TEAMつぼ焼き

2021年04月12日

 先日のWEX勝沼で、まさかの肋骨骨折の憂き目にあったのを機会に、「脇にも装甲のあるチェストプロテクター」に買い替えを決心しました。まぁ、今まで使ったリアットの5.5チェストプロテクターも、かれこれ5年使ってて良い加減くたびれてましたし、一応骨折という事で、生保からも保険が下りるので、買い替えの良い機会です。


2021-04-11 15.11.11
左がこの度買った6.5、右は5年使った5.5
パッと見た目は、5.5の方が好きでしたが、、




■見た目と裏側

 この6.5 Proチェストプロテクターは、まだ発売されたばっかりの新型です。使い慣れた5.5にもHDモデルには脇の装甲があり、新製品が出たせいか、前に比べるとちょっとお安くなっていたので悩みました。というのも、実は見た目は前の5.5の方が格好良く感じてて、新しい6.5は、なんかノペっとした見た目で、第一印象としてはあまりハートに刺さるものが感じなかったからです。しかし、どーせなら新型買った方がブログのネタにもなるので、新しい方を買いました。
 ちなみに、色は黒一色と、この黒白の2種類で、自分はチェストプロテクターは白を選ぶ事にしているので、今回のは黒が多くてちょっと不満でしたが、まぁ、これしかないので仕方ありません。
 色はともかく、プロテクターの裏を見ると、結構通気性に気を使った作りになってる事が分かりました。布地やスポンジ部分が少ないので、仮に雨や泥に塗れても、後始末が楽そうです。

2021-04-11 14.36.04
表側
どうせなら、腹んとこも白くしてくれた良かったのに

2021-04-11 14.36.17
裏側
表もそうですが、デザイン的にはシンプルな感じです

2021-04-11 14.36.31
裏側
熱を逃がすパターンが刻まれている様です


■着てみた感じ

 早速着てみたのですが、黒い部分は基本的にソフトな感じで、白い部分が強固な樹脂で構成されているらしく。絶対ガードしなければならない胸や背骨、肩といったところは、がっちりガードしつつ、動きやすさも考慮した作りの様です。着けてみて、見た目云々の不満は吹き飛びました。
 今回、一番気にしてた脇の装甲ですが、自分はかなりデブっているので、脇の部分は閉まりきらず、本来ならプロテクターの前の部分の裏側に潜り込む部分が脇の横に来てしまっているのですが、まぁ、何もないよりはマシかな、という感じ。肋骨の後ろ側はがっちり防御されているので、ひっくり返った時に運悪く岩だの木の根だのあった時に、良い感じに防御してくれそうです。
 何よりも感心したのが肩のプロテクターで、前の5.5では結構カパカパしてたのが、今度はしっかりフィットしてて、肩から地面に落ちた時にずれたりしなさそうです。フィット感に関して言えば、肩だけでなく、全体的にカパカパ感がなく、良い感じに体についてくる感じ、前の5.5よりもフィット感が優れていると感じました。

2021-04-11 14.39.04
実際に着けてみると、案外格好良いかなぁ、と

2021-04-11 14.39.18
痩せない事には、脇は閉じないですよねぇ

2021-04-11 14.39.22
背中は、腰の部分が少し反らしてあって
フィット感を増しています

2021-04-11 15.04.38
肩の装甲もぴったり肩にフィットする形状です



■ネックサポート対応型にする

 この6.5 Proもネックサポートに対応していますが、5.5の時はネックサポートの前後のベロを入れる部分がチェストプロテクターに設けてあったのに対して、6.5ではネックサポートを使う時は、ベロが当たる部分の装甲を外す事で対応しています。
 外し方は、プロテクターの裏側のネジを外し、装甲を外すのですが、前の装甲は比較的簡単に外す事が出来たのですが、後ろの方は説明書に書いてある通りに、上に引っ張っただけでは外れません。散々悩んだ訳ですが、プロテクターをちょっと曲げて、取り外す装甲にハマっている突起を起こしてやる事で、簡単に外す事が出来ました。

2021-04-11 14.42.44
ネジは、装甲を外したら
元どおりに付け直しておく様に

2021-04-11 14.43.02
前は上にうんしょと引っ張れば取れます

2021-04-11 15.00.01
説明書通りに、上に引っ張っても取れません

2021-04-11 15.00.08
プロテクターをちょっと曲げてやる事で
突起が浮いて外しやすくなります


■ネックサポートを着けてみる

 写真を見て貰えば分かると思うのですが、装甲を外すと、結構広い範囲で体が露出します。特に後ろの方は、ネックサポートをしても隙間が大きく、こんなんでプロテクションを担保できるんかな、と思うほどです。
 しかしまぁ、一応はこの状態でも十分な防御力を発揮できると踏んで設計されているのでしょうし、猛烈なジャンプ飛んだりする訳でない(つまり、空中から、背中から落下する様な事はない)カントリーなら、十分な防御力があると見て良いでしょう。むしろ、背中が大きく開いているのは、放熱の観点から見れば、冷却効果が高い訳で、むしろその方がポイントが高いかもしれません。
 前の5.5では、ネックサポートのベロを入れるべき所に入れる必要があったので、ネックサポートを着ける際は、トランポの窓ガラスなどを見ながら入れる必要があったのですが、6.5ではただ単にネックサポートを着ければ良いだけなので、脱着は楽チンです。ただ、着けただけではグラグラしてますので、肩のところに付いているネックサポートの固定用のゴムバンドを、ちゃんとネックサポートに付けねばなりません。これを付けると、ネックサポートがグラグラしません。

2021-04-11 15.02.43
前の装甲を外した状態
自分は必ずネックサポートを着けるので
常時この格好です

2021-04-11 15.02.49
後ろはこんな感じ
かなり大きく開いています

2021-04-11 15.04.17
ネックサポートを着けた状態
ネックサポートのベロが装甲をカバー

2021-04-11 15.04.23
後ろの状態
結構開いてるけど、まぁ、大丈夫なんでしょう

2021-04-11 15.04.33
肩のところの赤いツマミのついたゴム紐を掛ける事で
ネックサポートがグラグラしなくなります


■まとめ

 今回の6.5 Proで、チェストプロテクターは4代目なのですが、代を重ねるごとに、色々機能が進化してるなぁ、と感じました。防御力に関しては、実際にコケてみない事には確かめようがないのですが、着け心地に関しては、これまで着けたチェストプロテクターの中で、一番の着け心地です。
 脇の装甲も、着けたら結構鬱陶しいかなー、と思ってたのですが、案外そうでもありませんでした。聞けば、肋骨折った人は、大抵脇の装甲があるプロテクターに買い換えるそうです。まぁ、前後にだけ転ける訳ではないので、横にも装甲があった方が良いには違いありません。

2021-04-11 15.04.51
有ると無いとでは大違いなはずの脇の装甲









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 11:00コメント(0)

2021年03月28日

 今年のWEXイーストの開幕戦はオフビだったのですが、オフビでエンデューロ走りたくなかったのでパス。なので今年のレース第一号は、例年通り、クロスパーク勝沼です。いつもオーナーさんに大ウェルカムされますので、行かん訳にはいかんのです。もっとも、職場で経理担当になった自分は、一年でこの時期は一番ケガしたら行かん時期です。うっかり大ケガして仕事に穴開けたら、クビが飛ぶか、そこまで行かなくても趣味と選べ、とタイトな話しになります。なので、今回は最初から慎重運転で行くつもりでした。


2021-03-27 14.01.53
今回はタイヤを前後とも新品に
ミシュラン・エンデューロ、いいグリップしますよ〜




■個人史上、最速記録

 天気は例によって例のごとく、前日はとってもピーカン。でも予報では、本番当日は雨の予報。一応、曇りのち雨という事にはなってましたが、勝沼ではそういう時は朝から雨だと思っておいて間違いないです。となると、タイヤの空気圧が重要になってきます。一応、タイヤは今回、前後ともミシュラン・エンデューロの新品で、前はミディアム、後ろは去年発売されたエクストリームに交換してきました。ドライコンディションなら、前が6,後ろは5くらいにセットするのですが、途中から雨が降ってチュルチュルになるのを想定して、前後とも3に落としました。まぁ、空気圧が低くてもドライは走れますが、チュルチュルだと高いままでは走れないからです。(途中で落とす前に大抵こけますし)
 さて、本番。予想通り、朝から小雨がパラパラ降ってました。ただ、コースインした時点では、むしろ地面が良い感じに湿ってベスコン状態。一番最初の大坂の脇の上りウッズも、一番奥の整地されたラインに行こうとしたら、間違えて一本手前のレールに入ったもののグイグイ登り切り、勝沼のレースにしては珍しく1周目から3速に上げて走るくらい調子がいい。そのあとの下りもウワウワ言いながらもススーっと降りて、今日は調子いいなーと思ってたら、下りでいきなり滑ってコケて、何かが左わき腹を下から突き上げました。バイクはフロントフェンダーが割れるし、向きが逆さになってコースを塞ぐし、で散々。でも、そのままでは後続に迷惑かけるので、痛いの我慢してバイク起こして斜面側に投げ、邪魔にならない斜面にへたり込みました。
 結局、バイクはマーシャルさんにコース外に引きずり出してもらい、しばらく痛みが落ち着くまで休んだあと、雨が本降りになり前にとにかく1周は乗って帰るという事で、振動が来るたびに痛い痛いと言いながら、ともかく1周は走ってピットイン。「あとでJNCCにスポ安申請するかもしれんから」と勧められて、救護所で手当てを受けました。10分くらいは走ったのかなー、と思ってたのですが、あとで動画を見直してみると、レース開始からたったの3分くらいのところでコケててて、ギャフンな一日でした。

2021-03-27 15.22.10
お古のタイヤ(といっても、バリ山)を
若衆に譲りましたw

2021-03-27 16.53.52
今回は3人でエントリー
そーいや、WEXもBataが増えましたねぇ

2021-03-28 08.02.15
出走前のワタクシ
走り終わるまで雨脚早くならないでくれ
って感じでした

ゆっくり動画を作るのが難儀なんで
地声で解説しましたw


■クロスパーク勝沼が苦手な理由

 今回の90ミニッツのコース、あのままのコンディションだったら、とても走りやすくて、面白いコースだったと思います。それだけに、あまり走れなかったのは結構残念な気分でした。その一方で、今回の動画を見ていて、ちょっと気になった、というか、この趣味初めて13年にしてやっと気がついた事がありました。
 というのは、クロスパーク勝沼のコースの登りと降りの比率は、体感的に2:8くらいである事。となると、降りが苦手な自分にとっては、ほぼ苦手なコースであるという事です。登りがあれば降りがあるのは当然な事ですが、これまで何となく苦手意識を持っていたのは、降りの方が多いコースだったからです。
 何で降りが苦手なのかというと、それは「意のままにならず、いきなりコケる事がある」からです。登りでコケる時は失速してコケるのでダメージは少ないですが、降りは勢い付いているのでコケた時のダメージも大きい。となれば怖い訳で、サーっと降りればどーっちゅう事ない下り坂でも、慎重に下って余計怖い訳です。まぁ、今回は調子こいて、うっかりコケましたが、やっぱり降りでコケるのは怖いもんです。
 今回、他の人の走りを色々見ていましたが、やっぱ降りが皆さん速い。上手な人は降りでアクセル開けると言いますから、そんな人と降りが怖い自分では、諸々雲泥の差があるという訳です。この辺りは、もう慣れるしかないのかなー、という気がします。ただ、降りの方が多いとかいった事を、これまで教えてくれたり指摘された事はなかったので、ちょっと自分の中では、盲点的な気づきでした。

2021-03-27 19.49.11
毎度ぜいたくな前夜祭
もう、これやりに来てる様なもんです

2021-03-27 20.27.59
勝沼ではあまり上手に飯が炊けないのですが
今回は珍しく、上手に炊けました



■登りと降りとどっちが難しいか?

 エンデューロやってると、よく言われるのは「他の人は登っていくのに、自分は登れなかった」という話し。まぁ、これはバイクの操作に関係する部分もあるのですが、それ以上にバイクの性能に掛かってくる要素だと思います。パワーだとかトルクだとか、そういう部分です。極論すれば、どんな低速で坂に侵入しても、途中でエンジン止まらなければ、坂は登りきれます。
 その点において、Beta X-Trainerは非常に良く出来ていて、CRFとか他のバイクだったら、エンジン止まりそうなほどにエンジンの回転が落ちてきても、ちょっとクラッチレバーを引いてやれば回転が上がり、クラッチを繋いでやれば前に進みます。それでいて、過度にパワフルだったりピーキーだったりする訳ではないので、非常にイージー、というか信頼できるバイクです。この辺り、同じBetaでもRRはレーシーな作りになっているので、自分にはしんどかったりします。
 しかし、降りの方はどうかというと、これはどんなバイク乗ってても、大して差はないと思います。というのも、降るのはエンジン特性とかはあまり関係がないですし、どんなにグリップするタイヤ入っても、滑って落ちていく時はそうなります。
 降りは、フォームとかバランス感覚とか、そういうのがむしろ影響すると思いますし、それ以上に「慣れ」の要素も大きいんだろうと思います。先にも書きましたが、「意のままならん」状態で落ちていく訳ですから、怖いには違いないのですが、だったらダウンヒルの練習でもして、慣れていくしか、解決法はなさそうです。

2021-03-28 06.03.04
翌朝のお天気
早くもパラパラ降ってました

2021-03-28 07.11.43
朝はいつもほとんど食えないので
バナナもらって食べました

2021-03-28 07.41.36
出撃準備中
ワシのケツがデカすぎて、ちょっと嫌w

2021-03-28 07.48.16
それなりに何となく勝沼に慣れてるので
緊張感ゼロです


■危険なスポーツにおける責任ある社会人としての身の処し方

 翌日、一応念のため、整形外科に掛ったのですが、診断結果はまさかの肋骨骨折。骨折れるほど痛かった訳でもなければ、骨折れたほど痛い訳でもないのですが、医者が折れてるというからには、折れてるのでしょう。これで生命保険とスポーツ安全保険から、何がしの給付金が降りるのですから、むしろ「美味しい怪我」だったかもしれません。
 しかし、冒頭にも書きましたが、この時期は職場の決算と監査の時期で、自分は決して仕事に穴を開ける訳にはいきません。その見地では、怪我するなど以ての外で、たまたま運が良くてこの程度で済んだ、というところです。まぁ、骨が折れようが何しようが、ちゃんと仕事できたらそれで良い訳です。
 この種の話しになると、「だったら辞めりゃ良いじゃん」という、結果至上主義や宿命主義との論争になるのですが、黒か白かの二極しかないのは、人生つまらないですからね。その辺りはいい塩梅に、ヤバイと思ったら途中で止める、その不名誉を甘受する、そのくらいの気持ちの余裕があって良いと自分は考えています。

2021-03-28 10.13.19
救護所で小柄な看護師さんに巻いてもらった包帯
この時点では、打ち身程度だと思ってました

2021-03-28 10.14.22
ボッキリ折れたフロントフェンダー
ウランコアデザインスのデカールが
破片を持って帰りました

2021-03-28 10.58.57
レース後、マーキュリープロダクトのテントで記念撮影
ワシ以外は入賞しましたw

2021-03-28 12.06.26
午後は相当グチャッたらしいですが
午前の自分らは、あまり汚れず洗車が楽そうですw









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2021年03月15日

 以前、「無いものは作る」という事で、ABS板の積層から削り出しでライトカウルを作った事があるのですが、今回のアイテムも同様にABS板の工作です。サバゲー時代に培った技術の援用です。
 今回は、レース中や練習の時に時間を見るための時計のマウントです。


2021-03-14 11.19.48
何のかんので、針の時計の方が見やすいんですよね




■ハンドルの所に時計が必要な理由

 モトクロスをやっていた時代には、この手の時計は必要とはしていませんでした。というのも、自分が出ていた草レースでは、レースの時間がせいぜい10分程度しかなかったからです。練習でも、何十分も走り続けようという様な練習はしておらず、仮に時計をつけたとしても、せいぜい昼飯時を知る程度の意味しかありませんでした。
 ところが、エンデューロとなると走る時間は60分から2時間近くになる事もあります。つまり、「レースが始まって、今何分なのか」というのを知る必要が出てきた訳です。自分などは、「後何分走らないかんのか」とか「L1でもう1周走る時間が残っているのか」といった、ぶっちゃけちょっと後ろ向きな考えで使う事が多いのですが、それにしたって、コース上で見たい時に時計が見れるかどうかは、レース運びを判断する上で大事な事なのです。
 練習にしてもそうで、「今日は気合いれて30分走り続ける」とか「何分くらでバテるか知りたい」という時に時計があると、意外と頑張れたりします。逆に時計がないと、目一杯走ったつもりでも、実は思ってた半分くらいしか走ってなかった、なんてのは結構ある話しなのです。
 標準バーの時は、バーパットの所に腕時計を巻いておけば良かったのですが、ファットバーのバーパットには時計を巻く訳に行きません。最初は、水道管の凍結防止のカバーなどを使って腕時計を巻いてたのですが、しっかり固定する事が出来ません。そこで、ABS板を積層して削り出し、タイラップでハンドルに固定するのを思いついたのです。

2021-03-03 11.05.23
ヒートガンで曲げて作ろうとしたんですが
収縮してやりにくいので、伝統の「短冊式」で作ってます

2021-03-04 04.13.03
箱型を作って、その中身でABS板の端切れで埋めます

2021-03-06 12.10.41
流動性の高い瞬着が非常に威力を発揮します






■使う時計の種類

 ハンドルについている時計は、別に止まっている時に見るだけでなく、走ってる最中にもチラ見する事が多いです。なので、視認性の良い針の時計を使っています。しかも、文字盤は白で針が黒のが一番見やすいです。
 デジタル時計を使わない理由は、時間は分かっても残り時間などを頭で計算せねばならないからです。その点針の時計だと、視覚的に残り時間を理解する事ができるので、むしろその方が便利という訳です。自分が高校生くらいの時、デジタル時計が大流行りしまして、当時のミリタリー雑誌にも「将来は兵隊がつける時計はデジタルになる」みたいな記事がありましたが、21世紀も20年経った今でも、針の時計が使われているのは、だいたいこうした理由があるからだろうと思います。
 まぁ、この辺りは好みなので、好きなのを使ったら良いと思うのですが、一つ言えるのは、雨や泥をかぶったりする事があるので、生活防滴くらいの機能はあった方が良い事。また、ぶっちゃけ雑な使い方になるので、ホームセンターで売ってる1000円くらいの安い時計にしといた方が良い事です。

2021-03-06 17.49.22
ホームセンターで売ってる安物の時計
定価を見てびっくりしました(実売1000円くらい)

2021-03-06 17.50.18
ベルトは切り取って使います
ベルクロテープは粘着タイプを使います

2021-03-06 18.04.39
滑らぬシートを使うと、がっちり固定できます


■取り付け方

 自分が作る時計マウントは、一応、ファットバーの一番太いところを基準に作っています。というのは「大は小を兼ねる」で、標準バーないしはファットバーでも細めの所につける際は、滑らぬシートを厚めにセットして、タイラップで絞って固定するからです。ファットバー基準にしておけば、標準バーを使ってた人がファットバーに切り替えた時も、そのまま使えるという寸法です。
 このマウントは、ABS板をABS接着剤で接着し、さらに速乾性(シャバシャバの浸透性の高いやつ)の瞬間接着剤で固めてありますので、まずまず壊れる事がありません。まぁ、付いてる場所的にも、よっぽど運が悪くない限り、マウントが取れたとか壊れたりする事はないと思います。既に数年使ってますし、他の人にも譲った事もありますが、壊れたという話しはありません。
 時計に関しては、脱着がしやすい様に、ベルトの部分を切り取って、時計はマジックテープで取り付ける格好になっています。時計の電池は、大体2年もしたら切れて動かなくなってしまうのですが、その際は時計を買ってきて、マジックテープでくっつけたら良いだけです。
 作った本人が言うのもなんですが、ぶっちゃけ、しょーもないもんだと思うんですが、やはりあると無いとじゃ大違いだし、タイラップが通る様に作るのはそれなりに手間だし、ハンドルバーの形にABS板を形成するのも面倒くさいので、それなりの逸品だと思っています。
 まぁ、こんなもん、製品化したところで売れないとは思うのですが、一応、この作品の権利は放棄しませんので、もし製品化しようという気特なメーカーがありましたら、ワタクシまでご一報くださいw(作って欲しい方には、2,000円でお作りしますw)

2021-03-06 18.04.47
自分でも芸が細かいと思いますが
タイラップを通して使います

2021-03-14 11.20.06
標準バーの場合は、厚めに滑らぬシートを使います

2021-03-14 11.20.00
時計は脱着できますが
時計が止まって交換する時くらいしか外しませんw
あと、意外としっかり固定できるので
走ってて、取れたりする事はありません








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 10:30コメント(0)

2021年02月28日

 緊急事態宣言は7日まで続くらしいですが、世間はもう解除したも同然の気分な気がします。というか、ぶっちゃけた話し、コースで安全に練習する分には、密もソーシャルディスタンスもあまり関係ない様な。自分が去年、論じた事が、結局当たり前になった感じです。という訳で、今月3回目の練習は、イワイサーキットのMXコースになりました。


2021-02-28 08.56.21
寝不足で寝過ごしてきたのに、誰も来てませんでした
(関宿ファクトリーでみんな寝てたらしい)




■カチパンドライ

 Motoshop TOYZが関宿に引っ越してから、イワイサーキットが店からとても近い(約10分)という事もあって、イワイに行く機会が増えたのですが、それ以上に、軽いモトクロス練習ができるコースになってくれた事が嬉しいです。しかも、今度は丸太の練習もできる様になっていて、なお結構な感じです。
 ここしばらく雨が降ってないせいか、路面のコンディションは完全ドライどころか、カチパンです。こういう路面では、タイヤの空気圧は前後とも0.9くらいにしないとまともに走れません。まぁ、丸太もあるんで、前0.8の後0.7にしてみたのですが、どうにもしっくり来ない感じでした。
 ちなみに、エンデューロ部の隊員のは、いわゆるガミータイヤを履いている人もいるのですが、こういう路面ではタイヤの空気圧を上げても、グニャグニャして上手い事走れません。その意味で、FIMタイヤって良く出来ていて、アスファルトとかこういう路面はむしろ得意なくらいです。

2021-02-28 08.58.29
新設されてた丸太セクション
今日は何となくやる気でなくて挑戦しませんでした

2021-02-28 09.20.53
誰もいないけど、お金払ったんで準備します


■ブレーキペダル調整

 WISEのブレーキペダルの出来栄えはとても素晴らしくて、とにかく踏み白の部分が引っかからないので、うっかり踏み込んだりする心配がなくなりました。その一方で、タッチが柔らかくなったせいか、純正のペダルの時よりも踏み込まないとブレーキが効いてこない様な感じもしてました。
 もともとクロトレのブレーキペダルは、結構高い位置に設定されていて、CRFなどだとペダルの踏み代はステップと面一なのが、クロトレは10mmくらい高い位置に設定されています。これだとしんどいという事で、調整ナットを薄くしてもらって、面一くらいになる様に低く調整しました。ところが、WISEのペダルに変えると、位置は別に変えなくても良いのですが、先に述べた様に前よりも踏み込まないとブレーキが効いてこない感じです。
 ところで、WISEのブレーキペダルは、踏み代の位置を一段後ろに下げる事が出来ます。小さい足の人とか、足を前後にずらさずブレーキ踏みたい人用だと思うのですが、試しに後ろに下げてみました。理屈としては、ペダルの高さを変えず、踏み代の位置だけ若干上がった事になります。
 最初の内はガク踏みする事がままあり、ちょっと操作しにくい感じでしたが、一日乗ってる内に慣れてしまいました。むしろ、スタンディングで坂を下って降りている時に、足の位置を変えずにブレーキが踏める様になって、この位置の方が良いかもしれません。
 まぁ、やっぱりダメだという事であれば、踏み代を前に出して、ペダルの高さを調整すれば良いだけです。いろんな調整が出来るという意味でも、このブレーキペダルは買いだと思います。

2021-02-28 09.25.23
翌日しんどくなりそうなので
筋肉痛避けにクエン酸飲みました

2021-02-28 10.41.24
ブレーキペダルの踏み代を後ろに下げました
ボルト2本で調整可能なのが嬉しいです

何となく疲れた走りだなぁ
コブの通過もキレがありません





■晴モード慣熟訓練

 晴モードは、前々回の谷田部から急に使い出したのですが、その効能は理解できるものの、まだ体が十分に耐えれてない事から、慣熟訓練する必要を感じてます。以前なら、忙しなくて、すぐしんどくなってしまうので雨モードオンリーだったのですが、忙しなくしんどいなりに慣れてしまうという訳です。
 実際のところは、やっぱり結構しんどいな、という感じです。いつもなら5〜6周は走るのに、3周も走ったらご馳走様みたいな。もっとも、金曜日の晩から土曜日一日、ずっと起きてて、土曜日は庭で野良仕事もしてたし、結構疲れてたのかもしれません。
 しかしまぁ、何のかんので、雨モードに戻す事なく、ずっと晴モードで走ってましたから、雨モードとは違う加速Gにそれなりに慣れてきたのかもしれません。それはそれで良い事です。大事な事は、苦手意識がなくなって、選択肢の一つになるという事ですから、こういった練習も有意義だと思います。

2021-02-28 12.31.18
イワイガールズ謹製の豚汁と
嫁さん謹製のおにぎり

2021-02-28 13.30.14
昼前にはウチの兵隊さん達も集まってきました


■まとめ

 ぶっちゃけ、今日はなんだか気がつかない内にしんどい感じで、いつもなら60分くらいは乗るのですが、アワーメーターを見てみたら、24分くらいしか乗ってませんでした。というか、ウエストベルトが腹というか腰に食い込んで痛くて、途中でやめちゃったという感じです。
 ここ最近、炊事部活動でいろんな物を作り、しかも失敗にメゲズに再チャレンジしたりもして、作るしりから腹に納めててたら、ブクブク肥え出したみたいです。人に言われるまでもなく、結構やばいです。先週と大して体型は変わってないと思うのですが、元気の振り幅が大きいというのは、やっぱり体型のせいです。
 という訳で、そろそろ絞りにかからんといかんな、という事で、再び豆腐生活に戻ろうかと。月末のWEX勝沼までに、10mmでもウエストを絞らんといけません。

2021-02-28 16.26.16
しんどい時は無理しない方針ですw

2021-02-28 16.32.00
RR2T組がつけてたP-TECHのごついスキッドプレート
しょっちゅうチャンバーが歪むのでつけたとかw

2021-02-28 16.37.27
今回も洗車なしで終了〜〜
そろそろ洗わないとな








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2021年02月24日

 色々具合のいいBeta X-Trainerですが、ハードエンデューロで使われたりするバイクの癖に、納車時にはリアディスクガードが付いていません。国産のモトクロッサーなど、樹脂性とはいえ一応は付いているのに、不思議なもんです。まぁ、付けたかったら自分で後付けしろって意味なんでしょう。という訳で、自分も付ける事にしました。


2021-02-20 14.01.33
Motoshop TOYZ 関宿ファクトリーに搬入〜




■付ける必要性

 リアディスクガードは必要かそうでないかの問いは、使い方によって変わってくると思います。例えば、オフロードでは使わないよとか、オフロード行ってもフラットダートしか走らないよ、という事であれば、あまり要らないと思います。そういう人は、スキッドプレートやリングガードも要らないと思います。
 しかし、岩がゴロゴロの所に行ったりする人は必須でしょうし、自分みたいなクロカンライダーでも、ワイルドクロスパークGAIAのウッズなどには、ギリギリヒットする岩があったりして、やっぱり付いてた方が安心感があります。その昔、この趣味を始めたばかりの頃は、XR250に乗っていたのですが、あのバイクも足回りやエンジン下部の装甲装備はロクに付いてなくて、エンデューロ始めるにあたって追加で装備しました
 ちなみに、ディスクガードをぶつけて、削れたり歪んだりすると、交換になるのですが、大体2万円くらいします。まぁ、壊れたもんは仕方ないですが、それがレース中だったりすると、走れなくなったり、無理に走って他のところがおかしくなったりと、あまり具合良くありません。むしろ、戦闘力を喪失しないための、予防措置として付けておいた方が無難でしょう。

2021-02-20 14.00.37
ノーマル状態ではリアディスガードはついていません


■どこのにするか

 クロトレに付けれるリアディクガードは何種類かあります。
 まず、Gecoのリアディスクガード。これは税別22,000円もするお高いやつです。色が赤なんで、格好いいですが、何せお高い。Wiseからも出ていてます。税別17,600円。これも色が赤で格好いいと思ったのですが、実際つけてる人のバイクを見てみると、岩にヒットすると赤の部分が削れたりして、それがちょっとーって感じました。Boanoからも出てたみたいですが、税別19,300円とちょっとお高い。しかも今はSOUD OUTみたいです。
 そこで選んだのが、エンデューロエンジニアリングのリアディクガードでした。税別で13,000円と一番安かったのもさる事ながら、見た目が一番カッコいいと思ったのと、アルミ無垢なので削れても傷が目立たない、そして何より、伝統的にEEのガードをよく使っているので、これにしました。スキッドプレートとおソロのラウンドの穴あきのやつです。

2021-02-20 14.34.23
フィンの部分は取り外しが可能で
そこが壊れたら別売で取り寄せができます

2021-02-20 14.54.34
新品時の仕上げはいい感じに綺麗です
結構ごっつい出来栄えです





■取り付け

 取り付けは自分でも出来るかなぁ、と思わなくもなかったのですが、ブレーキキャリパーを外して付け替える必要があり、やっぱブレーキは結構大事でいい加減な事はしない方が良いと思ったので、お店で付けてもらう事にしました。前は自分で出来る限り付けようとしてましたが、大抵不測の事態が起こりますし、そうなったら結局はバイク屋さんの手を借りる必要が出来てます。チャレンジ精神は大事ですが、餅は餅屋という事です。
 取り付けは、リアホイールを外して(アスクルナット締めすぎと言われました。規定トルクの1割減でやったんですが、100NMくらいで良いとの事)、ブレーキャリパーをアジャストブロックから外して、アジャストブロックに付いてるパーツをENDURO ENGINEERINGのリアディスクガードに移植します。このパーツ、結構固いらしくて、自分でやってたら戸惑ってそうでした。
 あとは、リアディスクガードにキャリパー付けて、ホイール組んでという具合で、ちゃっちゃと取り付けてくれました。

2021-02-20 14.55.29
まぁ、餅は餅屋という事で、今回も自分は見てるだけw

2021-02-20 14.56.00
上が純正のアジャスターブロック
NISSIN製です

2021-02-20 14.56.11
念入りに洗車してるつもりですが
スイングアームの内側は汚いですねぇ

2021-02-20 15.05.53
こんな感じで付きます


■見た目もばっちり

 付けた感じは、写真の通り。実にかっちょいいです。しかもガードの厚みは7mmくらいあって、かなり分厚いです。なんのかんのでヒットする事もあるのですが、こんだけ分厚ければ、リアディスク自体も相当耐えてくれるでしょうし、もちろんディスクも守ってくれるでしょう。よしんば曲がったりしたとしても、フィンだけ交換が出来ますし、スイングアームにつけるタイプではないので、フィンの基部が曲がるといった心配も皆無です。
 重さまでは計らなかったのですが、物がごついだけに、純正よりは重量が増える格好になりますが、そもそもの車重が軽いので、さほど気になりません。まぁ、その前に色んなもん付けてますから、この程度の重量増は、今更wって感じです。これでリアを気にせず、思い切って突っ込んでいけそうです。まぁ、ビビりなんで突っ込まないんですがw

2021-02-20 15.13.40
見た目が実に格好いい
傷もあまり目立たないんです

2021-02-20 15.14.18
ガードとディスクの隙間はそれなりにあります

2021-02-20 15.40.34
店が広くなったので、非常に居心地が良くなりましたw


DSC01379
〒270-0222千葉県野田市木間ケ瀬1626-1
TEL.04-7189-8530
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日、レース開催日









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 08:00コメント(0)
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon