日本飯盒協会

2019年01月13日

 「そのまま食べれる非常食」として、今でも需要のある乾パン。しかし、乾パンの評価は今でも低く、「硬い」「味気ない」と言われる始末。まぁ、事実その通りでもあるので反論の余地のないところですが、その乾パンをどうやって食べれば美味しくなるのか今回の企画。非常食として乾パンを備蓄する人の一助になれば幸いです。

2019-01-12-15.32
今回用意した3社の乾パン
日本飯盒協会が体を張ってチャレンジします


 今回用意した乾パンは、カニヤ、三立製菓、北陸製菓の3メーカー。このうち、三立製菓の乾パンは一番メジャーで、結構あちこちのスーパーで見かける事が出来ます。ちなみに、陸上自衛隊に納入されている乾パンも三立製菓のです。北陸製菓は、ムーミンビスケットや食玩でよく見かけるメーカーですが、乾パンは駄菓子系のブースでしか見かけません。カニヤは大型のネービービスケットがたまに見かけますが、小型のは御徒町の二木の菓子以外で見かけた事がありません。
 三立製菓の乾パンは、北陸製菓、カニヤのものと比べると、やや小さく艶があって、食感はバリバリとしてて、味はトーストしたパンに近い感じです。北陸製菓の乾パンは、食感がいわゆるビスケットっぽく、味もほんのり甘く、パンよりもビスケットに近い感じです。カニヤの乾パンは、大きさや艶は北陸製菓と同じで、食感もやや硬めですが似ています。ただ、味は小麦粉の味が強い感じです。
 乾パン単品としての味の差は、人によって好みが異なるところであるとは思うのですが、当協会の私見としては、お菓子寄りのテイストである北陸製菓が第一位、プレーンな味わいの三立製菓が第二位、カニヤが第三位と位置づけております。それを踏まえた上で、これから“付け合わせ”の研究を進めたいと思います。

2019-01-12-15.33
左から、カニヤ、三立、北陸の各乾パン
三立だけは見た目で見分けがつきます


■付け合わせの必要性
 乾パンが不評であるのは、「それ単体のみで食べる」ことに起因します。乾パンを食べる時は、出来る限り、付け合わせや飲み物を用意しておくのが肝要であると思います。

*羊羹と乾パン
 乾パンと羊羹というと、あまり合わない感じがしないでもないですが、あんぱんというのもあるくらいですから、まぁ全く無しという事もあるまいとチャレンジしました。食べてみた感想は、カニヤとは後味が小麦粉臭く全く合わない。三立とは意外にも良く合い、北陸とはそこそこ合いました。
 ちなみに、羊羹は防災用の5年間もつ物もあるので、乾パンと一緒に防災用として用意する事も出来ます。

2019-01-12-15.36
羊羹にも色々ありますが、普通のにしました

2019-01-12-15.38
こんな感じで切って乗せて食べました

kanpan_tasting01

*ミルクチョコレート
 チョコレートと乾パンはよく合います。特にミルクチョコレートは合います。ところが、カニヤのはやっぱりカニヤ独自の味が邪魔して今ひとつ。意外にもパンの耳風味の三立がよく合い、お菓子寄りの北陸は普通に美味しかったです。
 防災用のチョコレートというのはあまりないのですが、チューブ入りのがあったりします。

2019-01-12-15.41
このチョコレートが好き、という訳でなく
たまたまウチにあっただけですw

kanpan_tasting02

*ビターチョコレート
 同じチョコレートでも、大人風味もビターなやつもあるのですが、これはあまり乾パンとは合いませんでした。

2019-01-12-15.44
余談ですが、ビターチョコレートは
ブラックコーヒーによく合います

kanpan_tasting03

*練乳
 練乳もチョコレート同様に乾パンに合います。ただ、乾パンに塗ろうにも薄くしか濡れませんし、多く塗ろうとしても垂れてくるのにで、乾パンを頬張って練乳のチューブをすする食べ方になります。今回のテイスティングでは、やはりカニヤはカニヤの味が邪魔をしていまいち、三立よりも北陸の方が良く合うなぁ、という感じでした。

2019-01-12-15.47
練乳はチューブので長期保存できるのが無いのが残念

2019-01-12-15.48
こうして食べるより、口でチュッチュした方が安全です

kanpan_tasting04

*マーガリン
 乾パンといえども、パンの一種ではありますので、マーガリンもよく合います。今回テイスティングした中で、一番普通に美味しく食べれました。

2019-01-12-16.12
あまりつけすぎると、胸焼けしますw

kanpan_tasting05

*ブルーベリージャム
 いちごジャムやマーマレードも一般に乾パンに合いますが、今回たまたまウチにあったブルーベリージャムでは、ちょっと違った結果になりました。やはりカニヤは例の小麦粉臭があだとなってあまり合わず、三立は普通、北陸はそこそこ合うという結果でした。

2019-01-12-16.17
実は、ブルーベリージャムがそれほど好きでなかったりしますw

kanpan_tasting06


*マヨネーズ
 世にはマヨラーと呼ばれるマヨネーズ好きがいるので、マヨネーズにもチャレンジしてみました。結果は、例によってカニヤにはあまり合わず、三立と北陸にはそこそこ合うというものでした。変わった味が欲しくなった時に良いかもしれません。

2019-01-12-16.15
長期保存できるマヨネーズってあるんですかね?

kanpan_tasting07

*イワシ缶
 ここで一気に趣向を変えて、魚の缶詰にチャレンジしてみました。魚の缶詰にも色々あるのですが、今回はウチにあったイワシの蒲焼き缶に挑戦。恐る恐る口にしたのですが、これが普通に美味しい。カニヤの乾パンとでさえも合いました。もっとも、他の魚缶と合うかどうかは判らないので、さらに調査が必要です。

2019-01-12-15.54
見た目はアレですが、意外とイケました

kanpan_tasting12

*まぐろフレーク缶
 イワシが合うならまぐろフレークも合うかと思ったのですが、これが全然合いませんでした。もうどうにも処置無し。

2019-01-12-15.57
見た目もアレなら、味もアレでした

kanpan_tasting13

*みかんの缶詰
 乾パンと一緒に常備する付け合わせに、常々フルーツの缶詰を推奨しているのですが、これも物によって良し悪しがあって、みかんは今ひとつ。桃やパイナップル、その他の果物だとまた違った答えが出るかもしれません。

2019-01-12-16.01
カナッペっぽくトッピング

kanpan_tasting08



*みかんの缶詰の汁
 乾パンに飲料があれば、食べる苦痛は相当に軽減されます。そこで、せっかく開けたみかんの缶詰のシロップで食べてみました。結果は、まぁ、無いよりは良いけど、あえてこれで食べたいかなー、という感じ。やっぱり、みかんと乾パンはあまり合わないようです。

2019-01-12-16.03
柑橘系の飲み物とは合わない気がします

kanpan_tasting09

*コーラ
 北陸製菓とコーラは以前から合うのが分かっていたのですが、他の2社は今回が初挑戦です。結果は以下の通り。カニヤと三立には全然合いませんでした。が、北陸にも大して合わない。今回買ったミニ缶、中身が薄いんじゃないか、と感じるところもあり、ちょっと不本意な結果です。

2019-01-12-16.05
容れ物が違うと中身も違うのか、ちょっと薄かったです

kanpan_tasting10

*カフェラテ
 ミルクや砂糖の入ったコーヒーは乾パンと合います。今回はカフェラテを使いましたが、三立と北陸には普通に合いました。しかし、カニヤはやっぱり小麦粉臭くて、後味がよく無いという結果になりました。

2019-01-12-16.09
実をいうと、コーヒー牛乳が一番合います

kanpan_tasting11

*ベジマイト
 ベジマイトというと、オーストラリアが開戦理由にするほどのオーストラリアの国民食ですが、おそらく乾パンにベジマイトを用いたのは、当協会が日本初というか、世界初であると思います。結果はゲロマズ。カニヤがどうとか北陸がどうという問題でなく、とにかく塩辛い&苦っぽい。ベジマイトは薄く塗って食べるそうですが、どうやろうとマズイものはマズイ。よほどベジマイトが好きでない限り、絶対お勧めしません。

2019-01-12-16.23
カニヤの分を食べて、悶絶ながらこれを撮ってました

kanpan_tasting14


■総括
 どこまでも私見なインプレになりましたが、参考になったでしょうか。総じて言えたのは、三立製菓の乾パンは、バリバリした食感の割には意外に色んな物と合った、という事です。単品で食べた時は、北陸製菓の方が美味しいのですが、これは予想外でした。
 これから乾パンを常備する人にお勧めする付け合わせとしては、やはりチョコレートとコーヒー牛乳といったところになるでしょうか。チョコレートには防災用のがありますし、缶コーヒーなら3年はもつと思うので、丁度良いかと思います。
 乾パンの付け合わせは、どれが合うかは、試してみない事には分からない事も多いので、ぜひ皆さんも試してみてください。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 01:31コメント(0)

2019年01月06日

 そのまま食べれる非常食としては、乾パンが有名なのですが、ご存知の通り、乾パンは水などの飲料なしで食べると口の中がカラッからになって食べづらくなる、という性質を持っています。自宅などでは、飲料も一緒に保存しておく事でこうした問題を回避できますが、収納スペースが限られているトランポでは、水無しで食べれる食糧の方が良いであろうという事で、以前から海難用のレーションを試してきました。今回は、アメリカ産のデイトレックス・エマージェンシーレーションにチャレンジしてみました。

IMG_4253
デイトレックスというのはメーカー名です


■注意書き
 この種の食糧にはパッケージにあれこれ注意書きが書いてあります。米国産なので、当然英語で書いてあるのですが、もう一言語、フランス語かポルトガル語か分かりませんが、二つの言葉で書いてありました。そこで、英語を自動翻訳して読んでみました。

IMG_4257
1人当たりの栄養情報
サービングのサイズ:1棒
合計重量 480g(16.9オンス)
サービング/パッケージ:12

カロリー 200
プロテイン 3g(7%)
炭水化物 26g(65%)
砂糖 5g
ナトリウム 0.75mg
総脂肪 9g(23%)
   2g(22%)
  モノ不飽和 6g(67%)
  不飽和 1g(11%)
コレステロール
---------------------
成人のU.S.RDAに対する割合
  タンパク質7%
  ビタミンA 1%
  ビタミンC 1%
  チアミン8%
  リボフラビン5%
  ナイアシン4%


IMG_4258
《上段》
成分:小麦粉、野菜のショートニング、サトウキビ、水、ココナッツ、塩

《下段》
飲料水を節約する
最初の24時間は
病気になったり、けがをしたり、砂漠の状態で飲まないでください

最初の24時間後には
1日あたり500ml(1/2リットル、約16オンス)以下の量を飲んでください
供給がほぼ尽きたとき、1日あたり1/10リットル以下
新鮮な水と混ぜて飲むのではなく、決して海水を飲まないでください


IMG_4260
この製品はNON-GMO成分から製造され、NUTフリーです
この配給量はあらゆる緊急事態での使用に適しています


IMG_4261
説明書:
1人6バーで1本のバーを食べます。 少しずつ食べる


IMG_4262
最後は製造年月と賞味期限年月
これは2017年3月製造の
2022年3月賞味期限です




■実食

 さて、早速食べてみました。パッケージは上の切り込みから簡単に破って開ける事が出来ます。この種の食糧は、どんな時でもサッと開けれる様に作ってあるな、と感心します。パッケージを破ってみると、中からビニールで包装されたブロックが12個出てきました。

IMG_4264
簡単に破れます

IMG_4267
こういう感じで入ってます
ブロック1個が200Kcalです


 セブンオーシャンズ救難食糧ERと同じく、圧縮形成された食品ですが、何とも色目が。。コルクボードにしか見えません。ビニールで個別包装されているのは良いとして、爪切った直後だと、ちょっと破り難いかも。
 圧縮形成されているので、包装された状態ではカッチカチですが、ビニールを破って割ろうとすると、意外に簡単にポロンと割れます。この辺りは、遭難して疲労して噛むのも難儀な状況を想定した作りで、他の海難食糧にも共通した作りです。
 食べてみた感想は、若干ほろ苦い味わいながらも、意外にもイケル。以前、アメリカ産のアーク3を食べた事があるのですが、こちらは脂っこいゲロ不味のブロックだったので、ある程度の覚悟はしていたのですが、その予想は外れました。このデイトレックスも水無しでも喉を詰まらす様な事はなく食べれます。上の説明書きでも、水の節約のため24時間は水飲むな、なんて事が書いてあるのですが、これだったら大丈夫です。
 トランポに搭載する非常食として、日本製の救難食糧ERを考えていたのですが、少々お値段がはるのでなかなか手を出せずにいたのですが、デイトレックス は大体1300円くらいですので、この味だったら買いかな、と思いました。早速、2つ追加注文して、トランポに積む事にしました。

IMG_4269
簡単にポロっと割れます
口に入れると、舌の上で溶ける様な柔らかさです

IMG_4270
ネタのつもりで買ったのですが、制式採用決定






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 08:00コメント(0)

2019年01月04日

 缶飯というと、自衛隊の戦闘糧食I型の例の深緑色のが有名ですが、あれは官品ですのでそいじょそこらには売ってません。しかし、同じ中身の缶詰が防災用として市販されています。形は楕円形ですが、中身は同じです。値段は400〜450円ほど。内容量は375gで茶碗2杯ほど。缶詰ですので、製造年から3年持ちます。
 この記事に出てくる缶飯は日東ベスト株式会社のものですが、今はサンヨーの缶飯が一般的に売られている様です。

2004_1128_114747AA
写真は2004年のもの
缶飯以外に、豚汁缶とうどんも用意しました


■調理方法
 この手の缶飯は、熱湯に約20〜25分入れて湯煎する事となっています。大事なのは、「熱湯」に入れる事で、冷たい水の状態で缶詰をドボンして一緒に温めたろと思ったら、殊の外、時間がかかります。また、一個二個が入る程度の小さい鍋なら水が沸くのも早いのですが、写真の様な大きな寸胴で湯を沸かそうとしたら、相当火力の強いストーブでないと、これまた殊の外、時間がかかります。つまり、飯盒で飯を炊くよりは、時間がかかる事が多いです。
 飯盒で飯を炊くよりも利点と感じるのは、調理済みの缶詰なので、温めさえすれば美味しいご飯が食べれる事、湯煎した湯は他に使える事、などがあると思います。

2004_1128_123442AA
この頃はあまり知恵がなかったので
コールマン550Bで、こんなデカイ寸胴を温めようとしてました
(しかも水にドボンして)

2004_1128_123729AA
結果、缶詰が温まるまでに、結構な時間が必要でした



■肝心のお味の方
 自衛隊の缶飯も美味いと評判ですが、民用の缶飯もとても美味しいです。普通に炊いたご飯と遜色ありません。コメ系の非常食としては、アルファ米も最近は相当に出回っていて、非常食としてはそちらの方がポピュラーなのですが、味に関しては缶飯の方が圧倒的に美味しいです。値段的には、缶飯もアルファ米もさほど差がないのですが、賞味期限がアルファ米が5年に対して缶飯は3年、お湯を注いで食べれるのに対して湯煎する手間がかかる、この辺りが缶飯がアルファ米に遅れをとっている理由なのかもしれません。

2004_1128_123535AA
缶飯は今時の缶詰には珍しくプルタブ式ではありません
この種の缶詰は
ぶん投げても壊れない状況を想定してる場合が多いです
湯煎してアッチアチなので
軍手かタオルを使わないと持てません

2004_1128_123847AA
缶飯は
赤飯、とり飯、五目飯、牛めし、チキンドライカレー
の5種類ありますが、どれも美味しいです


■残った缶とお湯の活用
 缶詰全般に言える事ですが、空き缶というのは結構かさばるゴミです。それ故に最近ではレトルトの方が重宝がられる傾向にもあるのですが、缶というのは器の代わりにもなるので、手元に食器などない状況ではそれなりに重宝します。もっとも、切り口には十分注意して、手だの口だのを切らない様にする必要があります。
 湯煎の湯は活用法が様々あります。そのまま味噌汁作ったり、体拭くのに使ったり、缶詰温めた程度では汚染もされないので、非常時には有効活用したいものです。この時は、うどん湯がくのに使いましたが、寒い時期だったので、湯から引き上げてた途端に冷めていき、温めた豚汁も徐々に冷えて、味は美味かったのですが、猫舌の自分でもややヘコぬるい出来栄えでした。

2004_1128_125806AA
湯煎して温めた豚汁缶を、缶飯の空き缶に分けました

2004_1128_130039AA
湯煎した残り湯でうどんを湯がいて

2004_1128_130051AA
まぁ、当たり前に美味しかったです
乾麺でやれば、企画的に面白かったかな


(初出:2004年11月28日 仮想軍隊クラフトフェルト









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 18:30コメント(0)

2018年12月27日

 今、日本飯盒協会本部がある四街道市と佐倉市の境目の街は、周りが畑だらけのせいか、この時期になるととても寒くなります。以前本部があった新小岩に比べると、体感温度で1〜2度は低いのではないでしょうか。ポータブルストーブを使った飯盒炊爨にせよ、焚き火による飯盒炊爨にせよ、実は寒い季節にこそテクニックが求められ、故に面白さがあります。

IMG_4098
いい案配に炊けた時は、しっかりカニ穴も出来てるのですが
重湯が多く残った時は、その溜まり跡が出来ています


■条件の違い
 暖かい季節と寒い季節の条件の違いは、ズバリ、気温です。言うまでもなく、暖かい季節の方が炊き易いのです。当協会では、飯盒を使った美味いご飯を炊くタイムスケジールを
  1. 2合炊きの場合:4〜5分で沸騰する強火にかけ、沸騰したら4〜5分弱火にかける。
  2. 4合炊きの場合:5分前後で沸騰する強火にかけ、沸騰したらそのまま2分炊き、その後3.5〜4分弱火にかける。
 この様に算出していますが、寒い季節だと、飯盒がなかなか温まらず、全力の強火でも5分で沸騰しない事があります。また、沸騰すると、4合の場合だと吹きこぼれが顕著なのですが、この吹きこぼれによって直下の焚き火が一部消され、火力が低下します。その為、本来なら強火のまま2分炊き続けるところが、実際には中火くらいになって飯盒の温度が低下し、その後、弱火段階になってようやく火力が復活し出して、それにともなって吹きこぼれも起こり、結局、中火のままで弱火タイム終了まで引っ張る格好になります。その為、吹きこぼれが不十分でなく、飯盒内の水分が多いままで蒸らす格好になるのですが、外気が寒い為に飯盒が冷える速度も早く十分蒸れないとか、汁気が多いから火にかける時間を伸ばしたら底が焦げたとか、そういった次第で、暖かい季節より上手に炊けないのです。
 こうして炊いた飯はどの様になっているかというと、まず、タイムアップになっても重湯が多く残っている(蒸らし終わった後に蓋を取ると、重湯が溜まった跡が残っている)。従って蒸らし直後には水気の多い飯になっている。そしてポータブルストーブで炊いた様な、火の通りが足りなくて米の味が十分出てない味になっています。

IMG_4087
とにかくクソ寒いので、早く火を起こしたいのですが
ボケッとしてると消えたりするので
団扇で扇ぎまくって火勢を強くします

IMG_4088
このくらい火が立ち上るまで火起こしします
生半可だと、飯盒乗せた途端に、火が弱くなったりします

IMG_4090
沸騰するまでガンガン燃やします
焚き火で炊くと美味いのは
この様に、底だけでなく側面にも火が当たるからです

IMG_4093
沸騰すると吹きこぼれてきますが
ここからが勝負です
吹きこぼれで火が消されて、火力が落ちるからです



■対策
 気温が低い状況では、火起こしには十分な配慮が必要です。まず、飯盒を火に掛ける前に、十分火を炊いておく事。盛大に火を起こして、十分薪を入れて、最大火力になってから飯盒を火に掛けるべきです。また、飯盒を火に掛けてからも、薪を絶やさぬ様にして出来る限り沸騰の時間が遅れない様にする事が肝要です。
 そこで気をつけたいのは、盛大に燃やすために薪をポンポンとファイヤーボックスに入れると、薪が密集し過ぎて、空気と炎の通り道が塞がれて、かえって燃えが悪くなってしまい、火力が低下して沸騰まで時間が掛かってしまいます。冬場においても、5分程度で沸騰するのが好ましいです。
 さて、沸騰すると、4合炊きであれば間違いなく吹きこぼれますが、この吹きこぼれが下の火を消してしまい、そのままでは火力の著しい低下を招きます。そこで、適宜、団扇でファイヤーボックスを扇いで空気を送り込み、強制的に火を強くしなければなりません。ただし、扇ぐと火勢は強くなりますが、熱は風で逃がされてしまうので、扇ぎっぱなしにしていたのでは結局飯盒の方に熱が行きません。ちょっと扇いでは止め、また扇いで火を強くして、というのを2分間続けるのです。
 強火の延長パートが2分過ぎたら、あとは弱火ですので火が消えない程度に薪を少しずつ投入して、弱火をキープします。しかし、この頃になって、先ほど弱火で消された薪が乾燥して火が燃え移り、強火になったりします。当然、残った重湯が吹いたりもします。3分半経っても重湯が垂れる場合もままあります。そこで弱火タイムを伸ばすと、飯盒の底を焦がす事が多いです。もっとも、3分半で切り上げても焦げている場合もあります。
 飯盒を下ろしたら、そのまま外で蒸らすのでなく、室内に持ち込んで蒸らした方が良いです。寒い外気にさらされて、飯盒が冷やされてしまうからです。

IMG_4095
放っておくと火がどんどん消えるので
団扇で扇いで火勢を維持します
ただし、ずっと扇いでると熱が逃げるので
火が強くなったら扇ぐのを止め、弱くなったら扇ぎを繰り返します

IMG_4096
弱火パート後半になると
吹きこぼれで消されてた薪が再び燃えて
火力が強くなってしまう事もしばしば
3分半以上、火にかけると、底が間違いなく焦げます

IMG_4097
炊き終わったら、残り火を眺めて遊んでないで
直ちに室内に戻り、そこで蒸らします

IMG_4099
細心の注意をしてても、焦がしてしまう事が多いです
まぁ、ベタ飯にならない様にするのが
寒い季節で出来る精一杯というところです











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 22:45コメント(0)

2018年10月10日

   よく知られている様に、日本の兵式飯盒は最大で4合の米が炊ける様に設計されています。これは旧日本陸軍が二人一組で炊爨するのを前提に兵式飯盒を設計している関係で、飯盒1個で二人分の米飯(つまり一人2合)を炊ける様にするためです。ちなみに、もう1個の飯盒は汁物など副食を作る事になっています。
   さて、その4合炊きですが、日常的に使うにしても、一人暮らしなどでは4合など食べきれませんし、2合でも多いくらいですから、4合を炊く機会というのはあまりありません。ところが、キャンプや車中泊などでは人数が多い場合もあり、4合炊きにチャレンジするのですが、これが非常に難しい。そこで、当協会は試行錯誤を繰り返し、4合炊きがおおよそ成功する炊き方を見出しました。

5f2b4780
いい感じに底がキツネ色になった4合飯
焚き火でもこの出来映え



■失敗の経験
   これまで、一番経験を積んできたのは2合炊きで、これは、
  • 4〜5分で沸騰する程度の強火にかける
  • 沸騰したら5〜6分ほどで重湯が引く程度の弱火にする

   といった炊き方で、まずまず失敗する事がありませんでした。これはガスやガソリンといったポータブルストーブの場合でも、シエラストーブやファイヤーボックスでの焚き火の場合でも、共通していました。焦げる場合は火が強すぎた時ですし、芯飯やベタ飯は火力が弱い場合でした。

 

  ところが、この炊き方で4合炊きをやると、大抵はいつまでも重湯が引かず、ひつこく火にかけ続けざるを得ず、結果として上はベタ飯、下は焦げ飯といった出来映えの飯に仕上がります。そこで、強火の時間を長くする、あるいは弱火を長くするなどの工夫をしてみたのですが、毎度出来映えに差があり、かつ失敗する事が多く、これで定型といえるタイムが出ずにいました。(→焚き火による4合炊きの難しさ


d31bfe73
火にかける時間が長すぎると
飯の出来映えに関わり無く焦げます


■考察
   そこで基本に立ち返り、米の飯がどの様にして炊きあがって行くか、その行程を思い出してみました。

  1. 当初、米と水が分離していて、釜の底からの熱の伝導で熱せられた湯が。米粒の間隙を対流して米粒の加熱が行われる時期。
  2. 米の澱粉が溶けてコロイド状となり、ために湯の対流が止まり同時に米粒の中の澱粉の糊化が進む時期。
  3. いわゆる<蒸らす>ため、米粒間と釜底に残留する水分の蒸散、米粒の中心部への吸収と膨軟が期待される時期。
  4. 釜底の水分が涸れて加熱し、底一面に狐色に色づいてα化が進み、更に良化して香味がつき、かくて真にうまい飯が完成する時期
 この1から2にかけてが、飯盒を強火にかけて沸騰させる行程になるのですが、2合炊きの場合は嵩が少なく熱の通りも良いため、2から3への移行が早く、沸騰後ただちに弱火に切り替えないと、焦げ飯になってしまう可能性が大です。ところが、4合の場合は嵩が多く、沸騰して噴き出した時点ではまだまだ2の段階で、3に移行するには時間が掛かるのでないか。つまり、沸騰しても、しばらくそのままの火力で沸かし続け、頃合いを見計らって弱火にする、というのを試してみる事にしました。

1d94aa74
吹きこぼれは目安として結構重要です



■ケーススタディ
   実験の要目としては、沸騰してから弱火に移行するまでの、強火を継続する時間などのくらいが適正なのか、という事です。長過ぎては当然焦げるでしょうし、短すぎてはベタ飯になるのは目に見えているからでした。
   実験では、まず室内でプリムスIP-2243を使っておおよその適正タイムの見当をつけ、その後、屋外でファイヤーボックスを使って近似値が出るか試してみました。その結果が以下の通りでした。

15:16→1:30→4:10やや焦げIP-2243
25:11→2:01→4:06焦げIP-2243
35:27→3:00→4:00やや焦げ(焦げが堅い)IP-2243
44:29→3:21→3:30かなり焦げ(焦げが堅い)IP-2243
55:00→2:07→3:52やや焦げ(焦げが堅い)IP-2243
65:03→2:01→4:04焦げ無しIP-2243
75:40→2:03→5:22やや焦げIP-2243
84:20→2:00→3:35やや焦げIP-2243
95:44→2:02→4:06やや焦げFirebox
105:33→2:01→4:01かなり焦げFirebox
115:26→2:00→3:39キツネ色Firebox
125:15→2:00→4:00キツネ色IP-2243

   継続時間(沸騰から強火のまま加熱し続ける時間)を、1〜2では1分半から2分で行いました。これでは重湯が結構残る感じでしたので、3〜4では3分から4分で行いました。しかし、底がカチコチになるまで焦げる感じでしたので、それ以降は2分で行いました。その時の気温や火力調整の度合いによって、多少のばらつきはあるものの、おおよそ酷い焦げ方をせず、上手く炊ける様になってきました。
   ポイントなのは、4合炊きの場合、沸騰に至るまでの時間は、おおむね5分から5分半掛かる事。そして弱火は4分以上続けると焦げてしまう、という事でした。2合の場合に比べると、重湯はそれなりに残る格好になるのですが、重湯が消えるまで火にかけ続ける、つまり弱火を4分以上続けると、底がキツネ色を通り越して焦げますし、むしろそのくらいの重湯が残った方が、蒸らしの段階でいい感じの飯にしてくれる様です。
   ただし、火力の具合は、その時の気温等の条件によって変化し、仮に沸騰に5分以上掛かる場合でも、弱火に4分かけていると底が焦げるという事もありました。なので、弱火で3分を越えた時点で湯気の出方が落ち着いたとか、焦げた匂いがするといった時は、4分を待たず3分半程度で火から下ろす様にしました。
   ガスやガソリンといったポータブルストーブの場合、火力調整は自在に出来るので強火から弱火に一気に変える事が出来ますが、ファイヤーボックスの場合はそうは行きません。なので、沸騰してから1分までは薪を強火の時と同じくくべて火力を維持し、それが過ぎたあとは徐々に薪が燃え尽きて弱火になる程度の焼べ方にして、強火を2分継続するのと同じ燃やし方にしました。
   上記の結果、4合での炊き方は、以下のものであろうと思います。
  • 5分前後で沸騰する程度の強火にかける
  • 沸騰したらそのまま2分、強火で加熱する
  • その後、弱火で3.5分〜4分温める
b731991f
左がIP-2243でのタイム
右がファイヤーボックスでのタイム


■焦げる理由
   飯盒メシを焦がしてしまう一番の理由は、水と米が熱せられて対流しつつ糊化が進み、その対流が止まっているにも関わらず火にかけ続ける事です。つまり、対流が続いている限りは、いくら火力が強くても焦げ付く事はなく、その事に気づいた事が、4合炊きにおいて沸騰後も継続して強火にかけ続ける技法を試すきっかけとなりました。
   強火を継続する理由は、十分に加熱して対流させ、米の糊化膨張を促進し、かつ吹きこぼれによって余計な水分を放出するためです。ただし、この強火の継続時間が長すぎると、やはり底を焦がしてしまいます。底を焦がさず、かつ飯の仕上がりがよくなる時間が、約2分間だったのです。
   弱火は、上記の飯が炊ける行程の3番4番のパートに相当しますが、ここでも過度に長い時間弱火にかけていると底が焦げました。そして3分半から4分で切り上げるのが、丁度よくキツネ色に底が焦げ、美味く仕上がる事が分かりました。
 気候や環境によって、必要とする火力の度合いに違いはあると思いますが、おおよそ、このタイムで美味くいくと思います。なお、今回の実験でも、ポータブルストーブで炊いた時より、ファイヤーボックスで炊いた方が断然美味しいご飯が炊けました。

868289e7
やはりご飯は焚き火で炊くのが美味いようです






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 12:00コメント(0)

2018年09月15日

   今年は変な病気になったり、腱鞘炎になったりと、全然バイクの活動が覚束ないのですが、4月の日野戦で飯盒メシに満足したレーシングチームの隊員から、是非にという事で、応援かねがね、飯盒活動に出向きました。
   今回は、BBQは他の人がやるという事だったので、自分は飯盒メシの他に、滋賀県産特上しゃぶしゃぶ肉を使った牛丼を提供する事にしました。

7ea9dffb
牛丼はコールマン550Bで調理
期待を裏切らないストーブです



   今回、牛丼を選んだ理由は、しゃぶしゃぶ肉があったからでもありますが、なんと言っても、作るのが楽だからです。それでいてとても美味しいので、失敗がないからです。7人前で飯盒1個分というのは、少々量が少ないかな、と思いましたが、他にも飲んだり食ったりするでしょうから、これで十分という事にしました。
   調味料たる割り下は、自宅で予め調合しておき、現地では、タマネギと肉を切るだけにしておきました。食べるのは夜になってからですが、味をしみ込ませるために、昼間のウチに作っておきました。

309f0cb6
ハサミで細かくした特上しゃぶしゃぶ肉

ebfe8862
砂糖を入れるのを忘れてましたが
あとで追加して、いい感じにうま味が出ました



   さて、日が暮れて温泉から帰ってから、本番の飯盒炊爨です。今回はガソリンやガスのストーブでなく、ファイヤーボックスの焚き火による炊爨です。薪は木製パレットをバラした上等のを持って行きました。気温は平温、風もなく、焚き火で炊爨するにはもって来いのコンディションのはずでした。
   ところが、いざ火を着けてみると、上等な薪の割には、ちょっと火の付きが悪いかなぁ、という感じでした。太めの薪も結構混じっていて、火の回りが良くなかったのかもしれません。ともあれ、団扇で扇いで火勢を強める様にしました。
   問題なのは、米を水に漬けている時間が10分もなかった事。温泉から帰ってくる時間が読めなかったので、米を漬けずに出かけて行ったからなのですが、もう少し時間をおいて炊爨を始めれば良かったです。
   そんなこんなで、沸騰までにやや時間がかかり、その分、重湯が引くまでにも時間がかかり、ベタ飯の焦げ飯になったかと思ったのですが、仕上がりはそこまでベタ飯ではありませんでした。
   ただ、出来映えは、飯が少々固く、しかも味がポリタンク臭がして、とても美味いと思えない、出来映え60点の飯でした。少々固かったのは水に漬けてる時間が短かったからとも言えますが、味については、今回はポリタンクに入れた水でなく、ペットボトルの水を使っているので、ポリ臭がするのはおかしな話しです。ちなみに、米は前回の日野戦の時のあきたこまちの無洗米の残りです。

c841aadb
まさか薪が湿気っているとも思えないのですが
いまいち、燃えが悪かったです

175dd579
炊爨のあと、牛丼の飯盒も温め直し

dcf5fe43
飯はイマイチでしたが、牛丼はめっちゃ美味かったです


   こんな飯でも、みんな美味いと言ってくれたので、翌朝、改めて炊爨してみました。今度はものの試しで、寝る前に水に漬け、一晩置いておきました。昨晩と同様に、今ひとつ、火のつきが良くなかったのですが、それでも頑張って規定タイムで炊きました。
   ところが、あれだけ水に漬けているのに、昨日ほどでないものの、それでも飯が若干固く、しかも味はポリ臭い。標高が高くて飯の炊き具合に影響を及ぼしているのは間違いないのでしょうが、味に関しては米が悪いか水が悪いかのどちらかでしかなく、そのいずれでもない事から、どうしてポリ臭いのか、原因が分かりませんでした。

5402c26f
こんな事もあろうかと、米は8合持って行ってました


   ちなみに、家に帰ってから、残った米と水でプリムスIP-2243で炊飯してみましたが、味に関してはポリ臭さはありませんでした。
   普段、あれだけ練習しているのに、その成果が出せなかったのは、とても残念でした。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 21:00コメント(0)

2018年09月06日

   缶入りの固形アルコール燃料は、旧日本陸軍で開発され、その後、自衛隊でも採用され、かつ現在においてもキャンプ用や防災用として、ホームセンターに売られています。一般に火力が弱いとされるアルコールの固形燃料(携帯燃料)が、未だに命脈を持ち続けているのは、まずもって壊れない構造である事、マッチ1本で着火が可能な簡便さが認められての事だと思います。

5ba2a186
今回は、ホームセンターで良く見かける
ニチネンのトップ缶250gを使用
他のメーカーのでも、中身自体は大体同じで
ゴトクの形状が違うくらいの差しかありません

c3c969e3
使い方は至って簡単
蓋を開けて、マッチで点火して、ゴトクを置くだけ
蓋さえしっかり閉まっていれば
中が揮発する事もありません

9e1c2562
ゴトクも意外と頑丈で
4合炊きの飯盒はおろか、4リットルのヤカンでも載ります

cef859c3
使い終わったら、蓋をする前にゴトクをどかさねばなりません
ペンチなどを用意しておく必要があります

2540fadf
消火は、蓋を逆さに被せます
缶が暑いうちに蓋をはめると、気化したアルコールで
蓋が吹っ飛んでびっくりします



■缶入り携帯燃料の火力の実際
   固形燃料は火力が弱い、と言われるのですが、では具体的にどの程度弱いのかを検証しました。4合炊きの飯盒で、何分でご飯を炊く事が出来るかで試しました。条件は無風の室内で気温27度としました。屋外では明らかに不利な熱源ですので、屋内専用とみなしての事です。
   点火した携帯燃料に、おもむろに飯盒を乗せます。携帯燃料は火力調整のしようがないので、あとは炊きあがるまで放っておきます。問題はいつ炊きあがるかで、まずグツグツ言い出すまでに13分を要しました。しかも、この段階ではまだ沸騰していなくて、まったく湯気も出ません。さらに待つ事、5分半、ようやく湯気を吹き出し始めました。そこから重湯が引くまで待つ訳ですが、これがいつまで経ってもなかなか引かない。結局、11分少し、トータルで30分そこらで切り上げましたが、その時点でもまだ重湯は残っていました。
   結果、出来上がったご飯は、辛うじて米粒が確認できるけど、あと少しでお粥になるんではないか、というほどのベタ飯で、まったく話しにならない出来映えとなりました。つまり、この手の缶入り携帯燃料では、4合炊きの飯盒炊飯をするには、明らかに火力不足である事が分かります。


飯盒を乗せてから、18分してようやく吹き出しました
これではベタ飯確定です

484566b1

実測値
ラップ3は重湯が引くまでの時間ですが
これでもまだ重湯が残ってました

86162c37
ご飯の真ん中が凹んでいるのは
残った重湯が溜まった跡です

84eb2497
べったべたのご飯です
一応、「食べれる」ご飯ですが、「美味い」ご飯にはほど遠いです



■湯立て法で対策
   固形燃料で飯盒を使うのは、正味の話し、あまりお勧め出来ないのですが、それでも缶入り携帯燃料しかなかった場合に備えて、どうにかまともなご飯が炊ける工夫をしました。湯立て法というのは、沸騰した湯に洗った米を入れて炊く方法で、これなら水が沸騰する間、米はなんら影響を受けませんから、上記の様なベタ飯になる可能性が低い炊き方です。

5d1925f1
水は700ccを飯盒に入れます
米は4合、予め洗ってザルに入れておきます

763dc64d
蓋をして沸騰させるのですが
タダの水からボコボコ言わせるまでに時間が掛かります

a7a4737f
水が沸騰したら、研いだ米を入れて蓋をして放置します


   とは言え、缶入り固形燃料だと、たった700ccの水を沸騰させるのに、約12分もかかりました。水と米を同時に入れる炊き干し法だと、この間に米がふやけてしまう様なもんですが、湯立て法はこの間は米は何の影響もありません。
   沸騰してから米を入れて蓋をして待つ事、約8分。やっと湯気が吹き出しました。湯気が吹くまでの時間は、炊き干し法の時と大して差がありません。ところが違いはここから重湯が引くまでの時間で、湯立て法では約4分で重湯が引き、トータルタイムで5分短縮という結果になりました。
   出来上がったご飯も、炊き干し法で炊いた時のベタ飯でなく、それなりにしっかりしたご飯になりました。しかし、その味は、米の味というより水の味で、火力が弱すぎてα化があまり進まなかった時のご飯の風味です。炊飯器の下くらいの出来映えです。むろん食べれはしますが、美味い飯とはほど遠い出来映えでした。

a2c6ed2c
湯立て法だと、5分ほど時間が短縮しました
その分、燃料も節約できる訳です

6b745892
ぱっと見、炊きあがりはそれなりにしっかりしてます

72135817
食える飯としては炊けました
ただ、お味は今ひとつ


■缶入り携帯燃料の使い道
   湯立て法で辛うじてまともなご飯を炊けたのですが、それでも缶入り携帯燃料の火力では、荷が勝ちる事が分かりました。以前、2合炊きでチャレンジした事がありましたが、結果は多少マシなだけで、さほどの差はありませんでした。
   大きな飯盒で4合ものご飯を炊くのは大変でも、小さいクッカーで1合や2合炊くのであれば、また勝手は違ってきます。要するに、それなりに小さいクッカーであれば、缶入り携帯燃料でも活躍の余地はあります。また、時間は掛かるとはいえ、水を沸騰させる事は出来ますので、レトルト食品や缶詰、ハイゼックス炊飯袋などを温める用途には使えると思います。

094564d2
飯盒の底への火の当たり具合は
広くて良いのですが、如何せん、やっぱり火力が弱いです






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 11:00コメント(0)

2018年09月04日

   イワタニプリムスのIP-2243は、発売されてかれこれ30年にはなるロングセラーなガスストーブで、モデルチェンジはしていますが、現行でも発売されています。現行モデルは、この記事に載ってるものと、電気着火装置の形が異なります。つまり、この記事のは、旧モデルです。
 このストーブについては、姉妹サイトの方でも何度か記事にしていますが(IP-2243IP-2243 SA/PFAIP-2243オプションパーツ)、今回は飯盒炊飯にクローズアップしてご紹介します。

806cbc40
30年以上の長きにわたって販売され続けている
優秀なストーブです
この大きなバーナーが飯盒に向いています



■飯盒に最適なガスストーブ
   アウトドア用のコンロも、今やガスが主流になっているのですが、このモデルが発売された当時は、まだまだ海の物とも山の物とも分からない代物で、ガスストーブの黎明期でした。そのせいか、IP-2243は当時としても大きなバーナーを持ったストーブでした。バーナーが大きいという事はストーブも大きくなるという事で、ソロキャンプ用としては少々嵩張る大きさです。
   ところが、この大きなバーナーが、飯盒でご飯を炊く上で、非常に大きな利点をもたらしました。というのも、大きなバーナーから出る火が飯盒の底全体を温める格好になり、火の当たる部分が大きいため、底均一に熱が加わるからです。これが当節一般的となった小さいバーナーだと、底の一点に火が集中してしまう為、飯盒を沸騰させようとしたら、その部分がヘタしたら炭化するほど焦がしてしまうのです。
   火の当たる部分が大きいというのは、それだけα化が促進される範囲も広いという事で、バーナーが小さいストーブよりも、ご飯が美味しくなる傾向にあります。その点からも、IP-2243は有利なストーブであると言えます。

1717a309
アウトドア用品を家で使えないと思っている人が意外といますが
そんな事は全然なくて、普通に使えます

4a04830f
ご覧の通り、飯盒の底一面を火が覆うので
均一に熱を加える事が出来ます


■飯盒の実測値
   IP-2243の最大出力は、プロパンガス含有のTガス使用時で3600kcal/hと高い火力を誇っています。ちなみに、平均的なガソリンストーブの火力が2000kcal/h前後です。ただし、使用し続けるに従って気化熱で火力が落ちてくる事、そもそも低い気温の時は火力が落ちる事、そういうのを勘案して、家庭用のコンロ並みと考えて差し支え有りません。それでも飯盒炊飯には十分な火力です。
   炊き方は至って簡単で、いきなり強火に飯盒を掛け、沸騰させます。大体4分30秒で沸騰させる事。もっとも、IP-2243の最大火力で4合炊きだと、そのくらいで沸騰します。沸騰したら、火を中火にして炊きます。4合だと盛大に吹きこぼれますので、重湯がバーナーにかからない様に、いい感じの場所に置く様にしましょう。大体4分30秒くらいで重湯が引く程度の中〜弱火が最適です。といっても、飯盒の外側からではよく分からないと思うので、4分くらいでサッと蓋を取って中身を確かめます。
   難しいのは、4分30秒くらいで重湯が引く様に弱火パートでの火加減を覚える事です。ビビって弱火にし過ぎるとなかなか重湯が引かずベタ飯になったあげく、重湯が引くまで火に掛けてると底が焦げます。弱火が強すぎると、直ぐに重湯が引いて底が焦げます。
   とはいえ、火力調整ダイヤルを回すだけで火力調整出来ますので、焚き火に比べたら遥かに楽です。

088c5ab8
火力が高く、均一に熱が伝わるので
4合炊きでも上手く炊けます

7bc3c8a6
火力調整もお手の物なので
いい感じの焦げ目も付けれます(ただし慣れが必要)



■IP-2243の実用上の注意点
   これと言って実用上に問題のないIP-2243ですが、強いてあげるとすると、以下の3つの事を注意しています。
   まず、バーナーとカートリッジを繋ぐガスチューブが細く、バーナーに4合炊きの飯盒を乗せると、若干グラグラする感じがします。普通に使ってる分には、飯盒が転けて落ちるとか、強度が弱いという事はないのですが、一応は、平らな地面を選ぶ、うっかり転さない様に注意しています。
   もう一つは、ガスカートリッジの上にバーナーが来る構造なので背が高く、上記と相まって若干不安定に見える事です。特に大きい500のカートリッジを使った時に顕著で、机の上で使う時などは、結構高い位置に飯盒が来ます。これも不安定に見えるというだけで、実用上は大して問題になりませんが、分離型や横置き型のストーブに比べれば、何か引っ掛けてひっくり返す率は高いはずなので、注意して使う様にしています。
   三つ目は風について。IP-2243は独特のX字型のゴトクをつけていて、これは風に強いとされていますが、それでも風が吹けば火が煽られて火力が落ちますので、屋外では防風を、室内では扇風機の近くで使わないなど、配慮しています。まぁ、これについては、どんな火力の強いストーブでも共通する事柄です。

53deb20e
500のカートリッジだと、結構背が高いです

89e4d07f
韓国製の三つ又アダプターを使うとカセットガスも使えます
ただし、若干火力が落ちます

005f2b14
分離型ストーブが流行り出した頃に売られていた
プリムス純正のスパイダーキット
今はプレミア付きで取引されています


■防災用品としてはどうか?
   IP-2243は、その性能から、防災用としても適しています。ただし、いくつかの問題点があります。
   まず値段が高く、ネット以外の実店舗での購入は、アウトドアショップや登山具店でしか見かけない事。値段は実売価格で6600円程度。実は世にあるこの手のストーブの中では安い部類なのですが、初めてこの手の物を買おうと思う人には高く感じるかもしれません。そういった人には、キャプテンスタッグのオーリックM-7900を勧めています。若干安いだけでなく、これなら大抵のホームセンターに売っています。
   IP-2243は、いわゆるカセットガスでなく、ガスカートリッジ(OD缶)を使用します。カセットガスがホームセンターはおろか、大きめのドラッグストアやスーパー、コンビニなど、どこで大抵売っているのに対して、ガスカートリッジはアウトドアショップかホームセンターくらいでしか売っていません。ましてや、イワタニプリムスのカートリッジとなると、そこらの店ではあまり見かけません(ネットでは買えますが)。
   しかし、世の中良くしたもので、上記のキャプテンスタッグのストーブが売っている店は、大抵、キャプテンスタッグ製のガスカートリッジが売っていて、これがIP-2243に使えます。というか、大抵のガスカートリッジを使うストーブは、互換があります。メーカーは禁止していますが、使えます。なので、燃料の補給もある程度は見込めます。もっとも、イザという時になって買いに走るのでは遅きを逸しますので、予め買い置きしておくのをお勧めします。

0ff0be83
オークションだと3000〜4000円くらい
ロングセラーだけに、球数も多いです

779f2e21
OD缶は異社製品で互換がありますが
予め備蓄しておくに越した事ありません








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 11:00コメント(0)

2018年08月30日



   使う機会は滅多になくても、大抵の人が知っている飯盒。特に兵式飯盒と呼ばれる、例の空豆型の飯盒ですが、どこに売っているか知らない人は意外に多い様です。昔は、登山店やアウトドアショップに大抵は売っていたのですが、最近はこうした店にこそ売ってない事が多い。おそらく、登山で飯盒を使う人が今は皆無だからでしょう。今回は、より良い飯盒の買い方についてのお話しです。

1f5c55d7
現在、市販で唯一手に入る国産の兵式飯盒となった
オオイ金属の飯盒
ロゴスにもOEMしています



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オオイ金属 アルミ 飯盒(4合) 811 6-0901-1001 GHV1601
価格:1266円(税込、送料別) (2019/2/14時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OUTDOOR LOGOS ロゴス LOGOS 兵式ハンゴウ 81234000
価格:2354円(税込、送料別) (2019/2/14時点)





■国産の飯盒
   かつて、飯盒が登山を含めアウトドア全般の主力炊具であった時代には、様々なメーカーから飯盒が売られていたのですが、2018年現在、国産の兵式飯盒として流通を当協会が確認できるのは、京都府八幡市のオオイ金属株式会社の飯盒(品番811、812)と、エバニュー兵式ハンゴーのみです。
   エバニューの兵式ハンゴーは、中国製の飯盒の元になったのか、革通しがありません。また値段が定価で3,240円と少々高いです。しかし、カタログには載っているものの、ネットショップを調べると大抵は品切れになっており、入手できない様です。
   オオイ金属の飯盒の方は、オオイ金属から直売はしていないものの、Amazonヤフーショッピング楽天市場等で購入可能です。また、ロゴス兵式ハンゴーもオオイ金属のOEMで同等品です。ちなみに、かつてはキャプテンスタッグもオオイ金属OEMの兵式ハンゴーを販売していて、当協会でも12年にわたって使用していますが、現在は取り扱いを止めた様です。
   ロゴスの兵式ハンゴーは、たまに置いているホームセンターがありますが、大半のホームセンターは中国製の粗製な飯盒に置き換わってしまいました。なので店頭で入手するのが困難な状況です。ただし、ネットショップで入手する事が可能で、送料無料で2,000円前後、もしくは送料入れてその値段くらいで購入する事が出来ます。

8ba7c50e
オオイ金属の飯盒の箱

41d784a1
一時期売られてたフッ素加工の飯盒
これもオオイ金属製でした

68b63a7d
こちらはオオイ金属と同じ形の太田金属の飯盒
今でも、ちょくちょくオークションでみかけます

9e158aac
昔はカラー飯盒というのもありました
これもときたまオークションでみかけます

af2e9dbd
オオイ金属系の飯盒たち
かつてはキャプテンスタッグでも扱ってましたが
今はOEMはロゴスだけです



■安い飯盒の落とし穴
   登山店やアウトドアショップから姿を消した飯盒、実はホームセンターのアウトドアコーナーに置いてある事が多いのです。ホームセンターのアウトドアコーナーというと、それなりにキャンプや登山をやってる人から言わせると、値段が安い代わり質も安いという、お試し版みたいな製品が置いてある訳ですが、まことに残念ながら、飯盒はこういった所に売っています。ただし、ここで売っている飯盒というのに、注意点があります。
   というのは、ここらで売っている飯盒は、実売価格で1,500円から1,800円の物が多いのですが、実は中国製です。見分け方としては、飯盒の背の部分に、革通しが付いていません。また、釣り手が飯盒の底にあたって360度回転しません。昔の軍隊みたいに、飯盒を背嚢に縛着する事もまずない事から革通しを省略したとか、釣り手が360度回転する理由が見当たらない、といったところだと思うのですが、それよりも問題なのは、さすが中国製というべきか、造りがチャチで、蓋と本体の噛み合わせにガタが多く、さらには塗装が焦げて禿げ易いという報告もあります。つまり、「安かろう悪かろう」な出来映えです。
   この飯盒を買う人は、安さに惹かれてという人も多いと思うのですが、それ以上に、「それしかホームセンターに売ってない」ために、国産のいい製品との比較も出来ず、中国製をつかまされてしまっているケースが多いと思います。一度使ったら、次いつ使うか分からんといった人が多いと思いますが、安いといっても、500〜1,000円の違いですから、出来れば良い物を買ってほしいと思うところです。

e8619824
よくホームセンターで見かける中国製飯盒
メーカーは別でも同じ製品です

5f0e3c1a
ところどころ、今ひとつな造りで
いわゆる「安かろう悪かろう」といった製品です


■国産飯盒を勧める理由
   上記でも少し述べましたが、中国製は国産品に比べて若干安い程度で、出来映えは国産品に比べると見劣りします。材質はペラペラ、蓋はガタガタ、塗装もお粗末です。一回使って捨てるとかならともかく、買えば1,500円〜1,800円はしますから、もうちょっと出して、しっかりした国産品を買ってほしいところです。
   もう一つは、これは心情的な理由です。今の時代、何でもかんでも安い中国製が市場を席巻してますが、明治時代に日本向けに改良された日本の飯盒なのですから、やっぱり日本製を使ってほしい、という気持ちです。何を買おうが各人の自由ですので強制は出来ませんが、値段が安くて性能も良いならともかく、そうでもないのが中国製飯盒ですので、その点においても、どの飯盒を買ったら良いか迷っている人には、当協会は国産飯盒の購入を進めています。
   中国製飯盒の一番の特徴は、革通しがない事ですが、この飯盒が海外のサイトなどで「WW2 Japanese Imperial Army Messkit」と称して売られているのを見かけます。海外の日本兵マニアのリエナクターが、一体どうやって背嚢に縛着するのか興味のあるところです。一般の人は、縛着する機会は滅多にないと思うのですが、当協会では輸送中に蓋が開いたりしない様に、革通しにナイロンのストラップなどを通して蓋を固定したり、バックパックに上手い事付けたりするのを勧めています。あればあったで使い出はありますし、やっぱり雰囲気も大事だと思うので、上記の国産飯盒をお勧めします。

17b43ff0
こちらはかつての谷口金属系の飯盒
国産の飯盒ですが、革通しが本来の目的で使えません

a9815361
オオイ金属系の飯盒は、革通しが使えます







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 11:00コメント(0)

2018年08月21日

 日本飯盒協会が発足した当初は、出来たご飯を食べる口が一つしなかった事もあって、もっぱら2合炊きが中心でした。その事、確立した飯盒での炊飯や炊爨の方法は、2合の場合の火加減であり、実のところ4合炊きはほとんど経験がありませんでした。加えて、焚き火による炊爨がどうして美味くなるのかの理由も未検証で、何となく美味くなる2合炊きでの炊爨を楽しんでいたのです。
 そのため、いざ4合を炊くとなると、2合の時とは勝手が違い、なかなか上手く行きません。今回は、焚き火による4合炊きを如何に上手くやるか、のお話しです。

f28b17ea
上手に炊けた時の炊きあがり
飯が均一に盛り上がり、カニ穴がある



■4合炊きの失敗の実例
   飯盒でご飯を炊いた場合の失敗というのは、「芯飯」「ベタ飯」「焦げ飯」「水っぽい飯」この辺りになると思うのですが、芯飯はよほど気温が低く火力が弱かった場合でないと、むしろなかなかならないもので、強火優先の炊き方をする様になってからは、芯飯に仕上がる事はありません。なので、4合炊きの失敗は、その次の3つの例におおよそ集約されます。そして、大抵は、ベタ飯なのに底が焦げていて、さらに水っぽい炊飯器で炊いたみたいな飯、というのがナンバーテンな出来映えという訳です。

ベタ飯:沸騰するのに時間が掛かった場合
   まず、強火パートで沸騰し吹きこぼれるまでに7分も8分も掛かってしまった場合。これは火が風に煽られる、燃えの悪い燃料を使うなど、一気に強い火力を得られない条件で起こります。こういった場合、重湯を引かせる弱火パートは意外にも短かったりします。つまり、グラフ的に右肩上がりの火力であると、こういう風になります。この場合、沸騰するまでにじっくり米を煮る格好になるので、言ってみればふやけてしまうのです。この場合、後述する水っぽい飯になる事もままあります。対策としては、風がある時は風よけを設けて火が極力煽られない様にする事、出来ればよく乾燥したよく燃える燃料を使用する事、これらによって極力防ぐ事が出来ます。

cbc705f5
処置ナシのベタ飯
それでも沸騰したものは、飯の味がする


ベタ飯:重湯が引くのに時間が掛かった場合
   強火段階ではベストタイムであっても、弱火パートで重湯が引くのに時間が掛かった場合は、やはりベタ飯になる事が多いです。弱火パートは、強火パートと同じかプラスアルファくらいの時間で終わるのがベストなのですが、焦がすのを恐れて薪を入れるペースを落とし過ぎると、かえって火力が弱くなり過ぎて、重湯が引くまでに時間が掛かってしまいます。そこで慌てて薪を足して火力を強めると、後述する焦げ飯を作る原因にもなります。沸騰したら弱火にするのはセオリーとしても、4合炊きの場合、弱すぎてもダメな訳です。対策としては、一気に弱くしようとするのではなく、徐々に弱くしていき、グツグツいうのが収まってきたくらいで大人しくなる様な火力のコントロールをするセンスを磨く事です。

f88c4f98
ラップ1は沸騰するまでの時間
ラップ2は重湯が引くまでの時間
弱火パートが時間掛かり過ぎの例である


焦げ飯:
 ご飯が焦げる理由は、火力が強すぎるという事よりも、必要以上に火に掛け続けている事に起因します。飯盒の中の米と水は、加熱される事により対流しつつ米が糊化して、最終的には対流が停まりますが、対流が停滞した後も加熱し続ければ、鍋底に面している部分から焦げて、最悪の場合は炭化します。
   焦げ飯が出来る第一の原因は、強火が強すぎて沸騰が早く、弱火パートも通り越して重湯が引いてしまい、その間に焦げるというもの。4分以内に沸騰してしまった場合は要注意で、沸騰して火力を落とそうにも焚き火の場合、ガスやガソリンのポータブルストーブの様に直ぐには火が弱くならないので、余勢で底が焦げてしまう事がままあります。
   焦げ目史が出来る第二の原因は、弱火パートが長過ぎる場合。上記のベタ飯でも述べた事ですが、焦げ付かせるのを恐れて、沸騰した直後に火力を落として弱火にしたところ、弱すぎていつまでも重湯が引かず、そのまま炊き続けるか、薪を足して火力を増すか、いずれにせよ、飯盒の中の対流が停滞するにつれ、底が焦げ始めており、重湯が引く頃には底が焦げている。これを避けるために、トータル時間で12分前後で火から下ろした場合、重湯の引き加減が中途半端で、ベタ飯なのに底が焦げているという、矛盾した出来映えになってしまいます。
   対策としては、強火であれ弱火であれ、ベストタイムで炊き上げれる様にする、という事です。非常に感覚的でセンスの要る事なのですが、この辺りがマニュアルでなく、経験で習得していかねばならない難しさがあります。

42fb8ec7
焦げ飯は、火が強すぎるから焦げるのでなく
弱火であっても、火に掛けている時間が長いと焦げる
焦げると飯の風味にも影響する


水っぽい飯:
   炊飯器で炊いたご飯と焚き火で炊いたご飯の差異は、その味わいにあるのですが、これは言葉としては表現しにくく、美味しいご飯は「米の味がする」「飯の味がする」程度にしか表現のしようがありません。焚き火で炊いたご飯は、まさにそういう味です。一方、廉価な電気炊飯器で炊いたご飯というのは、こうした美味さまでは炊き出せません。ご飯が美味しくなる理由は、火の当たり具合によるもので、その点において焚き火に勝るものはありません。
   その焚き火での炊爨において、水っぽい飯が出来てしまう原因は、上記のベタ飯でも述べた様に、沸騰にやたら時間が掛かって、吹いた頃には重湯が消えていた様な、いつ炊けたか分からない様な炊き方をした時に多く出現します。つまり、加熱不十分でα化があまり促進しなかった場合、米の味はあまり出ず、むしろ水の味が前面に出てきてしまいます。ベタ飯の時によく見られますが(強火パートで時間が掛かった場合)、ちゃんと炊けていても起こりえます。
   対策としては、しっかり焚き火を焚いて、しっかり炊く事。これに尽きます。

636d93cb
飯の真ん中にへこみがあるのは
そこに残った重湯が溜まってた跡である



■4合炊きの成功例
   ベタつきもせず、無駄にも焦げず、いい感じに美味いご飯にするには、やはり火加減が大事です。具体的には、
  1. 4分半から5分で沸騰する強火
  2. 強火と同じ時間プラス1分以内で重湯が消える弱火
   このタイムで炊き上げる事が出来た時は、大抵は唸るほど美味く、かつ無駄に焦げず(ただし、狐色に焦げる事も少ない)、非常に上出来のご飯が炊けました。天候、気温などの条件によって、火加減は随時変化する訳ですが、このタイムが大体正解の様です。
   難しいのは、4分半で沸騰したからといって、その後の弱火パートで火が強すぎて焦げたり(この場合はベタ飯にはなってない)、それを回避しようと弱火にし過ぎてベタ飯にしたり(この場合は焦げている)、むしろ沸騰してからの火加減が難しい様に思われます。

90b99239
ほぼほぼベストラップで炊けた時の例

669ad390
火起こしに時間が掛かった場合など
「始めチョロチョロ」の状態だと
ラップ1が若干長い場合もある
概してトータルで12分以内に炊けたら及第点である

ed505d57
上手に炊けて、かつ焦げもない状態
底がキツネ色の焦げ目になるのが最上とされているが
これがまた難しい






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 23:00コメント(0)
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
忍者AdMax
  • ライブドアブログ