは、これまで自分が求めてきた物が揃った状態で、101万円ちょいで買えてしまうという事です。この金額は、これまで自分が外車に感じていた割高感を、完全に払拭する金額です。自分がクロトレに飛びついたのは、その乗り易さもさる事ながら、その性能の割には「安かった事」が一番の決め手だったのです。
 「のり弁」という弁当がありますが、その言葉の意味通りで行くなら、のり弁はご飯の上に海苔が掛けてあるだけの弁当で良いはずです。ところが実際には、白身魚フライとかちくわ天が乗っていたりします。よしんば文字通りののり弁であったとしても、おかずが足りなくて別個に買う事になるでしょうが、そのおかずが付いているのです。それでいて、あの値段なのです。クロストレーナー250は、言って見ればオフロードバイクにおけるのり弁である、と自分は自身をもって断言できます。

2019-12-06-18.27
Motoshop TOYZはこの時
クロトレラッシュでした(自分で3台目)




■車両価格以外に使った経費

 乗り出しに必要な経費が少ないクロトレですので、改装に回すはずの資金は、レースに必要な装備に当てる事が出来ます。具体的には、ガード類、操作系部品、外装関係です。自分は以下の装備を施しました。
  • ACERBIS:X-FACTORY ハンドガード(16,500円)
  • ENDURO ENGINEERING:ラジエターブレース(16,500円)
  • Boano:チャンバーガード(19,800円)
  • Wise:Fディスクカバーマウント(4,950
  • ACERBIS:Fディスクカバー(5,500
  • Wise:ケースセイバーKit(9,790円)
  • ENDURO ENGINEERING:スキッドプレート(17,600
  • ENDURO ENGINEERING:リンケージガード(7,150
  • Polisport:クラッチカバープロテクター(7,040円)
  • Polisport:イグニッションカバープロテクター(6,710円)
  • Polisport:スイングアームプロテクター(8,690円)
 ガード類が120,230円。これらはなくても走れますし、転けさえしなければコース走行も可能ですが、これまでの経験に照らし合わせて、必要と思われる装備を施しました。これらは「乗り易くする為の改装費」というより、クロスカントリーレースを走るに必要な装備です。ないと酷い傷が入ったり、場合によっては壊れたりして、修復にとてもお金が掛かったりします。ハードエンデューロの場合は、もっとごっつい装備をつける事もあり、当然お金も嵩みますが、転ばぬ先の杖として必要です。

79266300_550819422139371_5933303092412940288_n
ハード用でないリンケージガードを選択

79374900_449080156042844_5504998357971501056_n
ラジエータファンも最初から付いてて
後付けのお金が要りません
  • G2スロットル・カムシステム(14,520円)
  • ARC:コンポジット クラッチレバー(8,800円)
  • ARC:コンポジット ブレーキレバー(8,800円)
  • Wise:リターンスプリング(462円)
  • Enjoy MFG:シートカバー(15,950円)
 操作系は48,532円。この辺りは、いわゆる「乗り易くする装備」になります。スロットルがマイルドになったり、レバーが軽くなったり、より乗り易くなるアイテムです。無くても良いですが、自分は金に物を言わせる性格なので、惜しみなくつぎ込みました。言い換えれば、乗り出し価格が安いからこそ出来た訳です。

2019-12-21-17.59
スロットルカムシステムは、格段にスロットルワークが楽になります

2020-02-23-15.21
ハンドガードがあるので可倒式である必要はないんですが
タッチがとても楽なのです
  • Wise:ヘッドライトカバー(8,140円)
  • ACERBIS:アタックベルト(3,850円)
  • Wise:Rホイルスペーサー(5,500円)
 最後の外装系は17,490円。この辺りはあってもなくても良い様なものですが、あれば便利といったものです。実は、ポリスポーツの黒の外装とウランコアデザインス謹製のシャークティースTRデカールもあるのですが、そっちは完全に見栄のための物で、走りそのものには何の影響もないので、金額に入れていません。
 自分はバイクを買う時は、車体価格+装備費用+改装費用を準備するのですが、今回は急な話しだったにも関わらず、費用が用立て出来たのは、装備費用の分がそっくり必要なかったからです。上記の装備以外に、エンジンのフルWPC/DLC加工も施してますので、実はもっとお金掛けているのですが、それでも余裕をもって間に合わせる事が出来たのは、X-Trainer250そのものが安かったからに他ありません。

79038965_863389154063702_3287196165371592704_n
ホイールスペーサー
これは走りに関係ありませんが、ホイールはめるのが楽になります


■クロトレの拡張性

 クロストレーナー250ももう一つの魅力、これは経済的側面からも魅力だと思うのですが、拡張性が高いという点です。一般に、国産レーサーは公道を走れる様にナンバーを取る事が出来ません。まぁ、登録をやってくれるバイク屋さんもありますが、保安部品は別個に取り付けねばなりません。ところが、X-Trainer250には最初から保安部品が付いています。もちろん、特別な加工をしなくても取り付けられます。登録料を払えば、ナンバーつけて陸運局から乗って帰る事が可能です。
 自分は当面、クロトレで公道を走る予定はないのですが、走れないのと走らないのの違いは大きいです。ちなみに、BETAの車両はクロトレに限らず登録が可能な様ですが、X-Trainer250には他のBETA車にない強みがあります。それは、「ぎりぎり、トレール扱い」という事です。これは出光イーハートーブトライアルの事務局に問い合わせて分かった事ですが、「Bata X-trainerは条件付きで可能」だが「RRは不可」という答えが返ってきたのです。条件とは、トライアルタイヤを履くという事です。
 国内のエンデューロレースでは、大抵はクローズドレースですので、公道区間を走る事はなく、故にナンバーは必要ないのですが、日高ツーデイズエンデューロなどもあり、出れる出れないはともかく、車両的に可能性が広いのは有難い事です。普通なら、高いお金かけて公道仕様にするか、もう一台公道走れるバイクを買う事を考えたら、経済的だと思います。
 もう一つ、自分が拡張性と考えている事は、クロストレーナー250は「あくまで250である」という事。実は300というのがあるのですが、こっちはナンバー登録が出来ません。しかし、違いは何かというと、シリンダー径が違うだけで、シリンダーを300のにしちゃえば、登録上は250のまま300になります(一応、違法なんでしょうか)。また、RRに比べてX-Trainerが廉価なのは、パーツ類を廉価なものを使っているからだと言われています。つまり、上等なのに置き換えれば、当然上等仕様になる訳です。つまり、現状のクロストレーナー250で物足りなくなってきたら、拡張していけるという訳です。(まぁ、乗り換えられない人向きのアドバイスですが)

IMGP7658
三者三様のクロトレ
真ん中のが公道仕様です


■見慣れたら好きになる

 この様な具合で、トレール車からレーサーに乗り換えを検討している人で、取り立ててこのメーカーでなくちゃダメ、というのがない人には、BETA X-Trainer250をお勧めします。最後に、MY10〜12のCRF250RやMY17のCRF450RXが好きだった自分は、当初、クロトレの見た目はそんなに好きではありませんでした。ところが、今は気にならないどころか、ちょっと好きになっています。ちょうど、MY08のCRF250RがMY10のデザインになった時と同じ様に、最初はちょっと抵抗感あったものの、結局は好きになり足掛け8年乗りました。見た目が気にならない人は、是非とも!

2020-01-13-13.40
この性能でこのお値段は、ほんとお買い得です






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 21:09コメント(0)

2020年05月17日

 今さら、オイル交換のことで1本レポート書く様な事もないと思うのですが、緊急事態宣言で全然バイク乗ってませんし、バイクのネタも全然ないのです。もっとも、既に主要都府県以外の39県では宣言が解除されており、残りもおそらく月明けには解除される事が予想されますので、活動再開に向けて、エンジン始動、オイル交換、装備の積み込みなど、準備を致しました。


2020-05-17-10.26
トランポは装備を下ろして荷役任務に就いてました




■クロトレのミッションオイル交換時期

 ところで、クロストレーナー250のミッションオイルの交換時期ですが、BETAから出ているオーナーズマニュアルには、「30時間おきに交換」と書かれています。まぁ、4ストみたいにピストンも一緒に潤滑してる訳ではないので、CRFの時の様に180分で交換みたいな、頻繁にやらんでも良いのかな、と思ってました。しかし、それにしても30時間ってのは長いなと思ったので、ツイッターでペロっと質問してました。すると、


 オー!ジーザス! エンジンのフルDPC/WLC加工から、かれこれ4時間も乗ってます。知らんかったら本当に30時間まで乗ってるところでした。tacさん、有り難うあります)
 自分はスポーツライディングに使うバイクのオイルは全くケチるつもりがないので、そうと分かったら次に乗りに行く前に交換です。使うオイルですが、今まで4ストのXRやCRFに使っていたシルコリンPro4をそのまま継続しようします。


■暖気のこと

 自分が2ストのレーサーを乗るのは、このX-Trainer250が初めてで、納車の際に暖気の仕方も習いました。まず、4ストと違って(まぁ、本質的には4ストも同じですが)暖気は十分行う事。具体的にはラジエターがほんのり温まってくる程度。これ、冬場は結構時間かけて行わねばならず、たっぷり5分くらい暖気してたりします。
 また、2ストの暖気というと、アクセル開けてワンワンやるイメージがあるのですが、そうじゃなくて、軽くアクセルを開けて、パラ、パラ、という感じで断続的に暖気するとの事。エンジン回転が安定してくるまで、これを続けます。まぁ、ワンワンやってると隣近所に迷惑ですしね。
 この暖気をやっている間に、オイルタンクからオイルインジェクションにちゃんとオイルが圧送されているか確認します。確認の仕方は、オイルチューブの中の気泡が、1ミリずつほどピコ、ピコと動いているかどうかを見ます。
 冬場はしばらくチョーク引いてなければいけませんが、流石に夏なみに暑い今日は、エンジンが掛かったらチョーク戻さないと、回転が猛烈に上がって煩くて近所迷惑でした。というか、ワンワン言わせなくても、やっぱり2ストのエンジン音は4ストよりもデカくて、あまりウチの前では暖気したくないなー、という感じでした。

エンジンかけたばかりの時は、こまめにアクセルを開けないと
こんな具合でエンストします

2020-05-17-10.47
矢印のところがオイルチューブの気泡
大抵、朝一番のエンジン始動の時は、気泡が入ってます


■クロトレオイル交換

 さて、いよいよオイル交換です。交換の手順そのものは、国産車と同じですが、クロストレーナーの(というか、BETA車全般?)はブレーキペダルの向こう側にドレンボルトがあります。まぁ、ブレーキペダルを思いっきり下まで下げればソケットが入りますが、どうしてこんなトコにドレン設けたんでしょうね。
 もっと困るが、ドレンから出てくるオイルが、フレームから出てるステップの支柱に直撃する事。この辺りの設計、日本人だともうちょっと考えてくれそうなところですが、イタリア人的には「後で拭けば良いんじゃね?」とこなんですかね。
 国産車でもそうですが、オイル交換の時はスキッドプレートを外して、と結構面倒な作業になります。エンジンの下にドレンがあるタイプで、スキッドプレートに穴が開けてあっても、大抵はスキッドプレートの中にオイルが垂れるので外す訳です。クロトレでもその様にマニュアルに書いてありました。ところが、世の中、賢い人がいるもので、2リットルのペットボトルを切って、エンジンとスキッドプレートの間に切った一辺を押し込むと、スキッドプレートを外さないでもオイルで汚れない、ってのを教えてくれた人がいました。やってみると、確かにフレームにも垂れない。エンジンの横にドレンがあるからこそ出来る芸当ですが、なかなか良いアイデアです。
 ところで、X-Trainerのドレンボルトは、なんとマグネット付きです。芸が細かいというか、性能の割には安いバイクなのに、こういう所にも金かけてるんかー、と驚きました。

2020-05-17-10.59
どうしてこんな所にドレンを設けるのか
隠したかったのか?

2020-05-17-11.01
お茶とかの柔らかいペットボトルの方が
切ったり曲げたりが楽です

2020-05-17-11.07
マグネット付きドレンボルト
いっぱい鉄粉ついてました
しかし、ワッシャーじゃなくて、ゴムのOリングなのね



■やっぱりアドバイスには従おう

 そのドレンボルトの磁石、取り出した時は写真の通り、鉄粉だらけで黒い磁石が付いてるのかと思ったくらいでした。オイルの方も色的にはまだまだ行けそうな感じでしたが、よく見ると、鉄粉らしきものが結構混じっている。まぁ、フルDLC/WPC加工後の最初のオイル交換ですので、「アタリ」の部分の粉が出たのかもしれませんが、やっぱりアドバイス通りに、マメに交換した方が良さそうです。
 自分が使っているシルコリンPro4(10W-40)というオイルは、リッター3,300円くらいする高いオイルですが、性能はリッター1,000円くらいのホンダG1と比べて、体感で出力15%増しくらいに感じる良いオイルです。以前は、乗る度に(60分程度)交換してましたが、シルコリンに変えてから120〜150分くらいで替えています。そのくらいは持つという意味です。交換頻度が減った事で、手間も減り、手入れに使うパーツクリーナーやキッチンペーパーも節約でき、結果としてリーズナブルです。(この辺りの講釈は「オイルにまつわる諸考察」を参照ください)

2020-05-17-11.11
鉄粉キラキラ
まぁ、オイル交換はこれまで通りのスパンでやります

2020-05-17-11.28
この百均の漏斗を教えてもらってから
オイル入れるのが凄く楽になりましたw


■TT-R125もオイル交換

 嫁さんのTT-R125“ドライジーネ号”のオイル交換もやりました。ドライジーネ号にはアワーメーターを付けてないのですが、乗り手が乗り手だけに「10時間くらいで替えたら良いんじゃない?」と言われていたのですが、5時間乗った時点でどんな感じに見てみたかったのです。
 出て来たオイルは、水みたいにバッシャバシャになってました。いくら嫁さんと言えども、成田の大坂なんかじゃフルスロットルにしてますし、やっぱりスポーツライディングとなると、ツーリング以上に消耗するみたいです。少なくとも150分くらいで交換した方が無難そうです。
 ちなみに、オイル交換が終わったと、ちょっと家の前で走らせてみたのですが(ナンバー付いてないので本来は違法)、シフトが入り易くなって、エンジンが軽くなり、とても乗り易くなりました。前に入ってたオイルが何だったのか分かりませんが、やっぱり上等なオイルは性能が良いのと、オイルが劣化するとシフト入りにくくなるんだな、と感じました。

2020-05-17-11.39
TT-R125のドレンボルトもエンジンの横にあります
これはマグネット付きではありませんでした

2020-05-17-11.47
クロトレ同様にペットボトル使いました
オイルは真っ黒のバッシャバシャ

2020-05-17-12.30
作業始める前は面倒臭い感じですが
作業終わるとさっぱりした気分になります


■今年の展望

 今年は新型コロナウイルスで、レースやイベントも軒並み中止になっています。6月からはぼちぼち開催される様ですが、これを書いてる現時点では、自分はどうなるか。世の中と職場の状況次第です。再開するにしても、いきなりレースってのもなんですし、やっぱりぼちぼち練習に行って、秋口くらいから残りのレースに出る、という感じになりますかね。
 「バイクも2週間乗ってないと、別にバイクなくてもいいやー、みたいな感じなる」と昔、誰かが言ってましたが、乗ってないと確かにそんな風になります。でも、ちょこっと乗ると、やっぱり楽しいんですよね。家の前の道を、ちょろっと転がしただけで、「ああ楽しいな」と。本当はやっちゃダメなんですけどね、人も車も全然通らないので、1〜2分ほど転がしました。クロトレもTT-Rもよく曲がるんで、ほんと楽しいんです。早く自粛が解除されると良いですね。

2020-05-17-12.51.44
装備積み込み完了
いつでも走りに行けます








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:23コメント(5)

2020年04月23日

 新型コロナウイルスで相変わらず絶賛外出自粛中です。成田MXPなどは営業している様ですが、ツーリング行ったらコロナに感染した、といった話しも伝わって来ており、文字通り「不急不要の外出」は控えねばならないご時世です。そんな訳で、このブログも小ネタしかありません。もっとも、ブロガーは、如何に小さいパン種で、でっかいパンを作るかが腕の見せ所らしいので、頑張ります。


2020-04-23-10.37
トレール車では毎度つけてる
DRCのワイドフットペグ




■ワイドステップに換えたい

 XR250もそうでしたが、2000年代くらいまで市販車オフロードバイクのステップって、細いのがついてました。さすがにモトクロッサーはワイドになってましたが、ワイドステップの方が特にスタンディングの時の安定感が抜群に良いので、XR230でもDRCのワイドフットペグに換えていました。
 となれば、TT-R125でもそうしたいのですが、古い車種だけにDRCのラインナップからは消えてしまっていて、他のを探してもIMSの高いのがオークションにたまに出てる、という感じでした。既存のステップを加工してワイドにする方法もありますが、これも結構お金のかかる話しです。どないしょうかー、と相談してたのですが、DRCのワイドフットペグのラインナップは、DT200WR、DT230LANZA、SEROW250/TRICKER、TT250R/RAID、XTZ125、XT250が全部同じ「D48-02-535」で、SEROW225とWR250R/Xだけが違う、という状況です。なのでセロー250のが付けばOKなんじゃね?って話しがあったのですが、それを検証する前に新型コロナ騒ぎになってしまい、仕事以外で東京行くのは自粛という流れになってしまいました。
 さぁ、困ったなー、でも別に急がんしー(なにせ自粛中なので)と思っていたら、有望な情報が貰う事が出来ました。


 色々ネットで情報は流れてますが、実際に付くという情報があれば、安心です。ヤフーのポイントも結構貯まってましたので、ポポンと突っ込んで調達しました。


■付けてみる

 外出自粛は要請しても、仕事はしてちょ、という世の中なので、宅配便も営業されてる訳ですが、それこそ不急不要の部品頼んで、対面手渡しで感染リスク上げるのも気の毒やなー、と思いつつも、それでも買い物して経済回すのも大事と考え直して、届けてもらいました。というか、休みが増えてもコロナ自粛で何もする事がなく、こういうのでもやってないと、暇持て余すんですよね。実のところ、バイク絡みの用事も、今回のでネタ切れだったりします。
 実は以前、KLX110のステップが付くってんで、試しにヤフオクで取り寄せてみたら、ステップのシャフトの径が全然合わなかった、という事件があって、今回頼んだセロー250用のワイドステップも、本当につくか心配だったのですが、今度は問題なく付けれました。
 付け替えは実に簡単。シャフトの割りピンを取って、シャフト抜いて、スプリングをDRCのワイドステップに合わせてシャフト通して、割りピンしておしまい。ざっと10分そこらの作業でした。

2020-04-23-11.05
これがノーマルのステップ
結構全時代的です

2020-04-23-11.09
ワイドフットペグとの比較
純正の右側は、長さも短いです

2020-04-23-11.12
純正の左側は長さは同じ、太さだけが違います



■付けた感じ

 見た目はやっぱり、ワイドステップの方が格好いいですよね。ちょっとレーシーな感じになった気がします(TT-R125はレーサーだそうですが)。乗ってみた感じは、ノーマルよりブーツの底の接地面が増えて、がっつり加重掛けれます。案の定、スタンディングの安定感はノーマルの比ではありません。
 ノーマルのステップとの違いは、ステップ位置がちょっと上になった事。セロー用なので、それに合わせた造りになっているからなんでしょうが、またがった時に、膝がちょっと窮屈な感じがしました。DRCのワイドフットペグは車種によっては-5mmのLowタイプもありますが、セローのは純正のしかありませんので、どうしても気になるのなら、シートを若干あんこ盛りして対策するしかなさそうです。
 さて、TT-R125“ドライジーネ号”の乗り手である嫁さんに跨らせてみたところ、「踏ん張りが効いてスタンディングもしやすくなった!」との事。ステップ位置が5mmほど上に上がった事で、やっぱり太ももがキツくなったけど(足が太いから)、シートをあんこ盛りして足つきが悪くなるよりは、このままで良いとの事でした。まぁ、少々のところは体で合わせる、という方針でいく事になりました。そうするにしても、やっぱりワイドフットペグは良いようです。

2020-04-23-11.40
ワイドになって、ぐっとやる気感が出ました

2020-04-23-11.38
フットペグの角度は、純正のとほとんど同じです

2020-04-23-11.24.43
ワイドの方が5mmほどステップ位置が上になります
でも、ワイドにした方が全然乗りやすいです


《余談》お漏らし避け

 ところで、Beta X-TrainerもTT-R125もキャブ車で、トランポに積む時は燃料コックをオフにして車体傾けてキャブのガソリンを抜かないと、運転中のトランポの中でバイクが揺すられて、キャブから燃料漏らして、車内がくっさい事になってしまいます。そんな訳でバイク寝かして燃料抜くのですが、これを自宅の前のアスファルトの道でやると、ガソリンがアスファルトに染みるのか、跡が結構残ります。文句言うてくる人はいないのですが(そんなに人が住んで無い)、点々とシミの跡があるのは、やっぱりちょっとアレなので、今回からオイルパンで受ける様にしました。10ccほど出て来ます。「油の一滴は血の一滴」と言いますので、捨てるには惜しいのですが、ガソリンストーブも使わなくなって久しいので、さて、どうしたもんかな。

2020-04-23-11.49
XR230もキャブ車でしたけど
こんなんした事なかったなー





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:39コメント(4)

2020年04月19日

 新型コロナウイルス騒動で、仕事と買い物以外は絶賛自粛中です。別にバイクの練習するのが感染拡大に何か影響するとも思えないのですが、そういう時に限って怪我して、諸々困った事にもなる事が多いので、そっちの方もしばらく様子見です。
 そんな訳で、暇を持て余してますので、こういう時でなきゃやらない事をやる事にしました。


2020-04-19-12.17
家に駐車場があるお陰で往来の邪魔になりません




■台車の必要性

 モトクロス時代に買った丸山製作所のエンジン洗車機・KSW10-Mですが、購入以来8年、時たまやるオイル交換以外の世話は全然してないのに、スターターの紐が千切れて交換した以外は、今でも元気に働いてくれてます。ただ、問題なのはその重さ。何せ16kgもあります。これを持って水場まで行くのは、結構骨が折れます。重いが故に使わない、なんて事もしばしば。他に使いたい人がいたら、貸してやるから運べ、と使役するくらいです。
 ところが、昨年秋の台風のあと、桶川スポーツランドの泥さらいの手伝いに行った時の事。なんと皆さん、洗車機とポリペールを台車に乗せて運んでいるではないですか。なるほど、こうすれば洗車機を手で運んで移動させる手間がないですし、水もポリペールで一緒に運べて、機動力が一気に向上する訳です。モトクロスの場合、水場はパドックの直ぐ近くに設けられる事が多く、台車で運ぶほどでもなかったのですが、モタードではこうするのが当たり前の様でした(まぁ、あっちは広いサーキットの掃除で使うのですが)
 となれば、自分も台車を使いたくなる。特にパドックから水場が遠いコースなんかでは、絶対にあった方が良い。自分で16kgを運ぶ労苦を考えたら、台車を出し入れする手間など、物の数ではありません。

2020-04-15-13.03
エンジン洗車機「丸山くん」
ほとんど壊れず、今日も元気ですが、重たいです

2019-10-20-09.47
桶スポ復興支援の一コマ
台車に洗車機を載せる発想は、これまでありませんでした


■台車の運用法

 一口に台車といっても様々な物がある訳ですが、この洗車機を載せる関係で、二輪タイプのカート式は除外。四輪タイプの物から選ぶ事にしました。オフロードのコースで使う事を考えると、車輪の大きなタイプが理想的なのですが、そういうのは値段が高かったのと、トランポに積むにもデカ過ぎたので落選。結局、台に持ち手が収納できるスマートな物にしました。これでも耐荷重は80kgですので、洗車機やクーラーボックスなど、その他荷物を積むには十分でしょう。当初は角形のポリペールも積めるサイズを考えていたのですが、後述する様にトランポの棚に収納する事を考えて、洗車機が載れば充分なサイズの物にしました。
 とりあえず積んでみた感じは、「手で運ぶよりは、遥かに楽」というもの。このまま町内一周しようかと思うほどの楽さでした。普通に道端を運ぶ分には、洗車機の自重も結構あるので、落っこちたりする事はないと思います。ただ、オフロードのコースは地べたがガタガタですので、滑り落ちてしまう可能性が高いです。なので、そうした所では、タイダウンで台車と洗車機を縛着するなどの工夫が必要です。そうする手間をしても、手で運ぶよりは遥かに楽ですし、楽という事は出番も増えるという事です。

2020-04-15-15.00
今回の主人公、スリム台車
なんですが、こいつを積む為に、結構な手間になりました

2020-04-15-15.31
良い感じに台車に収まる「丸山くん」
手で運ぶより遥かに楽です


■台車の収納場所

 さて、問題なのは、この台車をどこに収納するかでした。自分のトランポは、他の人に比べれば荷物が少なくて空いてるスペースが多いのですが、用事もないのに毎回出したり入れたりは面倒臭いので、使う時だけ出す、要らん時は邪魔にならんとこに収納する、というのが自分の流儀です。
 一番最初に考えたのは、右側のメインのバイクの側のタイヤハウスの上。左側のサブのバイクのタイヤハウスには、折り畳みのテーブルが配置してあるのですが、これと同様のやり方です。しかし、実は右のタイヤハウスは、着替える時の腰掛けとして使っていて、仮にここに物を置くとしたら、毎回どかさねばなりません。
 次に考えたのが、棚の真ん中に収納している折り畳み椅子を出して、そこに台車を入れる案。というのも、椅子はほぼ毎回使う割には、一番奥にしまってあるので出すのに手間がかかるのと、仕舞うのも一番最初でなくてはならず、ずっと使い勝手が悪いと感じてました。むしろ椅子こそ、右のタイヤハウスに置いた方が、いの一番に取り出せて、仕舞うのもバイクを積んで、最後に積む事が出来ます。
 ところが、この棚を作った時は、そこに台車を入れるなんて事は考えておらず、むしろコンテナが丁度入るサイズで作っていました。なので、台車を入れようとしたら、微妙に幅が足りない。若干10mmほど足りない。上に乗っける格好にすると、運転席のルームミラーで後方を見るのに邪魔になる。さぁ、どうするか。

