2005年10月23日

■北陸製菓の乾パン

hokuriku

 生まれて初めて食べた乾パンが、この北陸製菓の乾パンでした。食ってみた感想は、不覚にも「美味い!!」というものでした。お陰様で、以来、乾パンがやみつきになってしまう事になります。
 北陸製菓の乾パンはどの辺が美味いのかと言うと、若干、甘いんですね。だから、乾パンのみで食べ続けても、あまり飽きないし嫌にもならない。もちろん、袋丸ごと、そのまま食べ続けた事はありませんが、気が付いたら半分ほどボリボリ食べていた事が良くあります。
 この乾パン、内容量は160gです。一袋丸ごと食うと、かなり腹が膨れます。腹が減っている時でも、半分食べたら満腹感を味わえます。
 飯としてもお菓子としても、美味しく頂けますので、出来ればアチコチで売ってて欲しいのですが、常時おいてるのは、神田神保町の石井スポーツくらいなものです。一時、西友とかドラックぱぱすなどに、金平糖の入ってない奴が売ってましたが、よほど売れ行きが悪かったのか、今は見かけません。
 北陸製菓の乾パンは、三立とかカニヤみたいに、自衛隊や官庁には卸してないみたいですし、防災用の缶詰もあるにはあるみたいですが、東急ハンズなんかで並んでるのは見た事がありません。
 色々食った乾パンの中でも、もっとも美味い乾パンですから、もっと営業が美味ければ、三立なんか市場から駆逐するんじゃないか、と思うのですが、世の中うまい事行かないようですね。

hokuriku_sizen1
何年か前に、家の近所のドラックぱぱすで買った乾パン
内容量は160gで100円
金平糖が入ってませんが、入ってる奴は150円ですから
金平糖は50円分の価値があるんですね

20060721_223805
北陸製菓の乾パンは
駄菓子系のコーナーに置いてある事が多いです




■三立製菓の乾パン

sanritu1

 北陸製菓の乾パンはあまりスーパーなどでは売ってませんが、三立製菓の乾パンはよく見かけますね。北陸製菓の乾パンで味をしめたあと、乾パンが世間の評判なみに「ちっとも美味くない」代物である事を思い知らせてくれたのが、三立製菓の乾パンでした。
 まず、味気が全然ない。ガリガリしてて食感が悪い。とにかく食ってて飽きる。まぁ、世間様が乾パンに持ち合わせてる特徴を、この乾パンは持っておりました。しかも、この袋のタイプは、金平糖も氷砂糖もなしで、220gもある。これでもかこれでもかと、乾パン地獄を味あわせてくれる訳です。
 ブラックホールだか激震祭の時に、自衛隊の一斗缶に入った乾パンが売ってましたが、それがななんと、三立製菓製でした。その時頭に浮かんだのは、「ははん、阪神淡路大震災で乾パンの評判が激烈に悪かったのは、この乾パンが配給されたからなんだろうな」もし、そうだとしたら、そういう声もさもありなんです。
 ここまで、かなり口汚く三立製菓の乾パンの悪口を書き立てた訳ですが、その評価を若干変更する「勉強」がありました。というのは、乾パンは金平糖とか氷砂糖の様な「甘味品」と一緒に食べるだけでなく、牛缶やスープといった「辛味」とも一緒に食べる事も想定している、という事を知ったからです。現に、自衛隊では乾パンにオレンジスプレッドとウインナー缶を付けてます(旧軍では牛缶)
 要するに、ご飯の代わりと考えれば判りやすい訳で、おかずと一緒に食べるなら、なるべくプレーンな味の方が良いわけです。その様な訳で、三立製菓の乾パンが「味気ない」理由がはっきりしたのでした。
 それにしても、感心させられるのは、三立製菓のすさまじいまでの営業力で、普通で考えたら、誰も好きこのんで乾パンなど食わないにもかかわらず、スーパーには袋詰めがおいてある、東急ハンズに行けば防災用品コーナーに缶詰がある、と、「乾パン=バグパイプ吹いてるオッサンの絵」を完全に定着させています。美味かったらいう事ないのになぁ。。

sanritu_can

 防災用品コーナーに売っている三立の乾パンの缶詰を調達してきました。内容量は100g、賞味期限は5年。中身を開けた事がないので、中がどうなってるのかわかりませんが、入っているのは三立の乾パンと氷砂糖でしょう。
 右の缶は、とある区民センターの中の売店で売っていたもの。販売元は国分株式会社となってましたが、絵柄から見て、明らかに三立の乾パンです。氷砂糖までいっしょですね。


■カニヤの乾パン

kaniya

 トップページのタイトル画像にも使われているカニヤの乾パン。ワタクシがベスト・オブ・乾パンに推薦するネービー・ビスケッツです。今も海上自衛隊で採用されている大型の乾パンで、その名の通り、旧海軍でも使われていたみたいです。もともと乾パンというのは、軍艦や商船に積み込まれていたハードビスケット(ハービス)が元祖です。明治時代に「重焼麺麭」として陸軍に採用され、のちに一口大の現在の乾パンが開発される事になります。

 蘊蓄はともかくとして、海上自衛隊に納入してる会社が、そのまんまの乾パンを民間でも発売しています。上の写真の左の銀パックの物が、5年間保証の「本格派カンパン」。中には5枚ずつパッキングされたカンパンが3セット入っています。右のビニールでパックされた物は1年間保証の「ネービー・ビスケッツ」。12枚入りです。


kaniya_navy_03


 左がカニヤの乾パン、右が北陸製菓の乾パンです。見るからに食いでがあります。マーガリンとかジャムを塗ってお上品に食べるのにも適しています。味は北陸製菓の物と同じ、ほんのり甘みがあって、コーヒー牛乳などがよく合います。

 問題は、北陸製菓の乾パン同様、入手が難しい事。「ネービー・ビスケッツ」の方は菓子の二木で入手できますが、「本格派カンパン」の方はまずお店で見かける事がありません。5年も保つ乾パンですから、官公庁や企業向けの防災用品なのかもしれません。メーカーに直で頼む事は出来ますが、ばら売りしてくれないので、箱買いです。一人で食うにはちょっとしんどいかな。まぁ、日常的に食うには5年も保つ必要がないので、「ネービー・ビスケッツ」で十分ですけどね。

 この乾パンの意外に便利な事は、カチッと四角い形をしているので、パッキングがしやすい事。これが袋入りの普通の乾パンだと、数を用意すると嵩張って仕方ないんですよね。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール

たにし

拍手コメントは見落としがちなので、ブログ本体にコメして下さいね!!

Google AdSense
忍者AdMax
  • ライブドアブログ