たにし大記録

TEAMつぼ焼き、日本飯盒協会、たにし野営部、その他、たにしさんの活動記録集

たにし大記録 イメージ画像

CRF450RX

 450は熱を持ち易い、という事で、新車の偽装時にトレールテックのラジエターファンを付けたのですが、ファンはラジエターの左側にしか付いていませんでした。ところが去年の日野ハードエンデューロで、事もあろうに左側のラジエターがひしゃげてしまう損傷があり、せっかく
『CRF450RX ラジエターファン追加』の画像

 CRF450RXは原型機からして、それまでの450と比べると乗り易く作ってあるバイクなのですが、さらにエンジンをマイルドにし、サスの性能を下げず、柔らかく、車高を下げ、その他諸々の工夫を凝らして、「250並に乗れる450」として仕上げたのが、ゲイレルル号です。 ところが
『CRF450RX クラッチの考察』の画像

 三宅島エンデューロでいきなり不動になったCRF450RX“ゲイレルル号”、半年の長きに渡って店に留め置きになってましたが、ようやく直って帰ってきました。今回の呼称、おそらく国内でもあまりお目にかかれない故障で、「こんなん出先じゃ、どうも出来ませんわ」という内容
『CRF450RX パルスジェネレーター溶解』の画像

   前回のWEX勝沼戦で、その後半、結構な音を立てていたCRF450RX“ゲイレルル号”のクラッチ。明らかに滑ってる感のある音なのですが、それでも車速が乗ると問題なく走る粘りのある強心臓なエンジンで、最後まで走り通してくれました。その後、自分がちょっと虚脱してしま
『CRF450RX フリクション板割れてた事件』の画像

   CRF450RXはエンデューロモデルという事なのですが、CRF450Rとの外見的違いはサイドスタンドの有無くらいなもので(中身的には違いがある)、転けたり安心してぶん投げたりするには、ちょっと装備不足を感じます。なので、色んな装備を付けて、装甲化しました。 目次
『CRF450RX 装甲化』の画像

   前回の練習で、やはりCRF450RX“ゲイレルル号”は、まだなお車高がCRF250R(X)“モルゲンシュテルン号”よりも10mm高かったという事が分かりました。もっとも、10mmの差でしかなく、ハンドル位置などは今のままでも良い事から、これ以上、機械的にどうにかするのではなく
『CRF450RX 続々・調整編』の画像

   前回の調整で結構腰が強くなった訳ですが、まだ少し腰高感があってサスが固い事、そして何よりもクラッチレバーが重くて、数周もしない内に手が疲れて操作に難が出る、といったところを直す必要を感じました。クラッチレバーの重さは、初めての450という事もあって予想
『CRF450RX 続・調整編』の画像

   RX化したCRF250R“モルゲンシュテルン号”のデータを元に、慣らし運転の前から調整を行ったCRF450RX“ゲイレルル号”。今回は、その調整内容を紹介します。 目次 サスペンション調整 スプロケット交換 クラッチバスケット交換 結果 今回の作業の主役ヒンソンのクラ
『CRF450RX 調整編』の画像

   CRF450RX盆栽作業も今回で最終回、これまでは100%人任せでしたが、今回は30%ほどは自分でやってますので、自分の言葉で色々語る事が出来ます。ご存知の通り、わたくし、成績はイマイチな割には目立ちたがり屋なもので、中身だけでなく、外見も自分好みにやらねば気が
『CRF450RX 艤装編』の画像

   新車が来たら、まずは乗ってみて、というのが普通なんですが、今回はプロやセミプロの人みたいに、まずはバラバラにしてしまいました。なので、今回はその組み立て(分解の反対語は結合です)のお話しです。毎度の事ですが、分解したのもマックさん、組み立てるのもマッ
『CRF450RX 結合編』の画像

   7月20日に早々と届いたCRF450RXですが、あまりにも早く届き過ぎて、自分もバイク屋も態勢が整わず、長い間留め置きになってました。まぁ、普通はうひうひと慣らしに出かけるところなのでしょうが、今回は慣らしの前に、CRF250R“モルゲンシュテルン号”をRX化した時と同
『CRF450RX 分解編』の画像

   去年、ホンダが久々にCRFのXを出すというので、興味津々に感じたものの、それが事あろうか450で、果たして自分で扱えるもんか自信がなかったのでありますが、12月に成田MXPで開催されたJEC試乗会で試乗してみて、「足付き性さえ改善すれば、どうにか乗れそう」と判断し
『2018年モデルCRF450RX納車』の画像

↑このページのトップヘ