2020-04-15-15.01
トランポの右側のタイヤハウスに置く案
実際には、上に見える網からストラップで吊る格好になる

2020-04-15-15.32.56
しかし、ここは着替える時に腰掛けるので
あまり物を置きたくないんですよね

2020-04-15-15.32
椅子は棚の真ん中に入れているのだけど
ここだと出すのは最後で入れるのは最初と
実は結構使い勝手が悪い

2020-04-15-15.33
ここに代車が入ればベストなんですが
実に微妙に入らない
このままでは落ちそうだし、ルームミラーにも邪魔

2020-04-15-13.54
まさか台車を入れるなんて想定してなかったので
幅はコンテナが入るジャストサイズです



■台車の収納場所

 そこで考えた案は二つ。まず、棚をバラして、棚の幅が40cmになる様に作り変える案。しかし、これだと改めてコンパネか何かを買ってきて、ホムセンでサイズに切って貰って、ネジ抜いて付けてと、結構大層な作業になります。ちなみに、この棚作った時もそれなりにデカいので大変でした。なので、あまり大変な事はしたくない。
 次に考えたのは、椅子入れてる所の切り欠き部分を、台車が入る程度に拡大して、台車が棚から少々はみ出るのは目つぶって、台車が飛び出て来ない様に切り欠きの左右にフックでも付けて、ゴムバンドで固定する案。これならジグソーで切り欠くだけですし、新規に板を用意する手間も金も掛かりません。その代わり、棚の表面にフックが出っ張って、なんか引っ掛けて怪我しそうです。
 しかしまぁ、新型コロナのお陰で、休みは多くなったし、どうせ暇持て余してるし、こんな時でなきゃ、面倒臭い作業はしてる暇もないので、一つ目の案、つまり棚をバラして幅を広げる事にしました。現状で38cmですが、余裕見て40cmに拡大する事に。この程度増やしても、バイク積む上ではあまり影響も出ないでしょう。

2020-04-19-09.48
まず、木ネジを露出させるために、表面のクッションフロア剥がし
まさか作り直すとは思ってませんでしたが
両面テープでとめてあるので、パーツクリーナーで剥がせます

2020-04-19-11.18
古い両面テープを剥がして、木ネジを外します
電動ドリルは、トランポの板張りをした時に買ったもの
壊れもせず、ずっと使ってます

2020-04-19-11.28
左が古い38cmのコンパネ
右が新しい40cmmのコンパネ
2cm大きいだけで、かなり大きく見えます

2020-04-19-11.46
エンジン部分に当たるところを切り欠き
このジグソーも、板張りの時に買ったものです

2020-04-19-11.55
前の棚板の跡に合わせて、新しい板の棚板をつける位置を決めます
(ネジ穴を再利用するため)

2020-04-19-12.02
仕切り板に棚板をつける作業が一番大変
前回は一人で四苦八苦してましたが、今回は嫁さんのサポートがあって
とても楽に作業ができました

2020-04-19-14.31
あとは、バリバリっと木ネジを打ち込んで完成
と言いたいところですが、結構修正しました
両面テープを貼って、クッションフロアは再利用

2020-04-19-15.03
滑り止めシートも今回は棚の底に貼り付けました


■棚の使い心地

 そんなこんなで棚完成。まぁ、作る手順は前と一緒だし、始めてしまえばとっとと完成してしまいます。使い心地も何も、幅が2cm広がっただけなので、前と基本的には変わらないのですが、やっぱりちょっと余裕を持って物を積める様になりました。バスケットだのコンテナだのの横に、すぐ取り出すもの(サービスマニュアルとか割り箸とか衛生材料とか)を入れてましたので、それらがさらに入れやすくなりました。
 さて、肝心の台車の出し入れですが、当然のことながら、いい感じにフィット。努力した甲斐があろうというものです。出し入れしやすい様に切り欠きを若干広げたので、トランポの横ドアの外からも出し入れし安くなりました。結構下の方までズボッと入るので、下の方に余ったコンパネで箱でも作って、非常用の食料とか水でも入れようかと思いましたが、流石に今日は疲れたので、また今度にしました。

2020-04-19-14.46
いい感じに収まる台車
他にも何か入れれそうです

2020-04-19-16.11
後方から見た図
もうちょっと上の位置に台車があっても良いので
下の空きスペースの活用を考えます

2020-04-19-16.11.48
棚自体も結構余裕ができました

2020-04-19-16.26.54
椅子は右のタイヤハウスのところに
うっかり床に落ちることもありそうですが
今のバイクはキャブ車なので
ガソリン漏れない様にしないと






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 21:22コメント(0)
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon