2019年06月22日

炊飯日報:2019年6月22日(神立)

 レースの前夜祭では、飯盒でメシを炊くのが定番となってきました。今回のWEX神立戦でも飯盒メシを投入。今回は5人参加という事で、3合炊く事にしました。
 今回は、隊員の一人が中華製のガスストーブを持ってきました。2000円くらいで売ってるやつで、五徳が大きくしっかりしてるのが特徴です。ただし、バーナーが小さめなので、飯盒炊飯という観点では、熱の回りにやや難があるのですが、せっかく持って来たのだし、今回はこれで炊飯しました。(自分のプリムスIP-2243を出したり片付けたりするのが面倒だったのもあるw)

IMG_0936
コンパクトなのかそうで無いのか、イマイチ分からんストーブ
おそらく、デカい鍋やヤカンを乗せる用






 飯の炊き方は、いつも通り。3合の米を研いで水に漬け、温泉行ってる間に吸水させ(一時間以上は吸ってたはず)、帰ってきてから中華ガスストにて炊飯開始。6月下旬という事もあって気温はそこそこあり、カセットガスのただのブタンガスでも結構な火力が得れて、5分で沸騰、1分強火を続け、弱火3分半ではまだ水分が多く残ってそうだったので、4分半まで弱火にかけました。
 仕上がりは、ふっくら炊けて、底も焦げ付かず、いい感じの出来栄えで、みんな喜んでくれました。今回は自分を含めて5人居たのですが、BBQもやってた事もあって、3合で十分足りました。

IMG_0937
火力全開で炊飯中

IMG_0939
いい感じに炊けて、みんな大喜び

IMG_0938
ラップタイムを取り損ねてラップ1が長いですが
沸騰までの時間と強火の延長時間を含んでいます


 最近のTOYZ Racing エンデューロ部では、日本飯盒協会の影響が徐々に浸透してきており、飯盒メシに合う野外向けの副食は何か、というトライアルがよく行われます。また、それまでオイルサーディンやコンビーフを苦手としていた隊員が、改めてチャレンジして、意外にもそれらが「食える」ものである事を再認識したりする事もまま行われています。

IMG_0940
キングオスカーのオイルサーディンと野崎のコンビーフ
どちらも飯盒メシに合う副食です

IMG_0943
アルペンザルツなどかけて食べるとサイコー!






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanisi_corp at 20:00コメント(0)飯盒活動 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
Amazon
  • ライブドアブログ