2020年08月22日

Panasonic Strada CN-RE06WD

 今回買ったハイエースには、予めカーナビが付いていて、それがお買い得感を出していたのですが、問題は地図の年式が分からないこと。そして最新の地図には更新できない、という事でした。それでもとりあえず使ってみて様子を見る事にしたのですが、明らかに古い地図です。所々、新設の幹線道路が出て来なかったり、とうの昔になくなった牧場が出てきたり(ウチの近所には大きな牧場があったらしい)と、これでは役に立たない。おそらく、このハイエースが新車で買われた時に積んだ地図を、そのまま使っていたみたいです。前のトランポに付けてたパナソニックのゴリラでさえ、2年ほど前に地図を更新したほどですから、ここは思い切って最新のカーナビに変えた方が良いと決心しました。
 カーナビも色んなのがあるのですが、見た目、操作性、あと値段の関係もあって、今回もパナソニックで。ストラーダのCN-RE06というのにしました。このシリーズ、RX-06とRA-06というのがあるのですがRXはブルーレイが観れるもので結構高い。RAは機械としてはREと同じみたいですが、3年後の地図更新が無料、その代わりREより高い。という事で、別にブルーレイ見ないし地図更新は3年後でなくても良いので、機能だけはしっかりしてるREにしました。
 取り付けについては、Youtubeなどで結構紹介されていますが、電装系は全く自信がないので、車屋さんに頼む事にしました。


2020-08-23 15.54.16
大きなサイズのもありますが
自分は収まるサイズが良かったので、7インチワイドです




■地図について

 今回、ストラーダを選んだ一番の理由が、地図の見た目がこれまでのゴリラと似た様な物にしたかったかったからです。その狙いは当たりで、地図の絵柄としては、9年前の廉価な製品よりももっと向上していますが、おおよその見た目は同じで、前のと違和感を感じる事なく使う事が出来ました。
 絵柄も同じなら、目的地の設定とか、ルート案内とか、そう言うのも基本的には前のと同じですので、タッチパネルのどこに必要なボタンがあるか分かれば、前と同じ様に設定する事が出来ます。おそらく、自分と同じ様に、一番最初の買ったメーカーのカーナビを、こうした理由で同じメーカーで更新し続ける人って、他にも居るんじゃないかと思います。操作を覚える手間が少なくて良いです。
 前のは、精々交差点で右だの左だの言う程度でしたが、今度のは「何キロ先に渋滞」だの「速度超過」だの「長時間の運転です」云々と言った事を喋ります。それなりに進化してるっぽいです。

2020-08-23 07.46.24
地図の見た目は、前のカーナビと基本的には同じ
ちょっとスタイリッシュになりました

2020-08-23 14.19.42
大体この辺りに、目的地設定の項目があります
「名称」でも結構ヒットします

2020-08-23 10.43.00
今度のは迂回ルートなども設定できます


■地点編集など

 自分は着いた先でカーナビに地点登録をする事が結構あるのですが、前のだとそれがちょっと手間だったのですが、今度のは「ランチャーメニュー」に「地点を登録」と言うのがあるので、タッチ2回で即座にその場を地点登録する事が出来ます。
 登録した地点は、名称が住所になっていますので、後で分かりやすい様に名称を変更するのですが、このやり方も前のゴリラと同じです。もっとも、アイコンの数も前と同じなのは、ちょっと寂しいかな。
 前のカーナビに入ってた地点は、そのままではこのカーナビに移す事は出来ませんでしたが、地図検索機能が結構強力で、Googleマップよりも正確(地名や番地など)だったりします。ランドマークの名称でも案外正確に出てきますし、電話番号も同様です。まぁ、これは最新の地図が搭載されているからってのもありますので、3年くらいで地図更新はしていく必要があると思います。

2020-08-23 13.17.28
地点編集はこのアイコン
見つけるのに今でもちょっと手間取ったり

2020-08-23 13.17.41
操作の仕方は前のゴリラと全く同じ
この辺りは、これからも仕様を受け継ぐんでしょうね

2020-08-23 13.19.43
アイコンの数は増やせば良かったのにw




■モニターの倒し方

 このカーナビは、DVDを見たりCDを聞いたりする事が出来ます。また、SDカードに取り込んだ音楽を聞いたり、地図更新もSDカードで行う事が出来ます。しかし、このカーナビを買うまで、それをどうやってやるのか、分かりませんでした。
 答えは、右端の一番下の「TILT」と言うボタンを押すと、モニターを開けたり、ディスクを出したりするボタンが出てきます。これを押すと、パカーっとモニターが倒れて、中からディスクとSDのスロットが顔を出します。これまで、この手のビルドインのカーナビを使った事がないので、これはちょっと驚きました。もっとも、DVD見たりするかなぁー、ってのはありますがw
 ちなみに、この画面で、モニターの角度も調整する事が出来ます。普通に座ってる時は、普通の状態で良いのでしょうが、シートを倒して寝そべってる時などは、モニターを起こした方が見やすいのかもしれません。

2020-08-23 14.01.49
一番下のボタンを押すと....

2020-08-23 14.02.33
この画面が出てきて

2020-08-23 14.02.37
モニターが倒れて、スロットが出てきます

2020-08-23 14.02.18
モニターの角度はここで変更


■オーディオについて

 前のゴリラはワンセグでしたが、今度のCN-RE06WDはフルセグという事で、テレビ視聴に関しては相当に性能が向上しています。しかも、右端のボタンで一発に地図に切り替える事が出来る事から、前のみたいに「ワンセグあるけど見た事ない(切り替えるの面倒だから)」と言うのもなさそうです。画質もキレイですし、途切れる事も少ないので、高速道路など、しばらく道なりで走ってる時など、助手席の嫁さんが退屈しなさそうです。
 TVに関しては、ナビのタッチパネルでも操作が簡単なのですが、Bluetooth経由でiPhoneの音楽を聞いたりする時は、パナソニックが出している「CarAV remote」と言うアプリを使った方が操作が楽です。音楽だけでなく、ラジオ、テレビの切り替えも出来ます。ちなみに、カーナビの電源は、自動車のキーと同調しているのですが、前にオーディオを使った状態でオフにしたら、次に乗る時にオンにすると、勝手にiPhoneのiTunesを起動して音楽を再生します。それが鬱陶しい人は、右端の「AUDIO」ボタンを2秒押して、止めてからエンジン切るのをお勧めします。
 なお、音質に関しては、自動車に搭載されているスピーカーに準拠します。200系ハイエースは100系に比べると音質が良くなっていますが、運転席側にもスピーカー入れるか検討中です。

2020-08-23 14.22.57
オーディオのスイッチを2秒長押しする事でオンオフできます

2020-08-23 14.17.57
右下はアプリの画面
これはFM放送

2020-08-23 14.18.26
こちらはAM放送
ラジオって、最近滅多に聞かなくなりましたね

2020-08-23 14.18.52
こちらはテレビ
ちなみに、選局はナビのAUDIOボタンの下の
+ーボタンでも出来ます

2020-08-23 08.02.22
こちらがiPhoneの再生画面
まぁ、普通、この画面でなくて地図を表示してますけどねw

2020-08-23 14.24.45
音量はこのボタンで上げ下げします
iPhoneの音量も反映させられます


 買ったばかりなので、あまり詳しいレポートは出来ませんでしたが、個人的にはとても満足しています。レビューを見ると、ナビの音声が入る時、オーディオの音声が半減する、と言うのを不満点に挙げているのが結構ありますが、自分はそんなもんだと思っているので、あまり気にしていません。音楽重視の人は、他のメーカーののが良いかもしれません。
 前のトランポのカーナビは、あまりお金を掛けたくなかったので、ダッシュボードに後付けにしたのですが、今回はビルドインにしたので、前方視界に余計な物がなく、スキッとしてて見栄えが良いです。おそらく、トランポを乗り換えるイベントというのは、流石に今後は発生しないと思うので、このカーナビも地図更新が可能な限り、使い続けるでしょう。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 22:00コメント(0)トランポ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon